皆さんにお聞きしたいことがあります。現在、建物を建てるために土地の造成をしています。その造成には埋め立てが必要で、土地の外周に土留めとして、L型擁壁を使用しましょうと提案され先払いで購入しました。あと残り10個で土留めのためのL型擁壁の設置は終わります。と、ここまでは問題ないですが、「あと残り10個でL型擁壁の設置は終わります」と聞いた時・・「えっ?」擁壁の数をかぞえてみると、注文し、すでに代金を支払った数より数個少ないのです。しかし、現場監督は「支払い済みの個数を全て使用しています」と・・明らかに数量を水増しして料金を過徴収しようとしている恐れがあります。私は「支払い済みの個数を全て使用しています」という回答でなく、「余分に発注してしまいましたが余った擁壁分に関しては代金は返金します」という回答ならば安心したのですが、その後の話でも「購入したL型擁壁は●●個全て使用しましたからねぇ」と見積もりの個数はしっかりと把握している様子です。私は、工事が終わった後に、この事はちゃんと指摘し残りの工事代金から擁壁代金を差し引くつもりですが、皆さんはどのようにしたら良いと思いますか?また、このような業者の場合、こういったことにも気をつけるようにとのアドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

現場でお互い立ち会って、完了検査(確認)すればいいと思います。


ふたりで一緒に数をかぞえれば、はっきりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはりそれが一番手っ取り早いですよね。少し気まずくなってしまいますが、そのようにします。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング