教授が指定する本を読み、
書評を書くという課題をだされました。
指定された本はオムニバスになっていて
各章で触れてあることが少しずつちがうのですが
このような場合、
第○章では、・・・・・・・。というように
各章について分けて内容・批評等を書いていったほうが
いいのでしょうか?
もっと良い書き方があるのであれば、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



書評を書くというのは、なかなか難しいもので
中途半端に「批評」を書いてしまうと悪印象になってしまいます。

オムニバス形式の小説などだったら、
柱になるテーマがあるはずなのでそれをまず見つけること。
そのうえで各章にキーワード的文章があれはそれを引用して
「これはこういうことではないか」という「解釈」を書くほうが
いいと思います。
内容については簡単なあらすじを書く程度で、自分の解釈とうまくつながるようにすれば総括的に書評としてのかたちはうまくつくれると思います。

頑張ってくださいね!

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

こんばんは、


課題は書評ですので、書評を書かなければいけませんが、ちょっと参考になれば思い参考に記させていただきます。

読書感想文というのがあります。 この課題のときにその課題を真に受けて、
その本を読んでこのように思った、こう考えたと書くのは実は間違いです。
読書感想文の本当の書き方は、まずその本の内容を読み取ってその主張を
理解します。 そしてその内容と同じまたは煮たような自分の経験を捜します。
そしてその自分の経験を具体的に書いて、そして最後に一言この経験は
その本の主張と同じでありすばらしい事がかいてあるとまとめます。 決して
本の要約を書くのではありません。

さて書評ですが、本の表紙などに書いてある書評は、本の概略はかいてありますが、その本の結論などその本を読んだ後に得られる情報は書いてありません。 その本を買ってもらって読んでもらうのが目的ですから、その本がいかに面白いかを自分がその本を読んだ体験を元に書いてあります。

上に書いた二例の共通ポイントは、要約をするのではなく、本の結論の部分に焦点を当てて、自分の経験を書いて何かを主張することです。
感想文では、自分の経験と本の主張は一致していてこの本はすばらしいと。
表紙の書評では、自分の過去の経験との比較や本を読んだ経験からすばらしいと。

貴方も 課題の書評を書くにあたって何かの主張をする事を考えて、ご自分の
経験を織り交ぜて、ちょっぴり要約をいれて、この本はこうだと書くことがよろしいかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書評が公開されているサイトはありませんか?

本を読むのが好きなのですが、誰でも知ってるベストセラー以外にも、良い本なのに知らないままになっている本は
たくさんあるのだろうと思うと、残念だなと思っています。
そこで、色々な方の書評が公開されているようなサイトを探しています。
有名人の方の書評でも、素人の方の書評でも構いません。

Aベストアンサー

書評サイトで検索するといろいろ出てきますよ!

<書評サイトリンク>
http://www.eliba.com/connector/rhye/review/search/do

<本屋のリンク>
http://www.honyalink.net/shohyo.html

<アサヒ・コム>
http://book.cata-log.com/review/

<書評サイト-本スキ>
http://honsuki.sakura.ne.jp/

<REVIEW JAPAN>
http://www.review-japan.com/


お好きなところをどうぞ!

Q書評の書き方

今、大学で書評をかくようにと課題がでています。
オバマ大統領についての対談書で、中はチベット問題、人種問題など50以上もの題名に分かれています。
この本に関して、1400字以内で、あらすじ(本の内容)と、本に対する評論・感想を書かなくてはなりません。今、あらすじを書き終えた時点で2500字を超えてしまい困っています。どこか抜こうとも考えたのですが、「あらすじで、本の一部の内容を書かない=読んでないとみなす」と先生に言われたので。。。容易に省くこともできません。

どなたかアドバイスがありましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 ご自分の意見や感想に関しては自由に書いてもらえば良いので、これは触れません。

 問題は先生も言っている「あらすじで、本の一部の内容を書かない=読んでないとみなす」をどう要領良くまとめるかです。やはりすべてを網羅するのは無理があります。
 ではどうするか。それらの50ほどの件に関して、共通するオバマの見解、立場、意見というものが必ずあるはずです。それを見つけ出して、オバマはこのような立場で考えており、それらは・・・(ここで個別の章の題名を挙げる)に於いて述べられている。また別の問題に関しては「これこれ」で、それらは・・・の章に示されている。こんな感じです。
 先生が本当に言いたいのは、「本に書かれているオバマのメッセージを読み取って、それを内容(章ごとの具体的事例)と共に簡略に整理せよ」ではないでしょうか。本の内容を読み取らずに、機械的に抄録したら、先生はレポートを投げ出すと感じます。
 
 こう言われてもそこまで読み通すのはなかなか大変でしょう。一度読めば済む問題ではありません。メモを取る必要もあります。ですが、それが本を読むという行為です。先生はそのような姿勢を身に付けてほしいのだと思います。

 こんにちは。
 ご自分の意見や感想に関しては自由に書いてもらえば良いので、これは触れません。

 問題は先生も言っている「あらすじで、本の一部の内容を書かない=読んでないとみなす」をどう要領良くまとめるかです。やはりすべてを網羅するのは無理があります。
 ではどうするか。それらの50ほどの件に関して、共通するオバマの見解、立場、意見というものが必ずあるはずです。それを見つけ出して、オバマはこのような立場で考えており、それらは・・・(ここで個別の章の題名を挙げる)に於いて述...続きを読む

Qお勧めの「書評サイト」は?

よくAmazonで書籍を購入しています。結構、書評を読んで興味が湧き、ついつい注文してしまいます。

Amazonの書評もよいのですが、他にオンライン・ブック・ストアなどで読めるお勧めの書評サイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私の良く書評サイトを見ています。自分が読んだ本をどのように感じている人がいるのか見るのもよいですよ。参考までに。http://homepage2.nifty.com/mysterySAITEN/index.html

http://www2.odn.ne.jp/mysnavi/

http://www.review-japan.com/

参考URL:http://homepage2.nifty.com/mysterySAITEN/index.html

Qなんかオススメの本ありますか? 勉強本でなんかいい本ありますか? 中1の社会か英語か数学でお

なんかオススメの本ありますか?




勉強本でなんかいい本ありますか?
中1の社会か英語か数学でお願いします!

いい本あったら回答下さい!!

Aベストアンサー

こんばんは。今中学生のものです。私も一年生の時は塾に行ってませんので、経験の範囲でアドバイスさせていただきます。
まず今の自分の目的を考えてみてください。英語と社会ということなら、自分はなんのために教材をかうのだろう?
もし、英語の場合今の点数が50点以下なら基礎本やテスト前にまとめるノートという名前のものがいくつかあるのでそれを利用すると50点から70点まで上がると思います。
英語はほとんどの形式が、リスニング、単語、並び替え、基本文、ちょっとした応用文か英語のワークの難易度高めの文、長文となるのでまずは基礎本で基礎を詰めましょう。単語は英語の教科書のをなるべく全てかけるようにし、日頃から練習しておくようにしないとテスト前の詰め込みはきついです。
もしも70以上点数があり、90まで持っていきたいということなら、読解問題集を利用しましょう。基本文は何度も練習すればできるので、ワークを何度もやること、単語を必ずかけるようにするこれができれば最低限は取れるので問題集もいいですが、まずはこれをやりましょう。
そして多くの人は長文でつまづきます。なので突き詰める場合は長文問題集を買いましょう。

社会は教科書を何度も見直しワードを覚えるだけでなくそのワードと教科書の写真や図を頭の中で結びつけることが大切です。例えば高床倉庫というワードだったら高床倉庫の図が浮かびますか?例えば、弥生時代の人たちが米を貯蔵していたのはどれですか?次の資料から記号で答えなさい?という問題が出たら困りますよね?また、図を覚えていると意外とワードも思い出しやすいのでオススメです。問題集はまとめノートがオススメです。社会は応用というか記述問題は教科書に載っていないのが多いので、あとは学校で配られているプリントは絶対にやったほうがいいです。学校の先生はめんどくさがってそういうのから出すことがほとんどです。
学習のアドバイスみたいになってごめんなさい。
お互い頑張りましょう!

こんばんは。今中学生のものです。私も一年生の時は塾に行ってませんので、経験の範囲でアドバイスさせていただきます。
まず今の自分の目的を考えてみてください。英語と社会ということなら、自分はなんのために教材をかうのだろう?
もし、英語の場合今の点数が50点以下なら基礎本やテスト前にまとめるノートという名前のものがいくつかあるのでそれを利用すると50点から70点まで上がると思います。
英語はほとんどの形式が、リスニング、単語、並び替え、基本文、ちょっとした応用文か英語のワークの難易度高め...続きを読む

Q書評って?

初めて書評という宿題が出たのですが、そもそも書評という物の書き方が良く分かりません。感想文ではないのは分かっているのですが…。できれば詳しく教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

感想文は、本を読んで自分の思った事、感じた事を主観的に書き連ねればよいのですが、
書評だと、その本の評価を書くので、やや客観的な文章になるのではないかと思います。

参考URLで、書評が読めます。
専門家ではなく、個人で書かれたものだと思いますが、参考にしたら良いと思います。
頑張ってください。

http://www.shohyo.co.jp/link/ 本の紹介と書評のサイトINDEX
http://village.infoweb.ne.jp/~tkoikawa/books/shohyo/index.html ■書評

参考URL:http://www.shohyo.co.jp/link/, http://village.infoweb.ne.jp/~tkoikawa/books/shohyo/index.html 

Q書評のかきかた

初めて大学で書評をかかないといけません
上手な書き方を、教えてください。
急いでいます。

Aベストアンサー

  
  書評を書くと言いましても、枚数、どんな種類の本の書評か、どこに提示・公表を前提とした書評かによって、書き方が違って来ます。つまり、ひも付きの書評、例えば、或る出版社が出している雑誌の書評コーナーで、他の出版社の本と共に、その出版社の本も書評する場合、普通「よいしょ」するというのですが、「悪く書かず、良く書く」という原則があります。お金を出して書評を書かせて、自分の所の本を悪く言われては、宣伝にならないからです。
 
  他方、同じ雑誌でも、読者に、何がベストの本か、何が良いか悪いかの指針を与えるような役割の書評の場合は、良いか悪いかをはっきり決めます。中には、ポイントで最高5,最低1,平均3などというランクを五段階で付けるようなものもあります。こういう書評だと、何がお奨めかを知るのが読者の目的なので、どの本も良いでは、困るのです。無論、「お奨め本だけ紹介」の書評は、一応、全部褒めないと行けません。
 
  その他色々なケースが考えられ、それぞれの場合に応じて違って来ます。
 
  一応、客観的な書評の書き方を簡単に述べ、この方法で、褒める必要がある場合は、否定的な評価や、批判的紹介はやめて、「良い所」を強調し、良くないところは、軽く流すか、触れないという風にするのだとして説明します。
 
  書評する本を読むのは、当然のことです。前書きや後書きを読んで書いた書評は、羊頭狗肉です。問題外です。
 
  本を読みながら、どこがいいと思うか、ここは印象的だ、とか、この表現はいいとか、感銘を受けた場所、感心した場所、関心がある場所、面白い場所など、書評を書く時、取り上げようと思うことを簡単にメモします(これは、本を読んだ後、思い返して、メモを造ってもよいです。「印象に残った」ことをメモするのです)。このメモは準備のためです。慣れてくれば、メモなどしなくとも、頭のなかで考えます。
 
  書評の構成を考えます。必要な内容、つまり書くべきことは:
 
  1)その本はどういう内容の本であったかの紹介、小説ならシノプシス(あらすじ)。
  2)その本について、どういう印象を持ち、感想を持ったか。ある程度具体的に。
  3)その本についての総合評価。
 
  以上の三つが必要です。2)で使うため、先のメモを用意したのです。1)は、どういう内容だったか、客観的に説明します。この場合、2)の内容を引用して、客観的紹介のあいだに、こういうところが特徴であった、ここが印象的であったなどと入れても構いません。バランスよく、客観内容紹介と、印象にある内容などを、具体的引用などを交えて書きます。
 
  総合評価は、上の段階の途上、これについてはこう思うという形で部分評価を入れて、最後に、それらの部分評価をまとめて、また総合的視野や、それまで紹介していない部分なども引用して、この本は、「こういう本で、素晴らしいと思う」とか、「興味深い内容である」とか、「優れた力作である」とか、この後に、「惜しむらくは、著者の文章が些か、読みづらく云々」とか、条件付き「良評価」とか、反対に、「内容的にどうも不自然に思える」とか、「ストーリーに新鮮さがなく、面白い本とは推薦できない」などの「否定評価」をします。一般に、「良評価」にして、少し、批判を入れると、立体性が出てきます。
 
  構成をどうするのかの問題があります。構成は、
 
  1)起(枕――本を読む動機・本の位置付け紹介)
  2)承(客観内容紹介)
  3)転(主観印象紹介)
  4)結(総合評価)
 
  という四段構成がよく、2)と3)はうまくモザイクにしても構いません。また、書評の場合、ミステリーなどは、最後の真相、トリックなどは書いてはならないと言う原則があります。あまりにひどい本は別ですが、そこそこ面白かった本は、褒めた方が書評としては易しいです。否定し批判しつつ、読者に書評を読ませると言うのは難しいです。書きにくいのです。
 
  1)で、本を読むきっかけとか、著書の紹介、本の成立背景などの紹介を書いて、いつの間にか、内容紹介へと続けます。全部の紹介などできないので、これは、という所を重点的に取り上げ、あまり話が拡散しないように注意します。
 
  2)と3)は、小説なら、ストーリーや、登場人物の印象、文章の読みやすさ、文体の特徴などです。
 
  4)で、これまで書いて来たことも踏まえて、本全体の評価・印象を述べ、読者に向け、この本を読む時の注意とか、素晴らしい本なので、是非一度、手に取られるとよいでしょう、などと推薦の言葉を入れたりします(必ず入れる訳ではありません)。
 
  実際の「書評」を見て、どういう「構成」になっているか、「どういう内容紹介」の仕方か、「枕」の置き方、「総合評価」の書き方などを調べてみてください。漫然と書評のサンプルを見るのはなく、上に述べたような、要素で成り立っているはずで、また構成も似たもののはずですから、要素の提示の仕方、構成の仕方などを見て、分析します。そして分析結果を自分の書評に応用します。
 
  なお、書評ではありませんが、テーマ小論文の構成の仕方とか書き方、実際に書いてみた例などが、以下の参考URLのわたしの回答と、そのお礼にあります。小論文と書評とでは違いますが、違いは上に説明しています。参考にしてください。
 
  >質問:推薦入試の漢字一文字のテーマの作文
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=195542
  

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=195542

  
  書評を書くと言いましても、枚数、どんな種類の本の書評か、どこに提示・公表を前提とした書評かによって、書き方が違って来ます。つまり、ひも付きの書評、例えば、或る出版社が出している雑誌の書評コーナーで、他の出版社の本と共に、その出版社の本も書評する場合、普通「よいしょ」するというのですが、「悪く書かず、良く書く」という原則があります。お金を出して書評を書かせて、自分の所の本を悪く言われては、宣伝にならないからです。
 
  他方、同じ雑誌でも、読者に、何がベストの...続きを読む

Q参考にしてる書評

私は普段HONZや日経新聞の書評を読んで本を買う参考にしてるのですが、
皆さんはどんな書評読まれているのでしょうか?
面白い選書をする書評などご存知でしたら教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

三省堂書店のホームページの真ん中あたりの
神保町の匠という項目のところが参考になります。

参考URL:http://www.books-sanseido.co.jp/

Q俳句の批評の問題

1、大空に羽子の白妙とどまり。   Aおぼろにはなやいだ美の世界が現出している句。
2、芋の露連山影を正しうす。    B色彩の鮮明なものの瞬間をとらえている。
3、梨咲くと葛飾の野はとのぐもり。 C端厳な清澄な緊張した心境が表れている。
4、水枕ガバリと寒い海。       D幻想、幻覚ふうなそれでいて印象鮮明な感覚の鋭敏な句。
5、地階の灯春の雪ふる樹のもとに。 Eほのかに暖かさを感じさせる、視覚により、把握された句。

○上の1~5の句に対する批評はA~Dのどれでしょうか。
○それぞれの句の季語と季節はなんでしょうか。
○5の句は句末にどのような言葉が省略されていますか。
○口語調の顕著な句は何番ですか、それはどのような効果をあげていますか。
  ある問題集の問題です、答えが無いので教えてください。

Aベストアンサー

 乗りかかった船ですので、おつきあいしましょう。勉強がんばってください。

1、大空に羽子の白妙とどまり。
2、芋の露連山影を正しうす。
3、梨咲くと葛飾の野はとのぐもり。
4、水枕ガバリと寒い海。      
5、地階の灯春の雪ふる樹のもとに。

 A おぼろにはなやいだ美の世界が現出している句。
 B 色彩の鮮明なものの瞬間をとらえている。
 C 端厳な清澄な緊張した心境が表れている。
 D 幻想、幻覚ふうなそれでいて印象鮮明な感覚の鋭敏な句。
 E ほのかに暖かさを感じさせる、視覚により、把握された句。

 こんなふうに別に書いて質問してもらえると、先入観ナシに俳句を鑑賞できた、はずなのですが、そうでなかったので、私の印象はすでに影響さて鈍くなっています。


 私のがあっているかどうかは別にして、句や詩と鑑賞文を結びつける「こつ」は、鑑賞文の中のキーワードを見つけて、詩句に当てはまらないのを消去していくことです。

 当てはまるものを捜すより、当てはまらないものを捜すほうが楽ですから。

 そして残った2つのどちらかで悩んで、最後に理屈をつけて決めると間違いが少ないものです。


 で、私がキーワードとしたものと句の情景を関連づけてみました。

1 - B
  青空、羽子(白い羽根と黒く丸い根)、「瞬間」をとらえる

2 - C
  小さい露、影が正しい(キチンとしている) のは、緊張して観察しないと判らない

3 - A
  梨の花(1本だけじゃない)→はなやいだ美
  春=おぼろ は常識、 「とのぐもり」の意味は不明

4 - D
  「幻想、幻覚」  水枕の音から寒い海(の波)を連想する
  たぶんこの人は風邪で熱をだして寝込んで、夢うつつ状態

5 - E
  詠まれた情景は前回書いた通り。
  雪が舞い散る中の燈が、「ほのかな暖かさ」を感じさせる。
  「ほのか」であるためには明るすぎてはダメ、
  「暖か」であるには暑くてはダメ、寒すぎてもダメ。
  西瓜の塩、あんパンの塩くらいの、逆の味があると際だつ。

 乗りかかった船ですので、おつきあいしましょう。勉強がんばってください。

1、大空に羽子の白妙とどまり。
2、芋の露連山影を正しうす。
3、梨咲くと葛飾の野はとのぐもり。
4、水枕ガバリと寒い海。      
5、地階の灯春の雪ふる樹のもとに。

 A おぼろにはなやいだ美の世界が現出している句。
 B 色彩の鮮明なものの瞬間をとらえている。
 C 端厳な清澄な緊張した心境が表れている。
 D 幻想、幻覚ふうなそれでいて印象鮮明な感覚の鋭敏な句。
 E ほのかに暖かさを感じさせる、視覚に...続きを読む

Qネット上の書評の好感、反感、購買意欲

 ネット上の書評を見て、それに好感を持つのはどんなときですか?反感(嫌悪感)を持つのはどんなときですか?ネット上の個人の書いた書評をみて、買おうかなと思ったことはありますか?或いは直接amazon等でそれを購入したことはありますか?
 
 頻繁に訪問なさっている書評サイトがあればそれも教えてください。
 自分のサイトのコンテンツをつくるにあたって、どのような書評文を書けばいいのか悩んでいます。他人に本を紹介するときに、ほめればいいのか、鋭く何かを指摘しなければいけないのか。
 ビジネス本等だと、内容のあらましも重要ですよね。

Aベストアンサー

私は「書評」とは、原稿料を貰って、記名で書く「作品」の一種だと思っていますので、ネット上で勝手に書いているものは、「感想文」でしかないと思っています。
私自身、ネット上で本の「感想文」を書きますが、基本的に(広い意味で)面白くなかった本は、一切取り上げませんので、全般にいいところを誉めた文章になってしまいます。
他のサイトでは、辛らつに切って捨てるような感想文もありますが、単に、自分の知識の豊富さや頭のよさを自慢したいだけの自己顕示欲だけのサイトは、読む気はしないですね。
その本の面白さを上手く伝えてくれるサイトで、そのサイトを読むうち、自分と感性が近いとわかって、その後、読書の参考によく読んでいるサイトがあります。
それから、自分でも書けるような感想文は、読まないです。自分にはないような着眼点とか、情報を元に、書いてある文章は、とても参考になるので、そういったサイトはよく読みます。

Q小説を批評してもらえるサイト

このカテゴリーにはアマチュア小説家の方がかなりいらっしゃるようなので、あえてこのカテゴリーに登録させてもらいました。
小説を批評してもらえるサイトで私が知っているのは以下のものです。

○またり文庫
○作家でごはん
○アエーマ (批評の質は今ひとつ?)
○よみかく (批評の質はピカイチ?)

以上が、作品が活発に発表されていてかつ内容の濃い批評を頂けるサイトだと思っています。
上記4つと同水準のサイトを他にも知っている方がいましたら教えて頂きたいのですが。

Aベストアンサー

 参考URLは俺が行ってるところです。
 受動的な態度だとなかなか感想を得られないので、掲示板とかチャットで能動的に感想をききださなければいけない雰囲気があるですが、企画の類が充実してます(笑)

参考URL:http://www.i-sakka-kyoukai.com/


人気Q&Aランキング