蚊を手で打つのは苦手です。(うまくいかないし、手が汚れる)
また殺虫剤や蚊取り線香類は敏感体質のため使用したくありません。
目に入った蚊を捕獲する方法があれば教えてください。
ハエ叩きに類似したようなものがあればいいのです。

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

ハエ叩き…



蚊取ラケットなるものがあります。
夜間コンビニの入り口前で青白く誘蛾灯が灯っているのを見たことがあると思います。あれは、近づいてきた虫を高圧の電圧でショック死させるものです。
それと同じ原理のラケット状の物です。
使い方は説明しなくても分かりますよね。

あまり電圧が高くないため一撃で駆除するのは難しいですけど、落ちた蚊やハエなどの虫をティッシュペーパーで包んで捨てるくらいには役に立つと思います。
いろんなサイトで通信販売されていますし、ホームセンターなどでも扱っていることがあります。
「蚊取ラケット」で検索するか、お近くのホームセンターに出向いてはいかがでしょう。
(1,000円前後で販売されています)
    • good
    • 0

前に家の中にカナブンが入ってきて、しかもその時1人だったので眠れ


ない夜を過ごした事があって以来、100均で虫取り網を買いました。
買って以降カナブンなどは入ってきて無いのですが、最近虫取り網を
使って蚊を捕獲する事がかなり楽だと言う事が発覚しました。
と言うのも、虫取り網だと天井に止まってても捕獲出来る事と、網の入
り口が広いので細かく命中しなくても捕獲出来ます。

以前は他の回答者さんと同じで、うちわを使ってたのですが変な風を作
ってしまったりしてうまく行かない事もしょっちゅうでした。
天井に居た時なんかも、うちわでは届かないので厳しいです。でも虫取
り網を使ってからは、風を作らずに天井も楽々捕獲出来るので虫取り網
を使ってからは今までノーミスです♪

捕獲後は潰すと網が黒くなってしまうので、網の端っこを持ってうちわ
で叩いてからティッシュで潰してます。
    • good
    • 1

掃除機で吸い取ります。

    • good
    • 0

我が家では「うちわ」(もちろんこの1本は専用にしています)を使っています。

百発百中を継続中です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蚊を探すときまずどこを見る?

蚊の時期ですね。

血を吸うだけならまだしも、痒みを残して暗がりへ逃げ込む
あのにっくき蚊です。


そこで質問なのですが、皆さんは蚊に逃げられて見失ったとき
まずどこを探しますか?

また、どのような方法で蚊をしとめますか?


自分は素手でつぶすのが嫌なので電撃殺虫ラケットなるものを
構えてまず這いつくばって床を確認します。
割と椅子の下の床にいたりもするんです。

Aベストアンサー

こんばんは。
蚊に血を吸われるとムカムカするわ痒いわでたまりませんね。

私は窓際。カーテンの周りなどを中心に探します。
見付けたら素手でパチン!っとやって、手に着いた血を石鹸で洗い流します。
カーテンを叩いてしまうと血が着いてしまうので。

刺された所はなるべく触らないようにしますが、無意識にかいてしまい、プクッと腫れてしまいますね。

Q工事現場の騒音は泣き寝入りするしかないのですか・・・・・

自宅マンションの表裏、両方で分譲住宅の工事をしています。その騒音たるや、筆舌に尽くしがたいほどです。わたしは夜間仕事をしていて、日中寝ることになります。が、工事現場の重機の音でなかなか寝ることができず、睡眠不足におちいっています。工事は仕事ですからしかたがありません。しかし、近隣の住民に対してあまりに配慮がかけていると思います。工事を請け負う建設会社は紙切れ一枚で御協力のほど宜しく、と、誠意が感じられません。工事現場の騒音に対する法的規制はないそうです。役所は苦情は聞き入れても、ただにいちどだけ建設会社に電話をするだけです。建設会社も法的規制がないだけに強気です。わたしは業を煮やして建設会社に直接電話しました。建設会社の担当者は、騒音問題や仕事終いの時間など法的規制がないから、近隣住民の話は聴き入れられない、と、けんもほろほろに一蹴されました。法的規制がない故に、だまっているしかないのですか?
誠意ある対応を望んでいるだけなのに、何か良い対処方がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

電気工事の仕事をしているものです
騒音への対策でのうら技的なことをこっそり教えます
現場での仕事で一番怖いのが労働基準監督署です
そこで、その監督署に苦情の電話または手紙を送る
そうすると、だいたいは監督署で現場を確認に来ますので
そのときは是正事項はなくとも現場では労働安全に関する違法行為をまったくしていないということは皆無です必ず
大なり小なりあるものなので、現場の監督連中はびびります。
これを何回もやられると相当きついはずです
後は、消防と警察へ通報する
消防へは少しくらい大げさに土煙がすごいことになっているが心配なので確認して欲しいと通報する、警察へは隣の現場内ですごい罵声が上がっていて不安なので見に来て欲しいという感じの電話をする。
これも同じで監督はびびります、そして、何より怖いのが警察よりも消防に見に来られるのが嫌なものです
施工途中の現場内を消防に見られるのは何も違法なことをやっていなくても消防の見解しだいで施工方法を簡単に直されるので、見られたくないものです

というように、少し一般の人が見ればせこいやり方かもしれませんが現場では上記の3者が来るのが本当に嫌なものです

後はその現場の設計監理者または建て主が必ずいますのでそこに電話するのもきついと思います
現場監督でも設計監理者や建て主へは絶対に頭が上がりませんので
その人の耳にこういう問題が入れば後々の現場進行にも
影響が出るんではないか?と思ってしまい改善への一歩になるかもしれません

最後になりますが最近は近隣の騒音問題はかなり重要視されてきており、われわれ現場サイドの人間も本当に関心がある問題です
そこの、担当者の態度は許されることではないので
少しくらいきついお灸をすえてやるというような感覚でも私はいいと思います
すべての工事現場で働く人がそうではないというのもわかって欲しいと思いますので
ちょっと、一般の人には知らないようなことを教えちゃいます
それでは

電気工事の仕事をしているものです
騒音への対策でのうら技的なことをこっそり教えます
現場での仕事で一番怖いのが労働基準監督署です
そこで、その監督署に苦情の電話または手紙を送る
そうすると、だいたいは監督署で現場を確認に来ますので
そのときは是正事項はなくとも現場では労働安全に関する違法行為をまったくしていないということは皆無です必ず
大なり小なりあるものなので、現場の監督連中はびびります。
これを何回もやられると相当きついはずです
後は、消防と警察へ通報する
消防へは少...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報