夜勤をする場合 通常勤務より何%多い賃金になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず深夜の22時から翌朝5時までは25%増しです。



ただ夜勤で8時間以上働いたからといって時間外労働になるわけではありません。たとえば、1回10時間勤務、週4回であれば、週40時間以内なので1か月単位の変形労働時間制を適用することで、10時間越えてはじめて残業代がつきます。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q緊張時や興奮状態の心拍数

私は安静時に比べて学校にいる時は心拍数が色々なストレスにより心拍数が二倍になっております。

安静時に比べて通常の状態では心拍数はいくらまでなら健常といえるのでしょうか

Aベストアンサー

二倍は危険。

運動による心拍数変動を考える場合でも、二倍は危険ラインとされている

Q夜勤明けの賃金カット前日 8時半から17時半まで通常勤務し夜間20時から翌日4時まで夜勤して

夜勤明けの賃金カット

前日 8時半から17時半まで通常勤務し

夜間20時から翌日4時まで夜勤して

その日の15時に出勤して、17時半まで働きますが

通常は8時間労働である為、この夜勤明けの出勤は2時間半しか労働していないので

先月から5時間半の賃金カットになりました。

これまでの賃金払いについて改善したそうです。

総務からは労基法で定めている通りの賃金払いと回答が有りました。

正解?間違い?

Aベストアンサー

確認ですが、
「前日 8時半から17時半まで通常勤務」し、その日の「夜間20時から翌日4時まで夜勤」して、
「 その日の15時に出勤して、17時半まで働きます」
ですか?
この勤務形態そのものが労基法違反ですが・・・。

Q中性脂肪を減らす運動の心拍数と運動強度について質問です。 

中性脂肪を減らす運動の心拍数と運動強度について質問です。 
中性脂肪を減らすには、ウオーキングが一番よいとのことで、1ヶ月ほど前から、毎日40分歩いています。このサイトでも調べて、運動時の心拍数は軽度の運動(50%)の心拍数(分)=安静時の心拍数+0.5×(最大心拍数-安静時心拍数)、中等度の運動(60%)の心拍数(分)=安静時の心拍数+0.6×(最大心拍数-安静時心拍数)になるように歩くのがよい、とのことなのですが、私の場合、計算すると、125以上の心拍数にしないと、効果がないような感じなのですが、おもいっきり早く歩き続けても、心拍数は115~せいぜい120以下です。

どんなに早くあるいても、125以上になりません。 125以上にするには、少しジョギングっぽく走らないと125以上になりません。 ジョギングはひざをいためたりすることもあるので、ウオーキングが一番よいということですので、なんとかウオーキングで125以上の心拍数にするのがベストだと思うのですが、どうすればよいでしょうか。 

心拍数を優先すれば、やはり、歩くのではなく、ジョギングした方がよいのでしょうか。 それとも、心拍数を気にせず、115程度の心拍数でもウオーキングの方が中性脂肪を減らすには、よいのでしょうか。詳しい方いらしたら、どうぞよろしくおねがいします。

中性脂肪を減らす運動の心拍数と運動強度について質問です。 
中性脂肪を減らすには、ウオーキングが一番よいとのことで、1ヶ月ほど前から、毎日40分歩いています。このサイトでも調べて、運動時の心拍数は軽度の運動(50%)の心拍数(分)=安静時の心拍数+0.5×(最大心拍数-安静時心拍数)、中等度の運動(60%)の心拍数(分)=安静時の心拍数+0.6×(最大心拍数-安静時心拍数)になるように歩くのがよい、とのことなのですが、私の場合、計算すると、125以上の心拍数にしないと、効果がないような感じな...続きを読む

Aベストアンサー

> 私の場合、計算すると、125以上の心拍数にしないと、効果がないような感じなのですが、おもいっきり早く歩き続けても、心拍数は115~せいぜい120以下です。

そのとおりだと思います。女性の場合の心拍数は115~せいぜい120以下が普通です。
有酸素運動能力は、男性で最大酸素摂取量の60~70%、女性は50%の運動強度で運動すると、最も効果的に向上できることがわかっていて、その運動強度は、次の式で計算できます。

男性 = 安静時の心拍数+(最大心拍数-安静時心拍数)X 0.6~0.7
女性 = 安静時の心拍数+(最大心拍数-安静時心拍数)X 0.5

したがって、もしも、あなたの安静時心拍数が60、仮にジョギングしたときの心拍数が140だとすると、

目標の心拍数 = 60 + (140 - 60) X 0.5 = 100

の心拍数でウォーキングすると、最も効果的に有酸素運動能力が向上できることになります。

> 心拍数を優先すれば、やはり、歩くのではなく、ジョギングした方がよいのでしょうか。それとも、心拍数を気にせず、115程度の心拍数でもウオーキングの方が中性脂肪を減らすには、よいのでしょうか。

心拍数100位でウォーキングするときは、筋肉はなるべく貯蔵量の多い脂肪を燃やして運動するのですが、
ウォーキングでスピードを上げたり、ジョギングするときは筋肉内に貯蔵したグリコーゲンを燃やしてスピードを上げます。
ですから、スピードをあげると消費カロリーは増えますが、脂肪の燃焼量が増えるのではないのです。
やはり、多くの研究結果が教えているように、心拍数100位でウォーキングするのが最もよく脂肪が燃えるのです。

> 私の場合、計算すると、125以上の心拍数にしないと、効果がないような感じなのですが、おもいっきり早く歩き続けても、心拍数は115~せいぜい120以下です。

そのとおりだと思います。女性の場合の心拍数は115~せいぜい120以下が普通です。
有酸素運動能力は、男性で最大酸素摂取量の60~70%、女性は50%の運動強度で運動すると、最も効果的に向上できることがわかっていて、その運動強度は、次の式で計算できます。

男性 = 安静時の心拍数+(最大心拍数-安静時心拍数)X 0.6~0.7
女性 = 安静時の心拍数+(...続きを読む

Q所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金とは?

誰かご存知の方がいましたら教えてください。

私は派遣職員で9.5時間拘束で8.5時間の仕事を行っており、時間給ベースで給料を頂いております。(契約書上8時間労働ですが、毎日8.5時間仕事をしており8時間で帰ることは100%ありません)その条件で有給を取得した場合、8時間×時間給分しか払えないと言われました。私の会社の有給の支払方法ですが、労働基準法39条6項にある

>所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払う

形態を取る会社ですが、8.5時間分の有給を受け取ることは困難なのでしょうか?また契約書を正しい労働時間(8.5時間の契約書)で作成することも拒否されました。法定労働時間に抵触するからと思われますが、私個人としては、何となく腑に落ちない感じがするのですが会社の言っていることが正しいのでしょうか?

要点を記載します。

(1)8.5時間分の有給を受け取ることは可能か?
(2)契約書を正しい労働時間(8.5H)で作成してもらうことは可能か?
(3)所定労働時間の概念は?

ちなみに私が8.5時間働く事に労使間で争いはありません。
可能であれば法務関係者から意見を頂けるとありがたいです。

誰かご存知の方がいましたら教えてください。

私は派遣職員で9.5時間拘束で8.5時間の仕事を行っており、時間給ベースで給料を頂いております。(契約書上8時間労働ですが、毎日8.5時間仕事をしており8時間で帰ることは100%ありません)その条件で有給を取得した場合、8時間×時間給分しか払えないと言われました。私の会社の有給の支払方法ですが、労働基準法39条6項にある

>所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払う

形態を取る会社ですが、8.5時間分の有給を受け取ることは困難なのでし...続きを読む

Aベストアンサー

>現在相手は払わないと言っています。と言うことはもう交渉の余地は無いのでしょうか?差支えないという表現は私は請求することができるということでしょうか?相手の善意に任せると言うことでしょうか?

交渉の余地は無いでしょう(適法です)。
そうです“相手の善意に任せる”と言うことです(0.5時間分プラスする義務は法的にはありません)。

>36協定を結んだ上、8.5時間を標準労働時間とする契約書を交わせば有休使用時に8.5時間分の金額を払ってくれるということですかね?

いいえ、0.5時間は時間外労働ですから、通常の賃金には入りません。
8.5時間を標準労働時間(?)とする契約書はそのままでは違法です(1日の法定労働時間8時間を超えています)。

Q心拍数が150と高く10日間続いている

10年前位に狭心症で冠状動脈のバイパス手術をしました。その後心拍数は安定していましたが、急に心拍数が150と高くなり既に10日間も続いています。病院に行ったら心房細動だといわれました。心拍数を下げる薬を点滴しましたが、一時的には下がるもののまた6時間程度で150に戻りました。明日再検査することになっています。今までも酒を飲んだり、風呂上がりなどに上昇することはありましたが、深呼吸したりしていると通常値(75程度)に下がっていたのです。今回はなかなか心拍数が下がりません。病院ではワーファリン、ワソラン、ニコランジルの薬をを処方されました。

1)痛くもかゆくもないのでこのまま、心拍数の高い状態を続けてもいいのでしょうか。
2)心拍数が上昇した原因は何だったのでしょうか。

心当たりの方がいらっしゃいましたらご回示お願いいたします。

Aベストアンサー

元々が心房細動だったのですか?
それとも普通の正常な脈だったのでしょうか?

正常な脈とは、サイナスリズム(洞調律)と言って、心臓の刺激伝導系(難しくなるのでこの辺で)がきちんと作動している状態という事です。

心拍数が高いんで、多分発作性心房細動かな?と思います。
脈拍=心拍数が150くらいがずっと続くと、寝ていても走っている状態と同じ事なので、心臓はくたびれて心不全を起こしたり、また血栓を作って、それが血流に乗って主に脳に飛んだりします。
そうすると脳梗塞を起こしやすくなるのですが、それを予防する為に、ワーファリンを内服されているようなので、そこはひとまず大丈夫でしょう。

不整脈の方はワソランを内服されているようですが、効いてないようですね。
また心不全予防的にニコランジルも内服されてますが、多分頻脈がこのまま続くと追いつけない状態になってくると思います。

発作性の場合は薬で治る場合もありますが、この場合は除細動器(要するにAEDみたいなもの)を使って、洞調律に戻す方法もあります。
ただし一旦戻ったとしても、また心房細動になる可能性はよくあります。

そういう時にはカテーテルアブレーションなる方法もありますが、これも100%ではありませんし、リスクも伴うので、メリットとデメリットを考えてからの選択になるでしょう。
ですので、慢性的な心房細動になった場合は、脈拍をコントロールする薬を使って脈拍を抑え、血栓予防剤を飲み続けなくてはなりません。

血栓を作らない=出血しやすい、という事でもありますから、定期的な受診と適切な内服コントロールが必須となります。

この発作性心房細動の原因は刺激伝導系の障害なのでしょうが、それを誘発するのが何かは不明です。
原因を追究するよりは、治療を優先しますので、先ずは明日しっかり診てもらって下さい。

元々が心房細動だったのですか?
それとも普通の正常な脈だったのでしょうか?

正常な脈とは、サイナスリズム(洞調律)と言って、心臓の刺激伝導系(難しくなるのでこの辺で)がきちんと作動している状態という事です。

心拍数が高いんで、多分発作性心房細動かな?と思います。
脈拍=心拍数が150くらいがずっと続くと、寝ていても走っている状態と同じ事なので、心臓はくたびれて心不全を起こしたり、また血栓を作って、それが血流に乗って主に脳に飛んだりします。
そうすると脳梗塞を起こしやすくなるので...続きを読む

Q通常勤務で週40時間を超える場合

一日の実労働時間は8時間で、月に1,2回土曜日に出勤があります。
このような場合土曜日の出勤については時間外手当が付くのでしょうか?
確か労働基準法での所定労働時間は週40時間だったと思いますが。

Aベストアンサー

あなたのお仕事が時間的に特殊な仕事(運転手など)ではなく、36協定など労使間の協定が結ばれていないと仮定します。また深夜に及ぶお仕事ではなければ、その土曜日の出勤は25%増しの手当てが付きます。
週40時間以上又は1日8時間以上は「時間外手当(25%増)」が付き、法定休日の労働は「休日手当て(35%増)」になります。
法定休日は週1日で構わないので、おそらく日曜日になっていると思われます。そのため土曜日の出勤は、休日手当てではなく時間外手当になります。
ただ労基法を厳密に守っている会社はそれほど多くないのが現状みたいです。
余談ですが厳密には、着替えなども労働時間に含まれますし、タイムカードも毎日5分は切り捨てとかではなく、1分でも全部計算して月単位で全部まとめて総労働時間から、30分以内の切捨て、となっています。

Q最高心拍数について

こんにちは、
運動によって高めうる心拍数の最高値である最高心拍数は、加齢とともに減少しますが、この心拍数は高いほどよいものでしょうか?

Aベストアンサー

(1)30才のランナーで、安静時心拍数が70拍/分であれば、70%強度は
  70% × ((220 - 30才) - 70拍/分) + 70拍/分 = 154拍/分

(2)10才の小学生で、安静時心拍数が80拍/分であれば、60%強度は
60% × ((220 - 10才) - 80拍/分) + 80拍/分 = 158拍/分
となります。

 一見したところ小学生の方が心拍数がやや高いようですが、実は運動強度は低いわけですから小学生の方がフルマラソンを完走してしまう確率が高いと考えられます。ただし、最高心拍数には、個人差やトレーニングレベルの問題がありますので(70歳の方で 180拍/分位で走っている例もある)、正確を期すにはかなり強い運動まで実際に追い込んで最高心拍数を測定してみないと分かりません。
 最高心拍数は、要は許容範囲なので、数値が高いほど、身体能力が高く、良いといえると思います。

Q夜勤賃金について。

私は現在、日当10000円で8:00~1700の雇用契約で仕事をしています。来週より夜勤で20:00~5:00までの仕事で、7:00までの2時間残業をした場合、1日あたりの日当はいくらに、なるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

休憩が1時間と仮定します。
その場合、22時から5時までは深夜割増となります。
ただ、この間で休憩が入ると思われるので、深夜勤務時間は6時間になります。
よって、
10,000÷8=1,250(時給換算)
1,250×1.25≒1,563(深夜帯及び残業時間帯の時給)
(1,250×2+1,563×6)+1,563×2=15,004

ただし、給与規定による部分があると思うので、
勤務先にきちんと確認を取ったほうがいいかと思います。
(こういったケースのときの取り決めとかあるかと思うので)

Q心拍数 平均

通常の状態の心拍数を測ってみました。

10代です。


心拍数を測ってみると、1分間に80回でした。


早い気がするので
心拍数の(1分間)10代の平均を知りたいです。


回答はいつでもいいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

平均はあるのでしょうが、体格・生理状況などによって個人毎に異なるはずですから、参考になるでしょうか?

参考URL:http://www9.plala.or.jp/sophie_f/nursing/pulse.html

Q夜勤なのに均一賃金…どう解釈したら良いでしょうか

なにげなくアルバイトの募集を見ていたら、

19:00~翌4:00(実働8時間)

※残業1~2時間程度有り
休日: 週2日シフト制(365日稼働)

給与: 時給 1,100円

という肉体労働がありました。どこにも

19:00~22:00 基本給 ○○円
22:00~4:00 基本給 ○○円+深夜割増賃金 ○○円

ということは書いていません。
この募集はシステム上、相手先に問い合わせる=申し込む、ということになってしまいそうなので、
まずは自分でわかる範囲で意味を考えてみようとしているのですが、
22:00の前後で賃金が変わらずに ずっと 1100円 である意味がわかりません。
これって法律的におかしくはないのでしょうか?

一応、休憩は 22:00~3:00 の間にある、と勝手に仮定してご回答をお願いします。


契約の際に休日は日曜、などと定めていない場合、7日間に1日休日があれば日曜に出勤しても休日割増賃金が付かない、ですよね、確か。
同じように、夜勤が前提で雇われている人間については、
「25%増しで 1100円 (つまり基本給は 880円?)」
と固定時給で定めることができるのでしょうか?
22:00 よりも前の時間帯も 1100円、というように解釈できるのは、
「法律を超える割増賃金(または手当)を自主的に支払っている(私の予想通り、基本給は880円、だけど 19:00~22:00 も 220円を上乗せしてくれている)」
ということでしょうか?

あと、2時間残業した場合、
4:00~5:00 は 1100円 だけど、
5:00~6:00 は  880円 、
だと思います?
これも 就業規則上、5:00~6:00 は  220円 の特別手当が加算されて 通して1100円になるように調整される、という経営上の裁量権が認められているのでしょうか。

4:00 以降の勤務は 残業割増賃金として 25%以上(275円以上) が加算されなければ違法なのか、
二重に割増が適用されることはないのか、
頭がこんがらがってよくわかりません。

優しく教えていただけませんでしょうか、よろしくお願いします。

なにげなくアルバイトの募集を見ていたら、

19:00~翌4:00(実働8時間)

※残業1~2時間程度有り
休日: 週2日シフト制(365日稼働)

給与: 時給 1,100円

という肉体労働がありました。どこにも

19:00~22:00 基本給 ○○円
22:00~4:00 基本給 ○○円+深夜割増賃金 ○○円

ということは書いていません。
この募集はシステム上、相手先に問い合わせる=申し込む、ということになってしまいそうなので、
まずは自分でわかる範囲で意味を考えてみ...続きを読む

Aベストアンサー

> 22:00の前後で賃金が変わらずに ずっと 1100円 である意味がわかりません。
> これって法律的におかしくはないのでしょうか?

> 「25%増しで 1100円 (つまり基本給は 880円?)」
> と固定時給で定めることができるのでしょうか?

こういう賃金設定は可能です。
本来なら、同一労働同一賃金ってのが理想的で、国際労働機関なんかではそうすべきだって事が言われてますが、日本の法律ではそうしなきゃならないって条文は無いです。

ただし、計算上の基本給が最低賃金を下回る事は出来ないです。880円なら、どの都道府県でも問題ないハズですが。


> この募集はシステム上、相手先に問い合わせる=申し込む、ということになってしまいそうなので、

であっても、確認しなきゃどうにもならないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報