明日がテストで振りかえったらわからないところがありました。
教えてください。

問・ある年の8月8日の午後8時に、ある星Bが真南の空に見えた。この後真夜中(午前0時)に星B真南の空に見えるようになるのは、何月何日か?一ヶ月を30日として考えろ

という問題です。多分星の年周運動を用いると思います。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

星は遠くにあるので、天球という壁に描かれた絵のように動かないモノ、と考えることができます。



地球は、1年をかけて太陽の周りを回ります。もし、地球が自転しないとすると、1年をかけて夜と昼とが来ることになります。
この周期は、1年で太陽が1回転するということになります。星は動きません。
1か月は30日、1年が360日とすると、24時間÷360日=4分「ぶん」太陽と星の位置がずれていくことになります。
    • good
    • 0

 「星の出」は1日当たり約4分早くなります。


 つまり1か月で2時間、6か月で12時間、そして12か月(1年)で24時間早くなって、めでたく1年後には同じ夜空が戻ってきます。

 午後8時は24時制では20時、このときと同じ夜空が20時間早まった時刻(4時間遅れた時刻)に見えるのはいつか、ということですから、上記のことを考えれば計算できるはずです。

(ヒントというかほとんど回答・・・20時間早まる(または4時間遅れる)ということは、10か月進む(または2か月戻す)ということです)
    • good
    • 0

1恒星日は23時間54分1秒(太陽時)


これを基に自力で計算してくれ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報