5月に入ってから膝の関節に違和感があり、その時は痛くはなかったのですが、一週間前から腫れてきたため、昨日 整形外科に行って診てもらいました。
水が溜まっていたので抜いてもらい、膝の関節炎だと言われました。
鎮痛剤が切れると、関節の痛みで、どんな格好も辛い状態です。
ここで質問なんですが、これから先は どうしたらいいのでしょうか?
関節の炎症は、放っておけば治るのか?
整体や針治療をしたほうがいいのか?
筋肉をつけるにも、痛みがひいてからのほうがいいのか?
(この場合、鎮痛剤なしでも痛くない状態になってから、という意味です)
現在は、このまま痛みがなくなることはあるのか??
無理をすれば また水が溜まってしまうのか??
と、どうすればよいのか わからない状態で、不安になっています。
治療法、またそれらの時期、わかる方 教えてくださいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

鎮痛剤は炎症を抑えるのが最大の目的ですが、服用はどのように指示さ


れていますか?ひどい関節炎は放っておくと軟骨の破壊を進めますの
で、早期に抑えた方が良いと思います。また、膝の水を抜く治療は現在
主流ではないのですが、抜かなくてはいけないぐらい溜まっていたので
しょうか?

整体やカイロプラクティックは無資格者なので注意が必要です。

筋トレは関節を直接動かさなくて、体重がかからないものであれば今行
っても良いと思います。膝は腿の前の筋肉が最重要です。これを鍛える
筋トレを紹介します。

==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しまし
ょう(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くこと
も)

(2)つま先を直角にします(伸ばさない)。膝を曲げずゆっくり足を持
ち上げます。こぶし一つ分ぐらい上げてください(上げすぎると効果が
ありません)。

(3)10秒数え、ゆっくり下げます。間をあけず、すぐもう一度繰り返し
てください。これを左10回、右10回します。これを1セットとして2セ
ット行ってください。

(4)楽になってきたら、ゆっくり数えたり、15回にしたりしてください。
各ポイントをしっかり抑えて行ってください。
==========

病院では飲み薬、注射、貼り塗り薬、電気などのリハビリですね。痛み
が取れてくればウォーキングなどを日課にしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
鎮痛剤は1日2回でロキソニンをもらっています。
あとは湿布です。
水は 注射で3回ほどピューって出してました。
古い医院(おじいちゃん先生です)だからだと思います。
私も、周りから『抜くとまた溜まる』とは聞いているので
(妹はバスケで何度も水が溜まった経験があり、3回目には諦めて自然に慣らしたそうです)
なんせ運動をあまりしないほうなので、筋力がない・・・
と、いうのがいけないと思っています><

どの程度の運動をしたらよいのか、困っていたので
助かりました。
体重をかけず、関節を動かさず、筋トレですね。
ためになりました。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/25 09:03

とりあえず、女性ですか?


年齢は?40代以降でしょうか?

診断名はたぶん膝内障でしょうかね?
原因がわからず膝に炎症症状(水腫ですね)
があれば、とりあえずこの疾患名がつきます。

整形のDrは自分が専門とする関節があります。
診察を受けたDrが膝専門でなければ
他医院を受診することをおすすめします。

自分で確認したいのであれば理学所見をとってみてはいかがでしょう?
マックマレーテストなど検索すれば方法がのっていると思います。

筋力強化は膝の疾患では重要になります。訓練は是非行ってほしいところですが・・・。関節に負担の少ない(術後でもすぐに行える)訓練法
としてクアドセッティング(quad setting)などが有名です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
女です。38歳です。
ずっと美容師をしておりますが、やはり年齢には勝てないようです;;

早速調べてみます。
簡単に考えていたので>< 
皆さんの回答、有難いです。
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/24 21:24

膝痛に成る原因の1つが書かれています。


膝関節を包む関節包の中の動きがスムーズでなくなるとそれをスムーズにするための関節液が出ます。これを水と呼んでいますが、この関節の動きをスムーズにするためには、膝に掛かる力がバランス良く成るように足元から調整しなければ成りません。
関節炎、関節変形症などは結果として成ってしまった状態の名前です。それが起きる原因を何とかしなければ、いつまで経って良くなりません。
この原因の改善は薬やストレッチだけでは解決しません。
足元の改善は、足の専門家達の無料相談サービスを利用するともっと別の観点からのアドバイスを得る事が出来るかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
立ち仕事なんですが、やはり年齢も重なって、若い頃とは違い、無理がきかなくなってきたようです;;

早速調べてみます。
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/24 21:21

とりあえずMRIくらいは撮って


状況確認しないとダメだと思いますが。

もう撮られたのでしょうか。

整形外科は 専門化が 強いようなので
膝の専門家をあたったほうがいいと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
レントゲンしか撮っていません

他の方も仰っているので、専門家を訪ねてみたいと思います。
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/24 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指の関節のしこりについて

初めまして!質問失礼致します。
半年ほど前から左手人差し指の第二関節にしこりができ、調べるとガングリオン?かなと思い放置していたのですが、最近しこりの数が増え、硬いものから柔らかいものまで数えられるだけで6個あります。しかも全部左手人差し指の第二関節周辺で見た目もぼこぼこになってしまいました。普段痛みはないのですが、押すと少し痛みます。
どなたか、同じ症状の方や、疑われる病名などわかる方おられましたら、お返事頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

とりあえず外科(手の外科)を受診してはいかがですか?

Q登山時に起こる膝の痛み、股関節の痛み。

初めて質問させていただきます。以前、どなたかの質問で同じような投稿がありましたが、若干ケースが違うかと思い投稿しました。
当方、34歳男性です。趣味で山登りや自転車をします。タイトルに挙げたように、登山の際(下山時)、膝の側面から裏にかけてと股関節に痛みが走ります。以前からこの症状がありましたが、一時期は解消されていました。しかし、最近再び悩まされています。
・これまでの助言
1.整形外科で膝のレントゲン、MRIを撮りましたが異常なし。
2.整体師に歩いていると足の神経が外側にズレる傾向があるとのこと。
3.アウトドアーショップで伺ったところ、歩き方に癖があり、そのことが痛みを引き起こしいるのではないか?
・対策
1.膝サポーターを装着→前出のアウトドアーショップの勧め。かなり改善されたが、最近は効果も薄くなる。
2.歩き方補正の中敷→これをいれて腰痛と股関節痛が出る。
3.運動前の準備運動
・予想される原因
1.20代に片側の減った、踵の高いブーツを長い間履いていた。
2.以前の職業病である腰痛を持っている。

以上が今わかるデーターです。
何か改善策はありますでしょうか?また、良いサポーター等ございましたら教えていただきたいと思います。
宜しくお願いいたします。

初めて質問させていただきます。以前、どなたかの質問で同じような投稿がありましたが、若干ケースが違うかと思い投稿しました。
当方、34歳男性です。趣味で山登りや自転車をします。タイトルに挙げたように、登山の際(下山時)、膝の側面から裏にかけてと股関節に痛みが走ります。以前からこの症状がありましたが、一時期は解消されていました。しかし、最近再び悩まされています。
・これまでの助言
1.整形外科で膝のレントゲン、MRIを撮りましたが異常なし。
2.整体師に歩いていると足の神経が外側にズレる...続きを読む

Aベストアンサー

痛みは下山時のみならば、筋力不足でしょうか。
下山時は余計に負担がかかりますから
但し、膝だけでなく股関節というのが気になりますね。
必要以上に体をねじっていませんか?
親指拇指球でしっかり着地することを心がれば、安定するのでねじれが少なくて済みます。
接地の際、膝が痛いので、力んでしまい、衝撃が腰まで伝わっている可能性もあります。

検査で異常がないなら、

サポーターは筋力不足を補う効果があるので着用しつづける。
荷物を軽くして、ユックリ下るようにする。
日頃から階段をユックリ下るトレーニングを行う。
ストックを使う。

Q手のひら側の人差し指第二関節付近にしこり

似たような質問もあったのですが、少し症状が違うので、質問させていただます。
宜しくお願いいたします。

今朝起きたら、突然、手のひら側の人差し指の第二関節付近(中指側)に5ミリ程度のコリコリしたしこりができていました。

ちょうど突き指したような指全体の腫れ感と、痛み。また、そのしこりを中心に半径1センチ程度が押すと特に強い痛みを伴います。

しこりの形状は、静脈が浮き出たような青緑色。

触感は、コリコリと固め。

しこりが小さく、寝てる間にぶつけてできた内出血なのかもしれないとも思うのですが、なにぶん利き手なもので、気になります。


考えられる傷病名、かかるとしたら、何科に行くのが良いかなど、アドバイスいただければ、幸いです。


お願いいたします。

Aベストアンサー

 ガングリオンじゃないかしら?切れない包丁やはさみを使って、手が疲れると、そんな風な症状になります。
 私は整形外科に行って、理学療法をしてもらいました。お大事に。

Q膝蓋大腿骨関節症?

こんにちは。
数年前から、歩きすぎると左膝が痛み、バキバキ鳴るようになりました。たまたま捻挫でかかった医者に「膝のお皿が動きすぎて炎症を起こしている。大腿骨の受け皿(くぼみ)がちょっと小さい」といわれました。
スポーツ選手がよくなる症例のようですが、なぜなったかはナゾです(以前、スポーツジムで膝かっくんしたことがあったから?)。ひょっとしたら生まれつきかもしれないし・・・だそうです。
とにかくあまり歩かない、ヒールの高い靴ははかない、そして膝まわりの筋肉を鍛える、サポーターをつける・・・などといわれています。なるべく実行していますが、膝の筋肉を鍛えるのはなかなか・・・。
サポーターをつけるのでスカートがはけなくなり、また蒸れてかゆくなったりもします。

手術するほどではないのだと思うのですが、一生直らないんでしょうか?泣くほど痛いということもないのですが、確かに歩くと痛いですし(仕事柄よく歩きます)、将来早く膝の老化が進むといわれています(女性はなりやすいんだそうです)。
低周波や赤外線といった対処療法をしていますが、なんとかサポーターをはずしたいのですが・・・。

どなたか、こういった症例を完治させた方はいらっしゃいませんでしょうか。

こんにちは。
数年前から、歩きすぎると左膝が痛み、バキバキ鳴るようになりました。たまたま捻挫でかかった医者に「膝のお皿が動きすぎて炎症を起こしている。大腿骨の受け皿(くぼみ)がちょっと小さい」といわれました。
スポーツ選手がよくなる症例のようですが、なぜなったかはナゾです(以前、スポーツジムで膝かっくんしたことがあったから?)。ひょっとしたら生まれつきかもしれないし・・・だそうです。
とにかくあまり歩かない、ヒールの高い靴ははかない、そして膝まわりの筋肉を鍛える、サポータ...続きを読む

Aベストアンサー

 質問中にある医師のコメントから考えると、膝蓋大腿関節不安定症ではないかと思われます。
 
 この疾患だとすると、もともとの関節の形態が原因であることが多く、将来的に変形性関節症になる可能性があります。
 
 治療法としては現在行われているような筋力強化やサポーターでまず経過を見て、症状の改善が無ければ手術を考える場合もあります。

 現在かかっている医師によく相談するか、膝に詳しい整形外科医を探してみることをお勧めします。

Q耳下のしこりについて

以前、顎関節症と思われる症状が朝目覚めた時から出たのですが、アクビをしたら口の痛みが無くなり口も開くようになりました。直ったのかと病院に行かずに1カ月が過ぎたあたりで耳の下の部分を触るとしこりのようなものができていました。噛んだ状態の時だけしこりができます。このシコりはかなり危ないのでしょうか?痛みなどはありませんが顎関節症でもシコりができることがあるのですか?また対処方法などありましたら教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

顎関節症の知り合いが居ますが、簡単に治るような
ものではなかったです。はっきりとは覚えていませんが、口の中か外に何かをはめていると話していました。うろおぼえですみません。
しこりというのも怖いですよね。万が一(手術など)
の可能性も視野に入れて、設備の整った病院の
受診を考えてはどうでしょう?
素人判断は怖いですよ。

Q膝の関節炎について。

先週膝の関節炎と病院で診断されました。普段ほとんど運動をしないのに急に運動したのが原因です。骨には異常なく、水がたまっていたので抜いてもらい(それ以外の治療なし薬処方もなしでした)、それから今日でちょうど1週間、痛みも腫れもひき、膝を曲げるのも普通にできるようになりました。ただ少し膝に違和感が残っています。違和感がなくなるまでちゃんと通院するべきなのでしょうか・・・?サポーターもいつまでしたら良いのでしょうか???よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。足に違和感があっても、受診して何も処置がないようでしたら
行かなくても平気かと思います。
きっと、足をまげてのばして、痛みは?等聞かれるだけです。
サポーターは、自分が無理をしないことを思い出すためにも、しばらく
なさっていてはどうでしょうか。
違和感がなくなれば外してもかまわないと思いますが、また同じように
水が溜まることもあると思いますので、今後は膝を大事にしてくださいね。
繰り返すうちに変形してきたりと、良いことはないですから。
かく言う私は、前十字靭帯を断裂しているので、膝の変形からは
逃れられないかもしれません(^^;

体重のコントロールも、お気にかけられるといいですよ。
膝のためだけでなく、全身のためにも、良いことずくめです。
お大事になさってくださいね。

Q左太もも前側(膝上10センチくらい)に硬いしこりがあることに気がつきました。

一週間ほど前に左太もも(関節のない太もも前側、膝から10センチくらい上あたり)にしこりをみつけました。
しこりはどちらかというと硬く、張りのあるしこりです。
皮膚の色は肌色のまま青あざもなく、見た目では何もない右太ももと
変わりありません。押すとかすかに打撲のような痛みがあります
(痛みがない時もあります。)大きさは、直径2~3センチくらいです。

最初は何も気にしていなかったのですが、気になったのでいろいろ
ネットで調べたところ、脂肪腫やガングリオンなどの言葉を知りま
した。
膝の近くですが、関節のある場所ではないのでガングリオンではない
のかもしれませんが、どちらかというと硬いしこりなのでガングリオン
なのか脂肪腫なのか、どのようなしこりなのかと不安です。

心配なので病院には行きたいと思っていますが、脂肪腫だと切ってみな
いと調べられないようでとても不安です。なるべくなら切りたくないの
ですが、脂肪腫なら切る選択しかないのでしょうか。
薬で散らすなどの方法はないのでしょうか。

また同じような場所に硬く張っているしこりがあった経験の
ある方、些細なことでも良いのでぜひ情報をよろしく
お願いいたします。 

一週間ほど前に左太もも(関節のない太もも前側、膝から10センチくらい上あたり)にしこりをみつけました。
しこりはどちらかというと硬く、張りのあるしこりです。
皮膚の色は肌色のまま青あざもなく、見た目では何もない右太ももと
変わりありません。押すとかすかに打撲のような痛みがあります
(痛みがない時もあります。)大きさは、直径2~3センチくらいです。

最初は何も気にしていなかったのですが、気になったのでいろいろ
ネットで調べたところ、脂肪腫やガングリオンなどの言葉を知りま
した...続きを読む

Aベストアンサー

しこりが硬いなら、脂肪腫の可能性は少ないです。
脂肪腫は柔らかいです。マシュマロの感じ。
腫瘍だとすると自然に消失することはありません。

Q屈伸時の膝の関節音

数年前から膝の屈伸時にパキっという音と少しの痛みを伴うようになり、
最近になってその症状が悪化してきた為、接骨院に通うようになりました。

原因は腰の異常な凝りという事で、約8ヵ月間電気等の治療を施してもらいましたが、
一向に改善されず、通院はやめて現在に至っています。

総合病院でCTを撮ってみたものの、異常はみられず原因は未だに解っていません。
(次回MRIを撮ってみましょうと言われましたが、都合が合わず、それから行っていません)

そこで質問なのですが、一般的に『膝に水が溜まる』といわれる症状はどんな感じで現れる
のでしょうか?私の症状はそれに該当するのでしょうか?
また、何か良いアドバイス等あれば伺いたく、相談させて頂きました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>そこで質問なのですが、一般的に『膝に水が溜まる』といわれる症状はどんな感じで現れるのでしょうか?私の症状はそれに該当するのでしょうか?

膝に水が溜まる原因は関節炎です。炎症がおこるので水が溜まります。炎症とは痛み、腫れ、発赤、発熱、機能障害を伴います。これらの症状があれば炎症がおこっている(=膝に水が溜まっている)可能性があります。貴方も関節炎の可能性がありますが、膝痛の原因は他にもあるので断定はできません。

専門的に膝の水を調べる方法がありますが、一般の方では難しいです。また関節に圧痛があれば関節炎の可能性はあります。自覚症状では歩きはじめなど運動時痛があり、安静時痛がなければ関節炎の可能性が高くなります。逆に安静時痛もあるのであれば腰などが原因の神経痛の可能性も出てきます。関節に圧痛がなければその確率も高くなります。

今治療はされていないのですか?関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎はお薬や注射などで早急に抑える必要があります。お近くの整形外科クリニックで十分ですから(リハビリはむしろその方が強い)、治療やリハビリをした方がいいと思います。


>最近になってその症状が悪化してきた為、接骨院に通うようになりました。

接骨院では治りませんよ。それどころか原因だってわからないはずです。接骨院(整骨院も同じ)は柔道整復師という資格ですが、そもそもこの柔道整復師という国家資格は、肩コリや腰痛など治療するものではありません。柔整師は 捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折) などのいわゆるケガを治療するライセンスです。しかも国から 「急性期に限る」  とお達しがあります。一週間以上経ったものは、整骨院・ 接骨院で治療はできません。上記以外のケガは彼らの専門外です。お体のことですから治療はプロにお任せください。
   
腰痛や肩コリの治療(要するにケガ以外の治療)は 「歯医者で眼の治療」 をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯し、慢性膝痛を「膝のねんざ」など嘘の受傷理由を添付したり、施術部位数・治療日数の水増しなどの手口で健康保険を偽装請求し荒稼ぎして います。全国に約4万件と整骨院はあり、不正は業界ぐるみで行われております。政府管掌系の社会保険から約400億円、老人保険系から約 800億円、保険はさらに 数種類あり、2007年度で約3000億円、直近の試算では4000億円かかっています。わずか数年で約1000億円という急増ぶりです。言うまでもな く、保険料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほとんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度にして浮いたお金が3000億円です。このように彼らはお金儲けのライセンスに成り下がっていますので、能力のない連中が非常に多いですからお気を付けください。

●整体・カイロプラクティック
公的な資格は一切ありません。無資格治療院です。
ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。
病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には
細心の注意が必要です。リラクゼーションと位置づけ
るのがベストでしょう。

●あんまマッサージ指圧
あんまマッサージ指圧と謳えるのは国家資格のみです。
巷に溢れている整体、カイロプラクティックをはじめ、
ソフト整体、タイ古式、英国式、ボディケア、クイック
リラクゼーション、エステなど大体無資格者です。

●鍼灸院
国家資格です。鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりは
しないので実は体に一番やさしい治療方法になります。
不調の原因特定は出来ませんが、分からないときは一番
安心の出来る治療方法になります。

●整形外科
内科、循環器科、皮膚科などと並び病院の診療科
目のひとつです。もちろん医師です。レントゲン
は病院でしかとれませんから、膝痛などの原因は
絶対に整形外科でしか分かりません。ちなみに脱
臼や捻挫でも、骨折を伴っている場合があります
ので、病院でレントゲンを撮りましょう。

もうお気づきとは思いますが、これらを同じ土俵で比べること自体間違っています。今回のケースによらず何か症状があれば、必ず整形外科に行かれてください。病院の治療を基本とし、他に何か治療をお考えなら、鍼が一番無難かつベストな方法だと思います。



長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>そこで質問なのですが、一般的に『膝に水が溜まる』といわれる症状はどんな感じで現れるのでしょうか?私の症状はそれに該当するのでしょうか?

膝に水が溜まる原因は関節炎です。炎症がおこるので水が溜まります。炎症とは痛み、腫れ、発赤、発熱、機能障害を伴います。これらの症状があれば炎症がおこっている(=膝に水が溜まっている)可能性があります。貴方も関節炎の可能性がありますが、膝痛の原因は他にもあるので断定はできません。

専門的に膝の水を調べる方法がありますが、一般の方では難しいで...続きを読む

Q関節拘縮について

関節拘縮とは、関節に外力が加わり軟部組織が損傷した結果、関節の稼動範囲に制限が生じたりすることとありました。
では、股関節の捻挫などで関節の稼動範囲はむしろ広がっているのですが、損傷した組織のあたりが皮膚の上から触ってでこぼこしていたり、しこりのようなものがある場合は関節拘縮に当たるのでしょうか?
瘢痕、変形などの用語も散見しましたが違いなど教えていただければ幸いです。
また、瘢痕、関節拘縮が生じた場合、どのように治療すれば良いのでしょう?
整形外科では扱わない領域なのか詳しくは分かりませんが、特に股関節捻挫などの診断はなかなか難しく初期の診断ミスで間接拘縮など難解な状態にいたるケースも多いのではないかと思い、そんな場合の治療法はどうなっているのかと思いまして。

Aベストアンサー

股関節に限らず関節はその可動性故に複雑な構成になっております。

骨と骨の連結の補強の為、軟骨、関節唇、靱帯、筋などで補強されています。また、関節包という膜に包まれていて関節液という潤滑液に満たされています。

関節拘縮の多くは、例えば骨折後の固定などで動かさなくなった時に上記関節の構成物が固くなるなどで可動域制限が起きます。
「軟部組織が損傷し、その治癒の課程(損傷には安静が必要)で可動域制限が起きる」が細かく述べたものになるのでしょう。
関節拘縮とは状態であり、触ってでこぼこしているのは靱帯の損傷かもしれないし、しこりのようなものは腱の腫れかもしれません。

貴方の場合はむしろ広がっているとのこと・・・
靱帯がのびれば関節可動域が広がる可能性もあるし
可動域制限の役割である関節唇が損傷しててもそうなる可能性はあります。

治療はまず、確定診断を得るべきです。
そのうえで治療方法を決めて下さい。

瘢痕と変形はそのままの意味(痕と変形)であり、今回の症状とどのように絡んでいるのかが不明ですが・・・
例えば、骨折をともなった癒合の際の変形ならば、問題なければそのままです。問題があれば手術になると思います。傷を負って、皮膚に残った瘢痕が気になるのであれば、形成外科の領域と思います。

関節拘縮の治療は可動訓練になります。
今回の症状の可動域が広がったものは関節拘縮とはいいませんが・・・
原因を診断してもらうのが第一です。

症状としては整形外科への診察で問題ありません。

参考までに申し上げると・・・
レントゲンには軟部組織は写りません。
とことん調べたいというのであれば、MRI設備のある整形外科を受診し、できればMRIでも調べたいと申し出る事をお勧めします。

股関節に限らず関節はその可動性故に複雑な構成になっております。

骨と骨の連結の補強の為、軟骨、関節唇、靱帯、筋などで補強されています。また、関節包という膜に包まれていて関節液という潤滑液に満たされています。

関節拘縮の多くは、例えば骨折後の固定などで動かさなくなった時に上記関節の構成物が固くなるなどで可動域制限が起きます。
「軟部組織が損傷し、その治癒の課程(損傷には安静が必要)で可動域制限が起きる」が細かく述べたものになるのでしょう。
関節拘縮とは状態であり、触って...続きを読む

Q腰から膝などにかけての関節痛

初めまして。37歳の男です。

先日から、腰やら膝やらの関節痛があります。
ちょうど風邪を引いた時のような関節の痛みです。

かといって、熱もなく、体が重いわけでもありません。
これは病気なんでしょうか?
それともただ歳とってきただけ?(笑)

すみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

風邪や疲労から関節が痛むこともありますし、
ちょうど季節の変わり目ですから、
年齢的なものもあるかもしれません。

太ももの筋などがピリリと痛むようなら、
椎間板ヘルニアなどの恐れもあります。

腰、膝に痛みがあるのは、
そこに負担がかかっているわけで、
身体をストレッチなどでほぐし、
特にふくらはぎなどの筋肉が
かたくなっているはずですから、
ゆっくり、しっかりと伸ばしてみると
ましになるでしょう。

それで症状が改善に向かわないようなら、
一度お医者さんにいかれたほうがいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報