実験
台車を一定の力で引き続ける実験を行う。
台車を引く力を2倍、3倍にしていく。

処理
v-tグラフを作成し、グラフの傾きから
それぞれ加速度a[m/S2]を求める。

考察
F=maの関係を結果のグラフから考察せよ。
また、力学台車1台の質量は1kgである。
ことことから分かること等も考察せよ。

このようにあるのですが、
考察はどのようにまとめればいいのでしょうか?
また、力学台車1台の~わかることは
どのようなことなのでしょうか?

物理ができなくて本当に困っています。
どなたかわかる方いましたら、教えてください。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

考察」に関するQ&A: 移民についての考察

A 回答 (1件)

>力学台車1台の~わかること


おもりで牽引するのでしょうから、おもりの質量+台車の質量が「慣性質量」になりますね。
グラフを描いておもりゼロに外挿すると、横軸(x)おもりゼロ時の慣性質量切片(y)が1kgになるはず。
あるいは横軸(x)おもりゼロ時の加速度(y)が1kgに対応する値になる。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紙コップでシフォンは焼けてプリンはダメな理由

紙コップでシフォンは焼く方は結構いらっしゃる
ようですが、ネットで調べたところ焼きプリンは
アルミカップの方が良く、紙コップはあまり良く
ないような記事を目にしました。

大きな紙コップで出来れば焼きたいのですが、
無理でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

シフォンとプリンを比べると、生地の水分量が違いますよね。
シフォンはネパネバですが、プリンはシャバシャバです。
つまり、プリンの方が水分量が多い。

このことから推測すると・・・

多分ですが、プリンは紙コップが断熱材となって、
内部に十分熱が届かないのが理由だと思います。
加熱が足りないから固まらずに液状の部分が残るのだと思います。

市販の焼きプリンはガラス瓶かアルミカップに入っていますよね。

経費を考えれば、ガラス瓶ではなく紙コップの方がコストが安いはず。
でも、わざわざガラス瓶を使っています。
その辺が理由だと思います。
(ガラス瓶は加熱時間が短い。紙コップは加熱時間が長い。
 たくさん作るためには加熱時間が短いほうが良い。->ガラス瓶を使用。)

あと、見た目ですかね。
紙コップより、ガラス瓶の方が高級感が有る とか。

で、紙コップで作る方法ですが、(1個 50gとして)
最初に蒸し器で蒸して内部を十分に加熱してから、(あるいは湯銭加熱)
焼きにいくとうまくできるかもしれません。
蒸し、(あるいは湯銭加熱) 20分 + 焼き 20分 くらいかな。(予想です。)

あと、1個当たりの重量が重くなるほど、加熱時間は長く必要です。

これで試してみてはどうでしょうか。

こんにちは。

シフォンとプリンを比べると、生地の水分量が違いますよね。
シフォンはネパネバですが、プリンはシャバシャバです。
つまり、プリンの方が水分量が多い。

このことから推測すると・・・

多分ですが、プリンは紙コップが断熱材となって、
内部に十分熱が届かないのが理由だと思います。
加熱が足りないから固まらずに液状の部分が残るのだと思います。

市販の焼きプリンはガラス瓶かアルミカップに入っていますよね。

経費を考えれば、ガラス瓶ではなく紙コップの方がコストが安いはず。
でも、...続きを読む

Q力学台車の実験

力学台車2台の衝突(衝突後に連結)の前後で運動量にどのような関連性が見られるのでしょうか?

静止している台車にもう一台の台車を手で押して衝突させて実験しました。

かなり困っています。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>前後で運動量にどのような関連性が見られるのでしょうか?
勿論、運動量保存ですから、運動量の総和は前後で等しいです。

静止している台車の質量をm、衝突させる台車の質量をM、その衝突前の速度をV、衝突後の連結台車の速度をvとすると、前後で運動量の総和は等しいですから、
m*0+M*V=(m+M)*v

vについて解くと
v=V*M/(m+M)を得ますが・・

Q「重ねた紙コップに1cmの穴を開ける工具」

「重ねた紙コップに1cmの穴を開ける工具」

紙コップを10枚重ねた物に、直径1cm程度の丸い穴を開けたいのですが、
普通の穴開けパンチ等では、開けたい場所に届かなかったり、穴のサイズが小さかったりと、
なになか良いものが見つかりません。

何か別の工具でも良いので、
紙コップにキレイに穴が開けられる方法はありませんか?

Aベストアンサー

重ねた紙コップのどの部分への穴あけでしょうか?
側面ならば各々の紙は密着していますから、こんなもの
皮抜きポンチ 10mm
http://store.shopping.yahoo.co.jp/niigataseiki/505820.html
を使って、裏板(表側にゴムや皮を貼ればなおよし)を棒状の形で用意して紙コップの内側に裏板を当て、外側からポンチで叩けば綺麗に空きそうです。

もし底の場合は…紙の間に空間が出来ますからね~重ねたまま綺麗に穴あけは難しいかも。

Q中学理科力学台車の実験について

中学校の理科で台車を坂を下らせる実験があります。そこで質問ですが坂の角度は同じで下る力学台車の質量が大きくなれば、下る速さはどうなるのでしょうか?もし速さは変わらないとしたら納得のいく説明をお願いします。

Aベストアンサー

学校では、多分同じと教えるんだろう。
でも、実際は重さに比例して摩擦抵抗が増加するんで、重いほうが遅くなる。
 摩擦抵抗は、重さと摩擦係数の乗で決まる。 違いは微々たるもんだが・・

重さで車輪が変形すれば、車輪の慣性モーメントも変わるし、転がり抵抗も変わる。

摩擦などのロスが無視できる状態の速度は、
加速度と時間で決まる。加速度は斜面の角度をαとすると、sinα×重力加速度 となる。

重力は、地球の重力と、そのものの質量から発生する重力の和で決まる。
なので、厳密に言えば、重いほうが働く重力(この場合は引力と呼ぶ)はでかい

Q紙コップが熱くて持てません

紙コップが熱くて持てないので持ち手の付いたカバーの様な物を探しています。
市販の紙コップに使える物があれば教えて下さい。
できれば使い捨てではない物が希望です。

Aベストアンサー

紙コップホルダー/フォルダーで情報収集すると良いかも。

Yahoo!ショッピング - 紙コップホルダー
http://store.yahoo.co.jp/tanomail/0617215.html

大き目のダイソーなんかの100円ショップで見た事あります。


紙コップの標準的なサイズが7オンスだそうなので、大体適応出来るみたいです。

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/tanomail/0617215.html

Q番組によって実験結果が異なる台車実験

2355の夜ふかしワークショップで、台車にプロペラと帆を付けて、プロペラの風が帆に当たるようにしたら台車はどのように動くか、という実験を行っていました。
平成教育委員会でも全く同じ実験を行っていたのですが、なぜか2つの番組での実験結果は異なるものでした。
2355の実験では台車が帆のある方向に進んでいたのに、平成教育委員会の実験では台車は動きませんでした。
違いがあるとすれば平成教育委員会で使っていた実験装置が2355のものより少し大きかったくらいです。あとは全く同じ条件です。

なぜ同じ実験をしたのに結果が異なってしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

この実験の意味を考えると動かないと言うのが正しい答えなのでしょうけれど、実際に実験で帆のある方向に動いた例では、帆のたった風が帆によって向きを後方に変化させられたため動いたと言うことでしょう。

この実験で言いたかったのは、プロペラで作り出した力と帆が受ける力が逆方向になりそれがつりあうと言うことを言いたかったのであると思いますが、実際には帆に当たった風の一部は帆に当たり再度、向きを変えられてプロペラの方向に向かったため、その分がアンバランスとなり帆のある方向に進んだということでしょう。

この場合で帆がプロペラの作る風を100%受けて力に変換すれば帆が受ける力の方向とプロペラの作る力の方向はまったく逆方向で等しいことになるので、台車は動かないと言う結果になるでしょう。しかし帆が
風を受けて膨らむ(中央がプロペラと反対側に膨らむように)ように変形した場合、帆は受けたエネルギー(風の流れ)の一部を膨らんだ面に沿ってプロペラがわに向いた斜めの流れを作ることになります。この流れは台車をプロペラと反対方向に進める力となりますので、台車は帆のある側に進むことになるでしょう。逆に帆が中央を頂点とした形に変形して帆の方向に斜めの風の流れを作った場合はプロペラのある方向に進むことになるでしょう。

この実験の本来の区的は力の均衡状態では全体としてどちらにも力が働いていないのと同じであると言うことを実証することにあるかと思いますが、その意味では動いてしまった方の実験は失敗であると言って良いでしょう。ただし理論上ではなく実際の状況を確認すると言う意味では条件次第でこのような場合もあると言うことで、どちらも成功であるともいえます。

実験と言うのは何を証明したいかによって条件を整える必要があります。クイズなどで実験に使用する装置が示されているのであれば、どちらも正当な問題といえるでしょう。

この実験の意味を考えると動かないと言うのが正しい答えなのでしょうけれど、実際に実験で帆のある方向に動いた例では、帆のたった風が帆によって向きを後方に変化させられたため動いたと言うことでしょう。

この実験で言いたかったのは、プロペラで作り出した力と帆が受ける力が逆方向になりそれがつりあうと言うことを言いたかったのであると思いますが、実際には帆に当たった風の一部は帆に当たり再度、向きを変えられてプロペラの方向に向かったため、その分がアンバランスとなり帆のある方向に進んだという...続きを読む

Q紙コップシアターで3匹のこぶた

保育士を目指している学生です。
今度の実習で紙コップシアターの
3匹のこぶたをしたいと思っています。

4、5才で、合計13人なのですが
紙コップが小さくて、
見にくい子供が出てくるのではないかと
思っています。

13人で紙コップシアターは
やはり見にくいと思いますか?

Aベストアンサー

もっと大勢でエプロンシアターをやったことがありますから、
13人なら5人と6人に分けて、間から顔が出るように座らせれば
大丈夫ではありませんか?
小さい子を前にするといいと思います。
始める前に、紙コップが見えるかどうか確認してあげて下さい。
始まってから「見えな~い!」と騒ぐのを防げますし、
これからやることに注目させるのにも役立ちます。
実習なんですから、もしうまくいかなくてもそれはせれでいい経験となり、
反省点として改良すればいい事です。
肩の力を抜いて頑張って下さいね。

Q黒体輻射の熱力学的考察

dU=TdS-PdVの関係と、黒体輻射のエネルギー密度uがTだけの関数であること、及びP=u/3であることのみを用いてuがTの4乗に比例すること(ステファンボルツマンの法則)を示したいのですがわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

dU=TdS-PdV
(∂U/∂V)(T)=T(∂S/∂V)(T)-P
Maxwellの関係式(∂S/∂V)(T)=(∂P/∂T)(V)を代入して
(∂U/∂V)(T)=T(∂P/∂T)(V)-P

U=Vu 
を微分して
(∂U/∂V)(T)=u (uがTだけの関数)
P=u/3
(∂P/∂T)(V)=dP/dT (PがTだけの関数)=1/3du/dT
を代入すれば
u=1/3Tdu/dT-u/3
4u-Tdu/dT=0
u4T^3dT-T^4du=0
d(T^4/u)=0
u=Cu^4

Qオリジナル紙コップを作りたいのですが…

カテゴリが違っていたら申し訳ありません。

オリジナルのロゴやイラストが入っている紙コップが必要になったのですが、google等で「オリジナル 紙コップ 印刷」等で検索をしても、それらしき業者さんが見つかりませんでした。

できれば、無地の紙コップにシールを貼るのではなく、キチンと印刷されたものを用意したいと思っています。
ロットはできれば100単位で注文できるところが好ましいです。
(最低ロットは500くらいでも構いませんが、最低が1000以上だと多すぎてしまうので…)
ファーストフード店で取り扱っているような、フタのついた紙コップであるとベストです。

紙への直接的な印刷が無理な場合はシールでの代用も考えていますが、その場合も、便利ツール(紙コップの形に切り抜くことができる…など)や専門業者さんはないでしょうか。

何か良い方法・業者さん等をご存知の方いらっしゃいましたら、どうか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すいません、書き込み途中で投稿してしまいましたので続きを。

ロット100は単価がかなり上がります。
最初は版代もかかりますし。
1000でも卸すのは100にしてもらい、残り900は業者預かりにしてみてはいかがでしょうか。
勿論、支払いは納品した分量のみで。
継続して付き合うのならこれが良いかと。

Q台車の挙動について(力学的質問)

力学についての質問です。台車に軽い物を載せたときと、重いものを載せたときでは、
動かし始めは、重い方が力が必要ですが、動き始めたら、重い方が
動かす力が少なく、スムーズに台車が動かせる(気が)します。
もしこれが私の気のせいでなければ、なぜ重いほうが、スムーズに動くのでしょうか?
単純に、重いほうが、常に動かす力がより必要な気がしますが。。
力学に疎いもので、お詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

重いほうが、動かすには大きな力が必要です。

重い方がスムーズに動くのは、慣性が大きいからです。


人気Q&Aランキング