買物依存で通院していますが、結局、ネットで調べると、アルコール依存などでも、本人が自覚して我慢して止めるという事しかないと書いてあります。
今の病院で、やはり我慢するしかないような話をされましたが、心の寂しさとか、幼少の親の愛情不足とか、そういった事のケアのような治療は、普通しないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

やはり貴方も、親に心を傷つけられてしまっているようですね (私もそうです)。

多分そうだとは思っていたが、当初は関係の話も出ておらず、敢えて踏み込みませんでした。しかし今拝見しました。さしでがましく勝手な推測を述べさせていただきます。あくまでも限られた情報の中での素人の私の推測です。考え方・感じ方のきっかけ作りにしていただければ、ということです。

どのように親が子供の心に傷をつけるのか、様々なカタチがあります。
特に家庭環境に問題が無くても、これは起きます。

まず、一番最後のことを一番最初に書きます。一番大切なことだから。埋もれてしまうといけない。
それは、親を卒業するということです。親を許す。
親を、自分の回りに沢山いる、長所も短所もある、ただの大人と一緒に捉える。
親は世界でたった一人の特別な存在ですが、それとは別の側面の心をしっかり持つ。
親も又ただの大人の一人なのです。
親は貴方の心を傷つけた。しかし、ではどうしてそういう子育てをしてしまう親になったのか?
それは親の親の責任です。それが一番大きい。貴方のお母さんのお母さん(貴方のお祖母さん)が、
或いはお爺さんかどちらかが中心となって、貴方のお母さんが幼児だった時に、心を傷つけた。
だから貴方の心を傷つける母親になってしまった。後年の環境の悪さ、不遇もある。
しかし親にしっかりとした、自立した心の土台を与えてもらっていたら、それも又乗り越えられたはずです。
だから結局は、幼児期の親との関係なのです。

だから、貴方は親を責めることはできません。
貴方が親を責めるなら、親も又、自分の親のせいにすることができてしまう。するとキリがない。
だから貴方で切るのです。貴方が自分の親を超えるのです。超えなくてはいけない。
それが貴方に神が課した運命です。それを超えられるかどうかが、貴方の人生の意味です。

で、そこに至るまでの道のりを全てここに書くと、大変な長文になってしまう。物理的に不可能です。
よって過去の回答をご覧下さい。参考にしていただければ幸いです。
いきなり他人が自分の心に土足で入ってきたような不快感を持たれるかも知れません。
且つ、いきなり人様の親を悪く言いまして、失礼致しました。
しかし、私も経験していることです。そして沢山の専門書などから得たものを凝縮したつもりです。
貴方一人ではない。結局大なり小なり誰でも心の傷はある。完璧な親などいないのですから。

理想的な親との関わりを書きました。それに比べて貴方はどうでしたか?
褒められましたか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4946105.html 回答番号:No.3と回答番号:No.4

幼児に分別はありません。今悪い人に騙されたり、えこひいきで傷つけられたりすれば、怒りが湧く。
それは正当な怒りです。そして自分でそれが正当な怒りであると分かる。
しかし幼児にはそれが正当だということが分からない。
だから怒りは抑圧されてしまう。その怒り、悲しみ、不安、辛さは、未だ心のどこかにあるはずです。
クレアと貴方は同じではありませんが、似ているところもあると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4945040.html 回答番号:No.6

親に心を傷つけられたそのカタチによって、様々なタイプに分かれます。
でもどのタイプであろうと、親に心を傷つけられたことが原因です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4975119.html 回答番号:No.9

自分の幼児期の心の傷に自分で気づいて、そして自分を慰めてあげる。慈しむ。愛する。
それができれば、大きな一歩を踏み出せる。そういうカタチもあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4918859.html 回答番号:No.11
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4961484.html 回答番号:No.3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

youchan37さん、ありがとうございました。
自分が悪くない、親のせいだと思うことで、ものの考え方、見方が変わってくるのかもしれませんね。
ざっと読んだだけですが、原因が分かって来た気がします。
また、じっくり読ませていただきます。

本日、通院して来ました。
今のドクターは、やはり駄目です。
他の病院にも、一度掛かってみます。
口コミを見て行く事にします。
今まで、皆さんが話してくださった事などは、ぜんぜんドクターの頭にないようです。根本の解決をしない治療。
「金額が少なくなったから、大喜びしてください!」と言われました。
金額は少なくなりましたが、気持は、ぜんぜんスッキリしません。
根本を解決しない治療に不満が募りました。

いままで、私ごときの問題に、沢山の方が親身になってくださいまして、本当にありがとうございました。
なんとお礼を言ってよいか、わからないですが、何かの糸口が見えた気がします。
これで、解決にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 14:03

mari1001さんの、結婚されていても心の寂しさが埋まらないのは、間違いなく幼少期の出来事です。

私は、そういう方を数たくさん拝見してきました。でも、キチンと理屈が分かっているカウンセラーであれば、短期で心の寂しさは埋められると思います。

あなたのご両親は、ご健在でしょうか。ご健在であれば、幼少期のあなたの行動をより観察されていたお母さんの方がいいと思いますので、一度、それとなく、お聞きになられるといいでしょう。ほとんどのことが記憶にない出来事だと思います。そして、聞かれることでの弊害は一切ありませんので、安心してお尋ねしてください。

各家庭には、それぞれの事情があります。
共働きをしている、自営業をやっている、両親のどちらかが病気で寝込んでいる、夫婦喧嘩に明け暮れている、嫁姑戦争が絶え間ない、離婚して片親である、夫婦が忙しいので上の子に下の子の面倒を見させている、祖父・祖母にお願いしている等々、様々です。そこには、結果として、子供の面倒を十分に見ることが出来なかったという事実が存在します。すると、育てられた子供は、そこに「寂しい」という感情が発生します。寂しいから、私の方を振り向いてよと暗に訴えますが、判って貰えません。何度、訴えても振り向いて貰えなければ、子供はどうすると思いますか。今度は、寂しさを紛らわすために、「寂しさを飲み込む(抑圧する)」ようになります。その反動が、何かをキッカケにして依存が発症します。

その付近をキチンと「あ!そういうことだったんだ!!」と理解されれば、依存からの脱出も不可能ではないと思いますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

am2007さん、ありがとうございました。
私の母親は、父親の性格から結婚を後悔していたようです。
結婚後、すぐに私ができてしまった為に離婚できなかったようです。
実家に帰って離婚したいと話をしても、裕福な家庭ではなく、兄弟も多く、「子供を置いてくるなら、帰って来ても良い!」と言われたそうです。昔の事で女性一人で子供を抱えて生活はできない環境で、母親としては、性格に問題のある父親の元に、私を置いていくという事ができず、仕方なく父親の元に戻ったそうです。
なので、母親の中には、「この子さえいなければ!」という気持が常にあったようで、保育園の頃、近所の子3人で親同伴で帰る事が多かったですが、他のお母さんは帰り道に手をつないだり、「今日は何したの?給食は何だった?」など話して帰っていましたが、保育園の2年間の間、一度も声も掛けられず、手もつないでもらわなかったです。
万事が万事、そういう感じに思っています。
もちろん、母親は最低限の事はしてくれました。
それには感謝はしています。
弟がいますが、幼心に、弟に対する接し方と、私に対する接し方は、違うと感じていました。
それが、私の思い過ごしと言う人もいますが、私は思い過ごしではないと思っていすま。
私の成人後は、何かと対抗意識を出す母親で、母親として子供に接するという態度ではなく、対抗的で足をすくわれた事も何度もありました。
結婚してから悩みが多く、何度も電話したり話したりしたのですが、やはり心の底で親身になってもらっていると感じられないです。
それは分かっているので、病院の手を借りて何らかの脱却ができないか?と通院しました。今の先生は、35才位で若く独身のようで、そういった心の奥底についての話などは、今はしないです。
それで治療法について、普通は、どうなのか?知りたかったです。
とても親身になって回答していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 06:07

寂しさを埋めることはたぶん誰にも出来ていないと思います。



でも何故他の人が問題にしていないのかといえば経験的に寂しいと感じた
ことが永遠には続かないことを無意識に理解しているからかもしれません。
いま感じていることが続かないことは日常的に経験しているはずです。
でも、いま感じていることを取り除かなければいけないとか、止めなければ
いけないと思うことが問題を複雑にしてるのです。
誰にも出来ないことを自分だけが出来ていないと錯覚しているのです。

寂しくてもいいと思うだけでも気分的に楽になれると思います。
寂しいと自分に感じることを許せることとは自分の強さになるでしょう。

その強さを感じられれば誰かや何かに頼る必要もなくなっていくと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう考え方をしていく事なんですね。
永遠に続かない、今感じている事を解決しようとする事が無理という事ですね。誰もできていない、自分が錯覚をしていると考えれば、かなり楽になれると思います。
確かに、起きている現実を、それで良いと、開き直るという事が一番必要と思います。こういう話を、病院の先生にしてもらいたかったです。
考え方の糸口が見えて来たようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 23:24

補足回答ありがとうございます、語が荒くて大変申し訳ありませんでした。


幼少の愛情不足については、パーソナリティ障害系を扱う病院でなら、
本来一番集中的に行われるべきものと思います。
しかし実際どの病院がどれ程の内容を持っているのか、残念ながら私には情報はありません。
ですから、パーソナリティ障害系の本などをお読みになり、
疑問に思ったこと、感じたことなどを、納得がいくまで貴方の方から先生にお尋ねになること。
それも一つの方法だと思います。
勿論貴方一人の力だけで解決にまで及ぶべきだ、などと言うつもりは毛頭ありません。
但し解決にまで至らなくても、まず、ご自身も動かなくてはどうにもなりません。
それも私が敢えて申し上げるまでもないことかも知れませんが。
そういう意味でも上記の関係の本の熟読をお薦め致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
本なども参考になると思います。
難しそうで、読めるかどうか?分かりませんが、探してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 19:38

森瑤子さんの『女ざかりの痛み』、読んでみませんか。


参考になります。もしかしたら現状脱出のヒントが得られるかも
しれませんよ。
図書館で。

人は不幸な出来事によって不幸になるのではない。
そのことを不幸だと思うから不幸になる。
   〔 ヴィクトール・E・フランクル  医師〕

※できるだけ詳しい心理学用語集で
[シャドー(シャドウ)]について広く知ってみてください。

〈心の寂しさ〉は、
[期待心][依存心][与えられる(=受ける)ことを希求する心]との縁が
あれば直ちに断って[与えること][お役に立つこと]に専心しながら、
与えることができる喜び・お役に立てる喜びに感謝していれば、
穏やかで静かな気持ちで暮らせるようになるでしょう。

アナタさまの売り(=特技・才能)で完全燃焼しつづけるのも
救いになるでしょう。

カウンセリングは保険外なので1回、7千円~1万円です。
それを受容できれば、進めてみましょう。
(基本的にはクライアントであるアナタさまが自己洞察で治すための
環境を整えるのがカウンセラーのお仕事であることを理解して
おくと宜しいでしょう)

森瑤子さんの本で具体的なヒントがゲットできて、それが
アナタさまのインナーに存在しているネガティヴなエネルギーを
消滅させるために活かせるといいですね。祈っています。
(変な宗教に取り込まれないように注意しましょう)

Heaven helps those who help themselves.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

森瑤子さんの『女ざかりの痛み』ですね。
シャドウとか、とても難しい話もあるようです。
ネガティヴなエネルギーを消滅させる手立てがあるようなので、ぜひ、読んで見たいと思います。
参考になる本など、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 18:57

再度失礼します。


ちなみに私も結婚していますが、
心のからっぽ感はあります。
私はなんでここにいるんだろう??
誰の人生なんだろうって人ごとみたい。

で、ご質問の主旨で、
ドクターがそういった心のケアをするかということなんですが、
「普通はあんまりしない」と思います。
だからお医者様に期待してはいけないです。
(私の主治医も3分間診療です。
医者は症状にあったお薬を出すのがお仕事で、
悩みを聞くことではないです)

臨床心理士さんのお仕事だと思います。
ドクターと連携してれば尚良いと思います。

幼少時からの問題だったとすれば、
ちょっとやそっとでは治りません。
まったく違った人生をあゆんできた他人が
質問者さまの人生を理解するのにどれくらいかかるでしょうか?
ましてや本当に理解などできるのでしょうか?

私は5時間、身の上話をしました。
その上で、一緒に解決法を考えてゆくのです。
で、楽に生きられるには2年ぐらいのカウンセリングが必要と私は言われています。
方法は人それぞれのオリジナルだと思います。

ベテランの相性のいいカウンセラーさんに出会えれば
ラッキーです。
幼少時の問題は深くて難しいそうです。安易な解決法なんてあるはずがありません。
難しいということさえ理解していないカウンセラーさんもいますので
そういう人にあたってしまったら、他の人を探したほうがいいです。
玉石混合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ありがとうございます。
カウンセラーさんも、いろいろなんですね。
ちょっと今の先生は、説明不足かもしれません。
その点は気になるのですが、でも、3分間診療という感じでもないです。ただ臨床心理士の先生は、一番最初に状況や幼少の頃からの話をしただけで、今の所は、見てもらっていないです。
やはり、こちらから、臨床心理士さんに話を聞いてもらいたいという事を言った方が良いのでしょうか?
lachocolatさんのお話を聞いていると、やはり、どこも同じという感じに思えます。幼少期の事を解決するには、かなりの時間が掛かるのですね。まずは目の前の問題を我慢という事で解決して行くという姿勢と思います。具体的で、実際に掛かっていらっしゃるので、現実的に理解できます。

お礼日時:2009/05/24 18:54

心の寂しさが原因なら,幼少のころには戻れませんけど,彼氏なり彼女なり作れば,解決できませんか?


結婚するのもいいかと思います。
いつも相手がそばにいる安心感って,いいもんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は結婚しています。
夫はいますが、心の寂しさは埋められないです。

お礼日時:2009/05/24 16:34

ひょっとしたら、ですよ。

違っていたらすいません。

世間に対して、自分は上、世間は下だと、根本から勘違いしていませんか?
自分は金を払うお客さん、回りは金を貰って自分に尽くす人。

>心の寂しさとか、幼少の親の愛情不足とか、そういった事のケアのような治療は、
普通しないのでしょうか?

そういう方面で心当たりがあるなら、ご自分で調べたりすればどうですか?
貴方はそちらの方向について、思い当たることがあった。
それなら、そちらの方向に対して、考えるとか調べるとか、ご自分でどれ程努力しましたか?
努力して何か掴んだのなら、その成果を教えて頂けませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、今、病院に掛かっています。
治療をしてもらいたくて病院に掛かっているのです。
その病院の治療が、そういった事をしないという事なら、病院に掛かる必要はないです。
自分で調べて解決するくらいなら、病院に掛かりません。

お礼日時:2009/05/24 16:35

私はカウンセラーにかかっています。



なんらかの理由でできた
「心のからっぽ感」を他のもので埋めようとする行為で
なにかに依存してしまう場合、
その「からっぽ感」を埋めるものは自分で獲得するしかない、
とカウンセラーさんに言われました。
カウンセラーさんはそのお手伝いをしてくれますが、
結局は自分でやるものです。

私はその最中です。
お互いがんばりましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですか。
空っぽを埋めるのは自分なんですね。
なんか、今は、生活全般を見直すような診察です。
自分の悩みなどは、ぜんぜん聞いてくれるようではないです。
なので、これが普通の診察なのか?少し疑問に思っていました。
それで、他の病院にも掛かってみようか?とも思っていました。
でも、他でも同じなら、今の病院に掛かった方が良いと思います。
lachocolatさんも、結局は、自分の心の空虚感のようなものは、自分で見つけるしかないという指導を受けているのですね。
もう一度、今の病院に掛かってみて、それで、他に掛かるかどうか?再度、考えて見たいと思います。
とても参考になりました。

お礼日時:2009/05/24 16:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング