・新型インフルエンザが特定地域で蔓延し、5/23時点で感染者は338人等報道が続いています。
通常の季節性インフルエンザに比べ オーダーが3、4桁少ない感があります。
厳密な遺伝子検査結果での発表と思うのですが、実際はどれくらいの感染者がいるのでしょうか。
また インフルエンザは数個?のインフルエンザウイルスに感染し 気道上皮細胞内で増殖し 1~2日後100万くらいまで増殖し 他人に感染させるセキ等をだし 2~3日くらいで数1000万に増殖し症状を出すという文章を記憶があります。(再度確認しようとしていますが まだ見つけていませんが)
それでは インフルエンザウィルスを持って 免疫力等何らかの抗力で
ウィルスを増殖させず 発症せずいるヒトはいるのでしょうか。このような状態のウィルス検査をした場合どのような結果になるのでしょうか。
また 発症させなく検査にも陰性となったヒトが他人に感染させる可能性はあるのでしょうか。
・実は54歳でスペイン風邪の抗体をもつ世代と言われて神戸地区にいるものですが、風邪の症状最高37度までの熱と頭痛と軽いセキ・鼻づまりが1週間続いています。当初発熱外来に連絡すると問題ないと言われましたが、可能性として幸いにも抗体があるので症状が出ないだけではとも考えてしまいます。 やはり病院にいくべきでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 獣医師でウイルスに専門知識を有します。



 インフルエンザは「菌」ではないので、キャリアも保菌者とは訳しません。訳すなら保有者の方が適切だと思いますし、そのままキャリアと言った方が通りが良いでしょう。

 さて、キャリアというのは無症状である程度持続的に病原体を保有している人(または動物)を指すのですが、インフルエンザの場合は持続感染はしないので、正確にはキャリアはいない、ということになります。

 ですが、無症状感染者は一定の確率で存在しますし、その無症状感染者もウイルスを排泄して感染源となるので、その期間が短いだけで"キャリア"と同様に感染源となり得ます。

 インフルエンザは潜伏期間が2-3あるいは3-5日、最長で1週間程度、発症期が1-3日、回復後のウイルス排泄期が2-3日と言われていますが(幅が大きいので一概には言えないのですが)、発症1日前からウイルスを排泄すると言われています。
 つまり1週間前後は"ウイルスを排泄して他人に感染させる可能性がある"時期があるわけですが、これは無症状感染者であってもほぼ同様と言われています。要するに、発症するしないの違いだけで、1週間前後はウイルスを排泄するわけです。

 もちろん最も感染させやすい、すなわちウイルスの排泄量が多いのは発症期です。"治りたて"ではありません。ま、治ると油断して出社したりするので感染させるリスクは却って増すかもしれませんが。
 無症状感染者は、発症しないので社会生活をそのまま営んでいることになるわけで、排泄するウイルス量は少なくても、感染させてしまう人数は却って多いかもしれません。

 ニュースで報道される簡易検査は、バリバリにウイルス量が増えていないと検出することができないので、検査陰性でも他人に感染させるくらいのウイルスを排泄している人がいる可能性は十分考えられます。

 54歳というと、最後のスペイン風邪流行時(1956年あたり)には1~2歳だったわけで、感染して抗体を持っているかどうか微妙なところですね。確率的には持っていない可能性の方が高いかと。

 ご質問から新型の可能性を推測することはできません。発熱外来で問題ないと言われたのでしたら、普通に病院に行って良いわけですし、もし最悪質問者さんが新型に感染していて、病院に行った結果誰かに感染させてしまったとしても、それは「制度の限界」ですので仕方がないことです。もちろん質問者さんのせいではありませんし、制度を作った行政の責任にもできる話ではないでしょう。
 もしこれを検出する制度を作るとなれば、問答無用に「発熱した人は全て遺伝子検査まで実施」しなければなりません。そんなの不可能ですから。それにそこまでやっても、発熱しなかった感染者は拾えないわけですから、完全にチェックするためには国民全員が定期的に数回、遺伝子検査まで受けなければならないことになってしまいます。

 別に現在の発熱外来の体制も、「何が何でも感染拡大を止める」ためにやっているのではなく(素人の地方行政担当官はそう勘違いしているかもしれないけど)、「感染拡大の速度を可能な限り遅くする」ためにやっているわけです。
 ですから、質問者さんが最悪感染者であっても、発熱外来システムから漏れてしまうのは仕方がない話ですし、それを気にして病院に行くのを躊躇って、それが原因で重症化してしまったら(新型でなくても)新型の被害が増えた、ということになってしまうでしょう。

 というわけで、1週間も熱が続いているのでしたら、早く受診されることをお薦めします。発熱外来で問題ないと言われたのなら、普通に受診して問題ないと思います。
    • good
    • 2

保菌者は、治りたてが一番移しやすいのです


体内である程度増殖すると他の繁殖地を探して体外に咳などで出やすいのですその頃になると、今まで居た体内も抗体ができて来て治り出します
ウイルス絵お増殖させず発症させない人はタミフルなどの薬を予防的に飲んでいるか、抗体をすでに持っている人です
ただそれでも菌を持っていたら人に移させる可能性はあります菌が居る以上検査結果は出る可能性も有ります
発症しなく検査で陰性になっても検査逃れが有るので他人に移す可能性はあります
貴方もスペイン風邪の抗体を持ってるのではなく可能性ですからかからないとは言えません、又今回の風邪はスペイン風邪の可能性も有りますが変異をしていますので、スペイン風邪の抗体が効くかどうかは、現段階では分かりません
病院にはまず行こうとする病院に電話してh兼所でこのように言われたがどうしたらよいか聞いてからその指示に従ってください
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q派遣でキャリアを積む?

ここの掲示板などでも「派遣でキャリアを積んで・・・」などという発言を目にすることが時々あるのですが、派遣ってキャリアを積めるものなんでしょうか?

「キャリアを積むなら当然正社員でしょ」と思っていた自分としてはビックリな発言なのです。(ここで言うキャリアとは職歴というよりは経験というかんじですかね?)

確かに色々な職場(会社)に行くし、職種も短期で色々だし(同じ職種でも場所が違えば内容も変わるし)と思ったのですが、やっぱりキャリアを積むならどう考えても正社員だと思うんです。
会社にもよりますが社員教育にはお金をかけるし、ひとつのことを長くやるから短期では身につけられないものを身につけられるわけだし。

でも、今までの考えが偏見で派遣ってキャリアを積めるなら選択が広まってくるので本当のところを教えて下さい!

Aベストアンサー

#2です。お礼ありがとうございます。
決して正社員さんをバカにしている訳ではないので(尊敬できる人もいっぱいいました)、ご理解ください。
お気を悪くなさったら本当にごめんなさい。

私の派遣経験なんですが、派遣社員は即戦力なので、経験がないとお声がかからない状態となりそうです。
それは年齢にもよるかもしれません。
社会人未経験の新人の派遣もいます。

派遣も自分の条件通りの仕事に出会うのは容易ではなくて、短期の仕事を何でも受けてとりあえず生活費を稼ぐとか…そうしているうち、短期を沢山経験したりもするんですよ。
断るとその派遣会社からはもう仕事がもらえないってこともあります。
需要と供給のタイミングというか、ご縁なんですけどね、厳しいですよ。
職場を選べるようでいて選べない現実があります。

今どきは、雇う派遣先企業も1人の求人に何社も派遣会社を競合させていることが多くなりました。
雇われるこちらとしては狭き門です。
以前はその企業の系列の派遣会社から取る、なじみのある派遣会社としか取引しないってことが多かったように思うのですが(だから面接まで行けばほぼ確定だった)、今は競合が激しく、大手だったり人気のある企業だと履歴書でFAXがまわりっぱなしで担当者も経歴を見て読み捨てているような光景だったりもしました。
面接まで行くのも大変なんですね。
「よく私、拾ってもらえたなぁ」なんて思ったものでした。
たまたま、担当者のお目に止まった履歴書が面接に…となっていたりしてました。
やっぱり縁なんだな、って思えました。
私の場合は実力でなくて、たまたまのご縁そのものです。

時給は契約で決められているので、それを受け入れられるかどうかです。
不景気になってからは、事務職ではなかなか時給1,500円以上がもらえなくなりました。

かつては通訳やシステム技術者が時給3,000円以上だったりして、事務もそれなりにスキルの高い人で大手企業へ派遣だと2,000円近くもらえる時代がありました。
私はすっかり不景気になってからの派遣なのでどう頑張っても大手企業に入れても1,500円以上になったことがないです。
私みたいな学歴もないようなのは働かせていただけるだけでありがたいという感じですが、生活がかかっていたので必死でした。

私は社会人経験は一応あったものの、未経験のExcel・Wordや海外取引を派遣勤務で勉強させてもらったんです。
本当に勉強させてもらいました。
しかも養ってもらって。
そんなだったので登録時にはもちろん断られましたが、ねばって入れさせてもらいました。
先ほど書いたように、あとは系列会社の面接が取れれば職に就けましたので、入ってからは猛烈に努力の生活でした。

都内の大手企業の英文会計でも今は1,200円~位でしょうか…。
半年更新が通常だったのが、3ヶ月更新で、派遣先の都合でどんどん条件の良い(企業側から見て条件が良い、なので『若くて安い』となります)派遣に入れかえられてしまうという傾向も感じます。
非情なほどの使い捨てだったりもしますね。

年収の保障もその先の仕事の保障も全くないので、先のことを考えると不安になるかもしれません。
メリットもいろいろあるかと思いますが、その辺のリスクを考えないと、辛いかもしれないです。

確かに,派遣に登録したものの、ずっと仕事にありつけず、時給千円以下のバイトに流れた人も知っています。(大卒なのに。)
バイトでうまく働いてゆけて、彼女が幸せなら、派遣でスキルを積めなくてもそれでいいんじゃないかと思います。

私はたまたま粘って入れたのですが、それでいろんな企業を見られて、大変だったけど面白く貴重な経験をさせていただきました。
ただ、正社員と違ってお金はたまらなかったです。

職場は学校ではなくて、お金を稼ぐ場所です。
そうした割り切りも必要かなと思うこともあります。
長文失礼致しました。

#2です。お礼ありがとうございます。
決して正社員さんをバカにしている訳ではないので(尊敬できる人もいっぱいいました)、ご理解ください。
お気を悪くなさったら本当にごめんなさい。

私の派遣経験なんですが、派遣社員は即戦力なので、経験がないとお声がかからない状態となりそうです。
それは年齢にもよるかもしれません。
社会人未経験の新人の派遣もいます。

派遣も自分の条件通りの仕事に出会うのは容易ではなくて、短期の仕事を何でも受けてとりあえず生活費を稼ぐとか…そうしているうち、短...続きを読む

Q今でもスペイン風邪・アジア風邪等の過去のインフルエンザウィルスは健在か?

現代社会ではスペイン風邪・アジア風邪等の過去のウィルスに感染したという話は聞きませんが、ウィルス自体は自然界にまだ存在しているのでしょうか?

Aベストアンサー

H1N1型は今でも感染する人は居ますが、スペイン風邪と全く同じって事はないでしょうね。


確か、海外の研究所が遺伝子組み換えでスペイン風邪ウイルスの再現に成功したはずです。

Q派遣会社綜合キャリアオプションで勤務されている方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのですが週払

派遣会社綜合キャリアオプションで勤務されている方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのですが週払いや仮払い制度が無いのでしょうか?色々な派遣会社がありますが綜合キャリアオプションだけは無いような…仕事の数は豊富で興味があるのですが。教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

派遣会社も、営利法人です。
社内規定もあるでしょう。
派遣会社でも採用の時にそういう対応が出来るか確認したがいいですよ。
派遣だから、ではなくて。
一般的に正社員なら日払い、週払い、仮払いなんてありえませんよねー。
特に仮払なんて、法律違反ですよ、貸金業者じゃないんだから。

そんなことしてる訳は、今、人を確保しないと派遣会社は先がないからです。
どうにかしてでも、残って貰いたいから。

厳しいかもしれませんが、日雇いじゃやでしょ?
頑張ってくださいね。

Qインフルエンザ 発症していない人から感染しますか?

様々なサイトに「インフルエンザウィルスに感染しても、免疫があったり体力があれば発症しないこともある」と書かれています。
例えば、感染はしているものの、その本人に免疫や抵抗力がある為に発症していない場合、その人から他の人へウィルスが感染することはあるのでしょうか?発症していなくてもウィルスが体内にあるわけですから、咳払いや埃によるクシャミなどで飛沫感染の可能性はあるように思えるのですが…。
このような場合、本人には自覚症状がないので、普通に外出し他の人にうつす可能性もあれば、ひょっとしたら性交渉等でパートナーへうつしてしまう可能性もあるということなのでしょうか?

Aベストアンサー

インフルエンザはじめ風邪類は性交渉自体では感染しません
飛沫感染と言って痰や咳などでウイルスが飛ばなければ感染しないですただ性交中に咳などで感染することは有りますので注意してください
質問の発症していない人から感染するかとの質問ですがあり得ます
特に治る途中の人からは一番感染しやすいので注意が必要です
感染していても発症していない人の事を、保菌者と言いますが、症状が出ていないからと安心していると移されるので注意してください
ちょっとでも可能性が有ったら、病院で検査してくするを貰う事です

Q派遣会社のキャリアコーディネーター・アドバイザーをされている方はおられますか?

現在、転職活動中です。
某派遣会社のキャリアアドバイザーの職に応募しています。
この職業は、派遣会社によって仕事内容が結構違うものでしょうか?

こういう特徴があるとか、こういう大変さ、良さがある、
またここは思っていたのと違ったという
ご意見やアドバイスがありましたら、どうぞお願いいたします。

Aベストアンサー

karinkarinさん、こんにちは。

kurichan-ganba です。
補足させてください。


昨晩私は、『私が一番大事だと考えていることは、派遣会社は主体性を持っていなければならない、ということです。』 と書きました。

たぶん、karinkarinさんには、私が何を言わんとしているのか、分からなかったと思います。

質問者が理解できないようなことを書いても、回答にはならないですね。
私は、私が伝えたいと思っていることを、きちんと説明して書こうとしませんでした。
質問者が未経験者であるのをいい事にして、抽象的な言葉で誤魔化してしまいました。
申し訳ありませんでした。

ここで、今説明させてください。

前回書きました、“一般にコーディネーターが担当すると思われる業務” の中で、大事な要素を落としてしまいました。
次の項目を付け加えてください。

<マッチングに関する業務>

 ○派遣案件の紹介 (仕事の紹介)
  『派遣先オーダーの内容把握に必要なこと』

   ・派遣料金 (料金単価)

  『紹介するスタッフの条件把握に必要なこと』

   ・本人の希望時給
   ・スキル・経験等による、基準評価時給 (給与実績)

元派遣営業でありながら、「派遣料金とスタッフの給与」 という、マッチングにおいても非常に重要となるポイントを忘れてしまっていました。

一般に派遣社員の給与 (時給) は、次のようにして決まります。
営業が決めてきた、派遣先会社との派遣料金 (派遣単価) に、一定の粗利 (マージン) を除いた残りが、派遣社員の給与となります。
通常、派遣会社の粗利益 (利益率) は、派遣料金の 20 ~ 25%位でしょう。
一応各派遣会社は、職種ごとの料金体系を持っています。
仕事の内容 (職種) と、必要とされるスキル、経験によって、派遣会社ごとの基準に従い、営業は派遣先との派遣料金を決めます。
その金額に基づき、マッチングの際の、スタッフへの時給提示が行われるのです。

ですから、派遣会社が明確で客観的な派遣料金の基準を持っていれば、特に問題はありません。

しかし、昨今の経済事情の変化 (派遣先企業の派遣利用の増大、人事コストの削減、派遣会社の新規乱立、競合による過当競争、など) と、労働行政の変質 (労働者派遣法、労働基準法の改正による、派遣契約期間の延長・無期限化、派遣可能職種の制限の撤廃、など) によって、派遣料金の無秩序なダンピングが横行しているのです。

派遣料金が市場の環境変化によって変わるのは、ある意味当然のことです。
派遣会社は、企業としてコストダウンを図らなければ生き残っていけません。
しかし、派遣料金の変化を、そのまま派遣社員の給与である時給単価に結び付けてしまうのは、果たして正しいことなのでしょうか。

人を評価するって難しいことですよね。
私も派遣会社在籍中、ずっと悩んでいた事です。
正社員なら、社員への評価を、直接給与で現すことができなくても、例えば昇進の速さや重要ポジションへの登用、またボーナスの支給によって反映させることができます。
しかし、派遣社員にとっては、時給の金額が全てと言ってもいいでしょう。
高いスキルを持ち、有用な経験を積んでいくことが、きちんと評価として反映されなければ、派遣社員の価値っていったい何でしょうか。
もし、社会人に成ったばかりの20代と経験豊富の30代が、また同じような勤務年数の人であっても、片や研鑚を重ね高度なスキルを持つ40代とアシスタント的な仕事しかできない40代が、そう変わらない時給だったりしたら、派遣で働く意味ってあるのでしょうか。

明確で客観的な料金基準を持つこと、公平で体系的な評価基準を持つこと、これこそが派遣会社が主体性を持つ事に他ならないと思うのです。

もちろん主体性を持つことは、これだけではないと思いますよ。
No.1 の回答で、karinkarinさんのお礼のコメントの中に、

 >「登録をしに行ったら「仕事ないですよ。それでも
 > 登録しますか?」と言われた!」 とか

って、ありましたね。
この場合、言葉の使い方は別として、もし紹介できる仕事がなさそうなら、登録を拒否するのもひとつの主体的な判断です。
多くの派遣会社が登録者数を増やそうと懸命になっていますが、登録をするということは、そのスタッフの個人データ (住所、氏名、年齢、経歴など) を預かることです。
プライバシーに関わるデータを貰っておきながら、結局仕事の紹介をできないのなら、初めから登録を拒否する方がよっぽど誠実な対応だと思います。

毎回、回答が長くなって申し訳ないのですが、以上のような事が私の考える派遣会社の主体性という事です。

これからコーディネーターを目指そうとしている karinkarinさんには、仕事に対する評価ということを考えて欲しいなあと思っています。
そして、ぜひその体系を確立させていただければすばらしいなあと思います。

最初から難しい話をしてしまったでしょうか。
頑張ってください!

karinkarinさん、こんにちは。

kurichan-ganba です。
補足させてください。


昨晩私は、『私が一番大事だと考えていることは、派遣会社は主体性を持っていなければならない、ということです。』 と書きました。

たぶん、karinkarinさんには、私が何を言わんとしているのか、分からなかったと思います。

質問者が理解できないようなことを書いても、回答にはならないですね。
私は、私が伝えたいと思っていることを、きちんと説明して書こうとしませんでした。
質問者が未経験者であるのをいい事...続きを読む

Q新型インフルエンザの感染と発症について

先日、次女が新型インフルエンザに感染しました。
家中で手洗い・マスクを徹底した結果、他の家族への感染はどうにか免れたようで、その後誰も高熱を出していません。
しかし次女を看病している間(ちなみに私は母です)、1週間ほど微熱が出ていてずっと体がだるかったのです。
その話を友人にしたところ、彼女も子供の看病中にやはり微熱がずっと続いたとの事でした。
他の友人の話では、3人兄弟のうちの1人が38度以上の発熱。他の2人は微熱だったそうですが、病院で検査してもらったところ3人とも新型インフルエンザ感染と診断されたようです。

以上の事を考えると…
微熱ですんだ場合、感染はしたものの発症はしなかったという事でしょうか???
その場合、一応新型インフルエンザに感染したので抗体ができ
もう新型インフルエンザの予防接種はうけなくても大丈夫という事なのでしょうか???

ちょっと疑問に思ったので…。
お時間のあるときで構いませんので回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新型インフルエンザを完全に防御するのは難しく、誰もが抵抗力のない病気ですからほぼ感染します。

今のところ幸いなことに感染しても症状が出ない方や軽症で済む方が多いようです。

ワクチンに関しては新型インフルエンザに感染した方はすでにワクチンの接種をしたことと同様の状態ですから必要性はありません。

しかし、多くの方の新型インフルエンザという判定は簡易キットでの判定で確かに新型なのかどうか不明瞭な方もいらっしゃいます。(確かに多くは新型なのですが・・・感染の時期からして)
不安な方はワクチンの接種が可能だそうです。

インフルエンザワクチンに関しては以下のホームページが参考になります。http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02-07.html#toi032
厚労省

Q派遣会社への転職 コーディネーター、キャリアカウンセラーについて

派遣会社で働いている方に教えていただきたいです。
コーディネーター、キャリアカウンセラーへの転職を考えています。

1、派遣会社のHPを見ると社員教育が充実しているように思えるのですが、実際はどうなのでしょう。どんなことが学べるのか教えてください。

2、産業カウンセラーの資格を持っていますが(実務経験なし)仕事に多少は生かせるでしょうか。

3、契約社員を考えていますが、契約でも残業は多いのでしょうか。だいたいどれくらいの残業か教えてください(会社によるとは思うのですが)。

4、契約社員を募集していて、社員教育が充実していそうだったので。今のところP社とTS社を考えています。この2社、もしくは働きやすい派遣会社等の情報がありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.それはあまりないと思います。特に中途採用の場合、先輩社員について早急に覚えるという感じです。

2.実務がなければ生かせませんが、名刺にはかけますのであったほうがいいという程度です。
派遣会社のカウンセラーは実際、必ず何らかの資格を求められてはいません。

3.会社によると思いますがカウンセラーやコーディネーターは登録者の時間に合わせるのでどうしても
夜型になります。ミーティングなどはその後なので
普通は20時頃までカウンセラー業務でその後事務処理など
だと思います。

4.どことはいえませんが常時求人をしている会社も
あります。大手有名企業でも中途である程度社会経験が
あれば採用される可能性は高いです。
つまり入れ替わりの非常に激しい業界です。
一番疲れるのは「スタッフのドタキャンによるクライアントとの狭間のトラブル」です。もちろん、派遣先を探す営業担当者も過当競争でハードです。

やる気があればどんどんいけそうですが、自分に合うかどうかよく考えてください。打たれ弱いと続かない
職業だと思います・・・多分。

1.それはあまりないと思います。特に中途採用の場合、先輩社員について早急に覚えるという感じです。

2.実務がなければ生かせませんが、名刺にはかけますのであったほうがいいという程度です。
派遣会社のカウンセラーは実際、必ず何らかの資格を求められてはいません。

3.会社によると思いますがカウンセラーやコーディネーターは登録者の時間に合わせるのでどうしても
夜型になります。ミーティングなどはその後なので
普通は20時頃までカウンセラー業務でその後事務処理など
だと思います。
...続きを読む

Qインフルエンザ 症状が出ないと抗体はできない?

ついに子供がインフルエンザにかかってしまいました。A型だったのですが、おそらく新型でしょう。

上の子はリレンザ・下の子はタミフルを服用して、ほぼ1日で解熱しほっとしています。学校は解熱の翌日から数えて4日目にやっと登校可能と長めの自宅待機になっています。またインフルエンザにかかると、兄弟も自宅待機です。

さて質問なんですが、子供たちは小学生で高熱のとき、一人で隔離部屋に寝させておけず(1階はリビングのみ、隔離部屋にするには2階になります)、リビングで寝かせていました。しかもすぐに熱が下がって元気になったこともあって兄弟で遊んでました。

兄弟間は発症後3日目にうつりました。しかし、母である私より兄弟間のほうが濃厚接触だったとはいえ、24時間同じ部屋にいた私は結局うつりませんでした。移らないわけがないような環境です。これは私の免疫力が勝ったから?それでは抗体は作られていないといことでしょうか。

よく感染しても発症していないということが他の病気でもありますが、インフルエンザではどうなんでしょうか。このような場合でも抗体はできているのでしょうか・・・。ご存知の方ご教授いただければ幸いです。よろしくお願いします。

ついに子供がインフルエンザにかかってしまいました。A型だったのですが、おそらく新型でしょう。

上の子はリレンザ・下の子はタミフルを服用して、ほぼ1日で解熱しほっとしています。学校は解熱の翌日から数えて4日目にやっと登校可能と長めの自宅待機になっています。またインフルエンザにかかると、兄弟も自宅待機です。

さて質問なんですが、子供たちは小学生で高熱のとき、一人で隔離部屋に寝させておけず(1階はリビングのみ、隔離部屋にするには2階になります)、リビングで寝かせていました。しか...続きを読む

Aベストアンサー

ここで言う抗体(免疫)は感染することによってできます。
同様の新型インフルエンザに関してはワクチンの接種をした状態と同じだと考えられます。ですがインフルエンザの場合はどんどんウィルスが変異を遂げてしまいます。ですから今のところは免疫によって感染を免れても来年になると現在の新型インフルエンザがまた進化してしまうかも知れませんね。

おっしゃるとおり感染と発症は別です。
感染しても発症していないという状態もあり得ます。
この場合でも免疫はできるものと考えられます。同様のウィルスに関しては有効な免疫です。

Q人材派遣会社、キャリアリンクへの派遣依頼について。

この度、起業といいますか、独立したため人材を探しています。
小さな個人経営なので、1人か2人くらいしか取らないつもりです。
アルバイトなどでも募集しようと試みたのですが、
なかなか採用条件に合う方がおらず、人材派遣も視野に入れようと
考えています。


いま目を付けているのは、キャリアリンクという会社です。
知人にいくつか教えてもらった企業から、
よさそうだなと思い、決めかねているところです。

仕事としては、経理以外の事務全般を任せられたらと思っています。
あとは接客応対、電話応対など
ある程度、事務経験があれば大丈夫です。
お客様との関わりが多々あるため、人柄を特に重視したいです。

どのような感じかおわかりになる方がいらっしゃいましたら
教えて頂きたいです。

または、何かアドバイスなどありましたら、
お願いいたします。

Aベストアンサー

人材派遣会社も信頼の上で成り立っているかと思いますので
何か問題などが生じても対応するはずです。
キャリアリンクという会社も(存じませんが)同様かと思います。

そこまでスキルの高い仕事を依頼するわけではないので
大丈夫かと思いますが、人柄が難しいところですね。
性格などは雇ってみないと分からないですし。

私も人材集めの際は、だいぶ苦労しました。
手が回らないため人材を必要とし、
急ぐばかりに採用したこともありましたが、
そういうときはあまり良いご縁がなかったりしたものです。
私の見極める力がなかったのかとも言えますが。
今、猫の手も借りたいというほど
大変でなければゆっくりと決めていくべきだと思います。
この人だと思う方が見つかるといいですね。

人材集めも大変ですよね。
頑張ってください。

Q新型インフルエンザは、ウイルス1個でも感染・発症しますか?

極端な例ですが、ウイルスが1個でも体内に侵入したら
発症するものでしょうか?

新型インフルエンザウイルスに対する、特定の免疫(ワクチンなどで)がなくても、体力(免疫力、抵抗力)のある人は、
ウイルスが体内に感染しても、発症せずにすんでしまうこともありますか?

感染しても、潜伏期間のうちに発症せずに終わってしまうようなこともあるでしょうか?

Aベストアンサー

 No.3,5のJagar39です。

>誰か感染者のくしゃみや咳などから、空気中をただようような状態になったウイルスなどは、1個とかそういうイメージがあるのですが、

 基本的にウイルスの粒子が単独で空気中を漂うことはほとんどありません。
 気管や咽喉頭、鼻腔の粘膜上皮細胞でウイルスが増殖すると、その細胞が死んでしまい、それら粘膜面から剥離した「細胞の死骸」が生体に「異物が気道内に入った」と認識されて、咳やクシャミといった反射を引き起こすわけです。

 従って、クシャミで飛散した「飛沫」には、「細胞の死骸」が無数に含まれているわけですが、それらの1つ1つの細胞に、それぞれ数百万個のウイルスが付着している、といったところでしょうか。
 もちろん、気管や鼻腔の分泌液も大量に排出されますが、それらの中にも無数のウイルス粒子が存在するでしょう。

 余談ですが、インフルエンザなどの"メジャーな"ウイルスでは、迅速診断キットが商業ベースに乗って市販されていますが、"マイナーな"ウイルスで市販キットがないウイルスを迅速に診断したい場合、たまにですが「直接塗抹標本の蛍光抗体法」という手法を用います。
 これは鼻腔スワブや気管スワブ(解剖しなければ気管は採取できませんが)を綿棒で掻き取り、それをスライドグラスの上に薄~く塗るわけです。
 それに対して目的のウイルスに対する蛍光抗体(蛍光色素で標識してある抗体でほとんどのウイルスに対するものが市販されている)を反応させてやると、蛍光顕微鏡で見ると緑色(標識する色素にも依りますが)に光って見えるわけです。
 この場合、光っているのは抗体がウイルスと結合しているからなのですが、粘液中にどれだけウイルスが存在してもあまりに小さすぎるので蛍光を発していても観察できません。
 なので、光っているのは「細胞が光っている」ように見えるわけです。ウイルスによって細胞質が光ったり核が光ったり、その蛍光の発し方も判定基準になります。

 話に書くと簡単ですが、スワブの塗り方や見方はけっこう難しいです。「薄~く塗る」のは、厚く塗ると細胞が"塊"になってしまい、そうなると細胞と細胞の間に入り込んだ抗体が綺麗に光ってしまうからで・・・

 余談の余談ですが、獣医領域では市販キットなどほとんど存在しないので、ヒト用の診断キットを流用するか(RSとかロタウイルスのヒト用キットは獣医領域でもよく使います)、このような蛍光抗体法で応用するしかありません。
 ウイルスを培養細胞に接種して分離培養した際も、分離したウイルスが何者なのか調べる(同定する、と言います)のに蛍光抗体を使うので、ウイルスのラボにはいつも蛍光抗体はひととおり揃えています。

 余談が長くなりましたが、要するに「細胞が光って見える」のは、細胞表面というごく狭い範囲に、少なくとも数百万個の抗原(ウイルス)が密集しているから、なんです。でなきゃ何で標識しても見えるものではないです。

>1個でも感染してしまうようなイメージがあります

 私はHIVは専門外ですが、HIVでも1個で感染するということはないでしょう。感染率も低いですし。輸血など、ダイレクトに血液を入れる経路以外の経路(性行為など)では、せいぜい1~数%の感染率しかないですよね。

 私の専門はHIVとは別のレトロウイルスで、やはり血液感染するウイルスなのですが、HIVとは「血中にウイルス粒子がほとんど出現しない」点で異なっています。ウイルスは白血球に感染してその中に潜んでいるのですが、侵入した血液中の感染白血球と宿主側の未感染白血球が"接触"することによってウイルスが受け渡しされ、感染が成立する、という感染様式です。
 このウイルスでの「感染に必要なウイルス数(感染白血球数)」は、1000-3000個、ということになっています。

 どういうことかというと、生体には「自然免疫」というものがあります。一度感染したウイルスや細菌を記憶して抗体を作り再感染を防ぐのは「獲得免疫」ですが、それに対して「とにかく外敵を無条件に攻撃する」のが自然免疫です。
 これらの自然免疫系はウイルスそのものはやはり小さすぎて直接攻撃はできませんが(加えて"異物と認識する"システムの関係もあって)、ウイルスが感染した細胞は自然免疫系の攻撃対象になります。
 なので、少なくともウイルスは「自然免疫系に攻撃されるより早く増殖」しなければ、感染は成立しないわけです。

 インフルエンザだと口内の唾液にも抗ウイルス作用がありますからウイルス量は激減します。また、生き残ったウイルス粒子が気道粘膜に到達しても自然免疫の攻撃によってまた激減します。
 なので、相当量のウイルスが入らなければ、結果的に感染は成立しないわけです。
 直接血中にHIVが入った場合でも、粘膜の自然免疫はクリアできるにしても血中にも自然免疫系の細胞は存在しますから、そいつらの攻撃より早く増殖できなければなりません。つまり、それなりの数のウイルスが感染成立には必要、ということです。

 うがいについては、咽喉頭などの気道粘膜のコンディションを良好に保つという以上の意味合いはないので(うがいでウイルスを洗い流せるわけではない)、「気は心」程度の効果しかないと思っています。
 言ってみれば、町内の自警団を整備する、くらいでしょうか。
 空き巣や暴走族を排除する程度には効果的でしょうが、軍隊が攻めてきたらやはりこちらも軍隊を出さないことにはどうにもならない、ということです。

 No.3,5のJagar39です。

>誰か感染者のくしゃみや咳などから、空気中をただようような状態になったウイルスなどは、1個とかそういうイメージがあるのですが、

 基本的にウイルスの粒子が単独で空気中を漂うことはほとんどありません。
 気管や咽喉頭、鼻腔の粘膜上皮細胞でウイルスが増殖すると、その細胞が死んでしまい、それら粘膜面から剥離した「細胞の死骸」が生体に「異物が気道内に入った」と認識されて、咳やクシャミといった反射を引き起こすわけです。

 従って、クシャミで飛散した「飛沫...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報