こんにちは、或るネイテブに言われたのですが、

A son of darknessからは、「闇の息子」というか、Prince of darkness=サタン関係しか連想できない!

と言われました。

一人のネイテブの言葉から判断する事はできませんので、皆様教えてください。

ちなみにジーニアス和英辞典では、
無知を引くと
A son of darkness 無知の人

の例文が出てきます。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「文語」=「死語」というわけではありません。



「文語」=「書き言葉」で用いる場合もありますが,
通常,日本語では「文語」というと,平安時代に用いられたような古文のことを言います。

辞書によって違うでしょうが,英和辞典で「文語」というと,書き言葉の中でもかたい表現で,場合によっては古風に響き,現代では用いなくなってきているような表現のことを言います。

「死語」という日本語は,流行語が用いられなくなることもあるのでしょうが,一般的には,古くて今では用いられなくなった言葉のことで,英和辞典などでは「廃語」とされているものに近いと思います。

重なる部分もあるでしょうし,きっちり区分けしにくいところもあるとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

すいません、、、、だいぶ誤解していました。 一回で理解できず、お手間を取らせてしまって申し訳ありません。

>辞書によって違うでしょうが,英和辞典で「文語」というと,書き言葉の中でもかたい表現で,場合によっては古風に響き,現代では用いなくなってきているような表現のことを言います。

やっと、どれくらい使われにくい言葉なのか理解できました。 ありがとうございます。

とりあえず、まあ、一般ネイテブが聞いた事ない表現でも、しょうがないですね。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 16:41

ジーニアスの a son of darkness という例文が載っているのは,


(文)(団体などの)男性構成員,(時代などの)生み出した男子 ...
という項目のところです。

「文語」とある通り,現代の英語から見ると,「死語」ということになるでしょうか。

ただ,言葉というものは日々変わっていきますし,比喩表現というのは自由に使えるというのもあります。

日本語でも「神の子」と言ったりするような感覚が son に残っているかもしれません。

「文語」というのとは別に,「ジャーナリズム用語」として,
「ある場所・国出身の男性」の意味になることがコウビルド英英辞典にも出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>「文語」とある通り,現代の英語から見ると,「死語」ということになるでしょうか。

文語ということが、死語を意味しようとは、、、、。 素人で、辞書の使い方が分かっていませんでした。(涙)

僕は、てっきりそのネイテブが無知で慣用句を知らなかったのかと、、、0,001%位想像していました。

>ただ,言葉というものは日々変わっていきますし,比喩表現というのは自由に使えるというのもあります。

比喩表現の部類に入るんですね? それならそうと、、、、「ジーニアスの○○~~~!」と叫びたい気持ちです。

>「ある場所・国出身の男性」の意味になることがコウビルド英英辞典にも出ています。

それは、ジーニアスにも載っていました。 それも、「文語」のようですね。

改めて、御礼申し上げます。

お礼日時:2009/05/24 15:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング