こんにちは、或るネイテブに言われたのですが、

A son of darknessからは、「闇の息子」というか、Prince of darkness=サタン関係しか連想できない!

と言われました。

一人のネイテブの言葉から判断する事はできませんので、皆様教えてください。

ちなみにジーニアス和英辞典では、
無知を引くと
A son of darkness 無知の人

の例文が出てきます。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「文語」=「死語」というわけではありません。



「文語」=「書き言葉」で用いる場合もありますが,
通常,日本語では「文語」というと,平安時代に用いられたような古文のことを言います。

辞書によって違うでしょうが,英和辞典で「文語」というと,書き言葉の中でもかたい表現で,場合によっては古風に響き,現代では用いなくなってきているような表現のことを言います。

「死語」という日本語は,流行語が用いられなくなることもあるのでしょうが,一般的には,古くて今では用いられなくなった言葉のことで,英和辞典などでは「廃語」とされているものに近いと思います。

重なる部分もあるでしょうし,きっちり区分けしにくいところもあるとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

すいません、、、、だいぶ誤解していました。 一回で理解できず、お手間を取らせてしまって申し訳ありません。

>辞書によって違うでしょうが,英和辞典で「文語」というと,書き言葉の中でもかたい表現で,場合によっては古風に響き,現代では用いなくなってきているような表現のことを言います。

やっと、どれくらい使われにくい言葉なのか理解できました。 ありがとうございます。

とりあえず、まあ、一般ネイテブが聞いた事ない表現でも、しょうがないですね。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 16:41

ジーニアスの a son of darkness という例文が載っているのは,


(文)(団体などの)男性構成員,(時代などの)生み出した男子 ...
という項目のところです。

「文語」とある通り,現代の英語から見ると,「死語」ということになるでしょうか。

ただ,言葉というものは日々変わっていきますし,比喩表現というのは自由に使えるというのもあります。

日本語でも「神の子」と言ったりするような感覚が son に残っているかもしれません。

「文語」というのとは別に,「ジャーナリズム用語」として,
「ある場所・国出身の男性」の意味になることがコウビルド英英辞典にも出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>「文語」とある通り,現代の英語から見ると,「死語」ということになるでしょうか。

文語ということが、死語を意味しようとは、、、、。 素人で、辞書の使い方が分かっていませんでした。(涙)

僕は、てっきりそのネイテブが無知で慣用句を知らなかったのかと、、、0,001%位想像していました。

>ただ,言葉というものは日々変わっていきますし,比喩表現というのは自由に使えるというのもあります。

比喩表現の部類に入るんですね? それならそうと、、、、「ジーニアスの○○~~~!」と叫びたい気持ちです。

>「ある場所・国出身の男性」の意味になることがコウビルド英英辞典にも出ています。

それは、ジーニアスにも載っていました。 それも、「文語」のようですね。

改めて、御礼申し上げます。

お礼日時:2009/05/24 15:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれはもう死語だろって言葉を教えてください

これはもう死語だろって言葉を教えてください。

また死語とは知っててもついつい使ってしまう死語を教えてください^^

Aベストアンサー

『テレホーダイ』

ほんの12~3年位前は、当たり前だったこのサービスも
気がつけば、ISDNで24時間常時接続が定石になり
今では光ファイバーで通信速度も比べ物にならない位、速くなっています
ダイヤルアップ(これも死語?)を準備して
23時になるのを、今か今かと待ち構えていた時代が懐かしいです

『みかか』

所謂電話料金の事で、キーボードの「N」「T」「T」に記入してある
平仮名が「み」「か」「か」にあたる為、呼ばれたネット用語
昔はアナログ電話回線でネットをしていた為
通信使用時間がそのまま電話料金になりましたが
24時間常時接続になった今では、そんな心配は皆無です

『フロッピーディスク』

今では、簡易記録媒体はUSBメモリが定番ですが、昔はフロッピーディスクが普通でした
容量は2Dで320kB、2DDで640kB、2HDで1.25(1.44)MB
もはや、単位すら桁違いになっています
今のPCはフロッピーディスクドライブすら付いていません・・・

Qa son of David David's son the son of David のニュアンスの違い

NIV KJVを読んでいたらa son of David、 David's son、 the son of David が記載されていました。これらの言葉のニュアンスの違いを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、
質問が聖書に関することであれば、次の通りです。
文法的には前回答者様の通りですが、聖書の場合、「その(特定)のダビデの子」とはキリストを指します。(対訳聖書だと分かりやすいですよ。)
日本語の聖書でも、パリサイ人の弟子がバプテスマのヨハネに尋ねて「あなたは、あの預言者ですか?」と尋ねる場面がありますが、この時の用法も同じで、「特定の預言者」=「メシア」「キリスト」の意味になります。

Q死語に代わる言葉ってありますか?

死語に代わる言葉ってありますか?
死語自体が結構前から死語になってしまったので、その代替言葉はあるでしょうか。
普通に「古ッ」とか「久しぶりに聞いたわ」ぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

死語にじゅう語

Q「a kind of」と「of a kind」

「a kind of ~」と「~ of a kind」との違いが分かりません。
「kind」は「種類」という意味だと考えればよいと思うのですが……。
この違いについてご存知の方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵を拝借させていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

1. a kind of~ は、下記のように「一種の」と言う意味です。
 http://eow.alc.co.jp/a+kind+of/UTF-8/
It is wasabi, a kind of horseradish.「そればホースラディッシュシの一種で、ワサビです」
He is a kind of environmentalist.「彼は一種の環境保護者だ」

2. ~ of a kindは、下記のように「同じ種類の」という意味です。
 http://eow.alc.co.jp/of+a+kind/UTF-8/
"There never is but one opportunity of a kind."「同じ種類の機会は一つしか無い」> これはまたとないチャンスだ。
 
 これと似たような of a 「同じ~の」という使い方は下記のような諺にもあります。

Birds of a feather flock together.「同じ色の羽根の鳥は一緒に群がる」日本の、類は友を呼ぶ、とか同じ穴のムジナ、に似ています。
We are birds of a feather.(上の諺を踏まえて)「私たちは似た者同志だ」

1. a kind of~ は、下記のように「一種の」と言う意味です。
 http://eow.alc.co.jp/a+kind+of/UTF-8/
It is wasabi, a kind of horseradish.「そればホースラディッシュシの一種で、ワサビです」
He is a kind of environmentalist.「彼は一種の環境保護者だ」

2. ~ of a kindは、下記のように「同じ種類の」という意味です。
 http://eow.alc.co.jp/of+a+kind/UTF-8/
"There never is but one opportunity of a kind."「同じ種類の機会は一つしか無い」> これはまたとないチャンスだ。
 
...続きを読む

Qこれって、微妙に死語?

「フィーバーする」という言葉は、もう完全に死語だと分かるんですけど、もう死語なのかまだ使われ続けているのか微妙な言葉だと、使うのにちょっと戸惑ってしまいます。
例えば「マイブーム」って、最近はあまり聞かなくなった気もするのですが、かといって「死語」までにはなっていないのかな?とか・・・

そんな「これって、微妙に死語?」と迷いそうな言葉があれば、教えてください。

Aベストアンサー

ギャル(完全に死語)が微妙でしょうかねぇ。

もう誰も『ギャル』とは言いませんが、言葉を繋げて時々生き残っていたりしますから。

・ピチピチギャル(死語)
・おやじギャル(死語)
・コギャル(死語)
・キャンギャル(生きてそう)
・ギャルゲー(現役)
・ギャル文字(現役)
・ギャルモデル(現役か)
・ガングロギャル(いなくなった!)
・ギャル男(死語に近いか)
・その他色々あり

たぶん次に言い換えられる言葉が出来ると死語になるんでしょうか。ギャル曽根ちゃんもまだ現役ですからね。

Q[A of B]と[of B, A]の違い?

 07/04 朝日新聞夕刊「時事英語に挑戦」より
Of Japan's 47 prefecture governors, 11 said nuclear power plants should be abolished or reduced in the future, but most dodged the question.

 質問:主語は[11 of Japan's 47 prefecture governors]だと思いますが、[11]をコンマを使い、最後に持ってきています。どういう理由からでしょうか? 同類の易しい例題を幾つか教えていただけますか? [of]以外の前置詞でもこういう用法はありますか? 以上

Aベストアンサー

"Of Japan's 47 prefecture governors"←これは結構独立して用いられる用法です。
「よりによって」という意味合いが含まれます。
●「47人も日本の県知事がいる中、よりによってたった11人しか原発反対か縮小の異を唱えなかった。」

よりによって
of all days
of all others(ほかに適当な選択肢があるだろうに)
of all places〔【直訳】他にもいろいろ場所があるだろうに〕
of all things
よりによってその日に
on that day of all others
よりによって今日という日
today of all days
よりによって彼が
he of all men

参考URL:http://eow.alc.co.jp/よりによって/UTF-8/

Q死語について

さいきん、時代の変化が激しくて、もう、何が死語(これも、死語?)なのか解らないんです。
だれか、1年前までは大丈夫だったけど、いまはもう、使っちゃ駄目。というような言葉を教えてください。

たとえば、
厨房とか消防とか教えて君とかって、ちょっと前までは使っていた人いたみたいですが、もう、だめ?
「告る」って、まだ使っている人いるみたいですが、もう、だめ?

おばたりあんとか、明らかに死語だと思われるものよりも、微妙な線のものを教えていただけると、うれしいです。
死語サイトには、明らかに死語だよねえ。と思われるものしか置いてないみたいなんで。

Aベストアンサー

>厨房とか消防とか教えて君
発祥の地(w)2chなんかではいまだに使われますよ。

今の一押しは「珍走族」らしいですが…

そういえばガングロとかゴングロとかヤマンバとかはどこ行ったんでしょうかねぇ。(一発で変換できるATOKが悲しい(^^:)今は美白ブームですし。(ちなみに僕は白い方がお好み)

参考URL:http://www.2ch.net

Qpart of,a part of,the part ofの違いについて

定冠詞、不定冠詞の使いは方は理解しているつもりですが、以下の認識であっていますでしょうか?

まず、the part ofの場合は、その部分が会話の中で明確になっておりまさにその部分であると言うことをさす場合に使用すると考えてよろしいでしょうか?

a part ofはその部分が数えられるものである場合に使用し、part ofは数えられないもしくは分割の単位があいまいなものに使用するという考えでよろしいでしょうか?


以下のような感じでしょうか?
this is the part of the issue.
訳「これは、その問題のその一部分(今話題に上がっている部分)です」

this is a part of the issue.
訳「これは、その問題のいくつかある中のそのうち一つです。」

this is part of the issue.
訳「これは、その問題の一部です。」

また、経験からしてpartに関してはtheかaをつけてもよいときにでも冠詞なしで使われることが多いように思うのですが。

Aベストアンサー

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East Germany ceased to exist in 1990, becoming a part of the Federal Republic of Germany.

John had to pay Mary $10 million as part of the divorce settlement.

などはいかがでしょう?

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East...続きを読む

Q死語の世界

 かつては一世を風靡し、誰もが知っていたあの懐かしい「死語」
あなたの思いついた「死語」を教えて下さいませ。

 もちろん「世代」によって、死語は違うでしょうし、「え?私なんて現役でまだ使ってるしぃ」ってのもOKです。

 みんなでわいわい懐かしがりましょう。

 ちなみに私が今思いついた死語は「アッパッパー」です。若い世代は知らないだろうなぁ(笑)

 

Aベストアンサー

born1960様、おはこんばんちは!

ナウでヤングなスマホ系にとってはケータイすらもはや『死語』、移動式電話機や車載電話機はガチで辞書から削除対象の『廃語』と言うらしく、インド人もびっくり!です。イケイケチキチキで造られるおニューの言葉との入れ替え選定に、編集者さんも涙チョチョギレていることでしょう。
そうはイカのキンタマ、なんて破廉恥な台詞は、たとえ相手がオバタリアンやオヤジギャルでもお口にチャックですが、当たり前田のクラッカー!あっと驚くタメゴロ~に至ってはワケワカメ、とは言わないものの出典すら朧ろなのに、フィーリング的には時代を超越した安定感に萌え~です。きっとモーレツ崇高な言霊が宿っているに違いありません。

ふぅ~・・・、以上、あまりにイカしたご質問でしたのでついハッチャケて、マイコンから仮名タイプで一気呵成に書き上げてしまいました。乱文につき、許してちょんまげ?それでは、おや睡眠。

・・・・・・あっ、空飛ぶ円盤!
インディアン嘘つかない、な~んちゃって。



(一部、趣旨とはいえ本当に礼を失した感が否めない為、こちらで言い直させて頂ければと存じます:どうか乱文お許し下さい。お休みなさいませ。)

born1960様、おはこんばんちは!

ナウでヤングなスマホ系にとってはケータイすらもはや『死語』、移動式電話機や車載電話機はガチで辞書から削除対象の『廃語』と言うらしく、インド人もびっくり!です。イケイケチキチキで造られるおニューの言葉との入れ替え選定に、編集者さんも涙チョチョギレていることでしょう。
そうはイカのキンタマ、なんて破廉恥な台詞は、たとえ相手がオバタリアンやオヤジギャルでもお口にチャックですが、当たり前田のクラッカー!あっと驚くタメゴロ~に至ってはワケワカメ、とは言...続きを読む

Qa glass of とa cup ofの違いって…

こんにちは。いつもお世話になっております。
すごく基本的な質問だと思われるのですが、a glass of とa cup ofの違いって何なのでしょうか?
冷たいものと温かいものの違いだと聞いたことがあるのですが、例えば冷たい水を敢えてマグカップで欲しいときは、a cup of water と言っていいのでしょうか。そうすると結局は言う人の自由ということになりますよね…。
「基本は冷たいと温かいの違いだが、細かいところは自由」という認識は合っているでしょうか?

屁理屈のような質問ですみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、「普通グラス(コップ)に入れて出すものか、普通(瀬戸物の)カップに入れて出すものか」の問題かと思います。

日本語で考えても、「水を一杯」と言えば、グラスやカップに入った水のことだと分かりますよね。これに対して「水を一本」なら、ペットボトルやガラス瓶に入った水のことだと分かります。でも喫茶店では普通「一杯」で「一本」とは言わないし、コンビニでは普通「一本」で「一杯」とは言いません。喫茶店では普通グラスで水を出すものだし、コンビニでは普通ペットボトル入りの水を売っているものだと分かっているからです。要はこれと同じことでしょう。

普通グラスには冷たい飲み物、カップには温かい飲み物を入れますから、お考えのような区別の仕方で良いと思います。逆に言うのは、敢えてその器に入れて欲しい場合や、状況的にその器しかない場合でしょう。

例えば飛行機のエコノミークラスだと、ジュースやコーラ、ミネラルウォーターなどの冷たい飲み物であっても紙コップで配られますよね。これは glass(ガラスのコップ)とは言えませんので、敢えて言うなら "a cup of orange juice (Coca-Cola, mineral water)" のようになりますね(まぁ、普通は飲み物の種類を言えばそれで通じますが)。

基本的には、「普通グラス(コップ)に入れて出すものか、普通(瀬戸物の)カップに入れて出すものか」の問題かと思います。

日本語で考えても、「水を一杯」と言えば、グラスやカップに入った水のことだと分かりますよね。これに対して「水を一本」なら、ペットボトルやガラス瓶に入った水のことだと分かります。でも喫茶店では普通「一杯」で「一本」とは言わないし、コンビニでは普通「一本」で「一杯」とは言いません。喫茶店では普通グラスで水を出すものだし、コンビニでは普通ペットボトル入りの水を売...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報