Word2003を使っています。
ある文書に「新しい描画オブジェクト」を使って画像を挿入したのですが、
気がつくとどこかに消えてしまっていました。
しかしながらその文書のファイルサイズを見ると、間違いなくその画像は削除されたわけではなく埋め込まれた状態で残っています。

この画像を目に見える場所に戻すにはどうしたら良いのでしょうか?

或いは逆に見えない画像を消去するためにはどうしたら良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.4です。


作成した文書のレイアウトが崩れるとイヤなので、選択した画像の位置を変える方法を提示したのですがだめでしたか。

では、選択された時に[Delete]ではなく、[編集]→[切り取り]を行った後、どこかの段落行を選んで[編集]→[貼り付け]ではどうでしょう。
または、選択された時に
図形描画ツールバーの「図形の調整」→用紙に合わせる、再度「図形の調整」→左右中央揃えなどの指定ではどうでしょう。
 
    • good
    • 0

ツールバーに「図形描画」および「図」ツールバーを表示してください。


どこかに消えた画像以外に表示されている画像、オートシェイプ、テキストボックス等が無い場合は、何か1つ作成してください。

(1)図形描画ツールバーの「オブジェクトの選択」(白抜き斜め矢印アイコン)を選択。
(2)表示されている画像、図形、テキストボックスなどのオブジェクトの、どれか1つを選択。
(3)[Tab]キーを押すごとに、次のオブジェクトが選択、表示されていきます。
選択されたオブジェクトは、そのページでオブジェクト選択状態で表示されます。
用紙範囲外に隠れてしまったオブジェクトが選択された時は、表示されたページ内に選択オブジェクトが見当たらない状態になります。
この状態になった時に、(4)以降を行います。
(4)図ツールバーの「図の書式設定」、または「書式」→「図」を選択。
または、削除で良い場合は、[Delete]を指定で(5)以下は不要。
(5)「レイアウト」タブの[詳細設定]を選択。
(6)「配置」タブを選択、横位置と縦位置のどちらかの値が用紙サイズの範囲外になっていると思うので、値を変更して[OK]→[OK]。
以上で、用紙範囲内に画像が戻ってくるはずです。

注意
問題の画像が復活することで、他のオブジェクトがどこかに飛んでしまう可能性があります。
この現象は、オブジェクトの配置が「行内」以外の浮動オブジェクトになっている場合に発生します。
これを防ぐには、それぞれのオブジェクトのアンカーを設定することにより防ぐことができます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

この方法を使えば、図形を選択することは出来ました。
しかし、「配置」タブを選択、横位置を0などの値を入力しても
画像は目に見える位置には表れてくれません。
deleteはすることが出来るのですが・・・

お礼日時:2009/05/24 16:03

表示モードが下書きになっている、なんてことじゃないですよね。



次の方法で選択できます。
(1)新しく図形(直線など)を挿入する。ただし、描画キャンバスは使わない。描画キャンバスが表示されたらESCキーを押してから図形を挿入する。すでに画像・図形があれば必要ない。
(2)その図形をクリックして選択する。
(3)Tabキーを押すと、次の画像が選択される。画像が複数ある場合は、何度か押して、画面上に選択された画像がない状態が、見えない画像が選択されたとき。

これで画像(描画キャンバス)を選択できますから、そのままDeleteキーを押して削除するか、カーソルキーで見える位置まで移動してください。

上の方法が駄目なら、
(1)白紙のワード文書を開く。
(2)文書や見えている画像・図形を、白紙の文書に移動する。
(3)古い文書は閉じて、削除する。
    • good
    • 0

たびたびごめんなさい!


No.1です。
そうですかぁ~~~
画像は間違いなく開いているWordファイルにあり、
他に原因があるという事ですね?

確認の意味で文章(本文)は何ページ分あって、
画面の左下に○ページ ◇セクション □/○ 
と表示されているところと数字が合っているかを確認してみてください。

本文以上にページ数が増えていると最後のページの方にオブジェクトが飛んでしまっている可能性があります。

つまり、画像を挿入するときに図形描画キャンパス内に挿入すると
レイアウトは「行内」になっていますので、
本文の文字を避けて、とんでもないところに貼り付けられてしまうことがあります。

一度印刷プレビューを確認してみてください。
もしそれが原因であれば、図形描画キャンパスの書式設定から
レイアウトを「行内」以外に設定すればなんとか表示されるような気がしますけど。

これまた・・・的外れの回答ならごめんなさいね。m(__)m
    • good
    • 0

こんにちは!


参考になるかどうか判りませんが・・・

メニュー → ツール → オプション → 表示タブで
「図をイメージ枠で表示する」にチェックが入っていないでしょうか?
もし入っていればチェックを外してOK

もし他の原因の場合は↓のURLが参考になるかもしれません。

http://support.microsoft.com/kb/285957/ja

以上、お役に立てれば幸いですが、
改善されない場合はごめんなさいね。m(__)m
「消えた画像を取り戻す方法」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

でも教えて下さったURLも見てみましたが、どの症状でもありません。
そのページの話だと画像をクリックは出来るけども、見えないだけ、
ということですが、私の場合にはクリックすらすることが出来ません。
従って画像の書式設定を変えることは出来ません。

よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/24 13:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部首:音読み・訓読みとは別の作り方で考案された名称

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮名と関係がある

冖 → わかんむり
宀 → うかんむり
殳 → るまた
禾 → のぎ
釆 → のごめ

2)形と関係がある

丨 → ぼう、たてぼう
亅 → はねぼう;かぎ

3)仮名とも形とも関係がある

丿 → の;はらいぼう

4)他の部首の名称が影響を与えた

冫 → にすい
頁 → おおがい

5)他の部首の名称が影響を与え、区別するためにも作られた

酉 → ひよみのとり
隹 → ふるとり

上記のものはいつ・どこで・誰によって考案されたでしょうか。また、どんな過程によって・どの時点でその名称が定着したでしょうか。詳しい方、是非、教えて下さい。

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮...続きを読む

Aベストアンサー

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が作られ、篇が構成され、篇目すなわち部首であったから、篇とは部首全部について適合しうる語であった。また「片」の字も用いたのであって部は篇と同意で、したがって部首字が篇(また片、偏とも書かれた)とも呼ばれた。」
「日常的に多く見る漢字の偏旁冠脚の場合は通俗的なものを必要としたので、ほぼ一般に弘通した名があったが、部首字すべてに通俗の呼び名が行われたものとは認めがたい。部首名のまとまった資料は『運歩色葉集』、キリシタン版『落葉集』(小玉篇)、江戸時代に入っては、『節用集』末書などに付録されたものがある……」


  『新撰字鏡』(しんせんじきょう)昌住撰、900年成立。漢字を160の部にわけ、漢字で発音と意義を示すが、和訓も少なくない。最古の漢和辞典といわれる。
  『運歩色葉集』(うんぽいろはしゅう)16世紀半ばの成立。「色葉集」(語を頭音に従ってイロハ分けしただけの国語辞典)の一つ。
  『落葉集』(らくようしゅう)日本イエズス会のコレジヨで、1598年成立。「落葉集」(漢語の最初の漢字の音でイロハ分けした漢語字典120頁)・「色葉字集」(和語を頭音でイロハ分けした国語字典44頁)・「小玉篇」(漢字を140の部首で分けた漢字字典34頁)の三部構成。

『節用集』末書の二つを参看しました。

『(増廣字便)倭節用集悉改袋(やまとせつようしうしつかいふくろ)』1776 「篇冠構尽(へんかふりかまへつくし)」 135部首 
『大全早引節用集』天保年間 1840頃 「編冠構字尽(へんかむりかまへじつくし)」 98部首

近代の漢和辞典

榮田猛猪『(縮約)大字典』1920(大11) 「部首名称」 137部首
諸橋轍次『大漢和辞典』1955~60(昭30-35)では部首字(とその異体字)に読みを「国訓」として入れたものがあります。その数およそ110

 「部首のよみ」を全部そろえるようになったのは、ごく近年になってからのことのようです。

               1955     1920   1840       1776     1598
力    ちから     ちから    ちから   ちから      ──     ちから
      ──     ちからづくり ──    ──      ちからつくり
瓦    かわら      ──    ──    ──      かはら    かはら
臼    うす       ──    ──    ──       うす 
鼓    つづみ     
十    ジュウ      
寸    スン       ──    ──     ──      すんつくり   すん
臣    シン       
龍    リュウ       
比    ヒ         
     ならびひ      
     くらべる      
用    ヨウ        
     もちいる     
走    そうにょう   そうねう   そうねう    さうねう    そうにう    そうにう
     はしる       
辛    シン       
     からい      
門    モン       
     もんがまえ    ──    もんがまへ
     かどがまえ  かどがまへ  かどがまへ  かどがまへ   かどかまへ  かどがまひ
冖   わかんむり   わかんむり  わかんむり  へきかぶり   ひらかふり  ひらかむり
宀   うかんむり うかんむり   うかんむり  うかぶり     うかふり   うかむり
殳   るまた るまた     るまた    るまた    つはものつくり  るまた
    ──        ほこづくり
禾   のぎ のぎ      
    ──        のぎへん    のぎへん  のぎへん    のぎへん  のぎへん
釆   のごめ のごめへん   のごめへん  
丨   ぼう      
     たてぼう     ──     ──    てつちう 
亅    はねぼう    
     かぎ      
丿   の         ──      ──     へつへん
     はらいぼう  
冫   にすい にすゐ     にすゐ    にすい    にすい    にすい
頁   おおがい おほがひ   ──     ──      おほがひ
酉   ひよみのとり  ひよみのとり  ひよみのとり ひよみのとり ひよみ   ひよみのとり
     とりへん     とりへん    とりへん
隹   ふるとり ふるとり     ふるとり    ふるとり    ふるとり  ふるとり

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が...続きを読む

QWord:描画オブジェクト内の画像ではジャギー出る?

Wordで印刷にジャギー(ギザギザ)が出ないように、サイズの大きめのBMP画像を縮小して挿入しています。
そのまま本文中に入れた場合、印刷時でも綺麗に出るのですが、描画オブジェクト内に貼り付けた縮小画像は、描画オブジェクトを抜けると、画面上でも、印刷時でも、かなりドットが目立つ粗い画像となってしまいます。
しかし、描画オブジェクトをダブルクリックして描画オブジェクト内が編集可能な状態になると、縮小した画像は細かくキレイなのです。

「描画オブジェクトを使わなければよいのでは?」というご意見がありそうですが、本文中に入れた画像にフローティングの縮小画像を重ねた場合、文書全体の行間などを変更するとズレが生じてしまいました。
この為、ひとまとまりの図を描画オブジェクトに入れたらズレることは無いと思ったのです。

よろしくお願いいたします。

アプリ:MS Word 2000
OS:Windows XP HomeEdition

Aベストアンサー

BMPファイルの縮小をワードが受け持っているために起こっていると思われます。
ペイント系のソフト側で実際に使用するサイズに縮小してからワードに貼り付けてみてください。

Q音読みと訓読み

私はもう少しで漢検を受けるのですが、音読みと訓読みがいまいちわかりません。学校では「音っぽい読み方をするのが音読み」と習ったのですが、全然わかりません。何か音読みと訓読みの違いを教えてください。

Aベストアンサー

カタカナで書きたくなるのが音読み
ひらがなで書きたくなるのが訓読み

意味を表すのが訓読み、表さないのが音読み

日本語っぽいのが訓読み、中国語っぽいのが音読み

Q描画オブジェクトについて

 テキストボックスでいれた文字の下に、写真をいれてその下にテキストボックスで文字を入れています。写真の上に気になる余白があり写真を上に引き上げようとするのですがレイアウトに変化がありません。描画オブジェクトを使っているからでしょうか?描画オブジェクトを解除するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

No2の回答をよく読んでいますか?

出来るだけ丁寧にフォローできるように回答することを心がけていますが、読まれていないと落ち込みます。

No2の回答で、写真とテキストボックスを前面にすることと、レイアウトが崩れることを書きました。

上と下のテキストボックス両方が[前面]なら写真の下に潜りこむことも無いのですが、たぶんされていないのでしょう。

さて、探し方ですが、写真を選択して犬の絵を[背面]にして下さい。
写真が位置を変えずに文章の背面にいくので下に隠れている文字やテキストボックスなどが出てくると思います。

写真の部分が隠れないように文字やテキストボックスなどを配置し、レイアウトを整えます。

そのままでもかまいませんが、後々のことを考え写真を[前面]にしておきます。
もしも写真が選択できない場合は[オブジェクトの選択(白い矢印)]ボタンを押し写真をクリックしてみてください。

再度アドバイス。今後のためにもNo2の回答にあるようにオプションの設定で貼り付ける形式を前面にしておいたほうが良いですよ。

では(^.^)/~~~

No2の回答をよく読んでいますか?

出来るだけ丁寧にフォローできるように回答することを心がけていますが、読まれていないと落ち込みます。

No2の回答で、写真とテキストボックスを前面にすることと、レイアウトが崩れることを書きました。

上と下のテキストボックス両方が[前面]なら写真の下に潜りこむことも無いのですが、たぶんされていないのでしょう。

さて、探し方ですが、写真を選択して犬の絵を[背面]にして下さい。
写真が位置を変えずに文章の背面にいくので下に隠れている文字やテキスト...続きを読む

Q「猫」は音読みはないのでしょうか?

「犬」は音読みで、「ケン」と読みますが
「猫」は音読みはないのでしょうか?

Aベストアンサー

「びょう」です。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/187633/m0u/%E7%8C%AB/

Q描画オブジェクト内の図のトリミング

Word2002を使用しています。
描画オブジェクト内の図を正確にトリミングしたいのですが、マウスでトリミングはできても図の書式設定でトリミング範囲を数値で指定できません。
今は描画オブジェクトから出してからトリミングしてますが、他に良い方法はありませんか。また、これはWordの最新ver.では改善されているのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Word2003 2007beta2 でも描画キャンパス内では
図の書式設定-図タブ-トリミング範囲 の項目は
グレーアウトしてしまいますね。

Qあなたの名前は、音読み?訓読み?それとも重箱読み?

あなたのお名前は、音読みですか、訓読みですか、或いは重箱読みですか?

私(男性)は漢字一文字の名前で、音読みです。
因みに訓読みにすると、女性風になります。

Aベストアンサー

50代のオバちゃんです。

音読みと一つしか読みが無い漢字の二文字です。

初めて会った人にちゃんと読まれた事一度も無いです。

最近は少し聞く名前になってきました。

しかし同じ漢字の人には会った事ないです。

初めの漢字一文字は男性の名前にたまに見かけます。

なのでよく男性に間違われてダイレクトメールがきたりします。

Q【Word XP】 図形描画オブジェクト・・・

皆様、こんにちは。
また、なんですが。。。。

ツール → オプション → 表示タブで、
□ 描画オブジェクト

のチェックをはずしても、描画オブジェクトが登場します。
再度、オプションを確認したら、さっき外したばかりの□(チェックボックス)にチェックが入っています。

もう、金輪際(といっていいほど)描画オブジェクトにはお会いしたくありません。
どなたか、別れを告げる方法をご存知の方教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「ツール」-「オプション」-「全般」で設定できますよ。

Q「菊」 の 読み「きく」 は何故音読み?

中学校の時から今までずっと疑問に思っていたことです。

菊 を 辞書で調べると 音読みとして キク と書いてあります。読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、キクが音読みだと言われても腑に落ちません。中国語でも 菊は ju2 じゅー でキクと全然にていません。他の一文字の植物名は調べた範囲ですべて訓読みです。

なぜ音読みなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。私からも少し補足します。

>読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、
これは「そういうものが比較的多い」というだけのことです。
本来の音読み・訓読みの定義は,「中国での読み方が日本風になまったもの」が音読み,「中国での読み方以前に日本に存在していた固有の語彙(やまとことば)を,漢字にあてはめたもの」が訓読みですよね。
しかし,小学校の国語科などでこのような説明をしても,子どもたちは中国語の読み方は知りませんので(まして音読みの基礎になった中古音など知るはずもない),実際に,例えば「山」の音読みと訓読みは何か,と考える際には役に立ちません。
そこで,一種の便法として,「さん」だと意味がよく分からないが,「やま」だと分かる,というような教え方をするわけでしょう。
したがって,そこには「菊」のように,おのずと例外が生じます。

「門」など,音読みの「もん」は1年生でも分かるでしょうが,訓読みの「かど」は通じない子が多いのではないでしょうか。「かどで」なんて言葉を知っている1年生は少ないでしょう。かどと言われると,「角」だと思う子が多そうです。

さらに,中国語の読みも,地域により,また時代により,変化しています。
確かに今の北京音では,「菊」は「チウ」のような発音ですが,古い発音を比較的よく残している広東語(ホンコンなど)や,朝鮮語(韓国語)の発音では,kuk(クク)となり,日本語のキクに近いものがありますね。

もう1つ2つ,例をあげますと,「民」は北京語,広東語,朝鮮語,日本語いずれも「ミン」でよく似ていますが,「学」は北京語xue(シュエ)に対して,広東語hok,朝鮮語hak,日本語gakuです。
つまり,今の北京語は,日本語の漢字の音読みの元になった発音からはかなり変化しているので,一見(一聴?)して似ていないように思えても,きちんと音韻の変化などを調べると,やっぱり音読みだったという場合があるということです。

というわけで,
>なぜ音読みなのでしょうか。
という質問に対しては,「中国での音が日本風になまったものだから」と回答することになります。

「音読みには比較的○○なものが多い」のは確かだとしても,「全て」というわけではありませんので,逆にして「○○な読みは音読みだ」と決めつけることはできません。

こんにちは。私からも少し補足します。

>読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、
これは「そういうものが比較的多い」というだけのことです。
本来の音読み・訓読みの定義は,「中国での読み方が日本風になまったもの」が音読み,「中国での読み方以前に日本に存在していた固有の語彙(やまとことば)を,漢字にあてはめたもの」が訓読みですよね。
しかし,小学校の国語科などでこのような説明をしても,子どもたちは中国語の読み方は知りませんので(まして音読みの基礎になった中古音...続きを読む

Qワードでグループ解除した描画オブジェクトを再度グループ化する方法は?

ワード97を使っています。

クリップアートなどの描画オブジェクトを一旦グループ解除してから加工し、
再び加工した全体をグループ化したい時、簡単に出来る方法はありませんか。
ヘルプを見ると、一つ一つのオブジェクトをクリックした上でグループ化
しなくてはならない様なのですが、それだと複雑な描画をまとめるのが困難
です。簡単に全体を指定する方法はないのでしょうか。

ワード97にその機能がなくても2000などにあるとしたら、新規購入を
考えます。とにかく、とっても不便なのです。(と言うのも普段使っている
一太郎には、解除した描画を簡単にまとめる機能がついているのです。)
ワードならではの良さもあるので、なんとかならないかなと思っています。
ご存じの方は、是非教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは.
図形の調整(R)の右となりに[↑]アイコン(矢印と書いたほうがわかりやすいですか?)がありますよね.その矢印をクリックして全体の図形を四角で囲むように選択すると一気に図形を選択することができます.また,まとめたくない図形がその中に1つある場合は,Shiftキーを押しながらクリックすると1つの図形だけ解除とかもできますよ.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報