私が車線変更時の目視による後方確認を怠ったことで、左車線を走行中の車にぶつかってしまいました。
こちらの安全運転義務違反で保険会社から過失割合が9ー0か10ー0になると言われています。

それで保険会社から支払われる補償額なのですが、相手の方の車が古く、修理代の見積もりは100万を超える金額に対して、その車の車種、年式、走行距離でみると市場価格は20万前後で金額の低い方、20万しか出せないと言われています。

相手の方は修理代をもらえると思っていたので、両者の開きが80万もあります。
示談交渉は始まったばかりですが難航しそうです。

私がもし相手の方の立場だったら、死ぬかと思うほど怖い思いをさせられて、丁寧に乗っていてまだ乗れていた車が廃車になり、車はどうしても必要だから、同じ車種、年式の中古を買うにしても諸経費は(古い中古車は車検を通さずにショップにおかれていることが多いそうなので車検代も加わることもあるらしい・・・)自己負担で補償額では到底足りず、新車を買い替えるにしても頭金にもならない額しか支払われないということでは到底納得いかないと思います。

もっと出してもらえるようお願いしてみましたが、保険会社からからは、どこの保険会社でも決まっている法律?に則った金額なので出せたとしてもあと2~3万と言われました。

私の過失で起きた事故なので、差額も80万はとても出せませんがせめて気持ちだけ・・・お詫びに10万くらいまでならなんとかしたい・・と思っています。

でも主人は「気持ちはわかるけど、保険で補償する額が正当な金額なんだから保険会社に任せるべきだ。逆に相手にどんどん吹っかけられてとんでもない金額を請求されたらどうする?」と反対です。

保険会社の人にも相談すると、稀に両者の開きが少ないときは加害者側がその分をもつケースもあるけど、今回は開きがあり過ぎるし、このまま示談交渉を進めていって、もしもう少しのところまできたとき、支払うか、支払うならいくら支払えるか決めておいて欲しいと言われました。

いくら気持ちで10万といっても私には大きな金額で、相手の方にとっては話にならない金額と思うし、相手の方にと言っても結局は自分の気持ちを楽にしたいからお金を出そうとしてるだけなのかとも思えるし、お詫びの気持ちは何度もきちんと伝えて品物をお渡しするだけにとどめた方がいいのか・・・
吹っかけられるという言葉も気になっています。

このようなケースを体験した、知っている、こうしたらよいなどございましたら、アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

賠償額については保険会社担当者のいうことが正しいです。

経済的全損というやつですね。20万円の価値のものに80万円の修理費をかけるのは無意味というのが法律の考え方です。
それから、ごめんなさい、ご主人の判断が正しいです。
とにかく、保険会社に任せましょう。(こんな時のために安くない保険料をお支払いになってこられたのですから)
このケースで最も懸念されるのが、保険会社との交渉でこじれた被害者が業を煮やし、あなたに直接連絡してきて「差額を支払ってくれ」などと言い出すことです。その程度では脅迫にもあたりませんので警察も動きません。
万が一そうなったら「保険会社に任せているから」の一点張りで、とにかく何も約束せず逃げ切ってください。そしてすぐに保険会社に連絡。
保険会社は弁護士を立てるでしょう。で、弁護士を立てたら、被害者はもうあなたに直接連絡することはできません。
もし、どうしてもあなたの気がすまないというなら、示談後に「お気持」を示してはどうでしょう。でも、それが変な呼び水になってしまうかもしれない(世の中には本当にいろいろな方がいらっしゃるのです)ので、やめておいたほうがよいかもしれませんね。
それよりは交渉が進んで、保険会社側と被害者側の双方の開きがかなり小さくなってきたときに、最後の詰めに自腹を切るという対応のほうがよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

相手が修理代をもらえると思っていたのは相手の勝手な思い込みです



修理代が車の時価額を超える場合は時価額が上限となり、それ以上の賠償責任は質問者さんにはありません

かといって質問者さんの気持ちもわからなくもないです

まずは保険屋さんに任せて示談交渉してもらい、きちんと示談書も交わしてこの件は一応一件落着となった上で、質問者さんの気持ちとしてプラスαを渡すのは構わないと思います

示談書を交わしていれば相手がそれ以上を吹っかけてきたりしても無視すればいいですし、強硬手段い及ぼうとした場合は恐喝となるので警察に通報しましょう
    • good
    • 0

人身事故+物損事故、なら、


物損で20万円くらい(=中古車購入時の諸経費分相当)を
貴方が上乗せすると、人身の方もスムーズに解決します。

>お詫びに10万くらいまでならなんとかしたい・・と思っています。

物損事故だけなら、どうだろうね。
保険会社と相手さんとで話し合いがつかなかったら、
最後は、貴方の処に回ってくる。
妥当な金額かも知れません。

旧車が私も好きで保有もしていた時期もあった。
旧車用の車両保険で最高50万円まで加入できる。
そのような保険には、私は未加入で、
「形ある物いつか壊れる」と言う考えでいた。
    • good
    • 0

補償額は、事故前の状態に現状復帰が原則ですが、その方法は合理的な方法である必要があります。



> その車の車種、年式、走行距離でみると市場価格は20万前後で

実際に20万円で販売されているのであれば、100万円かけて修理するよりは、そちらを購入するのが合理的です。


> 補償額では到底足りず、

という事が明らかなら、そのショップで購入する場合の見積もりなんかを保険会社に提示して、支払いを請求するとか。

精神的に云々なら、心療内科などでカウンセリングを受けるなどし、その治療費、慰謝料を請求とか。
あんまり通らないですが。

相手の取れる手段はいくつかあります。

そうして、保険会社や質問者さんが納得できる支払いの根拠を提示してくれれば、気持ち良く支払いに応じられるでしょうし。


また、相手の方も、そういう希少な車を運転している自覚があるのなら、自身の保険で補償されるような保険会社、オプションをつけるような余地はあったはずですし。
気の毒な言い方をすると、そういう保険料をケチったがための自業自得って事になるとか。
    • good
    • 0

差額の金額を渡す渡さないはあなた次第ですが


保険会社は、今までの事故を参考に今回の査定をしており、恐らく裁判になってもそんなに金額は変わらないはずです
ただ、話し合いで金額が変わる程度ですので、専門家である、保険屋に任せて貴方は金額の話をしない方が良いと思います
中には悪い被害者がいて≪今回の被害者がそうだとは言いませんが≫この加害者からは金が取れるとなったら、後遺症が出たなど言って金額の上乗せをしてくる人が居ました、それが一番もめる理由なのです
ですから保険会社にお金の事は任せてください、
又それで脅してくるようなら、メッケ物で脅迫で訴え出る胸も言えます
あくまで金額に関しては保険屋に任せていると言い張ってください
裁判で貴女の器物損壊でどうのこうの言ってきても貴女の言っていることの方が一般って気に通用しますのでそれで罪が重くなることはありません≪有れば示談書が出来ていれば系は軽くなることはあります≫
車の見積もりに関してですが減価償却されているので、金額に対して、話し合いで上がることが有っても、基本は変わりません、
金額に首を出さない事です、ご主人の方が冷静に判断していますので二人で対処して貴女だけでは話し合いをしない事≪特に金額≫です
話の内容から、物損事故だけの様ですから警察はあまり首を突っ込んでこないと思います物損はほとんど裁判になっても調停です
保険会社の物損の示談書には裁判の判決と同じ効力を出します
    • good
    • 0

次回の保険更新時


http://www.mitsui-direct.co.jp/term/car/compensa …
こういう特約をつけてください。

今回の件は もめるでしょうねぇ・・・

勘違いされてるかもしれませんが
保険屋が出す金額に限界があるだけで
その金額で相手が示談に応じなければならないという
ことはありません。
 つまり 修理することにこだわり
損害賠償請求される可能性はありえます。
 そうなったときにどの程度の話になるか知りませんが
何らかのことを考えないと かなり後を引くでしょうね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング