緩衝溶液について質問です!

リン酸二水素ナトリウムとリン酸水素二ナトリウムの緩衝溶液はなぜpH6~pH8で緩衝能力が強いのでしょうか??

理由も教えていただけるとうれしいです(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

緩衝溶液の最も有効な範囲はKaの付近です。


今回はNaH2PO4とNa2HPO4ですから、関与する平衡はKa2に対応する解離平衡、
H2PO4^- ⇔ H^+ + HPO4^2-
になります、
pKa2=6.82
ですからpH7付近が最も平坦になります。↓
http://research.chem.psu.edu/brpgroup/pKa_compil …

この回答への補足

ありがとうございます(;_;)

追加で質問してもいいでしょうか??

H2PO4^- ⇔ H^+ + HPO4^2-
からもう一段階電離はしないのでしょうか??

資料をみると電離度がかなり小さいのでほぼ電離しないと考えていいのですか??

リン酸水素2ナトリウムの方の電離は
HPO4^2-⇔H^++PO4^2-の電離ではなく
 H^+ + HPO4^2-⇔H2PO4^- の反応をするのでしょうか??

 重ね重ねすいません・・・。

補足日時:2009/05/24 21:37
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリン酸緩衝液の作り方

過去にいろんな方が質問されていますが、私も質問させてください。
pH2.5 25mMのリン酸緩衝液を
リン酸(関東化学 85% 1.69g/ml 関東化学MSDSより)
リン酸1Na
を使って作りたいのですが作り方を教えてください。

リン酸の濃度を計算する時点でリン酸が液体なのでつまづいてしまってます・・・(例えば、1mlとったら、重さは1.69gだけど、リン酸としては何g?85%でよいのか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ところで85%って何が85%ですか?
容積%なのか重量%なのかモル%なのか、MSDSを見ることができるのだから、わかると思います。(既出でもヒントは沢山あるはずです)
それを解決したら、リン酸原液を(モル/リットル)の単位に換算してみて下さい。そこから25mMのリン酸の計算はできます。
この時点でつまずいている様なので付け加えると、リン酸は弱酸のポリプロトン酸なので、加えるリン酸ナトリウムは、分析化学の教科書を見てじっくり考えて下さい。多分あなたが考えているよりもそうそう単純ではないハズですよ。(薬品を扱うのは、これを自分で考えて、必要量を計算できるようになってからにして下さい)
確認ですが、25mMリン酸緩衝液のリン酸濃度は、リン酸原液(85%)由来とリン酸ナトリウム由来のものを足し合わせたものです。

Q硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液

硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液の液性は酸性ですか?
またそれぞれの強度を教えて下さい。

Aベストアンサー

全てが酸性です。

QNa2HPO4(リン酸水素二ナトリウム)の融点について

Na2HPO4(リン酸水素二ナトリウム)には無水、2、7、12水和物があるらしいのですが、今回実験で無水リン酸水素二ナトリウムを蒸留水に溶かして0.1M、0.5Mのリン酸水素二ナトリウム水溶液を作り、50の乾燥機で乾燥後に、200、400℃で熱処理して何度で融解するかを調べたんです(゜ー゜;A。すると50℃ですでに融解しているようでした。「こんなに低温に融点があるのか!」と思い、参考書やネットで無水リン酸水素二ナトリウムの融点を調べたところ、12水和物の融点しかありませんでした・・・無水リン酸水素二ナトリウムについては240℃でピロリン酸ナトリウムになるとしか書いてありません( p_q)。無水リン酸水素二ナトリウム水溶液を50℃で乾燥するとどうなるのでしょうか?またその融点はいくつ位なのでしょうか??知っている方、ご意見お願いしますm(_ _"m)ペコリ

Aベストアンサー

>つまり、無水リン酸水素2ナトリウムを蒸留水に溶かし、50℃で水を飛ばすことで7水和物ができていたということでしょうか?

そういうことですね。
塩によっては水溶液を濃縮していって水和物は得られても無水物は得られない場合があります。

Qリン酸ナトリウム緩衝液とは?

5 mg のパンクレアチンを含む、0.2 M リン酸ナトリウム緩衝液
(pH 8.0)を作りたいのですが、リン酸ナトリウム緩衝液とは、
リン酸緩衝液とは別物なんでしょうか?

日本語の文献には
「5 mg のパンクレアチンを含む、0.2 M リン酸ナトリウム緩衝液
(pH 8.0)」と記述されていたのですが、もとの文献には、

7.5 ml of 0.2 N sodium hydroxide and addition of 5 mg pancreatin in 7.5 ml of pH 8.0 phosphate buffer

とありました。この文章からはpH8.0のリン酸緩衝液7.5 ml中に、
0.2 N水酸化ナトリウム7.5 mlとパンクレアチン5 mgが入っている
かのように理解できるんですが・・・・
どなたか、ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

リン酸緩衝液といえば,ナトリウムが入ってるかもしれないしカリウムが入ってるかもしれないし両方かもしれないし,ひょっとしてひょっとしたらリチウムとか使ってるかもしれない.でもそういうことについては何も語らずに,リン酸の酸解離平衡で緩衝させている溶液ということ.
リン酸ナトリウム緩衝液なら,カリウムとかを使わずに,リン酸,リン酸2水素ナトリウム,リン酸水素2ナトリウム,リン酸3ナトリウム,水酸化ナトリウムの適切な組み合わせで作られた緩衝液ということ.
#2 の回答にあるような,カリウム塩とナトリウム塩とを混ぜて作ったのなら,それはリン酸緩衝液ではあるけどリン酸ナトリウム緩衝液ではないと.

QMSDSの作成が必要ですか?

私の会社は製造メーカーです。液体の樹脂原料を購入して、硬化成型しています。過日海外のディーラーから製品のMSDSが欲しいとの連絡を受けました。
私の認識では、MSDSの作成は指定された物質に対してのみ作成すればよいと考えています。また、先に述べたように、私の会社での製品は、液状原材料を使用して硬化成型をしているため、原材料ベースのMSDSは入手できますが、硬化物のMSDSの作成はむずかしく必要とは考えられません。理由としては、通常MSDSは、液体状の原材料に対して、蒸気吸収や,接触に対してなどが記載されていますが、硬化させたものは原材料の状態とは異なるからです。それでも、原材料のMSDSを参考にして硬化物のMSDSを作成することには、納得が行きません。MSDSの考え方に詳しい方がおられればお教えください。

Aベストアンサー

>その点が納得がいかないところです。

少し読み違えておりました。失礼しました。

貴社の製品である以上。貴社の責任でMSDSを作成する必要はあるでしょう。
 ただ、貴社独自の方法で硬化させているのでなければ、材料メーカーは加工後のデータも持っているのではないでしょうか。

もしくは、業界団体等でデータを持っているか、アドバイスが得られるのではないでしょうか。

材料メーカーに協力を仰いで、貴社製品としてのMSDSを作成せざるを得ないと思います。

 MSDSシート作成代行業者などもいるようですので、いろいろな面で困難であれば、外注する方法もありますね。

Qリン酸溶液の緩衝能について

リン酸を水酸化ナトリウムで滴定する実験をしたのですが、リン酸溶液が明らかにpH=7付近でpH緩衝能を示すのはなぜですか?

Aベストアンサー

リン酸の解離平衡は・・・

  H3PO4 ←→ H(+) + H2PO4(-) pK1 = 2.15
  H2PO4(-) ←→ H(+) + HPO4(2-) pK2 = 7.20
  HPO4(2-) ←→ H(+) + PO4(3-) pK3 = 12.33

 pH = 7 付近は pK2=7.20 近くですので,H2PO4(-)[NaH2PO4]と HPO4(2-)[Na2HPO4]の1:1溶液になっています。これは pH=7 付近になるリン酸緩衝液の組成にほぼ相当します。そのため,緩衝能を示します。

下記サイトの記述も参考になるかもしれません。

 ・http://www.gls.co.jp/tech/usage_of_hplc/p2_4.html
 ・http://forum.nifty.com/fchem/log/rika/1602_main.html

参考URL:http://www.gls.co.jp/tech/usage_of_hplc/p2_4.html, http://forum.nifty.com/fchem/log/rika/1602_main.html

リン酸の解離平衡は・・・

  H3PO4 ←→ H(+) + H2PO4(-) pK1 = 2.15
  H2PO4(-) ←→ H(+) + HPO4(2-) pK2 = 7.20
  HPO4(2-) ←→ H(+) + PO4(3-) pK3 = 12.33

 pH = 7 付近は pK2=7.20 近くですので,H2PO4(-)[NaH2PO4]と HPO4(2-)[Na2HPO4]の1:1溶液になっています。これは pH=7 付近になるリン酸緩衝液の組成にほぼ相当します。そのため,緩衝能を示します。

下記サイトの記述も参考になるかもしれません。

 ・http://www.gls.co.jp/tech/usage_of_hplc/p2_4.html
 ・http://...続きを読む

QMSDSって万能?

こんにちは。
うちの会社では色々な薬品を取り寄せて使用しているのですが、みんな科学的なことには素人の集まりです。
ある日、化学薬品の取り扱いについて心配になったので、会社で唯一人の科学者(?)の方に聞いてみたところ
「MSDSを取っているから大丈夫!!」
と自信たっぷりに言われてしまいました。

MSDSがあればどんな使い方をしても大丈夫なんでしょうか?
MSDSがあればどこで使用してもいいのでしょうか?
MSDSがあれば薬品同士を混ぜ合わせても大丈夫なんでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

MSDSとは何かは前のお二方の通りです。

>MSDSがあればどんな使い方をしても大丈夫なんでしょうか?
MSDSを元に適切な使用法が決まりますので、それに従って使用します。

>MSDSがあればどこで使用してもいいのでしょうか?
MSDSに基づいて適切に処置された場所で使用することになります。
(たとえば、室温で蒸気が発生し、それが人体に有害であるという情報が書かれていれば、ドラフタ内以外で使用しないなど)

>MSDSがあれば薬品同士を混ぜ合わせても大丈夫なんでしょうか?
MSDSにも決して混ぜてはいけない物などの基本的な情報はありますが、それだけでは不十分で、更に問題あるかどうかを検討する必要があります。

基本的に、一番大事なことはその薬品を取り扱う人全員が、安全教育を通してMSDSの内容を熟知していることが必要です。

QHPLCのリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製

 HPLCの緩衝溶液;リン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製法を教えてください。
 核酸関連の物質(ATP,ADP,AMP,IMPなど)をHPLCで分離させるために,島津の分析ガイドに掲載されている方法を用いています。その移動相なのですが,100mMリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)との記載です。
 とりあえず,考えつく方法で緩衝溶液を調製しました。リン酸溶液にトリエチルアミンを少しずつ加えてpH6.8に調整した後,リン酸濃度が100mMになるように定容しました。
 この緩衝溶液とアセトニトリルを100:1の割合でを用いて分離を行いましたが分離が上手くいきません。緩衝溶液以外の部分は設定を完全に合わせてあるので,緩衝溶液以外に原因が考えられません。
 ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私も同じアプリケーションを使って分析していると思います。同じように迷いました。
そしてコールセンターに問い合わせ、得られた回答です。
リン酸6.8ml、トリエチルアミン20.9mlを1Lに定容するんだそうですよ。

Q85%(w/v)リン酸の作り方

85%(w/v)リン酸をリン酸水素二ナトリウムとリン酸二水素ナトリウム(無水)から作成する作り方を教えてください

Aベストアンサー

18金と12金から純金を作りなさいと言っているよなものです。
リン酸、それも飽和溶液に近い物はリン酸のナトリウム塩から作ることはできません。
(塩酸などを使えばできる可能性はありますが、精製が難しいです)

基本的には、P4O10 を少量の水に飽和状態まで溶かしたものが、
85%リン酸溶液ではないでしょうか?

Qフタル酸水素カリウム-緩衝溶液について

0.1Mフタル酸水素カリウム溶液に0.1MHClを添加して中和曲線を描く実験をして、フタル酸水素カリウムが緩衝溶液として働くことを学んだのですが、

フタル酸水素カリウム{C6H4(COOH)(COOK)}はどうして緩衝溶液の効果があるんでしょうか?そもそもフタル酸水素カリウムって、どういうイオンを生じるんでしょうか?

分かる方いらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

緩衝に関する正しい理解をするには,その辺の適当な説明を鵜呑みにしてはだめです.大学レベルの教科書でも,不十分な説明のものが非常に多いのが現実ですので.

こういってはなんですが,#1 の説明もいただけません.

>H+を添加すると、
>C6H4(COOH)(COO-) + H+ → C6H4(COOH)(COOH)
>となって、H+濃度はあまり変化しません。

ということはフタル酸2カリウムでも
>C6H4(COO-)(COO-) + H+ → C6H4(COOH)(COO-)
となるはずだからH+濃度は変わらないので緩衝するってことですか?
やってみればわかりますが,緩衝しませんね.

そもそも,この滴定の実験からわかることは,
「フタル酸水素カリウムが緩衝溶液になる」
ではなくて,
「フタル酸水素カリウムに塩酸を加えてpHを少し下げると緩衝液になる」
のはずです.
しかし,質問に書いてある条件の滴定だと pH 4くらいから始まって,pH3前後が本来の緩衝域だけど,塩酸を倍量入れても pH 2を切るくらいにしかならないから,当量点さえはっきりとはわからない滴定曲線で,緩衝の実験としてはそもそもとても不適切だってのもありますけどね.

なんにしても,せめてペリン,デンプシーの「緩衝液の選択と応用」くらいは読みましょう.

緩衝に関する正しい理解をするには,その辺の適当な説明を鵜呑みにしてはだめです.大学レベルの教科書でも,不十分な説明のものが非常に多いのが現実ですので.

こういってはなんですが,#1 の説明もいただけません.

>H+を添加すると、
>C6H4(COOH)(COO-) + H+ → C6H4(COOH)(COOH)
>となって、H+濃度はあまり変化しません。

ということはフタル酸2カリウムでも
>C6H4(COO-)(COO-) + H+ → C6H4(COOH)(COO-)
となるはずだからH+濃度は変わらないので緩衝するってことですか?
やってみればわかりま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報