椅子の座席にアクリルテープか皮を、張りたいです。
アクリルテープ、皮、を小分けしてくれる店を教えてください。

A 回答 (1件)

手芸関係の店やハンズにあったような記憶があります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
初めて、教えてgoo に質問しました。
直ぐに、回答をいただきうれしく思いました。
回答を、どうして見ればいいのかわからず、25日7時5分に、
1から初めて20件ずず見ていきました。
1713番目にありました。あまりの数の多さに驚きました。
直ぐにお礼を、と思いましたが、不慣れな私こんな時間になりました。
お礼申し上げます。
これから、又みてみようと思います。

お礼日時:2009/05/25 19:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子工作で使う 耐熱/絶縁テープでおすすめは?

電子工作をするときに、表面実装部品(ICなど)の下に絶縁するためのテープを貼りたいのですが、どういった種類のテープがよいのか分かりません。
テープの上に部品を置いてそこで半田付け作業も行いたいので、耐熱性も要求されます。お薦めのテープを教えて下さい。

Aベストアンサー

回路実装でのニーズが高く、各社から出ています。
一般には、テープ材として耐熱ポリマーのポリイミド(耐熱温度約250~280℃、製造元によって異なる)が使われているのが多く、他にPTFEなどが使われています。接着剤も、次々に新しい材料が開発され、今はシリコーン系が多いようです。
はんだ付け温度は、高温はんだでも200~250℃で、十分持ちます。
通常、公表資料には耐熱温度は明示されていませんが、3Mの資料には明示されています。両面テープの方には耐熱温度が明示されていませんが、同じ程度と考えていいでしょう。
http://www.mmm.co.jp/tape-adh/single/polyimid/index.html

なお、カプトンとはデュポンの商品名で、ポリイミド材の代表的なものです。これを使ったテープが各社からカプトンテープの名称で出されています(接着剤の耐熱を確認する必要がありますが)。

Q網戸の網張りはどう張っていくのですか、アルミ枠ではなく木枠に張ろうと思

網戸の網張りはどう張っていくのですか、アルミ枠ではなく木枠に張ろうと思っています、シワによらないようにしないと思います、一応 木枠だけ作りましたが。どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一応 木枠だけ作りましたが。・・・


 網戸の張替えではなく、 網戸をいちから作成したい、ということですか?

Q跡の残らない粘着テープ

初めまして、ばるたんと申します。

先日車を購入いたしまして、今いろいろと必要なものをそろえているところなんですが・・・

車内のアクセサリや、防犯機器を取り付ける際、
一般的には粘着テープが主だと思います。
しかし、標準でついてる粘着テープだと、どうしても貼り跡などが気になってしまいます。
(貼ってないところとの色具合、ベトベト等)

コマンドタブなどの、跡の残らないテープもあるようですが、炎天下の車内のことも考えると、耐熱性もあるテープのほうが望ましいと思います。

そこで、皆さんはどのようにしておられるか教えてください。

ヨロシクお願いします!

Aベストアンサー

車 買ってすぐっていろんなモン買っちゃうんですよねぇ・・(笑
10数台乗り継いできましたが いまだにそのクセが抜け切らない・・・(ニガ笑

私はカー用品店でよく売られてるエーモン社製の両面テープを使ってます。
ここの超強力両面テープを車内・車外ともに使ってますが
剥がしてもノリが残ったことはないですね。
ベタ付きが残った記憶もないです。
材質がスポンジ状(発泡ポリエチレンフォーム)ではないモノを使えば
ノリや剥がし跡が残らないですね。

夏場の車内ではかなりな高温になるので
やはりちゃんとした両面テープを使う事をオススメします。
ある程度重さのあるモノ(ナビやテレビなど)の場合は特にその必要があります。
製品に付属されてる両面テープがエーモン社製だったりすることも多いです。

参考URL:http://www.amon.co.jp/products.html

Q腕時計でよく「金張」という表示を見ますが、「金張」の「定義」とはどうい

腕時計でよく「金張」という表示を見ますが、「金張」の「定義」とはどういうものなのでしょうか? 何ミクロン以上とか何K以上とかいう数値的基準があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

作り方の違いですので
定義はないです
ただ厚い物はそれなりに厚い金貼りをしていると言う表示になっています

メッキとの違いを出しています
金をはっているわけですから剥がれにくく
高級感がでます
ただ金無垢とは違いますので剥がれないわけではないです

Q強力な「両面テープ」情報をください。

強力な「両面テープ」情報をください。
ホームセンターやカー用品の販売店で「超強力両面テープ」・「強力両面テープ」など各種さまざまな商品が並んでいます。しかし、接着できない素材が明記してあるも自分の着けようとする部品・小物の素材が分からず、購入し開封して使ってみていつも失敗します。接着したい本体はプラスティックでも接着面は全く別の素材であったり、プラスティックはいいがポリプロピレンは不可、常温ではいいが高温になるガラス面には使えないなど、うまくいきません。以下、2点についてこのテープは良いと実感したことのある方の情報を教えてください。1、接着面の素材を選ばない強力両面テープ。2、高温になる車内ガラスへの接着可能な耐熱性両面テープ。

Aベストアンサー

ポリプロピレンは、基本的に接着剤も両面テープもくっつきません。溶かして融着するしかないのです。
両面テープの勉強より、素材を見分ける知識を勉強したほうがなんにでも応用が効きます。

基本的にこの二つで大抵のものはくっつくと思いますけど。
http://www.kobako-ya.net/SHOP/4547452827091.html
http://www.kobako-ya.net/SHOP/4547452877232.html

ガラスへの接着に関しては、紫外線劣化のほうが問題なので、樹脂である両面テープや接着剤で長期的な接着はできません。

温めた状態で貼り、接着後数日放置すると接着力は上がります。
貼り方の問題の方が大きいです。

Q張ってはがして張るあのシール

よく、バイクのヘルメットや、スーツケースなどに張るシールの名称がどうしてもわかりません。
自作であのシールが作れるか調べたいのですが・・・

多分これだけでは想像がつかないと思いますので・・・
私がほしいのは、

まず、上面のシールをはがして張りたい部分に貼り付けて、その後爪なのでガーっとくっつけていって最後に裏のシールをはがせば完成!ってやつです。

どなたかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

作業内容から行けば、カッティングシールでしょう。
一番最初にはがす紙は、裏紙。張り付くのが、本命のカットされたシール。最後にはがすのが、離タックシート、カットされた、デカールが、位置ずれしないように、仮止めしておく役目。
さて、個人的に作るなら、PCとローランドのステカ (4万円くらい)があれば可能。
もしくは、看板やさんが 特注に応じてくれます。
カーショップでも、やってるところあるはず。穴はラジコンや(飛行機関係)

Q【DIY】マスキングテープの劣化について

マスキングテープの劣化について教えてください。
賃貸物件で、部屋の模様替え(壁紙クロスの固定)に使用します。

粘着剤には、ゴム系とアクリル系があり、
アクリル系のほうが耐熱性があることが分かりました。
(例えば3Mのマスキングテープなどが該当)

アクリル系のマスキングテープを以下の用途で使用した場合、
どの程度の劣化がみられるのか、事前に把握したいです。

▼使用用途
1)壁(壁紙クロスあり)にマスキングテープを貼る。
2)マスキングテープの上に両面テープを貼る。
3)両面テープにより、新たな壁紙を貼る。

▼使用期間
2年程度

▼留意事項
スポットライト(ハロゲン球)がほぼ毎日照射されます。
つまり、恒常的に一定の熱(30℃程度)を受ける環境にあります。

▼懸案事項
1)マスキングテープの劣化により、壁紙がはがれるのではないか。
2)マスキングテープの劣化により、粘着剤が下地となっている壁紙を汚すのではないか。

特に、後者が気になります。
賃貸物件のため退去時の原状回復費にどれだけ跳ねるかを気にしています。
テープは、時間経過によって、粘着剤がベトベトしてくると思っていますので。
このベトベトがどの程度出てくるのか把握したいです。

以上
ご回答いただけたら幸いです。

マスキングテープの劣化について教えてください。
賃貸物件で、部屋の模様替え(壁紙クロスの固定)に使用します。

粘着剤には、ゴム系とアクリル系があり、
アクリル系のほうが耐熱性があることが分かりました。
(例えば3Mのマスキングテープなどが該当)

アクリル系のマスキングテープを以下の用途で使用した場合、
どの程度の劣化がみられるのか、事前に把握したいです。

▼使用用途
1)壁(壁紙クロスあり)にマスキングテープを貼る。
2)マスキングテープの上に両面テープを貼る。
3)両面テープに...続きを読む

Aベストアンサー

マスキングテープは、貴方が想像するような使い方はできないと思います。

クロスには、表面に汚れ防止剤が塗られています。
これを、タオルに水を含ませて拭き取って貼らないと、マスキングテープはすぐ剥がれてきます。
汚れ防止剤を取り除いて、マスキングテープを貼ると、
マスキングテープを貼ってすぐはがしても、クロスの表面が剥がれてくる物がたくさんあります。

2年もマスキングテープをクロスに貼っていれば、
粘着剤の成分がクロスに吸収され変色する可能性は高いと思われます。

クロスは紙からできています、
のりをつけて貼ることにより、シワがなく貼ることができます。
しかし両面テープで貼った場合、湿度が高いときは、シワがいっぱいできます。

湿度により、後から貼ったクロスの面積が広くなったり、狭くなったりします。
狭くなったときマスキングテープには部分的に大きな力が加わります。
1年もしないうちに剥がれてしまう可能性は大きいです。

Qカセットテープに録音されている情報を、テープに砂鉄をつけることで視覚化

カセットテープに録音されている情報を、テープに砂鉄をつけることで視覚化できるという話を聞いたことがあるのですが、肝心の「カセットテープの原理」が分からず困っています。用途としては、テープに入っている線をプラバンに線を引いて模倣することでしゃべるコップを作ろうと思っています。

Aベストアンサー

テープレコーダーの原理については、
大人の科学マガジン Vol.23 「ポールセンの針金録音機」
http://otonanokagaku.net/magazine/vol23/index.html
実地で体験できていいかと思います。
大きめの書店なら今でもバックナンバーを置いてると思います。


> 用途としては、テープに入っている線をプラバンに線を引いて模倣することで
> しゃべるコップを作ろうと思っています。


回答1でも述べられていますが、
記録密度の低い磁気カードならともかく、オーディオテープでは事実上不可能でしょう。

カセットテープは秒速4.75cmでテープを動かします。
一方、音声信号では、だいたい3kHzぐらいあれば「声」の再現はできるとされています。
(400Hz程度では「声」(言葉)の再現は無理)

そうなると、1mmあたり60回の磁気変化(約0.02mm間隔、髪の毛の太さの1/4)を読みとる必要があります。
テープに記録されたそんな密度の磁気情報を「プラ板に線を引いて模倣」するのは不可能でしょう。

また、もしその情報をうまくプラ板に移せたとしても、
そこに書かれた線をどうやって「コップにしゃべらせる」つもりなのでしょうか?
その部分では、「プラ板に書かれた線を音声に変換する」という、
テープレコーダーとはまた別のしくみを作る必要があります。

テープレコーダーの原理については、
大人の科学マガジン Vol.23 「ポールセンの針金録音機」
http://otonanokagaku.net/magazine/vol23/index.html
実地で体験できていいかと思います。
大きめの書店なら今でもバックナンバーを置いてると思います。


> 用途としては、テープに入っている線をプラバンに線を引いて模倣することで
> しゃべるコップを作ろうと思っています。


回答1でも述べられていますが、
記録密度の低い磁気カードならともかく、オーディオテープでは事実上不可能でしょう。

カセットテープ...続きを読む

Q皿に入れて蒸し物をしたいのですが耐熱の皿か耐熱じゃないか見分ける方法あ

皿に入れて蒸し物をしたいのですが耐熱の皿か耐熱じゃないか見分ける方法ありますか?
耐熱じゃなくても蒸しても大丈夫なものでしょうか?

Aベストアンサー

陶器と陶磁器はものが違う?

陶器は粘土で出来ている、陶磁器は土で出来ている。
この三つに分けています、そこに強加磁器のセラミックスも
入ります。
耐熱容器の見分け方裏の底が平ら(糸尻のないもの)
この糸尻がありますと、加熱したときに温度差ができて
割れます。

平らの面に早く熱がつき糸尻のところは肉が厚くなっています
ので、平らの面と糸尻のところで温度差が手切るためわれやすくなります。

温度か160~180度ぐらいでしたら糸尻が付いていても5^6分
くらいでしたら使うことが出来ます。
200度いじょうで長時間には耐熱容器にしてください。
陶器店で耐熱食器といえば教えてくれます。

Qラッピングしてくれる店

東京でラッピング店を探してます。品物を持ち込んで
ラッピングしてくれる店を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.tsutsumu.co.jp/
包むファクトリー

練馬の大泉店は元旦もやっているようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報