2004年に高校を卒業しその後海外にいました。
医者になりたいと思うきっかけがあり医学部を受験しようと思っています。
高校時代あまりまじめな生徒ではなかったので欠席日数が一年に10日前後、三年間で32日あります。遅早日数も同じくらいですが三年次にはがんばって明らかに少ないです。欠課時数というのがその横に書いてあってとんでもない数字になっています。高校の頃の学力は国立文系学部A判定くらいでした。これからがんばるつもりです。
今さらどうしようもないことですがこれが原因で受かる可能性がないのであれば他のやりたいことに力を注ごうと思っています。
ご意見聞かせてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 私立だと出席が悪いと二次でちょっと不利になる事はあると思います。

高校時代の出席が悪い学生は大学でも出席が悪く、留年や国浪する傾向が有意に高いという追跡調査がされた事があるそうです。私自身、私立医大出身ですが、高校時代、ウン十日という欠席やウン十回の遅刻・早退があった為面接では突っ込まれましたね。でも学力で挽回できないほど決定的に不利という事は無いと思います。大学によってカラーがあると思います。一年時に寮生活させるような医大はちょっと厳しい目線かもしれません。大半の国立大学は学力さえあれば大丈夫でしょう。
    • good
    • 0

卒業したのであれば受験資格があります。

あとは入学試験次第です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医学部一般入試の調査書について

私は国公立の医学部を志望しているのですが、
調査書に記載される出席日数があまり良くなくて、合否に響いてしまうのではないかと心配しています。
欠席日数は高1で16日、高2で12日、
遅刻日数は高1で12日、高2で26日
ととても多いです;
通院するほどの重度な貧血のため、欠席・遅刻しがちになってしまったのですが、高3になってからは治療の成果もあり、ほとんど無遅刻・無欠席です。
ちなみに評定平均は4.6くらいなのですが、
これぐらい欠席日数があると、学科試験の結果が良い悪いに関係なく合否に響いてしまうものなのでしょうか・・・?
志望校(千葉大学・医学部)はセンター・二次試験合計点1800点中面接300と、面接を重視する学校らしいのですが、やはり志望校を検討しなおしたほうが良いのでしょうか。
どなたか調査書に詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 2年前までは進学校の進路指導教員でした。
 まず調査書ですが、遅刻回数は記されていません。ウソを言ってもばれない事項ですから、聞かれない限りは自分からは言わない、聞かれたら少なく答えておくというのが一般的なアドバイスです。(遅刻の回数をしっかり覚えていないのは普通のことですから)
 
 評定は灘やラサールと県立の進学校でない高校とでは条件は全く違う事は大学も分かっていますので、高い低いで有利不利は余り無いでしょう。
 
 面接の扱いですが、数年前河井塾が医学部で、学力と面接の重視の度合いを調査しました。希望者も余り多くない私立大学は面接を重視して、国公立は学力を重視するという傾向は以前からありました。ですから国公立のトップの医学部が面接をしても参考程度だろうと皆が予測していましたが、意外な事にA判定の生徒でも不合格になった例が多くの大学で結構あり面接を重視しているという事がわかりました。

 千葉大の医学部で2005年の入試では部活動について聞かれたそうですので、生徒会の活躍もプラスにはなると思われます。面接で自分が得たもの等を含めて答えれば更に説得力があるでしょう。2004年は医師になるのに役立ったと思える経験を聞いています。入院経験を話すのは悪くは無いと思いますが、重要なことは病気は全快しており、今後は全く問題ないという印象を相手に与える事でしょう。欠勤が多いと言う事は予想以上に現場で働く際には好まれない事です。

 面接で希望する診療科目と理由を聞かれた大学もあるそうです。体力を考えて無難な科とプラスの理由を準備するといいかも知れません。

 参考URLでは会員登録をすれば面接の内容の情報も見る事が出来ます。今後の参考にして下さい。 

参考URL:http://www.keinet.ne.jp/keinet/web/kaiin3.html

 2年前までは進学校の進路指導教員でした。
 まず調査書ですが、遅刻回数は記されていません。ウソを言ってもばれない事項ですから、聞かれない限りは自分からは言わない、聞かれたら少なく答えておくというのが一般的なアドバイスです。(遅刻の回数をしっかり覚えていないのは普通のことですから)
 
 評定は灘やラサールと県立の進学校でない高校とでは条件は全く違う事は大学も分かっていますので、高い低いで有利不利は余り無いでしょう。
 
 面接の扱いですが、数年前河井塾が医学部で、学力と面...続きを読む

Q大学の一般入試の合否には高校の出席日数は関係無いとネットで色々書かれていますが・・・

大学の一般入試の合否には高校の出席日数は関係無いとネットで色々書かれていますが、一般入試(前期)で二次試験に面接が有る場合でもそうなのでしょうか?
私は欠席日数が非常に多いです。
大学は、東京芸術大学の美術学部先端芸術表現科を受ける予定で、
この大学の一般入試では、1次試験で小論文か素描を選択して受験し、2次試験では「個人資料ファイル」というものを提出し、面接をするとの事です。

(この大学の場合の)大学のホームページによると二次試験は↓らしいのですが・・・。以下引用です。http://ima.fa.geidai.ac.jp/exam/gakubu-top.html
「Q07.2次試験について具体的におしえてください。

* A 1次試験の通過者は2次試験までに個人資料ファイルを提出します。 面接は一人ずつ行われます。面接官は5人程度で、面接時間は5分程度です。

Q08.「個人資料ファイル」とはどのようなものですか。

* A 1次試験では伝えられない自身の一面について、率直にわかりやすくまとめてください。 例えば学校で制作した作品や、日常的な創作、また興味を持つ活動などについてです。 面接の重要な参考資料とします。詳しくは大学の発行する募集要項をご覧下さい。

Q09.2次試験の個人ファイルの提出は、 どのような点に注意すればいいでしょうか。

* A 1次試験の発表後から、2次試験の個人資料ファイルの提出期限は4日間程度しかありません。 個人資料ファイルは前もって準備してください。

Q10.2次試験の面接ではどのようなことが求められていますか。
# A 面接では受験生の志望動機、入学後の希望、過去の経験や知見などについて質問をします。 形式的な受け答えではなく、自分の考えや言葉を大切にして、 誠実かつ率直に自分自身について話してくれることを期待します。 」

色々調べて考えてみたのですが、推薦入試は欠席日数が多いと厳しいと分かりました。推薦入試は、面接が有る所も多いと私は思います。
塾の先生に聞くと、「一般入試」には欠席日数は関係しないと言っていましたが、一般入試で面接がある大学は珍しいのではと思い、例外だと思いました。

一般入試の二次試験に何故か面接があるという事は、欠席日数の事を聞かれるかもしれませんし調査書を重視しているという事になるのでしょうか。それとも主に「個人資料ファイル」について聞かれるのかなとも考えたりします。

よろしくお願いします。

大学の一般入試の合否には高校の出席日数は関係無いとネットで色々書かれていますが、一般入試(前期)で二次試験に面接が有る場合でもそうなのでしょうか?
私は欠席日数が非常に多いです。
大学は、東京芸術大学の美術学部先端芸術表現科を受ける予定で、
この大学の一般入試では、1次試験で小論文か素描を選択して受験し、2次試験では「個人資料ファイル」というものを提出し、面接をするとの事です。

(この大学の場合の)大学のホームページによると二次試験は↓らしいのですが・・・。以下引用です。...続きを読む

Aベストアンサー

読み間違えてはならないことは、要項本文にあります。

****
1次:個別学力検査等の成績と大学入試センター成績を
参考にし、総合的かつ個別に判定し、合否を決定する。

2次:2次個別学力検査等までの成績に、出願書類(調査書等)
の審査を加え、総合的に判断し、合否を決定する。
****

出席日数は調査書にのみ書かれていますよね。

手続きとしては、文字通り受け止めれば、

『1次(センター+実技または小論文)+2次(面接)までは、
調査書は見ない』。つまり見ないので質問はされない。

そこまでで志望者をしぼったあと、

『調査書等の審査を加える。』

つまりここで初めて欠席日数も審査対象になりうる、ことになります。

質問に答えるなら、

『面接では欠席日数については聞かれない』でしょう。
主に『個人資料ファイル』についての質問になるはずです。

しかし、最終的には審査対象になります。正確には、『欠席
日数を対象としない』とは明記されていない、ということです。

聞かないはずの面接でそれを問われることがあるとしたら、卒業が
危ういほど目立つ欠席日数だったということだろうし、本当にギリギリの
合否ライン上なら、スコア化すれば「他は全く同点のライバル」に
出席日数のみで負けるでしょう。

というのが、要項から読み取れる回答。

しかし、です。

1次2次まではそんな過ぎたことは心配せず、とにかく準備を進める
ことです。あなたの示したサイトでも調査書の、さらに欠席日数のことなど
『まったく触れられていません』。少なくとも重要ではありません。高い
確率で度外視されます。選考に何が重要かは記載されています。

天下の藝大ですよ。

高校皆勤賞の「まじめがとりえ」の生徒を『優先する』ような学校では
ないことくらいはわかるでしょう。独創性のある、育て甲斐のある
芸術家の卵が一番ほしいのでしょう。その価値観に「出席日数」が
交わるでしょうか。面接が5分しかないのに、あなたを動揺させる
ようなことに終始し肝心なことを聞けずに終わらせるような面接官は、
藝大にはいないはず。

というのが、常識的に考えた場合の回答。

他の大学とか、推薦入試とか、一般論は一切関係ありません。
そんな情報をわざわざ仕入れ、まどわされたりしないことです。

一般入試の面接は珍しくはありません。医学部は多く
採り入れています。後期で採用する学部もあります。

読み間違えてはならないことは、要項本文にあります。

****
1次:個別学力検査等の成績と大学入試センター成績を
参考にし、総合的かつ個別に判定し、合否を決定する。

2次:2次個別学力検査等までの成績に、出願書類(調査書等)
の審査を加え、総合的に判断し、合否を決定する。
****

出席日数は調査書にのみ書かれていますよね。

手続きとしては、文字通り受け止めれば、

『1次(センター+実技または小論文)+2次(面接)までは、
調査書は見ない』。つまり見ないので質問はされない。

そこまでで...続きを読む

Q大学入試のとき調査書で落ちると言うことは・・・

大学入試で、例えば私立センター受験にしても、国立の試験・私立一般にしても、センターの点数や2次の点数は足りているのに、調査書で落ちると言うことはあるのでしょうか(例えば赤点がついてしまった教科があるとか)。

調査書を点数化して、入試に取り入れるところもあるみたいですが、特に何もそう言うことを言ってないところは、調査書(成績)が悪くても大丈夫なのでしょうか。

そもそも調査書って、成績が悪いなら悪いでそのままいくものなんですか。

Aベストアンサー

去年受験を経験した時に、私も同じ疑問を抱きました。
それで教師とか受験に関わってる人に聞いたところ、
 学校の教師は
「調査書で大学側が見るのは出席状況だけだ」
と言っていました。また、
 ある予備校の教師は、
「調査書はその本人が存在することを証明するためのものだ」
と某国立大学の教師が言っていた、と言っていました。
身代わり受験みたいな不正を防ぐためだそうです。

 成績に関して心配なさっているようですが、
その高校の生徒の平均学力によって、
同じ学力であっても成績にはかなりの差がでる可能性があります。
(極端に言えば、A高校では赤点の点数でもB高校では1位とか)
 だから、成績の欄はたいした意味を持たないと思います。
大学側もわざわざ各高校の生徒の平均成績まで参照するとは到底思えませんからね。

ボーダーラインの二人のうち一方をどうしても選ばなければならないとかいう状況にならない限り、
成績の欄は見られないままでしょう。
だから心配することは全くないと思います。


人気Q&Aランキング