私たち日本人が通常、土木作業などに使用するスコップというのは柄の部分に輪というのか持つ所があり長さも1M弱くらいの物が普通だと思います
以下の写真の物
(作業環境によって例外はある)

アメリカの映画やドラマを見ていると柄の部分の持つ部分が無くストレートの物で1M強あるような物が良く出てきます
逆に、添付している写真のタイプのスコップで作業しているのを観た事がありません
土木作業の専門家として思うには柄の持つ所がないと刺したりする時などに不便だったり長いと取り回しが厳しくなるので、日本では不向きだと思います

アメリカでは通常の土木作業でも柄の持つ所が無く長身の物を使用しているのでしょうか?

「アメリカにおける土木作業用のスコップ」の質問画像

A 回答 (1件)

メーカーですら判らないようです・・・


http://stroller.blog.eonet.jp/stroller/2008/08/d …

軍用で折りたたみのヤツは大概三角の柄がついていますが、
これですら一回、(わざわざT字の柄がついているモデルhttp://rain.prohosting.com/~shunpart/entrenchtoo …から)ストレートの柄http://rain.prohosting.com/~shunpart/entrenchtoo …に変えたことがあります。
#折りたたみ機能の付与などもあるので、一概にハンドルが嫌いというわけではないだろうが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2009/06/05 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国(アメリカ)のショベルは、なぜ柄が長いのですか?

ハリウッド映画や海外ドラマを見ていて、疑問に思ったのですが
外国(アメリカ)のショベル(スコップ)は、日本のモノに比べてなぜ柄が長いのでしょうか?

映画やドラマで穴を掘るシーンや農家の物置のシーンなどでは
すごく柄の長いショベル(スコップ)が映っています。

Aベストアンサー

下記URLにシャベル工場の見学記が載っています。
http://stroller.blog.eonet.jp/stroller/2008/08/drfactory-4fc8.html

この最後の方に、日本と欧米の柄の長さの違いに付いて触れていて
<それが不思議と柄の長さは違わないですね。>というメーカーの
言葉があります。
しかし、見て明らかなように欧米式の棒状の柄の方が長いですから、
これは実際に持つ部分までの長さを指していると思います。

若い頃土方のアルバイトをしたり欧米式シャベルを持って見て感じた
事は次のようです。
欧米人は上半身と腕の力が強い為に棒を両手に握るだけで十分に力を
シャベルに伝えることが出来る。また土地も柔らかい場合多い。
シャベルを西洋から取り入れた日本人は、非力で石の多い土地で使う
為に柄の形を変え握り易いようにし、かつシャベル刃の背に足を乗せ
腰を入れシャベルで掘り起こす使い方に変えた。この場合、長い棒は
邪魔となる。
「西部戦線異状無し」の名作に、塹壕戦で銃剣以上に有用な武器が
シャベルで特に柄を短くし狭い壕内で振り回せる様にしたものが
最高だったと記されています。

欧米人の上半身の強さと、日本人の腰の強さは、柔道の試合を見ていると
良く解ります。

下記URLにシャベル工場の見学記が載っています。
http://stroller.blog.eonet.jp/stroller/2008/08/drfactory-4fc8.html

この最後の方に、日本と欧米の柄の長さの違いに付いて触れていて
<それが不思議と柄の長さは違わないですね。>というメーカーの
言葉があります。
しかし、見て明らかなように欧米式の棒状の柄の方が長いですから、
これは実際に持つ部分までの長さを指していると思います。

若い頃土方のアルバイトをしたり欧米式シャベルを持って見て感じた
事は次のようです。
欧米人は上半...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報