ファイナンシャルプランナー2級の資格取得を目指してます。

 国家資格のFP技能士は試験に受かれば資格取得となりますが、AFP(銀行協会主催の資格)はFP技能士試験合格+講座受講+更新のための該当講座の定期的受講が必要だと聞きました。費用も更新のつどかかるとのことですが、他にどのような違いがあるのでしょうか。

 また、どちらの資格のほうがポピュラーなのでしょうか。個人的には結構継続的にお金がかかる、AFPよりもFP技能士の資格試験合格を考えているのですが。メリット、デメリットについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

内容的には、どちらも大差はないと思います(現に、筆記試験はどち


らも同じ問題ですから。ただ、実技試験はお互い独自の出題なので、
AFPから受験しようとすると、技能士と違う傾向で対策する必要は
あります)後はお書きの通りだと思います。
あと、評価については、2級技能士とAFPなら、これまた大差はな
いです。理由は上の通りです。ですが、1級とCFPだと、今のとこ
ろは「1級技能士」を受験で斡旋したり、査定の条件にしている所が
金融機関では多いので、ステップアップ計画上は「2級技能士」がポ
ピュラーな選択肢になります。理由はFP技能士が「国家資格」であ
り、信用が高いこと、維持費が不要なこと、そして客観的に試験難易
度が高いので(CFPは科目合格があるので、時間を掛ければ合格で
きると判断されてしまう、本当はそんなに簡単ではないのですが・・)
評価されやすいという事です。まあ、ご参考までに・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCFP・AFPとFP技能士の関係

こんにちわ。質問させてください。

昨年の10月にFP技能士が国家試験となったのですが
このFP技能士とAFP等の関係がいまいちよく
わかりません。まず最初の認識として、
FP技能士:
社団法人 金融財政事情研究会主催
国家試験

AFP:
ファイナンシャルプランナー協会主催
FP技能士は国家試験だが、AFP試験は国家試験ではなく
民間試験
という理解をしています。

さて、先日Webで色々調べていたんですが、
まずAFPの位置付けというのは、FP技能士の2級と
いわれているんですがこれはどうなんでしょうか?
実際に、AFPの試験とFP技能士の試験日は違うし
問題形式も違います。
そしてAFPとして、認められるには提案書が必要と書いて
あったんですが、やはり、AFPの方がFP技能より
ランクが上ってことなんでしょうか?

じゃあFP技能士が国家試験になった意味があんまりない
気がします。
CEP・AFPとFP技能士の関係と位置付けについて教えて
ください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

うーん、どちらがランクが上か・・・じゃあ、逆に質問してしまいますが、AFPと1級FP技能士(2級じゃないですよ。1級です。)はどちらが上でしょう?(笑)

AFPを取得していれば2級FP技能士を名乗る事はできますが(同時取得ってやつですね)、2級FP技能士を取得していてもそれだけではAFPは名乗れません。

AFPを名乗るには講習(有料)を受けなければなりません。(2級FP技能士をもっていようがいまいが、この講習を受ける事はAFPを名乗る為の条件になっています。)
また、この講習は定期的にあるので受け続けなければ失効します。

試験そのものの難易度は、さほどかわらないようです。
ちなみに、今後CFPと1級FP技能士を同じ位置付けに
しようという検討がされているようですが・・・

QFP技能検定 3級実技試験の合格点圏について

FP技能検定3級実技試験の合格点圏のことなのですが、6割の正答で合格と聞いたのですが、それは全15問の6割ということなのでしょうか?もしくは配点における50点満点の6割(30点)ということなのでしょうか?

調べてみたのですがよくわからず、質問させていただきました。
ご返答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして、金融のホームページに、合格基準 50点満点で30点以上と書かれています。

参考URL:http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/3kyu/index.html#jitsugi

QFP技能士、AFP、CFPの難易度とレベルを教えてください。

FP技能士、AFP、CFPの難易度とレベルを教えてください。

今年の受験で合格し、経済学部(経済学科)に進学できたら、FPの資格を取ろうかと考えています。
大学のパンフレットを見ると「ファイナンシャル・プランニング技能士」と記載されていたのですが、
AFPやCFPとFP技能士とでは、やはりFP技能士がレベル的には一番低いのでしょうか。
経済学科の紹介にはFP技能士と記載されており、経営学科の紹介にはFPとだけ記載されていました。

できれば就職に有利なものを取得したいのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

◎説明をする前に、日本におけるFPと言う資格の簡単な歴史
 当初は民間資格として存在し、私がこの資格を知った時点では「日本FP協会」「金融財政事情研究会」と、社名は忘れましたがもう1社を含むた3社が夫々独自に試験を行い、資格付与していた。
 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。
 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP協会」が従前から認定したAFPは2級FP技能士となった

◎各名称の説明
FP技能士
 労働安全衛生法に定められた『技能士』の1つ
 実施団体は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2団体であり、実施している分野[資産設計提案業務、個人資産相談業務など]は異なるが、合格すれば『FP技能士』
 平成23年1月以降は、両団体共に1級~3級の試験を実施予定。
 [この文章を書いている時点では、日本FP協会は1級と2級のみ実施]
 1級の試験を受験する際に、CFP登録者(常に)又はCFP全科目合格者(全科目合格から一定期限内に)は「学科試験」が免除される。

AFP
 日本FP協会が独自に認定している民間資格の名称。
 同協会が認定するプログラム修了者にして、FP2級試験に合格した者が、同協会に登録する事で名乗る事ができる。AFPの登録をしなくても2級に合格した事実は消滅し無いので、『2級FP技能士』は名乗れる。
 AFP登録をした者は、2年間毎にAFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を15単位取得しておく必要がある。

CFP
 日本に於いては日本FP協会が認定している国際資格の名称。元々はアメリカ発祥の資格であり、アメリカの他にもカナダ・フランス・イギリスなどにも存在する。
 受験資格はAFP登録をしていること。試験は6つのカテゴリーに分かれており、科目合格もある[科目合格したという実績は無期限で認められる]
 登録する為には6つのカテゴリー全てに合格した上に、合格した年を含む前後一定の期間内に実務経験3年(相談・執筆・講演など)を有するか、実務経験に代わる講習を受けて3年分に換算される単位を取得している事を要する。
 AFPのときとは異なり、CFPに合格しても『1級FP技能士』は名乗れない
 CFP登録をした者は、2年間毎にCFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を30単位取得しておく必要がある。

◎難易度は・・・
 [難]1級FP>CFP>AFP≒2級FP>3級FP[易]

◎就職に有利なのは
有利な者は判りかねますが、この資格を自動車免許に例えると、私はこんなイメージを持っています。
 1 級:大型免許
 CFP:国際自動車免許[普通自動車]
 AFP:普通自動車免許
 2 級:普通自動車免許[AT限定]
 3 級:原付免許

参考先
 金融財政事情研究会
 http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/index.html
 日本FP協会
 http://www.jafp.or.jp/index.shtml


因みに私はAFP登録者であり、『技能士』の制度発足時には特例講習を受けて2級合格者の認定を受けております。
2年間で「15単位」(AFP)「30単位」(CFP)取得は困難・面倒と心配している方も居ますが、協会の冊子に2ヶ月毎に『誌上テスト』(1回10問で、たしか受験料が1回800円)が載っており、このテストに合格すると1回毎に3単位取得できます。テストの回答期限の関係で2年間に14回分のテストを受ける事が可能⇒全部に合格すると52単位
この「誌上テスト」は協会HPから受験もできるのですが、協会HPには「誌上テスト」の他にもテストが用意されており、この文章を書いている時点では「コンプライアンス テスト」(「誌上テスト」と同じ問題数・受験料)が有ります。⇒タイミングは誌上テストと同じなので、全部に合格すると52単位
更に、色々な企業・団体が認定講習[通学、通信]を開いたり、都道府県毎にFP支部が講習会を開いているので、単位取得の機会は多いです。

◎説明をする前に、日本におけるFPと言う資格の簡単な歴史
 当初は民間資格として存在し、私がこの資格を知った時点では「日本FP協会」「金融財政事情研究会」と、社名は忘れましたがもう1社を含むた3社が夫々独自に試験を行い、資格付与していた。
 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。
 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP...続きを読む

Q3級FP技能士試験の受験資格について

資格紹介本の3級FP技能士受験資格欄に書かれている「FP業務に従事しようとするもの」というのは「関係企業に就職している者のうち当該業務に従事していない者」だとばかり思っていましたのであきらめてAFPの認定講座を探していましたが、とあるHPでは「3級は誰でもOK」のような書き方がされていました。
誰でもOKなら「制限なし」と書けばよいことですし腑におちません。当面関係企業に転職の予定もありませんし、ただ個人的に資産運用の知識を習得したいがために思い立ったのですがそんな動機の者でも受験可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

技能検定というのは「厚生労働省」が管轄していて、
労働行政の一つとして一定以上の能力を持っている人に
技能士の称号を与える試験です。

名目上は働いている人の能力を測る試験で、
FPの知識を広めるための試験ではありません。

だから、「FPに従事しようとしている人」が対象なのです。
でも、「しようとしている」という意思は
証明はできませんから(証明を求められませんから)、
だれでも参加が可能です。

とはいえ、対象にしている人と受験資格者は明確に分けたほうがいいと
個人的には思いますが・・・。
ここら辺がお役所仕事な感じですね。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/syokunou/ginou/aramashi/index.html#01

QAFPと2級技能士の違いがわからなくて

AFPと2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格の違いがいまいち分かりません。無知ですみません。
(1)2級技能士は、2002年から国家資格になったという理解でよろしいですか?
(2)2級技能士の試験はAFPの試験と別々に受けるものなのですか。資格学校においてあるパンフレットがみな「AFP試験コース」とか書かれていますが、「2級技能士試験コース」とは書かれていないので、AFP試験との違いがわかりません。
(3)2級技能士の資格は、AFPとして登録したあと2年ごとに更新していかないと、失効してしまうのですか?また、AFPとして登録することは必須で、合格者は皆登録していらっしゃるのですか。
(5)国家資格なのに、なぜ民間2団体が主催しているのですか。

Aベストアンサー

ご存知のようにFP資格については日本ファイナンシャルプランナーズ協会(以下「協会」と略します)と金融財政事情研究会(以下「きんざい」と略します)の2社が付与しています。

いままではそれぞれ独自の民間資格であったものを、国がFP業務の重要性を認め「FP技能士」という国家資格に格上げすることとなりました。

たとえれば協会のCFP、AFPという民間資格にそれぞれ1級、2級FP技能士という帽子をかぶせたようなもので、協会のAFP試験が国の2級FP技能士認定試験を兼ねる形です。

協会は米国(FP制度の本家)のFP協会との連携が売り物で、AFP(勿論CFPも)の資格認定・維持には独自の厳しい基準を設けています。ただ、それは民間資格AFPに対する制約で、国家資格FP技能士に対する制約ではありません。

以上を踏まえ、ご質問にお答えします。

(1)そのご理解でOKです。

(2)APPの試験を受けて合格すれば国家資格「2級FP技能士」の認定を受けることができます。

(3)APFとなるためには登録が必要です(下記協会のURLご参照ください)。ただし、登録しなくても「2級FP技能士」であることには変わりありません。

合格者のなかでもFPとして独立する意思のない金融機関勤務者などには登録していない人も多いと思われます。

蛇足ですが、「2級FP技能士」として有効といっても資格は単に持っているだけでは役に立たず、一層のステップアップのための情報収集や人脈の確立・強化を図るためには協会に登録してAFPの認定を受けた方がよいことは確かであると考えられます。

(4)上記のとおり国が資格の意義を認めて国家資格への格上げを行ったわけですが、主催2団体がいずれも資格の認定・運営管理を委託するのに十分な実績あり(逆に片方にのみ認めると認められなかったほうの資格既取得者の不満を生じるなど問題あり)と判断されたものと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.jafp.or.jp/index2.htm

ご存知のようにFP資格については日本ファイナンシャルプランナーズ協会(以下「協会」と略します)と金融財政事情研究会(以下「きんざい」と略します)の2社が付与しています。

いままではそれぞれ独自の民間資格であったものを、国がFP業務の重要性を認め「FP技能士」という国家資格に格上げすることとなりました。

たとえれば協会のCFP、AFPという民間資格にそれぞれ1級、2級FP技能士という帽子をかぶせたようなもので、協会のAFP試験が国の2級FP技能士認定試験を兼ねる形です。

協会は米国(FP制度の...続きを読む

QAFPを放棄しても、二級FP技能士は有効ですか?

以前、金融機関勤務であった為、AFP資格所有してます。同時に、平成15年に、二級ファイナンシャル・プランニングなる合格証書も獲得しています。
現在失業中でもあり、もう懲りましたので、将来金融機関勤務の希望はありませんが、資格は所持していたいとの思いはあります。(何かの時には役立つかもしれないので。)
質問ですが、
(1)AFPは年会費も掛かるので、AFPは止めたいのですが、AFPを放棄した場合、二級FP技能士だけで資格として独立して有効なものでしょうか?(例えば、履歴書等に、資格として記載できますか?)
(2)もし、独立して有効とした場合、今後の継続講習とか、費用がかかるなら、その費用などにつき教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1級FP技能士・CFP認定者です。
AFP資格と2級FP技能士は別の資格ですのでAFP資格認定会員を退会した後も技能士資格は有効です。
AFP資格の再認定ですが、日本FP協会の定めるAFP認定基準規定第11条に再認定について記載されており、AFP登録後に退会した場合には、指定試験と同等レベルの審査を受けなければならないと定められています。具体的には、退会後にAFP登録審査試験(10,500円)に合格するか、再度2級FP技能検定に合格すれば、AFP資格の再認定を受けることができます。(リンク先参照。)
尚、会費未納で退会となった場合には同規定第10条5項のAFP認定拒否事由に該当すると思われますので、退会届を提出した上で退会する必要があります。

参考URL:http://www.jafp.or.jp/sainin/

Q賃貸経営コンサルティング技能士について

賃貸経営コンサルティング技能士について
セミナー先の講師に賃貸経営コンサルティング技能士とついています。私の記憶では士業をつけられるのは国家資格と聞いていますが、技能士名を勝手につけていいのでしょうか。(勝手につけているのであれば信用できないので)
セミナーを受ける物から見ると、紛らわしいです。国家資格であれば問題ないのですが、ネットで探しても出てきませんでした。自分でつけられるのであればケーキ技能士、野菜技能士などなんにでもつけられますが。
又勝手につけてトラブル(損害賠償等)が起きなければいいのですか。罰則はないのですか。
国家資格に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

士業=国家資格とは決まっていません。
資格商法などで問題になった資格もありますが、資格に『士』がついているから問題となったわけではなく、国家資格者と思わせるような紛らわしい名称や勧誘方法に問題があったのです。

私は経営調査士という資格を保有しています。これは民間資格です。
ただ、社団法人全日本能率連盟という団体にも登録されている資格ということもあり、悪質な資格ではありません。しかし、国家資格ではありませんので、独占業務があるわけでもありませんし、法的に守られるものではありません。逆に国家資格の法律に抵触しないようにしなければなりませんね。

名乗った人次第でしょうね。ただ、すでに存在する資格を真似れば、損害賠償につながる可能性もありますし、商標登録している名称であれば大きな問題にもなりかねないでしょうね。

質問の資格はわかりませんが、技能検定(技能士)として国家検定が存在します。ただ、この検定に質問の資格の趣旨のものは無いように思いますので、紛らわしい資格の一つかもしれませんね

QAFPとFP技能士

AFPは民間資格であり、2年ごとに更新が必要
FP2級技能士は、国家資格であり更新不要
試験自体は、同じという認識でいいでしょうか。

Aベストアンサー

AFPの資格を持つ者です。当然、同時に2級FP技能士でもあります。
> FP2級技能士は、国家資格であり更新不要
> 試験自体は、同じという認識でいいでしょうか。
はい、その通りです。
厚生労働省が管轄する技能士試験[法律は労働安全衛生法及びその関連法規]に合格した者が、合格した等級及び技能に応じて名乗る事ができます。
実施団体は『日本FP協会』と『金融財政事情研究会』の2団体がFP技能士の試験実施団体として、認定されておりますが、試験のレベル及び合格によるその効果に変わりはありません。

> AFPは民間資格であり、2年ごとに更新が必要
凡そその通りです。
2級FP技能士の試験に合格した者の内、日本FP協会が認定する研修講座を終了し、日本FP協会に登録手続きをした者がAFPと名乗る事ができます。
AFPの認定資格を更新する為には、登録(更新)から2年間に、協会が定めた単位を15単位以上取得した上で、更新の手続きをしなければなりません。AFPの資格を喪失しても2級FP技能士としての辛苦は喪失いたしません。
では、何故に2級FP(国家資格)とAFP(民間資格)という2種類の資格が存在するのか?
これは、FPと言う資格は元々は民間資格であり、私が勉強をしていた頃は、『日本FP協会』と『金融財政事情研究会』の他にもう1団体(団体名は忘れました)が、夫々独自に試験を行い認定をしていました。
その後、現在の2団体が実施団体として残り、厚生労働省に対して「技能士試験に『FP』と言う分野を認めてほしい』と働き掛けたお陰かどうかは不明ですが、FP技能士という資格名が誕生。
しかし、FPと言う資格はアメリカで作られた資格であり、ご質問文には出てきておりませんが『CFP』は国際資格です。日本FP協会はアメリカの国際認定団体のカリキュラムに添った研修を行った者に『CFP』と言う資格を付与できる日本で唯一の団体であり、日本国内限定資格として、CFPよりも簡易な『AFP』と言う資格を制定しました。そして、アメリカの国際認定団体に対してもAFPに関するカリキュラム承認も取っております。以上のような経緯が有った為、AFPは2級FP技能士と同一の試験レベルですが、日本FP協会が認定するカリキュラムに従う必要があるため、残りました。

AFPの資格を持つ者です。当然、同時に2級FP技能士でもあります。
> FP2級技能士は、国家資格であり更新不要
> 試験自体は、同じという認識でいいでしょうか。
はい、その通りです。
厚生労働省が管轄する技能士試験[法律は労働安全衛生法及びその関連法規]に合格した者が、合格した等級及び技能に応じて名乗る事ができます。
実施団体は『日本FP協会』と『金融財政事情研究会』の2団体がFP技能士の試験実施団体として、認定されておりますが、試験のレベル及び合格によるその効果に変わりはありません...続きを読む

Q2級FP技能士を名乗ることはできるのでしょうか?

2級FP技能士を名乗ることはできるのでしょうか?

今月FP協会の試験を受けて、多分受かると思います。
AFPとして登録すると年会費がかかるので登録しないつもりですが
その場合2級FP技能士を名乗ることはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

FP協会の試験は法律で定められた技能検定ですから、合格した時点で2級技能士を名乗れます。

補足にあった時期をおいてAFP取得ですが、AFPを取れる時期には制限があります。
2級技能士に合格した日かAFP認定研修を修了した日の遅い方から数えて翌々年度末までが期限です。
それを過ぎてしまうと、技能検定の受け直し(すでに一度合格しているので、学科免除で実技の別業務を受けるのが無難でしょう。)またはAFP認定研修の受け直しになります。

Q2級FP技能士とAFP

はじめまして。
FP資格(2級かAFP)の受験を考えている者です。
FP資格は、仕事に活かそうとか、独立しようとかいうつもりはなく、
金融関係の知識を身に付け、自分の生活の役に立てばと思い
取得を考えています。
FP資格には国家資格である「FP技能士」と、民間資格である
「AFPやCFP」があると思うのですが、私のように仕事ではなく、
生活の役に立てることが目的の場合、どちらの資格を目標に
したらよろしいでしょうか?
例えば2級FPとAFPでは試験範囲や試験内容に違いなどは
あるのでしょうか?それとも、主催機関や登録・更新が
必要なことが違うくらいで特に違いはないのでしょうか?
質問が長くなってしまい申し訳ありませんが、回答のほど
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

>FP資格(2級かAFP)の受験を考えている者です。
>例えば2級FPとAFPでは試験範囲や試験内容に違いなどは
あるのでしょうか?それとも、主催機関や登録・更新が
必要なことが違うくらいで特に違いはないのでしょうか?

「2級」か「AFP」という選択の考え方はちょっと違うかもしれません。
「2級」か「2級+AFP」という選択になると思います。
なぜなら、現在は「2級FP技能検定」=「AFP資格審査試験」となっているからです。
よって、2級取得(のみ)にしろAFP取得(登録制)にしろ、目指すところは「2級FP技能検定」の合格であることは同じです。
もちろん、AFPは2級+αの要件が必要となりますので、以下ご説明致します。
AFPになるための要件は、「2級FP技能検定の合格」+「日本FP協会の認定研修修了」です。
日本FP協会の認定研修は、主に資格スクール等で行っており、与えられた課題に基づいてライフプランの提案書を提出し、60点以上で合格すると研修修了となります。
ちなみに、認定研修は試験というほどのものではありません。
60点に満たない場合、期限まであれば、合格するまで何度でも提出できます。

>FP資格には国家資格である「FP技能士」と、民間資格である
「AFPやCFP」があると思うのですが、私のように仕事ではなく、
生活の役に立てることが目的の場合、どちらの資格を目標に
したらよろしいでしょうか?

2級FP技能士で良いと思います。
AFPはNo.2の方の回答にもある通り、お金がかかりますし、AFP登録は2級FP技能検定合格後に決めたとしても遅くありません。
もし今後、さらに上(CFP・1級)を目指すのであれば、AFP登録をした方が良いと思います。
CFPはAFPに登録していなければ受験できませんし、現在の試験制度においては、1級の試験はCFP合格後の方が比較的容易であるからです。

はじめまして。

>FP資格(2級かAFP)の受験を考えている者です。
>例えば2級FPとAFPでは試験範囲や試験内容に違いなどは
あるのでしょうか?それとも、主催機関や登録・更新が
必要なことが違うくらいで特に違いはないのでしょうか?

「2級」か「AFP」という選択の考え方はちょっと違うかもしれません。
「2級」か「2級+AFP」という選択になると思います。
なぜなら、現在は「2級FP技能検定」=「AFP資格審査試験」となっているからです。
よって、2級取得(のみ)にしろAFP取得(登録制)...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報