初めまして。
今回、90cm水槽をリセットしました。
濾過器は外部式で濾過材はすべて新品にしました。
それで余ったろ材の使用期間は3年(クリオンモノボール)です。
高価なろ材なので捨てるのがもったいないので、次に立ち上げる水槽 で再利用を考えています。ただ気になるのが、ろ材の目詰まりなどの 機能低下です。
あと、3リットルほどのリング状のものもあります。
次の使用前の準備として、水道水のみで清掃し2・3日太陽にあて感 想さてています。

 よいアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

濾過材の完全リセットと有機物の分解清掃方法をお知らせします。



クリオンモノボールのような、セラミック濾過材やガラス繊維濾過材の場合、汚れにより塩素に4~12時間ほど晒すことにより、目詰まりした有機物を分解除去できます。
塩素に晒すことにより、新品と同様に機能回復します。
濾過材の塩素による有機物の分解は、水草観賞魚水槽用のCO2バレングラスの清掃方法と同じ要領です。

塩素は、魚などの水生生物にとって猛毒ですが、常温常圧では気体の物質です。
塩素による分解清掃を行った後の濾過材は、必ず、一度乾燥させる必要があります。
一度、完全に乾燥させることにより塩素は安全に蒸発し濾過材として再使用出来ます。

塩素剤は「ADAのスーパージイ」や「洗濯用塩素漂白剤」が使用できます。
台所用塩素漂白剤は、界面活性剤が入っているので使用出来ません。

参考:スーパージイ
http://www.adana.co.jp/_product/208_index.html
    • good
    • 1

ろ材本体が、化学変化をして水質に影響を与えるもの(吸着、イオン交換、Ph調整)以外は、基本的に半永久的に使用できます。



リンクろ材等でしたら、良く洗って、そのまま使用すればOKです。乾燥させる必要はありません。

今まで使用していたのなら、乾燥させるとバクテリアが死滅しますので、返って水質が安定するまでに時間が掛かり逆効果です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q濾過材(ろ材)の寿命について

タイトルどおり濾過材の寿命について教えてください
水槽は60センチです。立ち上げから1年半ほど経ちます。
上部フィルターにて下層から、砂(すのこみたいなものの下に薄く敷いてます)、リング濾過材1リットル(さんみ3S)、ウールマットを使用しています。
ウールマットについては、大体1ヶ月に1回新しいものに交換しています。
リング濾過材については、2、3ヶ月に一度水槽の水で軽くすすいでいます。
生体は、小型カラシン30程、コリ6、ミナミ10程です。
水換えは週に1回10リットルです。
底砂は田砂10キロ程です。底砂掃除は、大掃除はしたことはありません。水換え時に少しホースで吸い取り軽くすすぐ程度です。

ここ1ヶ月ほど、ラミノーズテトラの顔が赤くなく(以前は真っ赤に染まっていました)、コケも立ち上げ当初のようなコケが発生してきたため、濾過がうまく機能していないのかぁと考えています。
一番怪しいのはリング濾過材ではないかなと考えているのですが、一般的にリング濾過材に寿命、何年間で交換というようなことはあるのでしょうか。
また、水質悪化の原因として何か考えられることはあるでしょうか。

※補足等が必要な場合はお知らせください。

タイトルどおり濾過材の寿命について教えてください
水槽は60センチです。立ち上げから1年半ほど経ちます。
上部フィルターにて下層から、砂(すのこみたいなものの下に薄く敷いてます)、リング濾過材1リットル(さんみ3S)、ウールマットを使用しています。
ウールマットについては、大体1ヶ月に1回新しいものに交換しています。
リング濾過材については、2、3ヶ月に一度水槽の水で軽くすすいでいます。
生体は、小型カラシン30程、コリ6、ミナミ10程です。
水換えは週に1回10リットルです。
底砂は田砂10キ...続きを読む

Aベストアンサー

あると言えばありますし、ないと言えば、サンミのろ材ならないとも言えます。
しかし、ろ材の寿命の有無が本件のキーポイントではなさそうなので、説明を省きます。
最も怪しいのは底床ですね。

こういうのは、pHの落ち具合をグラフ化しておくことで判別できます。
「pHくらいは、データを取る」ということですね。
水替え前のpHを計測し、pHの下がり方が以前より急速であれば、底床やろ材に汚れが蓄積していることが考えられます。
硝酸が硝酸塩となって底床やろ材に蓄積し、水を替えた後、溶け出すんですよ。
コケの発生という一点からしても、怪しいですね。
まして、掃除のしにくい田砂を使っていらっしゃいますからね。

pHが水替え後から、どの程度で下がっていくのか?調べてください。
直後,1日後,3日後,1週間後,2主観後...と。

Q使用済みろ材の保管は可能ですか?

過去の履歴を確認したのですが、あてはまるものが見つからなかったので質問します。

「テトラ オート パワーフィルター AX―60」に付属してきたバイオグラスリングですが、3ヶ月ほど使用し別のろ材に変更する為に取り出しました。
状態もよく、いずれ再利用できるのであれば保管したいのですが可能でしょうか?今はネットに入れた状態でトリートメント用水槽に入っている状態です。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
再利用可能です。
保管は簡単で、水槽から引き上げ、そのまま湿った状態でナイロン袋などに入れておけばOKです。
「腐りそう」という感じがすると思いますが、表面にバクテリアがたくさんついているので大丈夫です。あまりに汚れがひどい状態ならば軽く落としておけば足ります。
湿ったままの汚いろ材でも、そのまま数年はすぐに使用可能です。3年ぐらいなら、乱暴な保管であっても問題ありません。次に使うときは水中で軽くすすげばすぐに使えます。
うちでは長年何度も何パターンもそのようにしていて問題が起きたことがないので大丈夫です。そのように保管しておいたものをいきなり水槽に入れると、洗って保存しておいた濾材や新品の濾材よりもずっと早く水槽が立ち上がります。バクテリアは汚れを分解したあと、酸素もなくなるので休眠してしまうのかもしれません。これは肉眼では見えない世界なのであくまでも想像ですが。

Q水槽のリセット:熱湯消毒で十分ですか?

ちょっとコケなどがきつめに着いてきたため
水槽をセットし直すのに際し
水槽本体をはじめフィルタなど器具類も
きっちり消毒しようと考えています。

この消毒の作業、水道から出る
思いっきり熱いお湯に漬けるだけでも
十分な効果は出るでしょうか?
同じ熱湯でも沸騰するくらいの温度でないとダメとか
(これだと変形してしまうパーツもありそうですが)
キッチンハイターなどに漬けておくとか
自分はこうしているという情報や
その他アドバイスなどありましたら
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

熱湯消毒は、樹脂などが変形や固化(弾力が無くなる)することがあり、次回セット時に漏水などにつながる危険があります。
・金属パーツや底砂、リング濾過材などの熱湯煮沸消毒できるものは熱湯消毒が効果的です。
特に、リング濾過材は塩酸や塩素系洗剤に数時間漬け込んだ後、水洗いし、一時間ほど鍋で沸騰させれば、濾過材のミクロの穴に入り込んだゴミも排除でき新品同様に復活します。
・プラスチック材やゴム、ビニール材はキッチンハイターなどの塩素系の洗剤の使用をオススメします。
なお、塩素で白色劣化したり、ひび割れたりした素材のパイプやキスゴムなどは交換します。
煮沸冷却水で十分に水洗いすれば塩素は除去できますが、塩素系洗剤の使用後の残留塩素が気になる場合は、
(1)完全に乾燥させればOK。
(2)ハイポなどの脱塩素剤を投入した水に数時間漬け込んでもOK。
以上です。

Q外掛け式フィルターを洗う手順

外掛け式フィルター(コトブキやテトラの小型のもの)が汚れてきたのですが、洗い方の詳しい手順が分かりません。
電源を切ったときに舞うゴミを防ぐ方法はありますか?
洗うのは水槽の水を使うのか、水道水を使うのですか?
パイプもはずして洗うのでうすか?
皆さんのやり方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは、キキさん。

 電源を切ったときにゴミが舞うんですね?それだと、エアチューブを濾過槽に差し込んで呼び水(エアチューブの差し込んだのとは反対側を口で吸い込む)をしてサイフォンの原理で下に置いたバケツなどに濾過槽内の水を移し変えてから、スポンジフィルターやフィルターの吸い上げ口を外してからフィルターを水槽から外せばゴミは舞わないと思いますよ。試してください。その際、差し込んだエアチューブが外れないように工夫して何かで固定しておいたほうが楽に安心して作業ができますよ。エアチューブを濾過槽の底まで差し込むのに工夫が必要ですね。

 フィルターを洗うのは、濾過槽の状態がひどすぎるときに(ろ過が機能していない)限ったほうがいいと思うのですが、ろ剤は洗わない、ろ剤だけ洗う、全部洗うなど色々あると思います。
 外観が汚くて・・・・というときはろ剤を水槽の水で、できれば同じ温度の水の中に入れといてあげるとバクテリアが維持できると思います。
 ろ剤も洗うというときは、ろ剤の半分ぐらいだけを水槽の水の排出水で軽く洗うという感じでやっています。でも、標準の外掛けではろ剤が活性炭とマットなのでこの方法は使えません。僕はろ剤はセラミックの多孔質リングのMサイズ(Lかも?)、Sサイズに変えていますので、半分(もしくはそれ以下)洗浄ができます。このほうがバクテリアが全滅ということは無いのでいいと思います。でも、僕は外掛けにしてから、まだ、1回ぐらいしか洗った覚えが無いです。給水口にスポンジフィルターを付けていて、フィルターに直射日光が当たらなければ(これでコケまみれになることがあります、外掛けは透明なのが多いので)、結構長い期間洗わなくてすむという感じはします。
 それと、モーターも洗うといいです。説明書に外し方が書いてあるはずで、たぶんモーターの黒いボックスをどちらかに回せば、だいたい、どのメーカーのも外れると思います。ここがまれに詰まってモーターが回らないときがありますから、点検ポイントですね。インペラーシャフトというのが中に入ってますから、こいつの扱いには気をつけて下さい。こちらはどの水、気にせず洗ってあげてください。

 パイプのゴミが気になったらパイプクリーナーが熱帯魚店でも金物店、ホームセンターでも売っているので、これで洗ってあげてください。やわらかい針金のようなものの先にナイロンみたいなのの毛が筒状にいっぱいついている奴です。

 本体は歯ブラシなどで水道水でごしごしやったらきれいになります。稼動部品であるモーターとかパーツを外すと、プラスチックの塊ですから、もう思いっきり洗えます。遠慮なく洗ってやりましょう。

 ポイントはろ剤の扱いと、すべてばらして洗うというところでしょうか。ろ剤を戻してからフィルターを回す際に、濾過槽に水を入れながらフィルターを回すという呼び水をやりますが、このときの水にカルキ抜きの水、できれば水槽の水に近いもの、足し水・換水用の水を使ってやったほうがいいと思います。

 つらつらと書いてきましたがどうでしょう、足りない部分があったら言ってください。では、楽しい熱帯魚ライフを。

 こんばんは、キキさん。

 電源を切ったときにゴミが舞うんですね?それだと、エアチューブを濾過槽に差し込んで呼び水(エアチューブの差し込んだのとは反対側を口で吸い込む)をしてサイフォンの原理で下に置いたバケツなどに濾過槽内の水を移し変えてから、スポンジフィルターやフィルターの吸い上げ口を外してからフィルターを水槽から外せばゴミは舞わないと思いますよ。試してください。その際、差し込んだエアチューブが外れないように工夫して何かで固定しておいたほうが楽に安心して作業ができます...続きを読む

Q水槽水に加える時の木酢液の濃度・使用頻度について

木酢液は、水槽に加えるとコケ防止や水草育成にも効果がある旨の書き込みが見られます。しかし、使用濃度あるいは頻度について、回答が見つかりません。

つきましては、以下の点についてお尋ねします。
木酢液を水槽水に直接添加する場合、原液でも問題ないのでしょうか。それとも希釈した方がいいのでしょうか?また使用頻度は、水換え時に添加するだけでいいのでしょうか。それとも毎日、添加した方がいいのでしょうか?

以上の点についてご教示下さるようお願い致します。

Aベストアンサー

私は木酢液を水槽に添加していますが、どのぐらいの量が良いかは云えません。
理由は市販の木酢液原液は製品によって成分濃度が異なるらしいからです。

私の場合は60センチ水槽で、週1回の水替え時(4分の1換水)に原液1ccを、新水に混ぜる形で添加しています。
水替え時以外にも、2~3日に1回ぐらい0.5cc程度を添加していますが、それは別の水槽へ毎日800ccぐらいの水を分けてあげているので、減った水を足す際に足し水に混ぜています。

原液を直接は、添加していません。
うちの場合はスポイトを水槽に差し込むとすぐに魚が寄ってくるので、高濃度の液に魚がさらされそうで、出来ません。
魚が寄ってくる以外にも、万一高濃度の液が濾過器の中に入ってしまうとバクテリアがダメージを受けますので、どうしても原液を添加する場合は濾過器の給水口から離れた場所にした方が良いと思います。

木酢液添加の効果は、まず既に発生したコケには全然効果が見られません。予防には役立つという話は聞きますが、私の場合は木酢液を添加してもコケ(斑点状藻)はよく発生しています。魚の収容数が多くてコケの発生要因が木酢液の効果を上回っていると思います。
でも入れないよりましかもと思い、添加しています。
量が多すぎなければ水草の活性効果もあるらしいですし。

目に見えて効果があるほど添加する事は、バクテリアへのダメージが心配ですので、飼育水に添加する木酢液は、はっきりした効果は期待せず、ないよりマシ程度の気持ちでやった方が無難だと思います。

参考URL:http://www.yoshiwo.jp/questionb/q0086.html

私は木酢液を水槽に添加していますが、どのぐらいの量が良いかは云えません。
理由は市販の木酢液原液は製品によって成分濃度が異なるらしいからです。

私の場合は60センチ水槽で、週1回の水替え時(4分の1換水)に原液1ccを、新水に混ぜる形で添加しています。
水替え時以外にも、2~3日に1回ぐらい0.5cc程度を添加していますが、それは別の水槽へ毎日800ccぐらいの水を分けてあげているので、減った水を足す際に足し水に混ぜています。

原液を直接は、添加していません。
うちの場合はスポイトを水槽...続きを読む

Q新しい水槽へのバクテリアの移動について

新しく水槽を立ち上げたのですが、このやり方でも大丈夫でしょうか。

新しく別に水槽を立ち上げるにあたって、既に立ち上がっている水槽から水もらい、それを全体の三分の一入れました。
ろ材も移植したかったのですが、水と一緒にろ材まで同じ日に移植すると既に立ち上がっている水槽へ負担があるかなと思いました。ですので、大幅なろ材の移植は後日にすることにしました。ですが、下手に後から加えてバランスが崩れてしまわないか心配もあります。ろ材の移動は3日くらい経った後でも大丈夫でしょうか。
ろ材などは多く移植したほうがその分立ち上がりも早いと聞いたため、多いほうがいいかなと考えているのですが、大丈夫でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ろ材の移動は3日くらい経った後でも大丈夫でしょうか。
> ろ材などは多く移植したほうがその分立ち上がりも早いと聞いたため、多いほうがいいかなと考えているのですが、大丈夫でしょうか。

・saytheword様の移行方法で問題ありません。
【現在の水槽】
現在の水槽が調子良ければ、濾過材は半分程度残しておけば十分です。
濾過バクテリア(アンモニア消化菌と亜硝酸消化菌)の細胞分裂周期は平均で72時間(48~120時間)程です。
現在の水槽の濾過バクテリアは10~14日間で元に戻ります。
濾過バクテリアは飼育水中の酸素量が多いほうが高活性します。
エアリングを強めに行うことにより、現在の水槽の濾過バクテリアを早く元通りに繁殖させることが可能です。

【新水槽】
濾過バクテリアは当然ながら生物です。
新水槽内に有機物が不足すると、濾過バクテリアは繁殖できません。
新水槽の大きさにもよりますが、立ち上げ当初「少数」の匹数の魚を3週間以上飼育すれば、円滑に立ち上がります。
その後、予定数数に増やせばOK。
立ち上げ途中の新水槽も、もちろん酸素量は多めが良いですね。
*少数=魚体長1cmに対し水量2リットル程度で計算した匹数ならば、マズ問題なし。

> ろ材の移動は3日くらい経った後でも大丈夫でしょうか。
> ろ材などは多く移植したほうがその分立ち上がりも早いと聞いたため、多いほうがいいかなと考えているのですが、大丈夫でしょうか。

・saytheword様の移行方法で問題ありません。
【現在の水槽】
現在の水槽が調子良ければ、濾過材は半分程度残しておけば十分です。
濾過バクテリア(アンモニア消化菌と亜硝酸消化菌)の細胞分裂周期は平均で72時間(48~120時間)程です。
現在の水槽の濾過バクテリアは10~14日間で元に戻ります。
...続きを読む

Q水槽立ち上げ時の水の濁り解消法について

初心者ながら水草水槽を立ち上げたいと思っています。
(1)60cm水槽にADAのパワーサンドとアクアソイル(アマゾニア)を敷く。
(2)カルキ抜きした水を水道水の温度のまま入れている。
(3)GEXのメガパワー(新品)をフィルターとして使用中

しかし水が白く濁っているためSHOPの店員に尋ねたのですが、A店では水をこまめに換えることで透明な水になり自然にバクテリアの発生を待つと言われ、B店では水はあまり換えずに、市販の生きたバクテリアを入れてみたらどうかと言われました。ちなみに水を入れてから5日目です。みな様は最初どのようにされましたか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>立ち上げたいと思っています。
これから始めるのですか?それとも既に立ち上げた結果、水が濁っているということですね。

>GEXのメガパワー(新品)をフィルターとして使用中
濾材は何を使用しているのでしょうか?付属品のメガマット、メガカーボン、メガスポンジ、メガバイオ、メガリングだけでしょうか?
水が濁ることイコール物理ろ過と生物濾過が機能していないことの証明ですから、糞をしたり餌をあげなくてはならない魚の投入は避けなければなりません。もうひとつ照明を点灯すると、濾過が出来ていないので苔藻類やアオコの発生が心配ですから、濾過が出来るまでは照明は転倒しないほうが良いです。

しかし、水草を入れてしまった場合は光を与えないと水草が枯れてしまいますので、点灯もしょうがないですね。

そうした場合、濾過の立ち上がりが早いか、苔藻類やアオコの発生が早いか対応が難しいですね。

>A店では水をこまめに換えることで透明な水になり
決して間違ってはいませんが、ベスト(最良)ではありません。
水を換えれば変えるほど、濾過の立ち上がりが遅くなりますので、私なら絶対に水は換えません。

>B店では水はあまり換えずに、市販の生きたバクテリアを入れて
これも同様で間違っていませんがベスト(最良)ではありません。
バクテリアを売らんがための営業方針をそのままお客に押し付けているだけです。

ベストは何もしないことです。
1週間濾過を回すと、飼育水はコナレて来ますので、ここでバクテリアの餌となるアンモニア(NH3/NH4)を投入します。

アンモニアの投入とは、パイロットフィッシュ(丈夫なアカヒレ数匹が最適)を入れることか、アサリやレッドラムズ(この貝の糞が生物濾過立ち上げに最適です)が良いのですが、ろ過理論を理解されてない方はパイロットフィッシュが安全です。

但し水槽内の水流が強すぎるとソイルの粒子が舞い上がり濁りは取れませんので注意してください。

参考まで。

こんにちは。

>立ち上げたいと思っています。
これから始めるのですか?それとも既に立ち上げた結果、水が濁っているということですね。

>GEXのメガパワー(新品)をフィルターとして使用中
濾材は何を使用しているのでしょうか?付属品のメガマット、メガカーボン、メガスポンジ、メガバイオ、メガリングだけでしょうか?
水が濁ることイコール物理ろ過と生物濾過が機能していないことの証明ですから、糞をしたり餌をあげなくてはならない魚の投入は避けなければなりません。もうひとつ照明を点灯すると...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報