ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

財務諸表の作成時の決算整理仕訳で理解できない箇所があります。

問題
仮払金の内訳は次のとおりであることが判明した。
・得意先に対して支払った売上割戻額100,000円

回答→売上/仮払金

となっています。
なぜこれになるのでしょうか?

支払い時はこの仕訳↓を行ったのでしょうか?
仮払金/売上

でも売上割戻だから
売上/売掛金
の仕訳を行ったのですか?

どの仕訳を起こした上で
「売上/仮払金」になるのか教えてください。

ご教授よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

決算期に「仮払い」があると「いったいなんだ?何に支払った」となるわけですね。



支払った先がわかればいいのです。
「たくさん買ってくれたから、値引きしました。」
「たくさん買ってくれたから、リベートを払いました」
どちらでもいいのですが、売上の減少になります。

売上の減少ですから借方増。
仮払金の原因がわかったので仮払金の減少は貸方増。

売上 / 仮払い

となります。

途中に省略された仕訳があったり、借方貸方が相殺されてるわけではありません。
考え方を単純にされると、あららなるほどとわかると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ややこしく考えないほうがいいですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 00:28

〇月▲日、当社の営業が、得意先A社と話し合った結果、A社に対して10万円をサービスすることを取り決め、売掛金10万円を減額しました。

サービスの趣旨は、後日決めることにしました。サービスの趣旨が決まるまで勘定科目が未定なので、取りあえず仮払金に計上したのです。

〇月▲日
仮払金100,000/売掛金100,000 または
仮払金100,000/現金100,000


●月△日、「A社が当社の製品を期待以上に沢山買ってくれたので、バックマージンを支払う」とサービスの趣旨を取り決めました。勘定科目が正式に決まりました。バックマージンを処理する科目は売上割戻です。

●月△日
売上割戻100,000/仮払金100,000


しかし、「当社売上げた製品に傷があったので値引する」とサービスの趣旨を取り決めた場合は、

売上の値引を売上値引に計上しても良いですが、
売上値引100,000/仮払金100,000

売上高を減額する処理もあります。
売上高100,000/仮払金100,000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2009/05/25 00:28

仮払金/現金

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、よくわかりません。
これが「得意先に対して支払った売上割戻額100,000円」時の仕訳なのでしょうか?
この仮払いの部分が何であったのかが知りたいです。

お礼日時:2009/05/24 20:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税の決算仕訳

税込経理です。中間納付が354,000円あり(仮払金処理)、今期は還付が100万円になりました。そこで、消費税の決算仕訳ですが
未収入金1,000,000/雑収入1,000,000にすると、中間納付した仮払金354,000円をどうしたらいいかわからなくなりました。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

還付となる100万のうち、354,000は中間納付の戻しなので、
未収入金1,000,000/雑収入646,000
         /仮払金354,000

または、
未収入金1,000,000/雑収入1,000,000
を生かすなら、
租税公課354,000/仮払金354,000
で仮払分を損金処理するかです。

Q会計学の財務諸表、税法の財務諸表、商法の財務諸表

こんばんは。お世話になります。

今、簿記の本を読んでいるんですが、簿記で学ぶ一般的?な簿記検定試験に出るような財務諸表、税法の財務諸表、商法上の財務諸表と色々本のなかに書いてあるのですが、それぞれどのような役割を果たしているのでしょうか?

僕が推測したところ税法の財務諸表は税金を納めるために必要で、商法の財務諸表は銀行などからお金を借りるときに必要で、簿記試験にでてくる財務諸表は全く想像がつきません。

これら3つは実務上、全部作成する必要があるのでしょうか?3つとも、企業では作成しているのでしょうか?

分る方、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問について回答するためには、まずそれぞれについての関係、違いを理解していただくのが早いかと思います。

(簿記、商法、証取法、の財務諸表)
これらの財務諸表の元となるものは、過去から帳簿上に行なってきた会計仕訳です。なので、どの財務諸表の損益計算書でも同じ当期純利益が計算されます。
三者の違いは、財務諸表をどのように表示するかです。

証取法の財務諸表は、財務諸表等規則にその表示方法が厳密に規定され、財務諸表の中に貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、利益処分計算書、附属明細表を含んでいます。
証取法の財務諸表は、有価証券報告書などに含まれるもので、上場企業などが作成すればよいものです。

商法の財務諸表は、商法施行規則にその表示方法が大まかに規定されてます。商法上は、計算書類(貸借対照表、損益計算書、営業報告書、利益処分案)及び附属明細書となりますが、一般社会で言われている「財務諸表」とか「決算書」は、この商法上の計算書類のみ、もしくは計算書類及び附属明細書をさしていることがほとんどです。
商法では、すべての会社に対してこれらを作成することを義務付けています。銀行が商法の財務諸表を要求するのは、かならず作成しているはずのものだから(?)です。

簿記の財務諸表は、特に決まりはないはずです。会社内部での管理資料として作成するB/S、P/Lなども簿記の財務諸表の1形態かもしれません。作成も任意です。

(上記財務諸表と税法(法人税法)の財務諸表)
税法の財務諸表というのは、何を指してますか?
法人税の申告書に添付する決算書のことですか?それは上記の商法上の財務諸表です。
それとも法人税法に定められた処理方法に基づいて作成された財務諸表のことですか?それについては以下に書いて見ました。

会計上の費用と収益の概念と税法上の費用(損金)と収益(益金)の概念は異なっているため、会計上の税引前当期利益と税務上の課税所得は違います。
損益の概念が異なれば当然資産負債の概念も異なっており、それらを貸借対照表、損益計算書のカタチで表示すれば、別会社のものと思えるくらい違うものが出来上がります。
しかし、税法上の財務諸表は概念上のもので、実際は作成しません。税務上一番重要なのは、税額計算のための課税所得の金額であり、法定書類である商法上の財務諸表における当期純利益から損益の概念が異なっている部分の修正・調整をしてやれば課税所得が計算されます。この修正・調整を行なっているのが申告書であり、会社はこれを作成する義務があります。なので税法上の財務諸表は作成する必要のないものになります。

とダラダラ書いてしまいました。

ご質問について回答するためには、まずそれぞれについての関係、違いを理解していただくのが早いかと思います。

(簿記、商法、証取法、の財務諸表)
これらの財務諸表の元となるものは、過去から帳簿上に行なってきた会計仕訳です。なので、どの財務諸表の損益計算書でも同じ当期純利益が計算されます。
三者の違いは、財務諸表をどのように表示するかです。

証取法の財務諸表は、財務諸表等規則にその表示方法が厳密に規定され、財務諸表の中に貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、利益処...続きを読む

Q仮払金の仕訳なんですが。。

かなり初歩的な質問かもしれませんがよろしくお願いします。

労災で通院している社員の通院タクシー代に関してです。
当初仮払金100,000円出金し、先日自らの運転に復帰できたとの事でこれまでのタクシー代全額の123,000円を精算しました。
つまり、既に仮払金で渡してある100,000円に加え23,000円を渡した訳です。
この場合、正しい仕訳の切り方はどうなりますか?
当初の仮払金100,000円出金時には、

仮払金100,000/現金100,000

にて仕訳済みです。
尚、まだ費用化せず123,000円全額を仮払金に残したままとします。

単純に追加分のみ、

(1)仮払金23,000/現金23,000

でいいのでしょうか?
それとも、

(2)現金100,000/仮払金100,000
 仮払金123,000/現金123,000

のように、一旦仮払金100,000円を戻入れ(架空の入金処理?をし)、新たに纏めて123,000円の仮払い計上すべきでしょうか?
追加仮払い出金時の現金の動きはあくまで不足分の23,000円のみです。

社内で(1)(2)の意見が対立しておりまして。。
詳しい方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

かなり初歩的な質問かもしれませんがよろしくお願いします。

労災で通院している社員の通院タクシー代に関してです。
当初仮払金100,000円出金し、先日自らの運転に復帰できたとの事でこれまでのタクシー代全額の123,000円を精算しました。
つまり、既に仮払金で渡してある100,000円に加え23,000円を渡した訳です。
この場合、正しい仕訳の切り方はどうなりますか?
当初の仮払金100,000円出金時には、

仮払金100,000/現金100,000

にて仕訳済みです。
尚、まだ費用化せず123,000円全額を仮払金に残...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1でも述べたとおり実際の現金の動きのとおり仕訳を起こせばよろしいです。
実務でも簿記の試験でもそうですが必要ない仕訳は起こさないものなのです。(例外もありますがそれはこの場合には当てはまりません)
この場合は入金になっていない100,000円は起こさないのがルールなのです。
必要ない仕訳があるとかえって紛らわしくなってしましますからね。

ちなみに他の方々が心配されている仮払金は申告の時までに解消すればよろしいです。

Q決算時に仮払金、仮受金の処理 

決算整理時に仮払金、仮受金に残高にある場合は、
雑損、雑益に振り返るのでしょうか?

それても、前払金、前受金に振り返るのでしょうか?
そうだとしたらなぜ前払金、前受金に振り返るのでしょうか?


あと、翌期に繰り越さない勘定科目は、
仮払金、仮受金、現金過不足以外にありますか?



あと、
「付随費用」を勘定科目に含めないものは
ありますか?
仕入時の発送費、、固定資産、有価証券の手数料、
全ての付随費用は勘定科目に含めていいのでしょうか?





よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 お金に動きがあった時は、その事実をその日の内に、仕訳に計上し、その事実が生まれた決算期の貸借対照表(B/S)に反映させないといけません。
 しかし、お金の増減に係る費用・収益は、決算期間内での出来事に限定した数字のみを、損益計算書(P/L)に計上することとされています。
 この、B/S上と、P/L上での、認識のずれを解消させるための苦肉の策として、「経過勘定科目」というB/S科目が作られました。
 次の4つがあります。

 前受金・・・決算日より後にもらうべきお金を、前もって受取った時に使用
 前払金・・・決算日より後に支払うべきお金を、前もって支払った時に使用
 未収金・・・決算日までにもらうべきお金を、まだ受取っていない時に使用
 未払金・・・決算日までに支払うべきお金を、まだ支払えていない時に使用

 また、予定外の出費・収入など、人為的な問題で正確な会計処理が追いつかない時に便宜を図るため、仮勘定が設けられました。
 仮受金・・・お金を受取った時点で、仕訳を計上する際、適当な相手科目が見付からない時に、一時しのぎで使用
 仮払金・・・お金を支払った時点で、仕訳に計上する際、適当な相手科目が見付からない時に、一時しのぎで使用

 これらの科目はいずれも、正式名称を持つ損益項目が現れて初めて、そのあるべき科目に姿を変えるべく、消滅します。
 通常、最長でも翌期には解消されますが、それまではB/S上にしぶとく残り続けます。
 ただ、実務上ではあまり褒められた話ではないので、試験問題では、すぐさま解消するという模範的な状況で出題がされることが多いです。
 (つまり、決算整理後残高試算表には、上記で述べた勘定科目の残高が残らないという設定が多い)

 仮受金を前受金に、仮払金を前払金に、という経理処理は、通常は行ないません。
 全く異なる意味を持った、あやふやな科目同士をキャッチボールさせたところで、何の意味もないからです。
 ただし、試験で「前受金に計上すべき科目を、間違って仮受金にしていた」と問題が出たら、それは当然の修正ですので、
 自信を持って「仮受金/前受金」と仕訳を起こして下さい。
 「前払金に計上すべき科目を、間違って仮払金にしていた」と問題が出たら、それは当然の修正ですので、
 自信を持って「前払金/仮払金」と仕訳を起こして下さい。

 そのような特別の指示がない限り、
 前受金⇔仮受金
 前払金⇔仮払金
 という処理は起こさなくてよいのです。

 「雑益・雑損」
 これらは経理処理の怠慢などで、決算整理仕訳を行なう時が来ても費用・収益となりうる要因が判明しないまま、どのP/L科目に数字を含めたらよいか決定できず、いよいよどうしようもなくなった場合、やむなく数字を放り込むための科目です。
 「好んで振替えるべき」勘定ではありません。
 現金過不足の原因が判らない場合などにのみ、使用するようにして下さい。

 「付随費用」を手数料として計上する場合、必ず問題文にヒントとなる指示があります。
 どんな設題においても、いくつか処理方法が考えられるのに、問題に指示がないよ・・・と迷った時には、原則の方法を適用すると判断してかまいません。
 (ご質問の場合ですと、#1さんのアドバイス通り、手数料は費用ではなく資産科目として、取得価格に含めて計上する原則の方法でOK。)

 お金に動きがあった時は、その事実をその日の内に、仕訳に計上し、その事実が生まれた決算期の貸借対照表(B/S)に反映させないといけません。
 しかし、お金の増減に係る費用・収益は、決算期間内での出来事に限定した数字のみを、損益計算書(P/L)に計上することとされています。
 この、B/S上と、P/L上での、認識のずれを解消させるための苦肉の策として、「経過勘定科目」というB/S科目が作られました。
 次の4つがあります。

 前受金・・・決算日より後にもらうべきお金を、前もって受取った時に...続きを読む

Q売上原価と粗利

商業簿記では、売上原価=期首棚卸高+期中仕入高ー期末棚卸高で
あり、売上高ー売上原価=売上総利益となります。
ところで、この売上総利益を期中仕入高をコントロールすることで
増加させることは可能なのでしょうか?
つまり仕入原価を下げることなしに、仕入する在庫を適正量にコントロールすることで、粗利自体を高めることは可能なのでしょうか?
(或るセミナーでその時の講師がそのような説明をするのを拝聴して、
疑問に思ったので質問しております)

Aベストアンサー

 セミナーの講師がどのような論理を使っているのか不明なので確かな答えではありませんが、通常は、ご質問者様が感じられていますように、期中の購入量を調整しても粗利益に増減は生じません。
 仮にある年の数値が「売上原価10=期首棚卸高1+期中仕入高15ー期末棚卸高6」となっていたとします(数字の単位は個数でも、任意の金額でも構わない)。
 期中仕入高15は「売れた分の仕入高10+期末棚卸高6-期首棚卸高1」に分解できます。
 すると式は
  売上原価10
   =期首棚卸高1+売れた分の仕入高10+期末棚卸高6-期首棚卸高1-期末棚卸高6
 式を整理すると、当たり前の事ですが
  売上原価10=売れた分の仕入高10 

 しかし、「仕入れ単価が安いときに購入し、高い時には購入を控えて在庫量を調整しろ」と言う事であれば、売上原価は減りますね。
 仮に3ヶ月間に「売れた個数10個」「購入した個数12個」として、購入した実績が次の2つの場合を考えてください[期首棚卸しはゼロとします。商品の評価は任意ですが、先入先出法としましょう]
○ケース1
 1ヶ月目 4個 単価1,000円
 2ヶ月目 4個 単価1,500円 
 3ヶ月目 4個 単価2,000円
 売上原価=4×1,000円+4×1,500+2×2,000
  =4,000+6,000+4,000
  =14,000円
ケース2
 1ヶ月目 8個 単価1,000円
 2ヶ月目 2個 単価1,500円
 3ヶ月目 2個 単価2,000円
 売上原価=10,000円

 セミナーの講師がどのような論理を使っているのか不明なので確かな答えではありませんが、通常は、ご質問者様が感じられていますように、期中の購入量を調整しても粗利益に増減は生じません。
 仮にある年の数値が「売上原価10=期首棚卸高1+期中仕入高15ー期末棚卸高6」となっていたとします(数字の単位は個数でも、任意の金額でも構わない)。
 期中仕入高15は「売れた分の仕入高10+期末棚卸高6-期首棚卸高1」に分解できます。
 すると式は
  売上原価10
   =期首棚卸高1+売...続きを読む

Q3級 決算整理仕訳 貸倒

いつもお世話になっております。



精算表の問題で仕訳の回答がなく、解からないのでご教授願います。


問題

期末修正事項

受取手形と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒を見積もる。貸倒引当金は期末残高に実績法(補充法)によって計上すること。

売掛金    借方 65,000 
受取手形   借方 40,000
貸倒引当金  貸方 1,000


65,000 + 40,000 * 0.02 = 2,100


この「2,100」の仕訳ってどうなるのですか??


貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100
ですか?
        
でここからどうすればいいのかわかりません。







答えを見てみると
整理記入欄に
貸倒引当金   貸方  1,100
貸倒引当金繰入 借方  1,100

になっています。






なので
貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100 

         ↓

      ??  / ?? 

         ↓

貸倒引当金繰入  1,100/貸倒引当金  1,100

になると思うのですが何が入るのでしょうか?






ちなみに
「当期分の売掛債権は貸倒引当金の取り崩しはできない」
暗記しているんですが間違っていますか??




あと
精算表の勘定科目欄に「貸倒損失」があることはあり得ないのですか?




よろしくお願い致します。

いつもお世話になっております。



精算表の問題で仕訳の回答がなく、解からないのでご教授願います。


問題

期末修正事項

受取手形と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒を見積もる。貸倒引当金は期末残高に実績法(補充法)によって計上すること。

売掛金    借方 65,000 
受取手形   借方 40,000
貸倒引当金  貸方 1,000


65,000 + 40,000 * 0.02 = 2,100


この「2,100」の仕訳ってどうなるのですか??


貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100
です...続きを読む

Aベストアンサー

受取手形と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒を「見積もる」。
ですので、まだ実際に貸し倒れたわけではありません。
あくまで翌期に貸し倒れが生じることを予想するだけです。
ですので、「貸倒損失」は発生してませんし、「売掛債権」も減少してません。

よって・・・・
 貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100 
この仕訳は必要ありません。
(これは期中に貸し倒れが「実際に発生」したときの仕訳です)

で、本問の場合、「見積もった額」が2,100円ですよね。
しかし今回は「補充法」ですので、すでに貸倒引当金が1,000円設定されているはずです。
最終的に2,100円の貸倒引当金が計上されればいいので、2,100-1,000=1,100円だけ繰り入れることになります。
だから
貸倒引当金繰入  1,100/貸倒引当金  1,100
なのです。

ちなみにこれが「洗替法」なら
貸倒引当金繰入  2,100/貸倒引当金  2,100
貸倒引当金  1,000/貸倒引当金戻入  1,000
となります。
(まだ勉強してなかったら気にしないでください)

受取手形と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒を「見積もる」。
ですので、まだ実際に貸し倒れたわけではありません。
あくまで翌期に貸し倒れが生じることを予想するだけです。
ですので、「貸倒損失」は発生してませんし、「売掛債権」も減少してません。

よって・・・・
 貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100 
この仕訳は必要ありません。
(これは期中に貸し倒れが「実際に発生」したときの仕訳です)

で、本問の場合、「見積もった額」が2,100円ですよね。
しかし今回は「補充法」です...続きを読む

Q売上と費用の計上の仕方

会社設立の登記業務を受けたときに、報酬が4万円で15万円が法務局に支払う登録免許税。その他謄本代として4千円をまとめて登記する前に領収したときに、売上を19万4千円で計上して、それぞれの費用を支出で計上していたら売上だけが膨らんだ状態で実勢に合いません。
売上は報酬の4万円その他の費用は預かり金あるいは立替金で計上するものでしょうか??
売上の計上の仕方、費用の科目はいづれが正しいものでしょうか

Aベストアンサー

借方 現金    194,000円

貸方 売上     40,000円
    預かり金 154,000円

(謄本代金を支払ったとき)

借方  預かり金    4,000円

貸方   現金     4,000円

摘要欄に「○○様分、謄本代金」としておき、後日明細を作成するときに参考に。
こんな感じでしょう。

立て替えて支払う代わりに現金を受取ってるだけですから、売上にしてしまうと計数が大きくなってしまいます。
売上が多いと財務諸表としては格好良いかもしれませんが、消費税の課税事業者判定で不利です。
仮に登録免許税だけで一年間合計が1,000万円越えたら、課税事業者になります。やってられませんよ。

Q決算整理仕訳について

最近簿記2級の勉強を始めました。
以下の問題の期末商品帳簿棚卸高を仕入勘定から繰越商品勘定に振り替える処理の流れが良くわかりません。

以下の資料によって、決算整理仕訳をしなさい。なお、当社は低価法を採用している。
当期売上高   \55600
期首商品棚卸高 \14500
当期商品仕入高 \41500
期末商品棚卸高 帳簿棚卸高90個 @\160(原価)
        実地棚卸高82個 @\132(時価)

■解答
借方       |貸方
仕入    14500 |繰越商品 14500
繰越商品  400  |仕入   400 ←正解は14400
棚卸減耗費 1280 |繰越商品 1280
商品評価損 2296 |繰越商品 2296

ここで、私は期末商品帳簿棚卸高を仕入勘定から繰越商品勘定に振り替える処理の計算を
期首商品棚卸高+当期商品仕入高-当期売上高
としました。

解答までの計算方法がわかりません。
どうぞ、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の決算仕訳は商品を3分法で記帳している時の「売上原価」を求める為の仕訳です。
そして、この場合の売上原価は「仕入」勘定にて算出いたします。

説明を単純にする為にこの会社はA商品だけを扱っているとしますと
 (1) 期首に100個ありました
 (2) 期中に200個仕入れました
 (3) 期中に250個売れた
 (4) 期末に50個残っていました
売上原価は「250個×単価」となります。
ここで、売れた個数250個は 100+200-50 でも算出できる事を確認してください。この式自体が仕入勘定の増減を表します。
そうすると、仕入勘定には既に(2)に対する仕訳は済んでいるので
(1)は 仕入/繰越商品 の仕訳を起こして、仕入勘定のプラス
(3)は 3分法なので仕入勘定には関与しない
(4)は 繰越商品/仕入 の仕訳を起こして、仕入勘定のマイナス
斯様な仕訳を必要とするのです。
ですから、『期首商品棚卸高+当期商品仕入高-当期売上高』は、別の内容と混同した上での覚え間違いです。
[低価法が絡むから「売価還元法」あたりかな~]

棚卸減耗と商品評価損は説明不要ですよね。

ご質問の決算仕訳は商品を3分法で記帳している時の「売上原価」を求める為の仕訳です。
そして、この場合の売上原価は「仕入」勘定にて算出いたします。

説明を単純にする為にこの会社はA商品だけを扱っているとしますと
 (1) 期首に100個ありました
 (2) 期中に200個仕入れました
 (3) 期中に250個売れた
 (4) 期末に50個残っていました
売上原価は「250個×単価」となります。
ここで、売れた個数250個は 100+200-50 でも算出できる事を確認してください。この式自体が仕入勘...続きを読む

Q売上をあげるため…

友人のバイト先の売店(普通のコンビニの半分くらいのスペース)での話ですが、売上をあげるために、レジでいちいち20、30円の物でもいいから「こちらも一緒にいかがですか?」と声をかけるよう指示されたそうです。

私はいちいちそんな声をかけられたら ウザイなぁ…と返って敬遠してしまいそうに感じたのですが、みなさんはどう思いますか?

売上アップになると思いますか?

Aベストアンサー

アルバイトではありますが、色々な商品の販売業務を経験した者です。

似たような販売方法を指示されたことも何度かありますが…

僕の考えを述べます。

その場の売上には繋がることもあるでしょうが、いちいちそんなことを言われるようでは客足は遠退き、結果的に売上減に繋がると僕は考えています。

特典や割引とかがついていたり、新商品でカウンターにポップを出してる商品とかならまだ勧めやすいし抵抗ないんだけど、そんなもん全くない商品を勧めるのは自分が客の時でも鬱陶しいし、販売側の立場でもやりたくありません。

逆に言えば、そのような場合、どういった販売手法をするべきかをお店がスタッフに教育すべきかも知れませんね。

Q合併財務諸表の剰余金からの期首繰越商品内部未実現利益の控除(簿記2級)

簿記2級の本支店会計のところを勉強しています。

合併貸借対照表で剰余金の欄から期首の繰越商品の内部未実現利益の額を控除しないと数字があわないのですが、なんでなんでしょうか。。損益計算書の欄で期首の繰越商品の欄を記入するときに、内部未実現利益を控除する影響もあるんだろうと、なんとなくはわかりますが、はっきりとした理由がわかりません。

うまく説明してくれる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の内容がよくわからないのですが、おそらく合併貸借対照表と損益計算書を作る段階で、期首の内部利益の処理が間違っているのではないでしょうか。

貸方の剰余金から控除して合うのであれば、借方の勘定も間違っていると思います(おそらく商品勘定)。
また合併損益計算書の
期首棚卸資産は内部利益控除後になっていますか?
期末棚卸資産は内部利益控除後になっていますか?
上記の項目のどこかが間違っていると思います。

合併関係は、最後には内部利益をすべて控除した内容の財務諸表を作成します。ですから、結果的には
控除前利益+期首内部利益-期末内部利益=外部公表用の利益
となります。

また、本店支店別の帳簿上は内部利益を控除せずそのまま計算します。ですから
上記の控除前利益=本店損益計算書利益+支店損益計算書利益
となります。

本支店関連は問題を解くにあたって、本店の計算をしているのか、支店の計算をしているのか、会社全体のの計算をしているのか、を念頭において解くと早く実力がつきます。頑張ってください。


人気Q&Aランキング