現在、私(21歳, 大学4年, 来年就職)は母と2人で母方の実家(東海地方)で生活しています。父に多額の借金があり、その時は親戚等から借りて全額返済した後、4年前に離婚しました。その父は賃貸アパートで生活しています。
しかし、今回再び200万円程の借金が判明し、父の身内と相談し父が自己破産する事にしました。
ただ、借金も今回で2回目ですし、最近は連絡も殆ど取っていません。正直な所、私も嫌気がさしており、実質的に親子の縁を切りたいと思っています。(法的にはできませんが)

現在もほぼ縁切りに近い状態となっており、父の死さえ知らせてもらえれば良いといった状況です。
そうすれば3ヶ月以内に相続放棄の手続きを取れば事は終わりますので。
しかし、私も就職で東京に行くこともあり、生前の相続放棄ができない事は民法上決まっています。
死亡又は相続を知った日から3ヶ月以内に相続放棄の手続きを取れば問題ないと思いますが、"相続を知った日から"というのが様々な判例があって、もしかして時既に遅しとなってしまう心配をしています。
そこで、仮に死亡を知らず、時間が経過してしまった場合でも、相続放棄(同等の内容に該当する事)はできないでしょうか。

調べた所、遺留分を家庭裁判所で放棄し、公証役場で私と父の同意の元、子に財産を相続させない旨の遺言を書けばよいという事が書かれていたのですが、これで本当に有効なのでしょうか?父の同意はほぼ間違いなく得られ、できれば学生の今のうちにしておきたいと思っています。
また、私は工学部で法律の知識は全くありませんが、手続きは個人でできるものなのでしょうか?
お分かりの方、ご意見を下さると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問者様に何も相続させないと遺言して、あらかじめ遺留分を放棄して預貯金などの積極財産を


相続しない相続人に対しても、債権者は借金や未払い金などの請求することができます。
何も相続していなくても「法定相続人」であるということに変わりがないからです。
結局遺留分の放棄をしていても、被相続人の債務を逃れるためには相続放棄(相続人でなくなる)が必要となってきます。

被相続人の死亡から長時間経過して相続放棄をする場合、申述書を提出した後、家庭裁判所からどうして被相続人の死亡を
知ることができなかったか、被相続人と申述人との間に生前にどのような交流があったかなどの説明を
書くような用紙が送られることがあります。
質問者様のように、両親の離婚後交流がなかったというのはよくあることですので、事実の通りに書いて送れば、
特段問題はないように思いますが、いざそのような事態になった時は、家庭裁判所(被相続人の最後の住所地を
管轄する裁判所)に電話ででも相談してから手続きをされるようにしたらいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。結局、法定相続人であることには変わりがないので、遺留分の放棄や遺言でもだめということですか。

それならば、今のうちにいざ相続放棄をしなければならなくなった時にどう手続きを取るかをきちんと確認しておき、迅速に対応できるようにしておくことが今できることですね。
色々調べた所、相続放棄を専門でやられている司法書士事務所もあるようなので、そうした所も調べておき、万が一の時に備えておこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 23:14

 相続放棄は三か月の熟慮期間内に家庭裁判所に申述しなければなりません。


 そしてこの三か月がいつから始まるのかですが、これは被相続人の死亡の事実を知った時に加えて、それによって具体的に自分が相続人となったことを知ったときです。また場合によっては相続財産の全部または一部を認識した時又はこれを通常認識すべき時です。

 つまり、仮に被相続人の死亡を知らず、時間が経過していても相続放棄はできます。死亡の事実を知らないうちは三か月の期間がスタートしないからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
死亡の事実を知らないうちは三か月の期間がスタートしないからです。
ということで、この辺りが相続放棄手続きの肝となると思います。ただ、死亡から3ヶ月以内でない場合でも、司法書士事務所に依頼すれば特段の事情(被相続人の財産を使った等)が無ければ、債権者からの支払い督促状等を持って相談に行けば大丈夫そうなので、手順の確認と相談の準備をしておけば大丈夫だと思いました。

お礼日時:2009/05/24 23:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借金の相談

借金の相談をしたい場合まずはどこに相談すればよいですか?よろしくお願いします。とりあえず借金のない生活をしてみたいのです。

Aベストアンサー

借金の困り度で行き先が異なります。

◎取り立てや催促の電話などで精神的に参っている場合。
→弁護士さんに相談されることをお勧めします。
弁護士介入により金融機関が直接取り立てることが出来なくなります。

◎それほどでもない場合。
→消費者センター、行政の無料相談室、金融機関、FP。
金融機関と友好的な場合は直接ローン返済方法を相談し、
無理がなく早く返す方法に変えるのが一番良いですよ。

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/map/

Q父の相続を放棄すれば祖父の相続も放棄することになるか

私の父が最近亡くなりましたが、相続財産の中に祖父名義の土地が含まれています。祖父は40年ほど前に亡くなったのですが、おじおばの間で話がこじれ父が亡くなる前には決着がつかなかったのです。祖父の相続争いには巻き込まれたくないので父の相続を放棄しようと思うのですが、これで祖父の相続争いから抜けることができますか。それとも父が祖父の相続を普通承認しているのでいまさら放棄できないのでしょうか。また放棄できるとしたら相続放棄の申述書には父と祖父の両者の名前を書いておいたほうが無難ですか。

Aベストアンサー

亡父の相続を家裁で放棄することによって、お察しのように
すでに亡くなっている亡父の父(祖父)の相続手続きから
離脱できます。

これにより、残った亡父の相続人が祖父の遺産分割の
テーブルにつくことになります。

Q借金問題について弁護士に相談する予定です

知人が借金問題について弁護士に相談する予定ですが、弁護士に相談するのは初めてなので分からない事ばかりで困っています。

任意整理し少しでも借金の額が減らせればと思っていますが、借金の減額分以上に弁護士費用にかかってしまうという事があるのでしょうか?

違法な金利の借金などはある程度期待できると思いますが、法律で定められた金利を守っている消費者金融でも減額できるのでしょうか?

まずは、市役所等の無料相談所に行く予定ですが、騙されて出来てしまった借金なので自分もこういう場を使いサポートしてあげたいと思っているので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。任意整理の依頼をしても、弁護士費用で結局マイナスになるのではないか…というのは、ごもっともな意見だと思います。わたしも、そういう疑問は持っていました。

しかし、任意整理というのは、利息制限法に違反している金利分をカットするだけではなくて、任意整理後の利息も全てカットして返済することになりますので、将来にわたって返済する額がかなり減ることになります。

実際、私も以前法律事務所に勤めておりましたが、任意整理をしなかったほうが、得だった!という例は皆無でした。

なお、法律で定められた金利を守っている会社さんについては、確かに引き直し計算をしたとしてもほとんど返済額が減る事は内と思います。ただ、任意整理をすることによって、将来の金利を全てカットすることができるのは、得になると思います。

ただ、利息制限法を守っている会社といっても、守り始めたのはつい最近の話ですので、それよりずっと以前から借入れをしている場合には、引き直し計算をすることに大きな意味が出てきます。

参考までに、弁護士に依頼して任意整理をした場合に、本当に得なのかどうかについて記載しているサイトがありましたので、掲載しておきます。
http://www.ninniseiri.com/futan.htm

まずは、市役所の無料相談でもいいですし、法テラス(http://www.houterasu.or.jp/)というところで無料相談をしてみてもいいと思います。

最近では、様々な法律事務所さんで無料相談を行なっているところがありますので、それらも利用して、一番いい事務所さんを見つけてくださいね。

それでは、がんばってください!

こんにちは。任意整理の依頼をしても、弁護士費用で結局マイナスになるのではないか…というのは、ごもっともな意見だと思います。わたしも、そういう疑問は持っていました。

しかし、任意整理というのは、利息制限法に違反している金利分をカットするだけではなくて、任意整理後の利息も全てカットして返済することになりますので、将来にわたって返済する額がかなり減ることになります。

実際、私も以前法律事務所に勤めておりましたが、任意整理をしなかったほうが、得だった!という例は皆無でした。

...続きを読む

Q父が他界し相続放棄しました。使用者が父名義の車があります。知人に話すと相続だと言われました。もう一度お聞きしたいのですが

父が借金を残し他界しました。
それで、母、姉、私の3人は相続放棄しました。
先日、自動車税の案内が来ました。父名義の案内です。
父は、生前障害をもっていましたので、減税のお知らせです。そこで問題なのですが、私たちは、相続放棄したので、
父名義の税金は払えないのですが、ローンで買った
車があります。ローンで購入しましたので所有者は
自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は
母親名義で購入しました。出来れば使用者である
父の名義を変更して使いたいのですがそうすると
相続にみなされるのでしょうか?
それともローン名義は母親ですが相続放棄をしましたので
所有者である車屋さんが、車を引き上げて行ってしまうのでしょうか?
ぜんぜん見当がつきませんので、税務署も休日で聞けません。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実質的な所有者(購入者)はローンを組んだお母様です。自動車販売店は担保として所有権を保留しているに過ぎません。使用者であったお父様が亡くなったので使用者の変更登記は必要でしょうが、お父様の財産ではありませんので相続には関係ありません。
自動車税は4月1日現在の使用者で課税されるので、その時点でお父様が亡くなっていたのであれば納税者は実質的な所有者であるお母様であり、障害者でなければ減免は受けられないでしょう。詳しくは自動車税事務所に聞いてください。連絡先は通知書に書いてあるはずです。自動車税は都道府県税なので、国の機関である税務署は関係ありません。
使用者の変更登記は車検証を発行した陸運支局又は自動車検査登録事務所で行います。ディーラーや車検場に代理を依頼してもよいでしょうが、ご自分で手続きすることもできます。

Q妹の借金問題で相談です。

妹の借金問題で相談です。

妹は18歳の時に5歳年上の人と結婚しました。
子供ができてしまったので結婚したという感じでしたが
仲良くうまくやっていると思っていましたが
最近になって離婚を考えていると言い出しました。

話を聞いてみると
その旦那がクレジットカードで買い物をしてしまうらしく
支払いを妹に全部させるそうなんです。
もちろん支払いできる範囲の買い物ではないそうです。
本当にひどい男だなと思いますが
生活費を渡しているのだからやりくりして
足りないならバイトをして支払っといて
と軽く言われ7年もそんな生活を続けていたそうなんです。
二人とも若ですから当然給料がよいわけもありません。

足りない分は自分の名前で借金をして支払いをしていたようで
旦那のクレジットカードは一度も遅れることなく
きちんと支払いができている状態ですが
妹には借金ばかりが増えてしまっている状態になってしまったそうです。
もちろん旦那はその事実をしらずまたカードはもう何年も使い続けているようです。

もっと早く相談してくれたらよかったのに・・・
そのことを知り本当にびっくりしています。
何とかしてあげたいと思っているのですが
私も主婦で収入もないですし貯金もそんなにはありません。
子供もいるので借金を肩代わりしてあげることはしたくてもできません。

もうこうなってしまっては借金の整理をしないと
今後の妹の人生を考えると本当にかわいそうでなりません。
そこで相談なのですが
無料で借金問題を相談できるところを教えてもらえないでしょうか?
借金で悩んでいる人につけこんでくる詐欺もあると聞き怖くなりました。
安心できるところに相談をして
借金問題をなんとか解決してあげたいと思っています。
今までに相談をしてみてよかったところなどあれば
教えてもらえないでしょうか?
これ以上、妹に苦しい思いをさせたくないです。
どうかよろしくお願いします。

妹の借金問題で相談です。

妹は18歳の時に5歳年上の人と結婚しました。
子供ができてしまったので結婚したという感じでしたが
仲良くうまくやっていると思っていましたが
最近になって離婚を考えていると言い出しました。

話を聞いてみると
その旦那がクレジットカードで買い物をしてしまうらしく
支払いを妹に全部させるそうなんです。
もちろん支払いできる範囲の買い物ではないそうです。
本当にひどい男だなと思いますが
生活費を渡しているのだからやりくりして
足りないならバイトをして支払っといて
と軽...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
#3さんの言うように、相談者さまが気を揉めても何も解決は
しませんよ。
悪く言うようですが、結局、相談者さまの妹さんが旦那の言われるままに
借金までして支払いをし続けたことが原因です。
もちろん、それに甘んじて買い物などをした旦那が一番悪いですが・・・

お金の問題はいくら夫婦関係でも関係を悪くしてしまいます。

妹さんに旦那さんに強く言えるように、(カードを使わないようにとか)
助言することが先です。

借金をしていることも伝えないとです。(あなたのせいでなど)

それをしないと借金を整理しても、また同じ事の繰り返しになるのでは・・・

無料相談は皆様が言われているように市、区などにもあります。
私が、借金の整理をしょうかと思った時に相談したところも無料です。

しかし、相談をされるのは相談者さまではなく、
妹さんご本人でしたほうがいいですよ。

本人のためです。
相談者さまも、心を鬼にして頑張ってください。

参考URL:http://soudan.rash.jp/

Q父が死んで1年後多額の借金発覚。相続放棄は可能?

父の死後1年が経ち、長男が父に借金があることを打ち明けました。
この場合、相続放棄はもうできませんか?

Aベストアンサー

配偶者は必ず相続権者です。相続割合も一番大きい。
子がいれば1/2.
子がいなくて夫の親が存命なら2/3.
夫の兄弟しかいない場合は3/4相続します。

Q借金返済や過払金などの相談で、弁護士や司法書士の方々はどのように収益を

借金返済や過払金などの相談で、弁護士や司法書士の方々はどのように収益を得るのでしょうか。
最近、借金問題にかかわる相談を受け付けている弁護士や司法書士の広告がやたら目に付きます。電車の中や新聞広告。さらにはテレビのCM。かなりの数の事務所などがやっているようです。このような高額の広告費を遣ってでも採算は取れるのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

広告がやたら目に付きます。

>そんだけおいしい仕事ってこっちゃ。

借金問題の場合は過払いの金額から報酬が取れるやん。
案件として簡単な部類やし、リスクも少ないのよ。

Q父が他界し相続放棄しました。使用者が父名義のあるんですが・・・

父が借金を残し他界しました。
それで、母、姉、私の3人は相続放棄しました。
先日、自動車税の案内が来ました。父名義の案内です。
父は、生前障害をもっていましたので、減税のお知らせです。そこで問題なのですが、私たちは、相続放棄したので、
父名義の税金は払えないのですが、ローンで買った
車があります。ローンで購入しましたので所有者は
自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は
母親名義で購入しました。出来れば使用者である
父の名義を変更して使いたいのですがそうすると
相続にみなされるのでしょうか?
それともローン名義は母親ですが相続放棄をしましたので
所有者である車屋さんが、車を引き上げて行ってしまうのでしょうか?
ぜんぜん見当がつきませんので、詳しい方よろしく
お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず,相続全般について書かせていただきます。

◇「相続税法」
・「相続税法」には,相続税と贈与税の二税目が規定されています。(相続税法第1条の3,第1条の4)
 
・相続税は,所得税を補完するために設けられています。死亡した方の残した財産は,その死亡した方の個人の所得からなっている部分に関しては,生前は所得税が課税されています。しかし,その財産の中には所得税が課税されていないもの(土地や建物などですね)が含まれていますのでそこで,その方が死亡した時点におけるその方の財産について,所得税を補完する形で相続税が課税されます。

・贈与税は,相続税をさらに補完するために設けられたものです。
 相続税は亡くなった方の亡くなった時点での財産に課税する事から,亡くなる以前に他人に無償で移転してしまえば,相続税を課税回避できてしまう事になります。そのため,相続税を補完するために贈与税があります。

◇「相続」,「遺贈」,「贈与」

・「相続」はこれは人の死亡によってその亡くなった方(被相続人)の財産に属していた一切の権利義務を,その亡くなった方と一定の血族関係にある方や配偶者(相続人)が包括的に承継する事をいいます。

・「遺贈」とは,遺言による財産の無償の譲渡をいいます。これは,死亡した人の意志に基づく財産の無償移転形態であり,包括遺贈と特定遺贈があります。

・「贈与」とは,当事者間の意志により,一方(贈与者)の財産を無償でもう一方(受贈者)に移転させる事をいいます。これは贈与者が無償移転する意志を示し,受贈者が受諾してはじめて成立します。

◇「相続税」
・「相続税」の対象になるかどうかは,財産の移転が一方的な行為であるかどうかで決まります。

・「遺贈」については,遺言という一方的な行為であり,遺言者の死亡によって効力が発生します。したがって,相続税の取扱いとなります。

・一方,「贈与」については,当事者間の意志により成立しますから,相続税の対象にはなりません。

--------------
 以上から,

>ローンで購入しましたので所有者は自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は母親名義で購入しました。出来れば使用者である父の名義を変更して使いたいのですがそうすると相続にみなされるのでしょうか?

・この車の所有者は,現時点ではローンが終わっていないことから自動車販売店です。
 つまり,お父様の財産ではありませんから,そもそも相続財産ではありませんので,相続の対象にはならないです。使用者の名義変更をされるだけで足ります。

 こんにちは。

 まず,相続全般について書かせていただきます。

◇「相続税法」
・「相続税法」には,相続税と贈与税の二税目が規定されています。(相続税法第1条の3,第1条の4)
 
・相続税は,所得税を補完するために設けられています。死亡した方の残した財産は,その死亡した方の個人の所得からなっている部分に関しては,生前は所得税が課税されています。しかし,その財産の中には所得税が課税されていないもの(土地や建物などですね)が含まれていますのでそこで,その方が死亡した時点におけ...続きを読む

Q借金の過払い金を弁護士に相談していますが、 実際に相談する際にはどこが良いなどありますでしょうか?

最近CMで借金の過払い金を弁護士に相談などやっていますが、
実際に相談する際にはどこが良いなどありますでしょうか?

ネットで検索するといっぱいあって
どこがいいのか迷ってしまう感じです。

借金で首が回らず、債務の整理を考えていますので、
実務的なところを探しております。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は1年前に債務整理をしてもらったのですが、
ここでお願いしました。

→ http://h7i1.com/ykaht96d

匿名で簡単診断をした結果、
最寄の専門の弁護士を斡旋してくれますので
安心です。

よく事務所単体でやっているところもありますが、
あればお勧めしません。

その事務所と相性が悪い場合、それで終わりですので。

ここでは、弁護士も変えてもらえますので、
臨機応変にあなたの借金と向き合うことができます。

弁護士さんへの報酬も出来高なので
心配することは無いです。

昨年、私がお願いしたときも80万円の過払いが発覚し、
そのうち10万円を弁護士さんにお支払いし、
70万円を毎月減額することができました。

結果、毎月の返済額も14万円から8万円に減額できましたので、
生活に余裕が持ててすごく楽になりました。

無料相談できますので、
まずは専門家の意見も聞いてみてはいかがでしょうか?

Q両親が知人から借金しました。父は亡くなり、相続放棄したのですが・・・

10年前に両親が両親の知人から借金していたんですが、今になって口頭弁論呼び出しの通知が届きました。
父は8年ほど前に亡くなり 私と妹と母は相続放棄の届出をしました。

なのにその通知の内容は 三人で分けて支払えというものです。
 両親が手書きで書いた借用書のコピーも同封されていましたが ただのレポート用紙に書いてあり 毎月末日に銀行振込みで返済します。という内容です。最終返済期日は書いてありません。

一つ目の質問なんですが相続放棄をしているのに 払わなければならないものなんでしょうか?

それと、もう一つの質問なんですが、家族全員の戸籍謄本・・・・だけならまだしも 私の前夫(19年前に離婚)と 現在の夫の戸籍謄本まで送られてきました。これにはなんの意味があるんでしょうか?前夫が現在どこに住んでいて なんという方と再婚されたかなんて関係あるんでしょうか?
そしてこれらは 誰にでも取り出せるものなんでしょうか?

乱文で申し訳ありませんが 詳しい方 どうか回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

「ご両親」の借金ということであれば、たとえお父様の遺産を放棄したとしても、ご自身の支払い義務が残っている可能性があります。


それから、相続放棄は、家庭裁判所で、正規の手続きを取って行われたのでしょうか。

そうであれば、少なくともあなたと妹は心配する必要はありません。


債権者は、あなた方が債権放棄をしたのかどうかまで調べて提訴するのではありません。

また、裁判所も、訴状を受けた段階では、書面審査だけで、手続きを始めます。

なので、最初の弁論時に、相続放棄したことを表明すればそれで、大丈夫です。


なお、相続を放棄すると言うことは、債権・債務「全て」を放棄すると言うことです。

放棄した後に、お父様の遺産の中の財産価値のあるもの(現金や不動産)を消費したり処分した、ということはないでしょうか。

その場合は、放棄はなかったものになりますので注意が必要です。


戸籍謄本の件ですが、債権者が裁判所に提出したものがそのまま送られてきます。

債権者は、お父様の相続人を調べるために、相続人となる可能性のある人が掲載されている戸籍謄本を全て集めます。

まあ、今回の場合は、元夫の現在の戸籍謄本は裁判所に出す必要はないと思われますが、債権者が出したので、裁判所は送ってきたというところでしょう。それ以外に他意はないと思います。


また、戸籍謄本の入手については、原則として請求人は戸籍に記載されている人ですが、その他の人も一定の理由に該当する場合は、請求することができます。

裁判所に提出する場合も、これに該当します。


最後に、質問内容から判断すると、お母様の借金返済義務が残っているような気がします。

借金の内容によっては、少しややこしい話になりますので、一度弁護士に相談された方が良いと思われます。

「ご両親」の借金ということであれば、たとえお父様の遺産を放棄したとしても、ご自身の支払い義務が残っている可能性があります。


それから、相続放棄は、家庭裁判所で、正規の手続きを取って行われたのでしょうか。

そうであれば、少なくともあなたと妹は心配する必要はありません。


債権者は、あなた方が債権放棄をしたのかどうかまで調べて提訴するのではありません。

また、裁判所も、訴状を受けた段階では、書面審査だけで、手続きを始めます。

なので、最初の弁論時に、相続放棄したこ...続きを読む


人気Q&Aランキング