シリコンウェーハに光をあて、止めた時の様子を見て、不純物により小数キャリアのライフタイムが短くなる。ということがわかったのですが、
なぜ不純物が混ざると少数キャリアの寿命は短くなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

SQUID(古い手法です)でキャリアの性格を解析することをお薦めします。


もっと新しい手法があればそちらを使って下さい。
私の物理化学の実験手法は三十年前のものですから。(汗;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたがありがとうございました

お礼日時:2009/10/04 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引っ張り強度の単位はlbsですか?

引っ張り強度、単位はlbsですか?
英語の物性表を解読しています。
その中で、
「Tensile Strength, lbs, normal 410×355(warp × fill)」
と記述があります。
訳すと「引っ張り強度」の記述がされていることは分かるのですが、単位がlbs(ポンド)になってます。
この数値をkgに直すには単純に「1lbs=0.4536kg」で
「410lbs × 355lbs」=「185.976kg×161.028kg」
と解釈したので宜しいのでしょうか?
どなたか詳しい方、ご教示ください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

lbs単位での引っ張り強度の単位は通常はlbs/in^2となります。

ご質問のケースでは複合材の補強布帛または布地の強度を指していませんか?
UKのHPで Tensile strength of Jacketing Composite, Warp: 410 lbs/in
(3664N/50mm), Fill:355 lbs/in(3137 N/mm) というのを見つけました。
これは布地の長さ当たりの力と解釈できます。
他に、単に lbs だけの引っ張り強さ表示も有りました。このケースではどこかに
サンプル形状が記載されていると思われます。

したがって
「Tensile Strength, lbs, normal 410×355(warp × fill)」は
引っ張り強度 lbs、(サンプルサイズ)通常、warp 410, fill 355 と
解釈できませんか?

Q銅の電解回収時、不純物Biの塩化物添加による除去法について

銅を電解法によって回収するとき、不純物であるBiを除去するために、塩化物を添加してBiを沈殿させて(BiOCl?、BI(OH)3?)取り除く方法があるみたいです。どうやら塩化物添加がポイントらしいのですが、詳しいことわかるかたいますか?参考になるHPとかあれば教えて欲しいです。

Aベストアンサー

多分.BiO(OH)の溶解度とCuClの溶解度の違いを使っていると思います。
化学便覧基礎編.表7.84無機化合物の水に対する溶解度.p792.手持ちは1975年番。
電解精錬では.金属を電解でかようかして.でんせきさせることにより精製されます。溶けた目的金属が無機錯体などの電極反応が可能な状態を保ち.かつ.不純物を沈降させ分離します。ですから.おそらく.溶解度を使ったものと思われます。

だれか1990年ごろに日本化学会(たしか.神戸.北海道かも)で溶解度関係の報告をしていたかと思います。

Q米国では何故いまだにlb-ft系単位が主流?

このカテゴリーで良いか迷いました。
タイトル通りなのですが、米国では何故いまだにlb-ft系単位が主流なのか本当に理解できません。一般生活で使う分にはまだ良いと思いますが、工学分野等でまだまだlb, ft, inch・・・が幅をきかせています。
いい加減SI単位に移行しても良いと思うのですが、何か特別な事情でもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ディスカバリーチャンネルの科学ドキュメンタリ番組を見ていると、時たまメートル法で表現している場合もあることに気付きます。まあ徐々にではありますがメートル法を使おうという動きもあるようです。

先進国では英国・米国だけが最近まで「ヤード・ポンド法」を使ってましたが、英国は1995年にSI単位系に移行し旧単位系の使用を禁じました。
しかし米国は100年以上前にメートル条約には真っ先に加盟しているのに、旧単位系の使用を禁じる法律を作っていないので未だに常用されているのが実情のようです。

「何故いまだにlb-ft系単位が主流なのか」については、ANo.1さんの回答にあるように「不便を感じていない」からではないかと私も思います。

以下は推測なのですが、メートル法への移行には、メジャー類はもちろんのこと、小はネジ類から大はビルや橋まであらゆる工業製品の製造過程から規格変更しなければなりませんから、儲け第一の企業にとっては、商売が出来ている間は出来るだけ先送りしたいわけですよね。
そこを法律で禁じてメートル法に移行させるには、強い政治的指導力が必要でしょうが、今のように大企業の利益代弁者が次々と大統領に選び出されてくる間は、まず期待できないような気がします。

今は軍事力を後ろ盾に世界規格にあわない製品でも無理矢理各国に売りつけて威張っていますが、将来アメリカ合衆国の国力が落ちて強引な商売が出来なくなれば、おのずと世界標準に移行するのではないでしょうか。

ディスカバリーチャンネルの科学ドキュメンタリ番組を見ていると、時たまメートル法で表現している場合もあることに気付きます。まあ徐々にではありますがメートル法を使おうという動きもあるようです。

先進国では英国・米国だけが最近まで「ヤード・ポンド法」を使ってましたが、英国は1995年にSI単位系に移行し旧単位系の使用を禁じました。
しかし米国は100年以上前にメートル条約には真っ先に加盟しているのに、旧単位系の使用を禁じる法律を作っていないので未だに常用されているのが実情のよ...続きを読む

Qプロパンガス中の不純物

高純度の無機物を乾燥させる必要が生じました。
現在はプロパンガス(LPG)を使う設備しかないのですが、ガスを燃焼させて乾燥させたとき、ガス中からどんな不純物が発生する可能性があるでしょうか。そして、その不純物はどの程度発生するのでしょうか。

Aベストアンサー

BOB-RooKさんのご指摘どおり、メルカプタンが添加されています。
プロパン自体は無臭ですが、漏れた時にわかるように臭いがつけてあります。

学生時代、tert-ブチルメルカプタンを使ったことがありますが、燃料ガスの臭いそのものでした。おそらくtert-ブチルメルカプタンが使われていると思います。

メルカプタンが燃焼するとSOxになりますね。水分を吸って亜硫酸、硫酸になることも考えられます。微量だとは思いますが。あとプロパンを燃やせば当然CO2と水蒸気は発生しますよね。

実はtert-ブチルメルカプタンを使って実験中、「ただいまガス漏れが発生しているようです、危険ですので非難してください」という放送が入り、犯人は私でしたということで学内を謝って回ったことがあります。
 このとき、ガス会社が持ってきたガス検知器は見事にtert-ブチルメルカプタンが微量入ったフラスコに反応してガス会社のひとに「原因はこれですね」と言われてしまいました。
ガス検知器ってメルカプタンに反応するんですね。余談でした。

Q単位「lbs」どれぐらい??

よく、赤ちゃんの服などにある表記なのですが「7lbs」などという表記があります。
これは日本でいうとどんな単位なのでしょう?
輸入物の服を買う時の参考にしたいので、ぜひ教えてください。
「Ozn」という単位も教えていただければと思います。

Aベストアンサー

lbsは、重さのポンド(パウンド)ですが、神話のライブラの秤が語源であるために、こんな略語になっています。
体重などなら、約500gと換算していいと思います。料理ならもっと細かい換算が必要ですねけど。パウンドケーキはこれが語源です。

後者はozでオンスではないのでしょうか?生地の厚みを表すために、洋服の表示でも使うとがあります。特にデニムなど。

Q少数キャリア密度について

P(リン)を1×10^17cm^-3ドープしたn型Siについて全てのPイオン化しているとき室温における少数キャリア密度を求めよ。

(少数キャリア密度の2乗)ni^2=N_c*N_vexp(-E_g/K_BT)
ですが式の中のE_gの値がわかりません
どうやって出せばいいのですか?

Aベストアンサー

理屈でE_g、すなわちバンドギャップの大きさを出そうと思ったらバンド計算しなければならず、プロでなければまず無理です。普通はそんな事しないで、教科書等に載っている文献値を使います。Siのバンドギャップは約1.1eVです。

Q5’11と175lbsをcmとkgの単位を変えたら、数値はどのくらいに

5’11と175lbsをcmとkgの単位を変えたら、数値はどのくらいになりますか?

きっかけは、wikipediaの英語版のサイトで、12年前に発売された某格闘ゲームの鉄拳キャラそっくりさんの裏プロフィール(おそらく、海外のファンが作りだしたもの)を見たからです。しかし、現在は既に削除されて見られなくなりましたが、この質問に対して、答えられる人がいましたら、ぜひ、回答をください。

Aベストアンサー

lbsはポンド。
その前はちょっとハッキリしませんが、流れから云えばフィートでしょう。
これらはアメリカで使われる単位です。
あとはご自分で計算してください。
※アメリカやイギリスは世界基準であるmやkgを未だに使いませんから。

Qアセトン中の不純物除去について

アセトン中に微量の還元性不純物が混入しており、これを除去する方法を探しております。

分かっていることは、不純物は低沸点成分で揮発性がある、ということです。
化学や分離操作などの教科書を探していますが、経験が浅く困り果てております。
何か、とっかかりでも構いませんので、皆様のちょっとした発想を御教授いただければ、と思い至り、初めて投稿致しました。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

どの様な経験と装置をお持ちなのか分かりませんので、多少ためらいますが。
アセトンの量が多い場合は一応分別蒸留を行います。80cm程度で数段のガラス分留塔と、塔頂に分留冷却器を付け分留します。
沸点差が大きければ容易に除けます。
不純物がアセトンよりさらに沸点が低いなら最初の留分を幾らか捨てればいいでしょう。
ガスクロをお持ちでしたら純度は直ぐ分かります。アセトンを分析するならカラムオーブンは40℃程度で良いでしょう。
カラム室は室温のままでも良いのに何故40℃にするかというと室温は再現性が無いからです。

Qlb

lb/in2のLBとは重さの単位でしょうか?

Aベストアンサー

#4(=#1)です。

質問は「lb」が何の単位かですよね。
#5様は質問を勘違いなさっているようですが、lbは質量の単位です。
ただ、この場合はlbf(重さ)の意味で使っているというだけのこと。
「lbf/in^2」(=psi)で圧力の単位です。

確かに#6様の仰るとおり、「重さ(重量)」と言った場合はスカラー(重力の大きさ)と言えるかも知れません。
ただ、ここでは「質量」と「重さ」が違うということが重要なのです。
本来「lb」は重さの単位ではありません。
(物理において重さとは重力(の大きさ)であって、単位の次元はkgではなくN(=kg・m/s^2)と一致します。)

Q不純物添加の仕方について

ZnO結晶にアルミナを添加したいんですけど上手く添加できる方法ってありますか?
できれば、添加量や添加時の温度など詳しいことをお願いします。

Aベストアンサー

え~……ZnOですか……
思いっきり研究してました(苦笑)

んで、質問は……
ほへ……?
あなたが持っている装置によります(^^;

スパッタ装置を使う手もあるし、CVDとかレーザーアブレーションとか
イオン注入とかいろいろあります。

膜形成をする場合の基板温度は300~500℃くらいが一般的なようです。

ゾル・ゲル法では難しいかも知れません。

炉しかないなら単純にZnOにアルミニウムを混ぜ込んで焼く。
温度はZnOの融点の2/3くらいの温度が適温だったはず……経験則なのですがね。
ああ、溶かせるなら溶かしたほうがいいやも知れない。

濃度は5%も添加できないんじゃないかな?

とりあえず、どこが問題なのか詳しく教えてください。


人気Q&Aランキング