最近の睡眠薬、特に市販程度のものならば酒より睡眠薬の方が安全というのをよく聞きます。
アルコール中毒関係のサイトを回ると特に・・・

試しにドリーネンという睡眠改善薬を買ったら思いのほか効きました。
寝酒代わりに使おうと思っているのですが、毎日寝酒としてお酒を飲むのと、睡眠改善薬を飲み、アルコールを断つの、単純に続けるとしたらどちらの方が危険でしょうか。
もちろん依存症というのは分かりますが、アルコール依存の体質を少しずつ改善していきたいと考えていますので、出来れば睡眠改善薬にしようかと考えているのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>>どちらの方が危険でしょうか。



当然ながら前者(毎晩寝酒)が危険にきまってます。量も増えますしね。肝硬変→肝細胞癌の流れは多いです。

>>アルコール依存の体質を少しずつ改善していきたい

専門医を受診したほうがいいです。精神科外来へ。
あなたは問題を実際より安易に考えてます。
ドリーネンの成分はジフェンヒドラミンだそうですが、その成分は風邪薬の抗ヒスタミン作用です。だから睡眠させることが主ではないです。

精神科外来で出すハルシオン(トリアゾラム)のほうがずっと効果的に利きますし(直ぐに眠くなります)早いうちに睡眠障害を改善できます。

それからアルコール依存症の解決は断酒しかない、という結論はだいぶ前に確定しています。それらの結論もおそらくサイトを回ってみて得ているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。断酒はもう決めています。
その上でドリーネンという物を試してみて効いたので、代わりに使おうとしていました。
専門医には行きたいのですが、平日は休みを取れないので当面これで凌ごうと思っていただけです。
ただ、ドリーネン自体の危険性もはらんでいるかも知れないと思ったので質問させてもらいました。

お礼日時:2009/05/24 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング