私は現在オーストラリアの大学でバイオサイエンスを専攻しているのですが、日本での就職を考えているため、日本の大学への転入を考えています。
現在3年で最終学年のみ日本で学びたいと思っているのですが、理由としては、

(1)オーストラリアに居ながら就職活動をするとなるとどうしても日本に居るよりも不利になってしまう。(インターンシップや説明会、面接時期に日本に居られないことが多い)。
海外の学生のために特別に対応して下さるところもいくつかありましたが、サイエンス系はなかなか少ないです。

(2)オーストラリアの大学では卒業研究がない。
サイエンス系の会社を受けるとなると、時間をかけた卒業研究をしていないというのは不利になると思ったため。(友人からの情報のため、卒業研究がどういったものかもはっきりとは分からないのですが。)

といのがメインです。
しかしせっかく今までなれない英語で必死に学んできたのに、日本の大学に編入、卒業することにより、自分自身ののキャリア、履歴上において就職活動時にこちらの大学を卒業するよりもマイナスになってしまうのでは、というふうにも思います。

せっかく今まで頑張ってきたのだからそのまま卒業までこちらで続けるべきでしょうか。
海外の大学卒業、というのと途中で日本の大学に編入というのとでは、見られ方として大きく異なってきますでしょうか。
アドバイスお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>現在3年で最終学年のみ日本で学びたいと思っているのですが、理由としては・・・



そもそも、日本の大学での最終学年(4年生)での編入というのはあるのでしょうか?
私の知るところでは、学士入学による、2年生からの編入しか余り
制度的にはないようですが、
留学生枠というようなもので、単位取得として
認めて、○○大学として日本の大学卒業ということに・・・なる制度が余りないのでは?

そちら方面はお調べになりましたか?
おそらく、あったとしても、
有名どころ(少なくとも、就職時に有利になるような大学という意味において)ではナイとおもわれますが。

特に、理系では実習、実験の単位認定に普通は厳しいので、
これらを同一としてみなすというのが、編入にあったって、厳しいと
おもわれます。

就職時のことよりも、編入システムそのものを先にターゲットを絞って
調査されたほうがいいです。
結果、○○大学の名前に価値ないとすると、大学卒では
意味がないでしょう。
修士として、学歴ロンダリングの再挑戦が必要です。
    • good
    • 0

そもそも4年次編入は無いのでは?海外だと互換科目の単位認定が難しいと思いますから、例え4年に入れたとしても、あと一年で卒業できるのかは別問題です。



あと(2)に関してですが、卒業研究が本格的に始まる時期には、内定がとっくに出ていると思いますので、関係無いと思います。

サイエンス系で専門就職したいなら、そっちの大学を出て、日本の大学院へ進むという手段の方がスマートだと思います。海外大学はトップ以外、それほど評価されませんので、もしトップの大学にいるのでなければ、日本に戻って来る事をそれほど恐れる必要は無いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報