車検を受けたのですが、結果を教えてもらえませんでした。どうしてなのでしょうか?

聞いても「わからない」と言われました。

車検に出したのは農協です。

点検整備記録簿(分解整備記録簿)でしか結果がわかりません。
教えてもらえないものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

すでに答えは出ていますが、車検の結果は合格か不合格のどちらかです。

新しい車検証で有れば合格です。

あと、どれだけ乗れるかなんて、誰も解りません。機械物ですので、突然壊れる事も有ります。しかし、修理をすればほぼ1生使えます。
    • good
    • 0

農協って車検もやってたんですね…知りませんでした。



どういう形で車検を通しているのかが分からないので、何とも言えませんが、農協で受付だけして、車検整備は修理工場などに外注で出しているかもしれません。
このような場合、分からなくても当然です。なぜなら、自分たちでクルマを見てないからです。
記録簿に修理工場の名前が書いてあるはずですので、そちらに聞いた方がいいと思います。

ちなみに、あと何年乗れるかという質問ですが、これは現状を維持した場合なのでしょうか?
それとも、消耗部品(エンジンオイルは勿論、トランスミッションオイル、発電機などを駆動するためのベルト類、ガソリンに点火するスパークプラグなど)を定期的に交換していった場合なのでしょうか?

具体的にあと何年となると回答が非常に難しいですが、定期的に消耗部品を交換していれば、それなりに寿命は延びるでしょうし、メンテナンスを怠れば、その分寿命は縮みます。
当然、維持費はかかってきますが…
    • good
    • 0

>車検を受けたのですが、結果を教えてもらえませんでした。


>どうしてなのでしょうか?
他の方もおっしゃっていますが、
車検が通っているので「合格」です。

>私が聞きたいのはエンジンの状態がどうか。
>(んー。あと何年くらいは乗れるかな)とか
>普通は教えてもらえないものなんでしょうか
それは、車検で回答するものではありませんし、あと何年くらい乗れるかを正確に答えることはまずないでしょう。
車には、「あと何年保ちます」というゲージはありません。
ユーザーが気付いたことを、メンテナンスの方に伝えて購入からそれまでの修理等の履歴から、「だんだんと修理費用が高額な修理の頻度が多くなったので買い替えを検討しようかな...」とユーザーが判断することになります。
今回車検に出された農協さんにいつも定期点検も含めて出しているのであれば、今回の車検というよりは、これまでの点検履歴を元に多少のアドバイスはあるかと思いますが、車検の時しか整備工場に出さない場合などはアドバイスのしようがないでしょう。
面識がない整備工場なら特にそのような質問には答えることができないでしょう。
もし、そこで「あと2年は大丈夫ですよ」と大ざっぱなことを答えたとして、1年目で故障が発生した際に、あなたはどうしますか?
「あと2年保つといったじゃないか」とクレームをつけるでしょう。
逆に慎重になって「半年くらいでも何かあるかもしれませんね」と答えるとあなたは「点検したのになんでそんなすぐに壊れるんですか?」というかもしれませんね。
そのように親切のつもりで口頭でなにか「予想」をいったとしても、聞いたほうはそれを「確定」と受取り、後に問題が発生することが多々あるので、
この場合は、「現在」の結果しか答えられないのです。

私は、自動車は購入から5000km毎のオイル交換、10000km毎のエレメント交換、半年毎の定期点検、2年毎の車検とすべて同じメーカー系ディーラーで対応してもらっていますが、それでも質問者がおっしゃるような「あと何年くらいは乗れるかな」ということについては明確な答えはユーザーに出せないのが実情です。
これまで乗り換えた車での実績と、今、乗っているのと同じ形式をお持ちの他のユーザーの故障実績等からサービス担当者や営業担当者と話しをしながら「そろそろかな...」と判断するのはユーザーである私が判断するしかありません。

また、「あと何年くらいは乗れるかな」というのは最近の国産車は部品がある期間は部品を交換することで乗り続けることができますので、事故等で大破しない限り「乗れなくなる」ことはありません。
どちらかというと修理にかかる費用と買い替えの費用、下取りの価格等を
天秤にかけて「いつが買い替え時か」ということが一般的な「乗る期間」だと思います。
これはユーザーの気持ち次第ですので、サービスマンではなんとも判断できません。

ちなみに私は、H14年式の車で 現在200000km以上乗っていて、まだ動くけど「そろそろ大きな故障が来てもおかしくないかな?」というのと「最近、新車が売れないせいか、自分が購入したい車の中古車が探しにくくなっているな...」ということで、次の候補と考えていい中古車が見つかったので買い替えを行なう予定です。
これも、結果的には ユーザーの自己判断です。
    • good
    • 0

トヨタディーラー勤務です。



ずっと営業畑なので機械は詳しくありませんが<車検>と云うのは新人メカニックがやったりする事が多い整備です。
皆さん仰有る様に車検は国からここを点検しなさいと言われている項目に沿って点検して行くものです。
NO2さんが人間ドックと云う言葉を使っていましたが人間ドックもオプションがありお金を追加すると色々な検査をしてくれますよね?
又あと何年位生きられますか?と訊いても生活習慣の個人差に依り中々判別しにくいと思います。
年齢重ねれば重ねるほど(年式)内臓(エンジンなど)も疲れて来ますし若くても(新しい車)激しい運動ばかりしていれば(過走行)マメに健康診断してあげる事だと思いますよ。
    • good
    • 0

>点検整備記録簿(分解整備記録簿)でしか



これで完璧でしょう???
    • good
    • 0

ココで何回も繰り返されている話しですが、車検は、その時に法令に適合しているかどうかを検査するだけで、車両のコンディションをチェックするような検査はしません。


ですから、車検の結果は記録簿に記載されたことが全てです。

単に車検を通すことだけを依頼したのなら
>私が聞きたいのはエンジンの状態がどうか。(んー。あと何年くらいは乗れるかな)とか
>普通は教えてもらえないものなんでしょうか
そもそも調べていないでしょうから、教えてあげたくても「教えられない」というのが正解です。

因みに、私が以前乗っていた車の場合は、車検の都度、ディーラーのサービスに「ベルト類など、次回の車検までに交換時期が来そうなモノがあったら交換しておいてね」と依頼しておいたら、「このままなら、次の車間まで大丈夫だと思います」という”見込み”を貰えましたけど・・・当然、交換部品があったときのために、それなりの費用負担は計算に入れておく必要がありますけどね。
    • good
    • 0

>私が聞きたいのはエンジンの状態がどうか。

(んー。あと何年くらいは乗れるかな)とか
車検には一切関係有りません。
そう言うモノでは無いからです。
検査を受けたときに、自動車本体と備え付け書類などに不備がないかどうかを検査するのが車検です。
で、自動車本体が検査に合格できるように点検整備をします。

つまり、
点検整備→検査→合格
と言う流れですね。

ですから、自動車の健康状態は規定内にあれば、どうでも良いんです。

試験を受けて合格した、不合格だった。それだけの話です。
この課目が何点だったは必要がないんですから。
    • good
    • 0

車検は人間ドッグとは意味が違います。


変な車が混じらないよう、保安基準に適合しているかを調べ、税金を納めることです(ついでに自賠責保険も継続することがほとんどです)。
ですんで、結果なんかありません。車検証が発行され、シールが針変わっていたら合格です。
普段何か問題があるのなら、それは車検と関係ないところでしょう。
    • good
    • 0

あたらしい有効期限の車検証が交付されているのなら、結果は「合格」です


何をして、その結果がどうだったのかは記録簿を見れば判ると思いますが、何が知りたいのでしょうか?

この回答への補足

新しい車検証は交付されています。

車検証が交付されない事ってあるのですか(もしそうだとしたら廃車になりますよね)

私が聞きたいのはエンジンの状態がどうか。(んー。あと何年くらいは乗れるかな)とか

普通は教えてもらえないものなんでしょうか

補足日時:2009/05/24 20:31
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング