予防接種法が1990年から今までにどのように変わったのか調べています。たとえば、MRワクチンの二回接種が平成二十年から始まったや、定期接種なものが任意接種に変わったなど、何でもいいので教えてくれれば助かります。参考になるサイトや本を教えてくれるだけでも十分なのでお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特許法における「本文」の意味。

特許法に限った話ではないと思うのですが、
例えば、国優について特許法41条2項に、
「第29条の2本文」といった表現があります。

実は、この「本文」という言葉の定義がよくわかりません。

条文でいう「本文」とは、
 ・但し、~~~~
 ・(~~~~)
と記載された箇所以外全ての文章を示すという
理解で正しいのでしょうか?

以上、どなたかご指導よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ただし書き(ただし、~~~~)以外と解釈するのが正しいと思います。

括弧書きは例外を示しているものもありますが、注釈の場合もあります。
例えば、特許法第29条の2では
(第三十六条の二第二項の外国語書面出願にあつては、同条第一項の外国語書面)
という括弧書きがありますが、これを無視するとおかしなことになりますよね。

Qインフルエンザ予防接種 接種量

 こんにちは。4歳児(標準体重)のインフルエンザ予防接種について質問です。

 毎年二回接種しています。今年も11月1日に1回目を接種しました。初めて行く病院(内科・小児科)でした。その際、母子手帳の備考欄に「0.3ml」と記入がありました。備考欄に何か記入されるのは初めてだったので目にとまりました。

 その後ネットで調べてみると、6歳未満であれば1回の接種は「0.2ml」ということでした。うちの子は「0.3ml」ですが大丈夫でしょうか。体調は現在何も問題がありません。

 二回目の接種を来週にも受けようと思うのですが、心配になっています。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 もし0.3ml接種していたとしても全く問題ありません。ちなみにアメリカでは3歳以上の接種量は0.5mlとなっています。なぜ日本で減量しているのか、はっきりとした根拠はないはずです。アメリカ並みの量を接種しないと効果は上がらないとの懸念もされていくくらいです。安心してください。
http://www13.plala.or.jp/y-ped/flu.htm#3

 しかし実際には接種は0.2mlだったけれども母子手帳に書き間違えた、という可能性が最も高いです。接種した医院に電話でお問い合わせください。

Q消去法だったのでまだちょっと迷ってます。本文とBはどうつながっているでしょうか

消去法だったのでまだちょっと迷ってます。本文とBはどうつながっているでしょうか

Aベストアンサー

本文が言っているのは、
・会話療法は脳の中に化学的な変化を引き起こす。
・その化学的変化は、患者の行動の改善に対応しているようだ。
・従って、いつかは薬理学的な介入により(会話療法によって引き起こされるのと同様な脳内の化学的変化を、投薬によって引き起こすことにより)効率的な治療が可能になるだろう。

この理論の流れは
「会話療法」が「脳内の化学的な変化」を引き起こし
「脳内の化学的な変化」が 「行動の改善」を引き起こす
という因果関係の流れを前提にしています。

例えば
「会話療法」が「今まで話題に出ていない変化X」を引き起こし
その「変化X」が「行動の改善」と「脳内の化学的な変化」を引き起こす
のような場合は、
薬理学的に脳内の化学的な変化を再現しても、「変化X」が起きない限り「行動の改善」はおこらないことになります。

QMRについて

このたび転職を考えています。
ある製薬会社の営業(MR)募集があったので受けてみようかと思っています。
半年間はMR取得に向けてかなり過酷なカリキュラムをこなさないといけないと知人(MRではない)に聞きました。
これと平行して実際に病院まわり等も行うのでしょうか?
また試験勉強や日常の業務内で英語の知識はどの程度必要になってくるのでしょうか?
恥ずかしながら当方まったく英語ができません。
ご存知の方がおられましたら教えてください。

なお、当方29才で文系大学卒、現在某企業内のシステム部(基幹系運用業務)にて勤務しています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MRは医療情報の専門知識とワンセットの営業力がないと難しい世界と聞いています。
単に思いつきでいけるような甘いところではないと思いますから、慎重に判断された方がよいでしょう。
参考サイトを紹介しておきます。

29歳は一般的には新しいキャリアへの曲がり角(ラストチャンス)の年齢といわれています。ミスマッチの選択をしないように注意しましょう。

参考URL:http://mr-net.org/

QDが答えですが消去法でえらべたもののDの意味と本文がどう繋がってるのかよくわからないです

Dが答えですが消去法でえらべたもののDの意味と本文がどう繋がってるのかよくわからないです

Aベストアンサー

D
約束によって発生した義務は、約束を守ることが不可能だという事実によって免除されない。

Ethicistは、一旦約束したら何があっても約束を守る義務があると、思い込んでいるようです。

しかし、そのassumptionを外して、約束した時と事情が変わっていれば、義務が解除されることがありうるということになれば、Ethicistの議論は成立しなくなります。

QMRについて

来年度、MRに採用されたんですが、どのような勉強をしておけばいいのか不安に思っています。会社にきいても、思いでを作っておいて下さいというだけで・・・・。結構遊んだので、思いでずくりも大切なのですが、やっぱりどのような基礎知識を入れておけばいいのかと不安に思います・・・。
ちなみに理系・工学です。

Aベストアンサー

とりあえず、この不況の中就職決定、おめでとうございます。

で、御質問の内容ですが、正直会社によっても違うと思います・・・。
もちろん医学、薬学関係の一般的な知識も大切でしょうが、MRさんの場合は人間関係をどう構築するか?とか言う部分も大切なわけで、その際相手が興味を持つ分野に過不足なく(このバランス感覚が大切)話を合わせられる程度の幅広い知識は、あると便利かも知れません。
何と言っても『セールスマン』ですから、顧客に気に入られないと話になりませんし・・・・・。

どっかの匿名掲示板じゃあるまいし、あまりプレッシャーをかけても何ですが、蛇足として私的な『求められるMR像』を、御参考まで・・・・
(1)自社製品に対する、良悪両方の幅広い知識がある~良い点だけならパンフレットを読めばわかる。生きた情報が欲しいのです。
(2)素早い対応~朝質問して即答を得られなかった件の解答が、2時間後に本社からファックスで医局に届いた時は本気で感動しました。
(3)嫌みではない人当たりの良さ~あまりへりくだる方は苦手ですので
(4)細かな気配り
(5)院内の裏事情に詳しいにも関わらず、それをひけらかさずに必要な時のみ必要なだけ教えてくれるバランス感覚
(6)美味しい店の確かな情報に詳しい(笑)
などなどですが、未だかつてこれら全てを満たしたMRさんは1人しか居りませんでした(つうか、居た事自体が奇跡のような、凄い人でした、あの人は)・・・・・。

もっとも、最初は『理想がどうの』どころではないでしょうから、まずは就職してから頑張って下さいね。

とりあえず、この不況の中就職決定、おめでとうございます。

で、御質問の内容ですが、正直会社によっても違うと思います・・・。
もちろん医学、薬学関係の一般的な知識も大切でしょうが、MRさんの場合は人間関係をどう構築するか?とか言う部分も大切なわけで、その際相手が興味を持つ分野に過不足なく(このバランス感覚が大切)話を合わせられる程度の幅広い知識は、あると便利かも知れません。
何と言っても『セールスマン』ですから、顧客に気に入られないと話になりませんし・・・・・。

どっかの...続きを読む

Qヤフーメールで本文だけが送信されていない

お世話になります。

友達にヤフーメールを紹介して、送受信をしたのですが、友達からのメールを開いても本文だけが表示されていません。
こちらからのメールの本文は見ることはできます。

友達のメールで自分自身に送っても本文に何も書かれていません。

送信するときにエラーメッセージがでたように思うのですがはっきりしていません。

対処法を教えてください。

Aベストアンサー

Yahoo!Mailのヘルプに「メール本文が空白になってしまう」というのがあります。

「色とグラフィック」を選択した時、本文の色を変更したりできると思いますが、意外とボタンが文字化けしたりするので、キャッシュのクリアで改善したこともありました。
参考にになればいいですが。

参考URL:http://help.yahoo.co.jp/help/jp/mail/in_trouble/in_trouble-19.html

QMRの未来

MRは来年から接待が禁止になるようです。
この情報化の時代に、ネットだけで薬の情報提供、収集をし、利益率を高める企業が出てきてもいいような気がするのですが...
今後どのような展開を見せると予想されますでしょうか?

私は、派遣で学術系の仕事をしているので、学術人員を増やし、MRを削減するというビジネスも可能な気がするのですが...
今後が気になります。

Aベストアンサー

 >今後どのような展開を見せると予想されますでしょうか?

 MRの数は増えていくでしょう。変わりに1人当たりの給料の伸びが低くなります。その中でも、スーパーMRとかハイパーMRとかカリスマMRとか呼ばれる抜きん出たMRが出てくるでしょう。そういったヒト達に企業は仕事を集めるようになり、そのヒトたちの給料も増えるでしょう。
 全体数は増えるし平均年収もそんなに変わらないけど、大多数のMRは給料が低いまま(あるいは伸びが低い)で、きわめて少数のMRが高給取りになると予想します。

 >私は、派遣で学術系の仕事をしているので、学術人員を増やし、MRを削減するというビジネスも可能な気がするのですが...

 気がするだけです。むしろ学術もできるMRを増やそうとするのではないでしょうか。

Q新会社法:所有と経営の制度上の分離についておしえてください

こんにちは。お聞きしたいことがあります。

新会社法下で「所有と経営の制度上の分離」(331条2項本文、402条本文)と教科書で
書かれています。
これは、前の所有と経営の分離とどう違うのですか?
何故、「制度上の」とつくのでしょうか?

また、かかる「所有と経営の制度上の分離」(331条2項本文、402条本文)は公開会社においてですが、公開会社ではない場合、根拠条文はなく
所有と経営の分離となるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単に言うと、株主に取締役、つまり公開会社の場合は株主にしか取締役になれないとすると、持ち合いの場合はお互いの会社の取締役などが持ちつ持たれつの関係になってしまいなおかつ株式を公開していたとすれば、市場でも売買しても株主総会でも議決権の関係でつねに不利な状態に置かれてしまいだとうではありません。
長くなりましたが、利害関係を有する取締役の専横を防ぐためにこのような規定があります。
もっと簡単にいうと経営と所有の分離、そのものズバリです。
それと、制度上の、とあるのはこれは一種の制度、つまり強行規定です。これは、本来であれば定款によっては排除できるはずですが、法律によってきめられている、強制的に定められているのです。

QMRと医師の会話

 製薬会社の女性MRと男性医師との会話について、ご意見お願いします。

 その女性MRは他の男性医師に対してはわりとさらっと話をして回っているのですが、とある男性医師に対しては仕事上必要ないと思われる話(雑談)を長々としていくので傍で耳にしていて「うるさいな~早く帰ってくれないかな~(-_-;)」と思ってしまいます。この女性MRはその男性医師に好意があるのでしょうか?雑談の内容は、自分の住んでいる家の話や逆に男性医師の住まいの場所を尋ねたり、メール教えて下さいとか自分が海外旅行に行ったときの話などです。男性医師のほうも上機嫌で受け答えしているので満更でもないんでしょうけど(^^;)一応他の人の目もあるのだから職場では節度をもって営業活動してほしいのですが、なんとかならないでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。
その女性MRの個人的な感情というより、新人MRなら仕事への情熱の勇み足、古参MRならやり方が旧式過ぎ。というところではないでしょうか。とにかく、特定の(少しでも手応えがあると踏んだ)ドクターに気に入られようと必死なのでは。

でも、最近は、ドクター以前に、病院関係者から嫌われるMRは先が暗いと言われます。優秀なMRはまずドクターの周りのスタッフにも気遣いを忘れないものです。
医師側としては、時に、MRとの世間話の延長線で医薬関連の新情報や勉強になることを耳に出来ることもあるので、仕事熱心な医師の場合、一見くだらなさそうな話でも、時間があれば耳を傾けます。もちろん相手を選んでいますが。
近年、MRを出入り禁止(医師との直接面会の禁止)にしている病院も出て来ていますのでMRたちも必死なようです。

もし、そのMR来訪によって明らかに病院側の仕事がはかどらないようでしたら、その本人に直接伝えていいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報