アメリカと中国に反対されているからですか?

でも経済大国になったので良いと思うのですが。
1990年ともう20年は大国です。

インドもなろうとしていますが、アフリカから反対されました。
核はインドも持っていますがなれませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>アメリカと中国に反対されているからですか?



その通りです。
アメリカ・中国は「戦勝国」として「拒否権」を持っています。
特に中国としては、アジア地域の特権を手放す事はありません。

また、日本は「国連憲章で、敗戦国」としての地位です。
すなわち「国連加盟国は、国連の議決を必要としないで、自由に日本に対して武力行使が可能」との条項があります。
中国は、沖縄・琉球諸島、尖閣諸島に武力侵攻出来る権利を国連憲章で保証されています。
日本は永遠に敗戦国として、中国に対する莫大な資金提供国として存在する事を中国は願っています。

アメリカも同様で、在日米軍に毎年駐留費用を負担し、軍関係者にまで治外法権を認めています。
クリントン国務長官が来日した時は、1兆200億円をプレゼントしました。

世界のYESマン国家であり、世界のATM国家である日本は、現状維持が国連加盟国の総意です。

そういえば、最近麻生が中国に朝貢して温家宝首相に謁見する時も、50億円をプレゼントしていましたね。
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0

日本は米国の属国だからです。

米国が常任理事会で2票持つようなことを世界中の国が容認するはずがありません。
    • good
    • 0

未だに国連という組織が「戦勝国」「敗戦国」ということを引きずっているからです。

国連のシステムはもう既に古いのです。
    • good
    • 1

 日本とドイツとイタリアはいまだに「敵国」なんですね。


国連憲章53条、107条の敵国条例は、国連(=連合国)は国連決議を必要とせずに、攻撃出来ると言う条例です。

 もともと常任理事国5カ国で作られた国連です。
国連の前の国際連盟では第一次世界大戦での勝利国であった日本も常任理事国でしたが、松岡外相の時に「リットン調査団」の満州調査で「満州は日本の傀儡政権である」とされたため、国際連盟を脱退しました。

 それからいわば「敵国」なんですね。
    • good
    • 0

>アフリカから反対されました。


中国と日本が裏で数十億円の金を撒きました。

まず、イギリスとフランスの一方が下りるのが先でしょう。多分イギリスかな、核実験できなくなったから。
国連に力はもう無いですから、捨てはしないが(WHO、UNICEF、UNCTAD、FAOなど良い仕事をしています)、今から常任理事国という古い名誉に金を出すメリットはもう無いです。
新しい国家連合が必要でしょうね。日、米、露、中、印、欧、伯などの超大国と準大国の常設機関が「核の管理」などに責任を持つべきでしょう。
    • good
    • 0

国連の常任理事国の事ですネ



それは一言で言えば日本は第二次世界大戦の敗戦国だからです。

常任理事国は第二次世界大戦の戦勝国が中心になって運営されています。
    • good
    • 1

常任理事国とは国連の中でも


安保理のTOP5の国です。

安保理の理事国になったら場合によっては
自国から軍隊を他の国や地域(の前線)へと派遣することになります。

当然日本がなろうとしたら、国内で憲法に反するという意見が出ます。
そのためではないでしょうか。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E4%BB%BB% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は非常任理事国じゃなかったの?

日本が国連の非常任理事国入りを目指しているそうですが
日本って非常任理事国じゃなかったんですか?

初歩的な事ですみません
常任理事国以外の国連加盟国はみんな非常任理事国だと思ってました…

Aベストアンサー

非常任理事国 = 非常任 の 理事国 という意味の国際連合カテの専門用語だということでしょう。


国語的論理的にはおっしゃるように 常任理事国にあらざる(国連加盟)国 という意味にも取れないこともありませんが、そこは中学社会科などで社会用語として常識的に学ぶ言葉です。

まじに論理的に回答しました。

Q1990年~2007年までの主要ニュース

1990年~2007年までの主要ニュースが載ってるサイト教えてください
子供の宿題なのですが、うまくさがせません
1995年1月 阪神淡路大震災 と見出しだけを 3トピック程度必要です
すいません 宜しくお願いします(^^)

Aベストアンサー

↓のサイトはかなり情報量が多くて便利だと思います。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/index.html

Q常任理事国に日本は入れないんでしょうか・・・

日本が常任理事国に入れない理由として「旧敵国条項」の存在があるじゃないですか。私が調べた知識だけでは今の常任理事国にとっては「旧敵国条項」の存在はあまり関係ないのでどうでもよく、更に条項の内容を変えるのにはとても手続きが大変でそれが面倒くさい(へんな表現をしてすみません;)から「旧敵国条項」は改正しないとのことでした。
ということは、日本はどんなに頑張っても常任理事国に入るのは一生不可能ということなのでしょうか??
手続きが大変だから条項を改正しない、ということはいつの時代になっても無理ということになってしまします;
また、日本はどうすれば、常任理事国に入れるのでしょうか??

Aベストアンサー

違いますよ。アメリカは日本の常任理事国入りを支持しています。日本が常任理事国に入れないのは、アメリカも含め、安保理改革全体に対して好意的でない国が多いからです。概ね改革はすべきだという方向は殆ど一致していますが、その具体論はバラバラです。たとえばアメリカは、日本やドイツなどの提案に反して日本のみの常任理事国入りを望んでいます。とてもすぐにまとめきれる状態ではありません。
敵国条項についても、安保理入りが先か、条項削除が先かという議論があるくらいで、決してなおざりにされているわけでもありません。政府の方針としては、とにかく安保理入りを目指そうという事です。もちろん条項削除も考えています
どうすれば常任理事国に入れるかと言えば、時間をかけてすりあわせを行い、国際世論に対する働きかけも行い、自主的な努力(憲法問題・PKO・ODAなど)も行うということでしょう。

Q東インド会社の名前の由来 何故東インド?

先日、東インド会社の東インドとは「インドの東」という意味ではなく……というようなことを
聞いたのですが、肝心の本来の意味が思い出せません。
今すぐ知る必要があるというわけでもないのですが気になって仕方ありません。
どなたか教えてください。

ちなみにその時にとったメモでは
西インド諸島⇔東インド(インドの東という意味ではない)
とあったのですが、ここまで書いてあってもさっぱり思い出せません。

Aベストアンサー

大航海時代以前、ヨーロッパ人が憧れたインディアス(インド)とは、現在の南、東南、東アジア全域を含む地域を指しました。当然、アメリカ大陸は知られていませんでした。

15世紀末にコロンブスが新大陸に到達した時、そこをインディアスと勘違いし、16世紀になってヨーロッパ人による探検がすすんで、未知の大陸と判明しました。アメリゴ・ヴェスプッチの名前が付けられたのは有名な話ですね。

そのような事情から、本来のインディアスと新大陸を区別する必要が生じました。その結果、南、東南、東アジア全域は東インド、新大陸が西インドと呼び慣わされることになりました。

英・蘭・仏の東インド会社、蘭・仏の西インド会社の活動範囲は、喜望峰とマゼラン海峡が境目になります。つまり、喜望峰の西側(アフリカ大陸西岸含む)から新大陸の西岸は西インド。新大陸東岸から喜望峰東側(アフリカ大陸東岸を含む)までが東インドと名付けられました。

Q日本は国連の安全保障理事会の常任理事国になれるのでしょうか?

新聞などをよむと数年前には失敗したと聞きます。
1、当時より現在のほうが見込みがあるのでしょうか?
2、当時と今では状況はどう違うのでしょうか?
3、中国が反対勢力を増やそうとしているとのことなのですが、はたして中国の思惑はどこまで進んでいるのでしょうか?
4、中国・南北朝鮮以外でどのくにが反対しているのでしょうか?また、賛成しているのはどの国でしょうか
5、米国は日本のみ支持(現在は)を明言していますが、米国は日本の味方なのでしょうか?米国の提案を見ると、一見日本支持のように見えますが、G4の結束を崩し、拡大案そのものを消そうとしているのかと勘繰りたくなります。
6、準常任理事国案がありますが、拒否権なしの常任理事国となった場合とどう違うのでしょうか?
7、最近靖国などで日本の歴史観が騒がれていますが、小泉首相がこのまま行き続ければ、反たいこくが増えてしまうのではないでしょうか?
8、根本的な質問になりますが、国連のいったいどこで、拡大案が審議され、何割以上が賛成すればよいのでしょうか?中国の拒否権などで潰されたりはするのでしょうか?
9、最後に個人的なカンでもいいですが、何割がた成功すると思いますか?私は7割だとおもいます。

日本は分担金なども2番目に支払っているのでぜひともなってほしいです。
わたしをアンチ中国のように思うかもしれませんが、中国の文化や風土、知り合いなどは大好きです。

新聞などをよむと数年前には失敗したと聞きます。
1、当時より現在のほうが見込みがあるのでしょうか?
2、当時と今では状況はどう違うのでしょうか?
3、中国が反対勢力を増やそうとしているとのことなのですが、はたして中国の思惑はどこまで進んでいるのでしょうか?
4、中国・南北朝鮮以外でどのくにが反対しているのでしょうか?また、賛成しているのはどの国でしょうか
5、米国は日本のみ支持(現在は)を明言していますが、米国は日本の味方なのでしょうか?米国の提案を見ると、一見日本支持の...続きを読む

Aベストアンサー

 日本が常任理事国に入る可能性は、高いと思います。
 
 日本が初めて常任理事国入りの願望を表明したのは、1969年で40年近く前のことで、それ以来、日本は陰に陽にこの願望を米国の歴代政権に訴えてきました。
 米国が日本の常任理事国入りに公式に賛意を表明したのは、冷戦終結後のブッシュ(シニア)政権末期でしたが、案の上、見返りとして軍事的義務の履行を要求する声が米国議会を中心に強まり、それが村山内閣だった我が国の慎重論者・消極論者(当時の自民・社会・さきがけという連立三党の議員で結成した『国連常任理事国入りを考える会』/会長小泉純一郎)、を勢いづかせ立ち消えになったのです。しかし、今では反対勢力の社会党・さきがけもなくなり議員達をまとめていた小泉さんも積極派に回りました。自衛隊も1944年以来、カンボジア、モザンピーク、ルワンダ、イラクとPKO活動を積み、常任理事国にふさわしい国際貢献ができるようになっています。(それに一時国連で主張された『強い国連・戦う国連』よりも今は、『PKOよりも開発を』にシフトしています)

 今、国連改革が盛り上がっているのは『国連の一大スキャンダル』となった対イラク『石油食料交換計画』にまつわる疑惑、つまり1000億ドル(1000億円じゃありません)の巨額汚職に端を発するものです。
 これには、アナン事務総長も係わったとされていますが、ロシア・中国・フランスの名も出ており、彼らは、事務総長の職を辞めさせたり、各国(三国とも安保理常任理事国ですが)の罪を追求されるより、今までの懸案だった日・独の安保理入りを認めてやることにより穏便に済ませたいと思っているのではないでしょうか。

 日本の国連入りに『靖国の問題』が支障になることはないと思います。『靖国』には中・韓しか関心を持っていません。4月に訪独したノムヒョン大統領は、ケ-ラー大統領、シュレーダー首相と会談した際、日本の歴史問題を持ち出しましたが全く相手にされず、記者団に日本問題を語ったところ、『そこまでなぜ過去に固執するのか』と切り返され、全く反論できませんでした。6月11日にブッシュ大統領と会談した際にも意気込んで対日問題を説明するとブッシュ大統領から『小泉首相にも今のように率直に話してみたのか』と問われ、『まだ、していない』と答えざるをえませんでした。それで、ノムヒョン大統領は直前まで日韓首脳会談をやるべきかどうか悩み、6月14日、与野党の代表に『韓日首脳会談をするのかしないのか。するとしたなら、どんなテーマでするのか、決定できずに苦心している。良い意見があったら聞かせてほしい』と述べたと言います。(韓国紙『中央日報』)

 安保理入りが話合われるのは、総会と安全保障理事会です。それぞれ、総会の三分の二以上の賛成と理事国全ての賛成が必要です。日本は90年代半ばには、既に総会の三分の二以上の票を掴んでいます。あとは、理事国5カ国の票ですが、フランスは94年の時も賛成していますし今回も既に賛意を表明しています。フランスはアメリカと歩調を同じにして来るでしょう。イラク戦争の時、最後まで反対し、それでも結局開戦に踏み切り成功させたアメリカに『ドイツは許しても、フランスは絶対許さない』と言われ、国際穀物相場を操作され、フランスは相当困らされたそうですから。
 中国ですが、本音では反対なんでしょうが、反対できるかどうかは微妙ですね。北京五輪・上海万博までは経済が持つと豪語していたのに、今年に入ってから半年足らずで上海の土地が17%も値崩れしているし、これで各国から現在圧力を受けている元の切り上げを行えば、間違い無くバブルがはじけるでしょうから。現在中国の持っている外貨の半分が元切り上げ時の儲けを見越してのことで、元切り上げが行なわれたら、中国の外貨の半分は無くなり、物価は上がると言われていますから。日本は、中国へのODAの削減・停止を決定していますが、中国を救えるのは日本しかいません。それを考えたら、譲歩してくることも充分かんがえられます。

 日本が常任理事国に入る可能性は、高いと思います。
 
 日本が初めて常任理事国入りの願望を表明したのは、1969年で40年近く前のことで、それ以来、日本は陰に陽にこの願望を米国の歴代政権に訴えてきました。
 米国が日本の常任理事国入りに公式に賛意を表明したのは、冷戦終結後のブッシュ(シニア)政権末期でしたが、案の上、見返りとして軍事的義務の履行を要求する声が米国議会を中心に強まり、それが村山内閣だった我が国の慎重論者・消極論者(当時の自民・社会・さきがけという連立三党の議員で...続きを読む

Q1000年前のアフリカ諸国

今から1000年前のアフリカ諸国での出来事や、AD1000年前後のアフリカの歴史年表などを探しています。
どこの国でもいいです。自分でもアンゴラやエジプト、ボツワナなどの歴史を調べましたが、ぜんぜん良さそうなサイトが見つかりませんでした。古代の歴史や最近の出来事ばかりで・・・
見つからなくて本当に困っています、ご協力おねがいします。

Aベストアンサー

wikipediaはご覧になりましたか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%8F%B2
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%8F%B2
このへんはかなり充実しているように思えます。

Q日本はなぜ常任理事国になれない?

アメリカと中国に反対されているからですか?

でも経済大国になったので良いと思うのですが。
1990年ともう20年は大国です。

インドもなろうとしていますが、アフリカから反対されました。
核はインドも持っていますがなれませんでした。

Aベストアンサー

>アメリカと中国に反対されているからですか?

その通りです。
アメリカ・中国は「戦勝国」として「拒否権」を持っています。
特に中国としては、アジア地域の特権を手放す事はありません。

また、日本は「国連憲章で、敗戦国」としての地位です。
すなわち「国連加盟国は、国連の議決を必要としないで、自由に日本に対して武力行使が可能」との条項があります。
中国は、沖縄・琉球諸島、尖閣諸島に武力侵攻出来る権利を国連憲章で保証されています。
日本は永遠に敗戦国として、中国に対する莫大な資金提供国として存在する事を中国は願っています。

アメリカも同様で、在日米軍に毎年駐留費用を負担し、軍関係者にまで治外法権を認めています。
クリントン国務長官が来日した時は、1兆200億円をプレゼントしました。

世界のYESマン国家であり、世界のATM国家である日本は、現状維持が国連加盟国の総意です。

そういえば、最近麻生が中国に朝貢して温家宝首相に謁見する時も、50億円をプレゼントしていましたね。

Q米英ソ仏による核実験乱発による兵士たちの被爆、中国の東トルキスタンでの核実験の数十万規模の死亡者はこ

米英ソ仏による核実験乱発による兵士たちの被爆、中国の東トルキスタンでの核実験の数十万規模の死亡者はこれから先も歴史の闇に放り投げられたままですか?

Aベストアンサー

ある程度教養のある人なら大抵知ってる話だと思いますが?

Q常任理事国の拒否権って?

日本が常任理事国に入りたい為、各国に根回しやってるみたいですが、常任理事国になっていいことあるのですか?
常任理事国と非常任理事国の違いはなんですか?
拒否権ってなんですか?
常任理事国がアメリカ、中国、ロシア、イギリス、フランスって戦勝国だから?戦争終わって半世紀以上過ぎてるのに、これっておかしいと思います。
国際貢献度から言えば、アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランスでしょう。
中国は経済援助を受けてる国にもかかわらず、なんで常任理事国なんでしょうか?

Aベストアンサー

ぶっちゃけ話、常任理事国っていうのは、世界の親分さん達なんですよ。彼らの臍を曲げられると、国連(本当は連合国)が機能しなくなるので拒否権(これも通称、本当は内容的問題の同意投票権)を認めてるってことです。つまり国連より偉いんです。ある意味、これらの親分さん達をなだめる組織といっても過言ではありません。

日本が常任理事国入りをしたいというのは、分からんでもありませんが、そりゃ無理です。100年以上早いですよ。だいたい頼み込んで入れてもらう筋合いのものではないんです。

本当に常任理事国になりたければ、軍事、政治、経済などで、世界を振り回せるぐらいになって、国連から、お願いですから常任理事国になって下さいと懇願されるぐらいになる必要がありますよ。そもそもそういうものなんですから。

憲法との兼ね合いのことが取りざたされますが、そんなものじゃまだ見下されます。まず核兵器を保有するのは当然ですね。それから海外基地に、上陸作戦能力です。

よく常任理事国になると情報が得られるという意見があります。確かに一面では正しいのですが、それは本末転倒なのです。考えてみてください。その情報はだれが取ってくるのですか。常任理事国の諜報機関がとってくるのですよ。俺の方がもっと良い情報をとれるぞと言えないようでは、安保理で渡り合えません。そのためにはCIAやфСБぐらいの組織も必要です。

いいですか。日本がやるべきことは、常任理事国にして下さいとお願いすることではなく、常任理事国に入って頂かないと困りますと言わせる実力を持つことです。ようするにやっていることが逆なんです。

日本政府は顔を洗って出直してくる必要がありますね。

ぶっちゃけ話、常任理事国っていうのは、世界の親分さん達なんですよ。彼らの臍を曲げられると、国連(本当は連合国)が機能しなくなるので拒否権(これも通称、本当は内容的問題の同意投票権)を認めてるってことです。つまり国連より偉いんです。ある意味、これらの親分さん達をなだめる組織といっても過言ではありません。

日本が常任理事国入りをしたいというのは、分からんでもありませんが、そりゃ無理です。100年以上早いですよ。だいたい頼み込んで入れてもらう筋合いのものではないんです。

本...続きを読む

Q1980年のソ連軍と現在の自衛隊が戦ったら自衛隊は勝てるでしょうか?核

1980年のソ連軍と現在の自衛隊が戦ったら自衛隊は勝てるでしょうか?核兵器は除きます。

Aベストアンサー

無理です。

イギリス国際戦略研究所の発行する「ミリタリーバランス1981年~82年版」によると・・
(1980年とは1年違いがありますが、そう戦力に開きはないと思います)

ソ連陸軍の兵力は182万5千人で、戦車の数は4万5千両。
現在の陸上自衛隊は約15万人で、戦車の数は900両。

ソ連空軍の戦闘機数は5300機で、航空自衛隊は攻撃機を入れて約370機。

ソ連海軍の艦艇は・・
巡洋艦37隻。このうち原子力巡洋艦は1隻。またミサイル巡洋艦は27隻で、あとの10隻は砲のみの旧式艦。
駆逐艦は73隻で、このうち41隻がミサイル駆逐艦で、あとの32隻が砲のみ。
フリゲート艦は180隻で、このうちミサイルフリゲートが72隻で、あとの108隻は砲のみ。
他にミサイル艇128隻。魚雷艇220隻。哨戒艇111隻。
潜水艦は核抜きという事なので弾道ミサイル潜水艦は抜きにして・・
原子力巡航ミサイル潜水艦が47隻。巡航ミサイル通常型潜水艦が22隻。攻撃型原子力潜水艦が52隻。攻撃型通常潜水艦が138隻。
これに対し、海上自衛隊は護衛艦が50隻、通常型潜水艦が16隻。

難しい話は抜きにして、ただ単純に戦力をぶつけあったなら自衛隊は高性能な兵器により多大な損害をソ連軍に与えるでしょう。しかし、最終的には数の差で圧倒され敗北すると思います。

ちょっと小難しい話をすると、自衛隊に日本が守れるかというと、無理です。日本の弱点は海上交通路です。貿易ができなければ日本の命取りです。そしてペルシャ湾、インド洋、南シナ海、太平洋の広大で長い海上交通路をわずかな海上自衛隊の戦力では守りきれません。ソ連の大潜水艦隊の通商破壊戦に敗北するのは必至です。

ですが、それはまあ置いておいて・・もしソ連軍が日本に侵攻するとしたら・・
まずは準備でしょう。西から極東に戦力を移し、航空基地を幾つも建設し、全ての揚陸艦をソ連太平洋艦隊に配属し、沿海州沿岸にスカッドC地対地ミサイルを数百基集結させます。
そして、まずは千歳基地にミサイルでの一斉攻撃を行います。沿海州沿岸から千歳までは500キロに達しません。スカッドCなら十分に射程内です。また、潜水艦発射巡航ミサイルも使用します。長距離爆撃機から発射する長距離空対地ミサイルも使用します。このミサイルは射程が300キロもあるので、長距離爆撃機はミグ戦闘機の援護を十分受けられます。バジャー、ベアといった長距離爆撃機は460機もあります。
ミサイルの波状攻撃、飽和攻撃により千歳基地を無力化します。
いかに高性能の戦闘機、対空ミサイル部隊でも数が多すぎて対処できないのではないかと思います。戦闘機も基地と滑走路が無ければ戦えません。他の基地に行くか、民間空港を利用するしかありませんが、そこで補給・整備の体制を整えるのは大変でしょう。
千歳の次は三沢です。
北海道の制空権が取れそうなら上陸作戦を開始します。イワン・ロゴフ級揚陸艦1隻、アリゲーター級戦車揚陸艦14隻、ロプチャ級戦車揚陸艦12隻、ポルノクヌイ級戦車揚陸艦52隻を中心とする揚陸艦隊です。この艦艇の数なら一度に720両の戦車を運べます。二往復すれば、早くも質的にはともかく数的には自衛隊の戦車の数を凌駕します。三往復すれば自衛隊の倍の数の戦車です。
ソ連太平洋艦隊はその援護です。日本の潜水艦対策には機雷原を構成し揚陸艦部隊に近寄らせないようにします。あとは空と海上の対潜部隊に厳重に監視させれば十分でしょう。
そして、南下し順々に攻略していきます。
スペツナズなどの特殊部隊を日本各所に侵入させ破壊工作も行います。
数の少ない自衛隊は非常に苦戦を強いられるでしょう。
つまりはソ連軍の勝利という事で。

無理です。

イギリス国際戦略研究所の発行する「ミリタリーバランス1981年~82年版」によると・・
(1980年とは1年違いがありますが、そう戦力に開きはないと思います)

ソ連陸軍の兵力は182万5千人で、戦車の数は4万5千両。
現在の陸上自衛隊は約15万人で、戦車の数は900両。

ソ連空軍の戦闘機数は5300機で、航空自衛隊は攻撃機を入れて約370機。

ソ連海軍の艦艇は・・
巡洋艦37隻。このうち原子力巡洋艦は1隻。またミサイル巡洋艦は27隻で、あとの10隻は砲のみの旧式艦。
駆逐艦は73隻で、このうち41隻がミサイ...続きを読む


人気Q&Aランキング