実は僕映画を見るのが趣味なんですが。。
その色んな映画を見ていくうちに
こういう演技とかできたらすごいなとか
こういう職業に就いたら楽しそうだなとか思ったんですよ。


そこで、全くの素人の高校生が演技(実技)を学ぶにはどうしたら良いですか?
皆さんの意見を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

演技を学ぶというならどこかある程度有名な劇団に入るのが良いです。


近くに劇団があれば団員募集しているか調べてみてはどうでしょうか。
芸術は見ることも大切ですが、見るだけでは上達しません。
自分自身がやらないとですよ。
そしてやみくもにやるのではなく何かしらの指導を受ける必要もあります。

高校生なら可能性はいくらでもあります。
まずは実際に演技をやっている人に相談してみてはどうでしょうか?
演劇学科がある大学のオープンキャンパスや学園祭に行ってみてください。
そこで学科の先生に相談するのが一番良いです。

大学の演劇サークルは色々ありますが、
ほとんどは演技の仕事につけるようなレベルではありません。
期待できるとしたら日本大学芸術学部の演劇系サークルです。
日大には演劇学科や映画学科もあって業界でも有名なので、
オープンキャンパスなどに行ってみてください。
受験するなら結構な難関なので覚悟が必要です。
    • good
    • 0

どうもご返信ありがとうございます。


もちろん大学の演劇研究会出身の俳優やタレントも多数いますし、ある程度は基礎を学べると思います。
しかし趣味の素人集団の要素が強いサークルか、プロ志向か、それは様々ですから情報収集する必要があると思います。
演劇研究会出身の同士で劇団を立ち上げている方も多数いらっしゃいます。
でも、まずは観るということが一番の勉強になるのではないでしょうか。
映画も結構ですが、ライヴの演劇なども観に行ってみると良いと思います。
実は知人の娘さんが演劇科のある高校に通っているのですが、少なくとも毎週一本は演劇鑑賞を行い、詳細な感想文を提出するのが課題になってるそうです。
好ききらい問わずいろいろなジャンルの劇を鑑賞するので、大変勉強になると言ってました。
それから、演技をするという以上は歌や踊り、ボイスレッスン等のレッスンも必要になると思います。
パフォーマンスを学ぶという点で欠かせない表現手段ですから。
様々な文学や芸術に触れて感性を磨くことが最終的には最も大切になるでしょう。
学ぶことはいくらでもあり、与えられることを待つのでなく自ら行動できることが大切です。
ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0

プロを目指したいなら俳優養成所に入るのが早いでしょうね。


入所すればプロになれるという確証はないですが演技の基礎は学べます。
俳優養成所、アクターズスタジオ、等で検索すれば多数出てきますよ。
ただし怪しい事務所に騙されてお金だけ巻き上げられるようなトラブルも依然としてあるようですから、よく吟味して選ぶように。
高校生ならご両親の理解も必要かと思いますので、きちんと話をするところからでしょう。
卒業後に入学できる専門学校等もあります。
単に趣味の範囲でやってみたいなら、市民劇団に入るという方法もあります。
社会人や学生で構成された素人劇団です。
これもHPを検索したら探せると思います。

今は公立高校でも演劇科や舞台科のある高校があるくらいですから、演技を学びたい人の道は多数開かれています。
しかしその道を目指すのであれば親の理解が不可欠ですので、くれぐれもそこをクリアしてからにしてください。
お金を出資してもらうのも結局は親ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な意見ありがとうございます。。

あの、大学の演劇サークルみたいなところでも演技の技術は学べるのでしょうか?
いろいろと質問してしまってすいません;

お礼日時:2009/05/26 00:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q演技ワークショップ とはどのような所?

最近、芝居を経験している人がワークショップで働いているとよく聞きますが、どのような所なのでしょうか?
いわゆる芝居経験のない人に養成所などで発声などの基礎から教える人を派遣する所という考え方で良いでしょうか?
また、実際働いている人も芝居経験などが必要でないと雇われないし、現役の役者さんなどが働いているとすれば時間の自由と給与面でも(都市によって金額もかなり違う物?)良いからなのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして

一例ですが
オ-デションの延長線上でワ-クショップがある場合があります
第一印象ですとか、かぎられた時間の中ではなく
其の劇団の中にお手伝いのような形で
(もちろんノ-ギャラ)演技の勉強と
劇団にて芝居を作り上げていく過程を学びつつ
キャストに合う人が居れば拾い上げていく
と、いう形も見たことがあります。

ワ-クショップの教える側の方ですと
若い才能を見つけるために時間を作り教えてくださる方もいらっしゃいますので
無料の方も多いと思います

有名なところでは
野田秀樹氏が芝居を作り上げる過程で
役者の才能を伸ばすために(見つけるために)
ワ-クショップの形式を採用していたところが有名ですね。

Q音楽の種類(ポップとかジャズとか・・・)

音楽には非常に疎い者ですが、この際聞いて確認してしまいたいと思います。

音楽のジャンルとしてよくpopとかjazzとかClassicとか聞きますが、他にどんなものがあるのでしょうか?それぞれの特徴も共に教えてください。

実際にmidやmp3等で聞けるサイトも紹介していただけるとありがたいです

Aベストアンサー

またまた、ただいま。(笑)


私からの解説をどういう内容にするか悩みましたが、
この際、クラシックの解説は全部やめて、かつ、最近よく耳にするジャンル名だけに絞って、そして・・・・・


私の主観を大いに交えて!!!

解説することにします。



「ロック」
9割以上が4拍子で、ドラムのリズム(4ビート、8ビート、16ビート)に合わせて、ギターとベースギターが演奏、それにボーカルを加えたのが基本形態。
さわやかにストレートに表現するロックが「ロックンロール」。
感情表現がディープになるにつれて、ハード・ロック→メタル(ヘビーメタル)→デス・メタル といったジャンル名になる。これらのバンドは、髪型は概して長髪で、パーマがかかっている。(長髪だと、リズムに合わせて体や頭を動かしたときの視覚効果もある)

一方、穏やかな大人の男の雰囲気を醸し出すロックは、AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)と呼ぶが、最近あまり使われていない言葉のような気がする。

また、パンクロック(若しくはパンク)と呼ばれるものがあり、これは、能天気でハチャメチャなロックで、ファッションや髪型・色も奇抜である場合が多い。



「ポップ、J-POP」
ポピュラーミュージック。
一言で言ってしまえば「流行歌」。
日本では「歌謡曲」という名称であったが、時代とともにメロディラインやコード進行・アレンジに進化が認められるため、現在の呼称は「J-POP」となっている。
しかし、大昔の曲をカバーするケースが最近特に目立ってきていることからも分かるとおり、決して昔の歌謡曲が現在に比べて劣っているわけではない。
「時代(流行)は繰り返す」
という格言を実証しているとも言える。
個人的には、例えば、石田あゆみの「ブルーライト横浜」や、由紀さおりの「夜明けのスキャット」などは、不朽の名作だと思っている。

なお、CDショップやレンタルCD屋に行くと、日本のアーティストは全部「J-POP」というジャンルの棚に置いてある場合がある。
たぶん、あいうえお順で探すのに便利だからだと思われる。



「ジャズ」
玄人好みの音楽。
拍子に捉われないリズム、時折変態的な和音を交えたコード進行、アドリブをふんだんに加えたメロディーライン・・・・・天馬空を駆るがごとく、自由に展開される音楽形式。



「イージーリスニング」
これは、昔からある音楽であるが、ジャズやクラシックを、老若男女誰でも受け入れられるような聴き易い(=イージーリスニングという名前の由来)音楽として演奏するもの。
ポール・モーリアやリチャード・クレイダーマンが昔から有名。



「フュージョン」
ポピュラー音楽・ロック・イージーリスニングなどとジャズとを足して2で割ったような音楽。(「フュージョン」とは融合を表す英語。)
インストルメンタル(ボーカルなしで、楽器のみの演奏)の形態が多い。
(最近は、「フュージョン」と言わず、単に「インストルメンタルバンド」、若しくは略して「インスト」という場合が多い。)
フジテレビのF1レース中継のテーマ曲で有名な「Tスクエア」が、それ。



「クラブ・ミュージック」、「ユーロビート」等
一言で言えば、ダンスミュージック。
昔、「ディスコミュージック」と呼ばれたものと同じ、とまでは言えないものの、同じリズムを延々と繰り返す点は非常に似ている。



「ヒップホップ」、「ラップ」
メロディ無しで、リズムに乗せて言葉を喋るもの。
(たまに、メロディありの部分がある曲もある。)
日本の古くからの民謡でも「秋田音頭」(♪秋田名物八森ハタハタ男鹿で男鹿ぶりこ、あーそれそれ・・・という歌詞)があるが、それと同じこと。
最近は、キック・ザ・カンクルーなどが有名だが、私としては、古谷一行の息子がボーカルを務めるドラゴンアッシュを推したいところ。

なお、蛇足であるが、
最近人気のお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」は、リズムに合わせて喋ることで有名。ちなみに、エンタの神様(日テレ)でのキャッチフレーズは「HipHopな武勇伝」。



「スカ」
文字通り、「すっか、すっか、すっか、すっか」というリズムを延々と続ける音楽。
他のジャンルの音楽では、通常、「す」の方にアクセントを置くものだが、スカの場合はむしろ「か」の方にアクセントがあり、このリズムを刻み続けるのには、聴いている側にとっては意外なほど、高度な演奏技術を要する。
トランペット、トロンボーン、サックスなどと言った、ビッグバンドで使われるような楽器を各1~2本程度という最小限のバンド構成で演奏。
スカで唯一有名なバンドが「東京スカパラダイスオーケストラ」(通称スカパラ)であり、CM、テレビ番組でも多用されている。



「ブラックミュージック」(黒人系音楽)
  ・・・ソウル、ゴスペル、リズム&ブルース等
黒人は、優れた身体能力と、独特の文化・歴史的背景を持つことは勿論であるが、
音楽においても、演奏能力、動きを伴うパフォーマンス能力、力強くて表現豊か声・音域という優れた性質を持っている。
これらを生かした音楽がブラック・ミュージックである。
代表すべきアーティストを挙げるとすれば、やはり、アース・ウィンド&ファイアー。
プリンスやマイケルジャクソンも、ある意味ブラックミュージックに分類されるが、彼らの場合は、手がけている音楽の種類が多岐にわたるので、ここだけに当てはめるのは適当でない。

黒人でなくても、彼らに憧れてブラックミュージックの道へ進んでいるアーティストも多い。
日本では、上田正樹、宇多田ヒカル、鈴木雅之と姉の聖美などがそうである。



「レゲエ」
南国調の2拍子の音楽で、やはり黒人のアーティストが多いが、往年のスターであるUB40のように白人のレゲエバンドもある。
近頃、日本国内でレゲエ人気が高まっているようである。



「ブルース」
渋い感じの曲調。
例えば、ハ長調でありながら、ミに♭を付けた音を多用したりする。
ジャンルの一つではあるが、他の様々なジャンルのアーティストでも、曲目の中にブルース調の曲をいくつか持っている人は多数。



「バラード」
これは、1つのジャンルの項目というよりは、あらゆるジャンルの音楽において、リズムをスローにしたりして、泣かせる曲調に仕上げているもの、という解釈でよいと思われる。
「泣かせる」とは言っても、短調とは限らず、むしろ、長調のバラードの方が多いような気がする。



以上です。
ほな、しゃいなら!(笑)

またまた、ただいま。(笑)


私からの解説をどういう内容にするか悩みましたが、
この際、クラシックの解説は全部やめて、かつ、最近よく耳にするジャンル名だけに絞って、そして・・・・・


私の主観を大いに交えて!!!

解説することにします。



「ロック」
9割以上が4拍子で、ドラムのリズム(4ビート、8ビート、16ビート)に合わせて、ギターとベースギターが演奏、それにボーカルを加えたのが基本形態。
さわやかにストレートに表現するロックが「ロックンロール」。
感情表現...続きを読む

Q演技のレベルをあげたいです

初めまして。
私は演技が素人ですが、役者になりたいと思い、
やっとなんとかプロダクションに入る事ができました。
そこでレッスンを受けているのですが、
"思いつきはおもしろいが、演技のレベルが低い"
"アイデアはいいが、芝居が下手すぎて見ていられない"
等、いつも注意されます。
どうにかして、演技のレベルをあげたいと思い、
発音・発声・外郎売等、基礎練習を自分でやっているのですが、それでレベルが上がるのかわかりません。
何かいい練習方法、もしくはワークショップ等ご存知でしたら、教えて頂きたいと思います。
ワークショップは、東京在住なので、東京の物が希望です。
また、自分から聞いておきながら、ずうずうしいのですが、お金があまり無いので、
できれば安く、なるべく短期で身につくものを教えていただけたらと思います。
もちろんその後も、自主練は続けていこうと思ってます。
よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

初めまして☆ 演技のレベルを上げたいとの事でお悩みなようなので参考になればと思い書かせてもらいます☆

 発声・発音・外郎売等の基礎練習はやってらっしゃるとの事ですが、それはこれからも続けておいたほうが良いとおもいます☆絶対大事なことなので。
でも個人的に、その基礎練習が演技レベル直接響くと考えにくいと思います。なぜかと言いますと、その基礎練習は「外面的技術」だとおもいますので。

 演劇は二種類の技術があると私は考えております。
 一つは「外面的技術」例をあげると、発生・滑舌・姿勢・動作などの外見の技術。
 もうひとつは「内面的技術」 喜怒哀楽のコントロール・感情開放・注意の集中・役のシチュエーション・役の幕が上がる五分前などの人間のメンタルの技術。
質問主様は内面的な技術を訓練なされたほうが良いかと思います。
 演技の面で最低限見れる範囲まで持っていくとなると、やはり「会話」になると思います。普段、人間が会話するとなると、相手の言葉を聞いて、それについて考え意見を返す。これの繰り返しがごく自然な会話の流れになります。が、演劇の世界このごく自然な会話が成り立たなくなってきます。なぜか?台本があるからです。こう言えば、こう返ってくると判ってますのでその言葉の意味を考えなくなってしまうということなんですね。なので、台本は「覚えたら忘れる」事を心がけてください。(完全には忘れないけどね)あとは、キャラクターのまま相手役に普段しゃべりかけるように台詞を言えばOKだと思います。
この「会話」はアカデミー賞作品などを見て技術を盗むのが良いかと思います。
 
 まあ難しいことばかりですが萎縮しないでやってみることですね☆私は説明が下手なのでもっと詳しく知りたければ書籍のコンスタンチン・s・スタニスラフスキー作「俳優修行」をお勧めします。そっちのほうが判りやすいと思いますので♪
 役者するのは大変だと思いますが、がんばってくださいね♪応援しています☆
でわでわ~(^^ノシ

初めまして☆ 演技のレベルを上げたいとの事でお悩みなようなので参考になればと思い書かせてもらいます☆

 発声・発音・外郎売等の基礎練習はやってらっしゃるとの事ですが、それはこれからも続けておいたほうが良いとおもいます☆絶対大事なことなので。
でも個人的に、その基礎練習が演技レベル直接響くと考えにくいと思います。なぜかと言いますと、その基礎練習は「外面的技術」だとおもいますので。

 演劇は二種類の技術があると私は考えております。
 一つは「外面的技術」例をあげると、発生・滑...続きを読む

Q音楽の勉強をすれば、曲の調とかテンポとか拍子とかって楽譜を見なくてもわかるようになりますか?

慣れれば曲を聴いただけでわかるようになるのでしょうか?
それとも、慣れた方でも楽譜が必須なのでしょうか?
何故このような質問をするかと言えば、昔のマイナーなゲーム音楽に興味があるのですが、楽譜が入手できない可能性が高いのです。
そういう場合、どうやって曲の調とかテンポとか拍子とかについて調べれば良いのか疑問に思い、質問させて頂く次第です。
音楽の知識については初心者です。

Aベストアンサー

うちの子は、ピアノを小中のとき習っていました。 楽譜はあまり読めるようには
なりませんでしたが、ドビュッシーのアラベスクをミミコピしていました。 
楽譜はあまり読めないので、弾ける曲を楽譜に書くことはできません。
絶対音感もできたため、聞いた音がピアノのどのキーであるかは即座にわかりますが、
楽譜上のどの音かといわれると、一生懸命ドレミって数えていました。

まあ、音楽を譜に起こせるかという知識と、音感やリズム感というような能力は
別物だと思います。 双方とも、ある程度学習することはできると思いますが、
音感やリズム感は、人や年齢によっては限界があるかもしれません。 
そのような場合、聞いた音楽を譜に起こせるとは思いません。 
音感やリズム感がしっかりしていれば、譜に起こすのはトレーニングで
できるようになるとは思います。

Q演技の三原則とはなんでしょうか

私は演者ではありません。
演技の勉強をしている友人にアドバイスしたいのですが、
ワークショップなどでよく取り上げられている、演技(演者・舞台)の三原則とはなんでしょうか。
友人は理由があって、ワーショップに気軽に行けません。

Aベストアンサー

 スタニラフスキー・システムのことでしょうか?
 
 いまは,あまり顧みられませんが.

Qピアノを聞いて優しい音だとか悲しい音だとかどうやったら分かるようになるんですか?

タイトルの通りです。

自分はピアノでも他の楽器でもなんでも優しい音だとか悲しい音だとかが全くわかりません。
ただ好きな曲だったらああ~いい曲だなあ~とは思いますが。

たぶん芸術音痴なんでしょうが。

絵画を見ても何を訴えているのかなんてわかりません。見てもよくわかりません。

でも他の方があるピアノを聞いてこれは悲しいピアノだ。なんて言ってるのを耳にして、自分もそういうのが分かるようになりたいと思いました。

どうすれば分かるようになりますか?

沢山のピアノの音を聞いてれば分かるようになりますか?

Aベストアンサー

初めまして、さふらんです。ピアノ経験者としてコメントさせていただきます。
一口にクラシックといっても色んな曲がありますよね。
作曲者も曲の数だけたくさんいらっしゃいます。
一つ一つの曲を吟味して作曲者の伝えたい想いを正確に感じ取るとても手っ取り早い方法は、
可能であれば自分もその曲を弾いてみることですよ。
曲にはそれぞれ場面に合わせた符号で表現できます。
その部分の符号はどうなっているか、ピアノやフォルテ、クレッシェンドなど、
その符号一つ一つによって曲は様々な色を出します。同じ部分でも強く引けば力強さを引き出し、小さく引けば滑らかさ、優雅さ等を表現できます。
長い文章になってしまいましたが、まずは題名からあなたが何を想像するのか、そして実際聞いてみてどんな印象を受けたか。
そこから考えていくのもいいですよ。そこから色んな発見があると思います。
あなたが音痴だとしても、曲をイメージし、たくさん触れていくことできっと改善されますよ。
まずは耳を慣らしてみてください。他の人の感想も聞いてみてください。

Q演技の勉強をしたいです

 今、大学2年の男です。
 
 大学を辞めて演技の勉強をしたいと思っています。フリーターになりますけどね^^;
 そこで、ワークショップや研究生として
 勉強したいと考えているのですが、何分都内なので家賃などでお金がかかって高い月謝など払えないんです。
 そこで、できれば無料で学べるところは無いでしょうか?いろいろ探したのですが俳優座しか見つからず、オーディション受かる可能性は低いのでできるだけ多く候補が欲しいです。
 
 何か情報がありましたらどんな些細なことでも良いので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は今年の春に短大を卒業し、フリーターで芝居をやってる者です。
現在は小劇団に所属し、バイトをしながら年に3本程度公演をしてます。

なるべく費用は安価(無料)で・・・ということでしたら、
ANo1の方の言う通り小劇団のワークショップを沢山受けてみるのも一つだと思います。
私の劇団でも不定期で行いますが、公開稽古を兼ねたオーディションも行ってます。
もちろん団体によって参加費はピン切りですが、
都内住まいでしたら小劇団は沢山ありますし、稽古場も都内はとても多いです。
ただ実際に劇団で芝居をするとなると、やはり費用はかかります。
既に挙げられている通り、ノルマや交通費に雑費、参加費のかかる集団も。

逆に質問になってしまいますが、
演技の勉強は具体的にどういった類を目的とされておりますか?
例えばミュージカル傾向であったり、アクションを含めたり、など。
純粋に演技であれば、どんなジャンルに興味がありますか?
時代もの、ファンタジー、現代劇、コメディ、シチュエーションなど・・・。

劇団や集団によって、スタイルや色は様々ですのでお伺いしてみました。
ジャンルや傾向問わずチャレンジしたい!のであれば選ぶ必要はありません。
思うが侭に挑戦して、そこから自分に合ったものを見つければいいかなと思います。
もちろん一番素敵なのは、何でもこなせちゃうことですケドネ。
いち芝居人として応援してます。最初の一歩、頑張って下さい。

私は今年の春に短大を卒業し、フリーターで芝居をやってる者です。
現在は小劇団に所属し、バイトをしながら年に3本程度公演をしてます。

なるべく費用は安価(無料)で・・・ということでしたら、
ANo1の方の言う通り小劇団のワークショップを沢山受けてみるのも一つだと思います。
私の劇団でも不定期で行いますが、公開稽古を兼ねたオーディションも行ってます。
もちろん団体によって参加費はピン切りですが、
都内住まいでしたら小劇団は沢山ありますし、稽古場も都内はとても多いです。
ただ実際...続きを読む

Q美術の実技試験!

僕の学校では今度、美術のテストで、実技テストがあります。
その実技テストが、
「紙テープを様々な形にしていいので、その紙テープを紙に鉛筆のみで書く」
(紙テープを丸くしてみたりなど)
と、いうものです。
うまい人の見ると、とても立体感があり、鉛筆の濃さとうすさをしっかり使い分けて書いていました。
うまくじょうずに書くにはどのように書けばいいでしょうか?

Aベストアンサー

練習する、というのは回答になりませんかね。(笑)
光と影で表現するのですから、一番光が当たっているのはどこか、一番暗いのはどこか、それを見てください。
場所によって影の濃さが違うはずです。

練習として、紙に丸を描き、それを濃淡だけで球体に見せてください。
光が当たっていると(仮定した)場所も薄く色をのせ、一番影が濃いところを黒く、段階的に薄くしていって立体を表現する。
デッサンの基礎練習です。
10段階のグレーチャートを作ってみてもいいですよ。
真っ黒から極薄いグレーまで段階的に濃くしていく。
薄目で見ると同じ具合で濃くなっていってるか判ります。
練習してね。

Qワークショップという言葉は一般的ですか?

博物館にてワークショップに関わることをしているのですが
館の上の役職の方から、
「ワークショップという言葉は専門用語です。工作教室に
という表記を必ず入れて下さい。僕は最初お店のことだと
思いました」
というご指摘を頂きました。
個人的には学生時代からワークショップという言葉に慣れ
親しんでいたため、専門用語という認識はあまりなかった
ため、少し驚いたのですが身近にも何名か
「ワークショップという言葉は知らなかった」
という方も居て、名称に使うことを検討しています。
ワークショップ、という言葉は一般的なのかどうか、皆様の
ご意見を伺えますと幸いです。

Aベストアンサー

私の場合も「ワークショップ」という言葉に慣れ親しんでいたので、あまり専門用語といった感覚はないです。(現在48歳です)

学生時代から写真で生計をなどと思っていたので馴染みがあるのですが、当時は専門用語に等しいものだったと思います。(感覚的には)


名称に・・・に関しては、当時でも普通に使われてました。(それ以前から)





現在では、本来の意味に近い使われかたをしている様に思えます。(私見ですが)

製造業等では部門的な感覚で使われている企業もあるようですし・・・




回答としてはどうかと思いますが、
私見では、この十数年新たな外来語(カタカナ語)として定着しているように思います。

Q奈良教育大学の音楽実技について

私は 前期・後期に 音楽実技を受けたいと思うのですが・・・
(1)どのような服装で行かれましたか??
  制服だとピアノを演奏するとき肩がつっぱるのです。
(2)Aコース(歌唱・ソナチネetcの演奏)を
 選択したのですが、歌唱は 演奏をして頂けるのですか??
(3)ソナチネなどの演奏は どのくらい弾かせて頂けるの
 ですか??途中中断などあるのでしょうか??
(4)私は 音楽実技も面接の一種だと思って、とても
 緊張してるのですが、先生は 一部屋に何人くらい
 いらっしゃいましたか??
 
 その他 奈良教について何か知ってるコトが
ありましたら、ぜひ教えて下さい(^□^)/

Aベストアンサー

奈良教を受験したわけではありませんが、教育大を受験しましたので参考までに。

(1)制服で行きました。私服の場合はラフすぎたり、派手すぎなければ問題ないと思います。

(2)伴奏者は大学側で準備してあると思います。院生の方だったり講師の方の伴奏でした。

(3)ピアノの演奏は制限時間があり5~10分の間ぐらいです。曲が長い場合、途中で止められます。

(4)これは学校によると思いますが、10人前後でしょうか。あまり記憶がありませんが、思ったより少なくて余計に緊張した覚えがあります。


受験頑張ってくださいね。


人気Q&Aランキング