事故で脾臓が損傷し、脾臓摘出手術を受けたのですが、生命保険の災害入院補償の中に手術給付金の契約もありながら、生命保険会社より手術給付金が支給されないかもしれないと報告がありました。給付金申請書の医者の手術名の書き方によっては支給されないとのことでした。手術をうけ脾臓を摘出したことは事実なのに、納得できません。実際まだ答えが出たわけではないですが、不安です。どなたか詳しい説明をしていただけませんか? 担当のお医者様に正確な手術名をきくと、「脾臓摘出手術」ということでした。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

保険会社は、受付担当者と実際の査定者はまったく別です。


また受付する人と査定者が交流することはほぼありませんし、査定の基準を知ることは皆無です。

ですので、受付する人はどのような案件であっても
「給付金が出ますといってはいけない。でない場合があると言え」
と教育を受けており、どのような請求内容であっても同じような対応しかしません。(とりあえず後からモンクがでないように「出ないかもしれない」と言う)

今回給付対象にならないかもしれない、といわれたのは以上の理由だと思います。
先の回答にもありましたが、給付の問題はないと思われます。

もしなにかの事情で給付金が出なかった場合、「おかしいと思うのでもう一度調べてください」と保険会社に言えば、見てもらえますので、結果を待って必要であれば保険会社に相談してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

病院の書類がまだできていないので、給付金の請求はまだです。ご回答をいただくと待っている時間も穏やかに過せるような気がします。ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/05 11:35

どの会社の何という保険に契約しているのか、その契約内容もわからないので、一般論でお答えするしかありません。



文面から拝察すると、傷害保険ですね?

事故前に脾臓に何らかの疾患があり、事故が引き金となって、脾臓の疾患が悪化して摘出することになった場合、通常は傷害保険の適用外となります。
つまり、「診断書による」ということになります。

また、手術給付金は、1事故に付き1回だけです。
同じ事故で、他の手術を受けていた場合、適用外となる可能性があります。

また……
無免許運転、酒気帯び運転
登山中、スカイダイビングの事故
オートレースなどのレース中の事故
の場合も適用外となります。

これらに該当しなければ、支払われる可能性が高いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不安な気持ちが少し楽になりました。お答えいただきありがとうございました。。

お礼日時:2009/05/26 12:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脾臓の働きは?

脾臓は老朽化した赤血球を破壊する以外には
どのような働きがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.リンパ球をつくり内部に蓄える。
2.体内の病原体をとらえて殺す。また抗体をつくり血液中に送る。
3.古い赤血球・白血球を破壊する。
4.血液を貯蔵し大出血があると収縮して血球を送る。

脾臓は手術によって摘出しても生命力には害がないそうです。
♯1の方とダブってしまいますが、胎児期には造血器官としてはたらくそうです。

Q生命保険の内容(見直しも含め)と手術給付金支給額

最近、入院・手術を経験し、生命保険について少し気になったので、質問させて頂きたいと思います。

まず、現在加入の保険について。
JAの終身共済です。21歳から60歳までの年間掛金155、600円程度です。
それから80歳までが年間38,800円ぐらいです。
主契約:500万円(60歳でもらえる額だそうです)、定期特約:1,500万円 で、

特約が
重度障害年金特約:  50万円
災害給付特約:  1,000万円
災害死亡割増特約:1,500万円
がん死亡給付特約: 200万円
がん入院特約: 日額5,000円
災害入院特約: 日額5,000円 とあり、

保証の総額
災害による死亡:    4,500万円
がんによる死亡:    2,200万円
がん以外による死亡:  2,000万円
災害による入院:  日額10,000円
がん以外による入院:日額 5,000円
がんによる入院:  日額10,000円
三大疾病前払い:    なし      です。


私としては、入院1日5,000円は少なすぎました。
三大疾病前払いが無いのも寂しいかなと?
しかし、年間120,000円ぐらいにならないものか?と考えてますが
保険のプロの方、どうでしょうか?良きアドバイス頂けますでしょうか?
正直、JAより、他の民間生保会社のほうが良いんじゃないかと考えております。


次に、手術共済金について
入院日額5,000円ですので、その額は頂きました。(5日間で25,000円)
そのほかに入院共済金として50,000円ほど頂いたのですが、この額って相応なのでしょうか?
さっぱり解りません。
診断書の病名が「左肩軟部腫瘍摘出術」で、その他、特に詳しい内容は書いてないのに、
なぜ?金額を決めれるのが、不思議でなりません。
他の生保会社の場合で、このような手術名の場合、どれぐらいの金額になるのでしょうか?
4泊5日の入院で、入院支払いが3割負担で89,000円程度でした。
(手術費用・入院費用共に145,000円位、と記憶しております)

最近、入院・手術を経験し、生命保険について少し気になったので、質問させて頂きたいと思います。

まず、現在加入の保険について。
JAの終身共済です。21歳から60歳までの年間掛金155、600円程度です。
それから80歳までが年間38,800円ぐらいです。
主契約:500万円(60歳でもらえる額だそうです)、定期特約:1,500万円 で、

特約が
重度障害年金特約:  50万円
災害給付特約:  1,000万円
災害死亡割増特約:1,500万円
がん死亡給付特約: 200万円
がん入院特約: 日額5,000円
災害入院特...続きを読む

Aベストアンサー

確かに三大疾病がないのは、寂しく感じますね。
JAの場合、三大疾病は中途付加ができないので、別にガン保険などに加入されるのがいいと思います。医療保障については、次の点に気をつけた方がいいと思います。
・JAの場合、1回の入院で支払い可能となる日数が生保のものと違い、最大200日までとなります。また、一部の病気を除いて、通算の支払日数に制限がありません。
・JAの入院特約についても、中途増額が可能です。但し、毎年の契約応答日でなければ申し込みができません。
医療保障については、長期入院を考慮するか、日額を考慮するかで違った形になると思います。
なお、定期特約の減額については、JAの場合契約後5年間はできませんので注意してください。

手術共済金については、請求時に提出した診断書に記載されている手術名により判断されます。支払倍率については約款に書いてあります。(JAの場合は10倍、20倍、40倍)大体は、他の生保でも同じ手術であれば倍率は同じになると思います。
まずは、保険のことは別にして、検査結果はちゃんと聞かれた方がいいです。結果によっては、保険の加入に一定期間必要となる場合もあります。検査内容を確認してから、いろいろと調べていった方がいいと思います。

確かに三大疾病がないのは、寂しく感じますね。
JAの場合、三大疾病は中途付加ができないので、別にガン保険などに加入されるのがいいと思います。医療保障については、次の点に気をつけた方がいいと思います。
・JAの場合、1回の入院で支払い可能となる日数が生保のものと違い、最大200日までとなります。また、一部の病気を除いて、通算の支払日数に制限がありません。
・JAの入院特約についても、中途増額が可能です。但し、毎年の契約応答日でなければ申し込みができません。
医療保障については、長期入...続きを読む

Q門脈の働きについて教えてください。一般的に門脈といえば小腸から肝臓を結

門脈の働きについて教えてください。一般的に門脈といえば小腸から肝臓を結ぶ、栄養を運ぶ静脈をさすそうですが、それ以外の胃から、脾臓から、脾臓から、大腸から肝臓へ向けて出ている門脈はそれぞれどんなはたらきをしているのですか?胃や脾臓などから門脈経由で栄養が運ばれていることはないですよね。そしてまたそれらから肝臓に運ばれた血液は肝臓でどうされていますか?

Aベストアンサー

 乳酸は肝臓で処理されるだけではなく、遅筋や心筋等の有酸素的に力を出す筋肉において、ブドウ糖の様に、エネルギー源として消費されて、二酸化炭素と水に変わる場合も少なくない様です。
 肝臓に乳酸が送られる経路に関しては、明確な情報を知りませんが、常識的に考えれば、乳酸は水に溶けるため、細胞の同士の隙間を満たしている液体である組織液に溶け込むのではないかと思います。
 組織液は、元々は毛細血管から染み出して来た血漿が細胞の隙間に流れ込んだもので、その一部は再び毛細血管の中に戻って行きます。
 組織液に溶け込んだ老廃物等は、拡散によって毛細血管の中に染み出しますから、おそらく乳酸も毛細血管の中の血液に溶け込むのではないかと思います。
 そして、毛細血管から静脈に入り、更に心臓や肺を通ってから、再び心臓を通って動脈を流れ、肝臓に送られるのではないかと思います。
 又、この他にも、毛細血管に戻り切らなかった組織液は、リンパ管に入ってリンパ液となりますから、運搬される乳酸の量は血管に入ったものよりも少ないでしょうが、リンパ管を通る乳酸もあると思われます。
 リンパ管は鎖骨下静脈に繋がっていて、リンパ液はそこで再び血流に合流ますから、結局はリンパ管を通った乳酸も静脈に入る事になります。

 乳酸は肝臓で処理されるだけではなく、遅筋や心筋等の有酸素的に力を出す筋肉において、ブドウ糖の様に、エネルギー源として消費されて、二酸化炭素と水に変わる場合も少なくない様です。
 肝臓に乳酸が送られる経路に関しては、明確な情報を知りませんが、常識的に考えれば、乳酸は水に溶けるため、細胞の同士の隙間を満たしている液体である組織液に溶け込むのではないかと思います。
 組織液は、元々は毛細血管から染み出して来た血漿が細胞の隙間に流れ込んだもので、その一部は再び毛細血管の中に戻っ...続きを読む

Q痔核根治手術は生命保険の手術給付金がおりないのは何故ですか

このたび長年付き合っている痔と決別するために
痔核根治手術を受けることにしました。
日帰り手術が可能とのことです。
大手生命保険1社、通販系の保険2社に加入してますが
大手生命保険だけが手術給付金が出ないことがわかりました。
「簡単な手術には適応しません」とあしらわれてしまいました。
通販系の2社からは早速請求関係の書類が届いています。
保険会社によってこんなに違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大手生命保険に聞いたとのことですが、支社(営業所)ですか?
本社(カスタマーセンター)ですか?

本社でしたら間違いないと思いますが、支社などの営業担当者は
いいかげんな回答をすることがあります。
私も以前、近視矯正手術をした際、大手生保(今はもうありませんが)
の営業担当がまともに調べてくれず、もらい損ねたことがあります。

あきらめずに請求してみてください。

Q脾臓には外部に分泌する構造がない?

五臓六腑の五臓について肝臓や腎臓や肺は外部に排出する管があります。心臓も大動脈がありますが、脾臓には血管以外には出ていく管がないように思います。脾臓の働きは結局何なのでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=30633971

ナショナルジオグラフィックですので、怪しいさいとではないので上記参照に

Q再縫合手術を受けた場合手術給付金は支給されるのでしょうか?

先月に、支給全摘出手術をした者です。術後、出血が止まらず、退院後1週間の検診で止血剤を出されしばらく様子を見ようとの診断を頂きました。しかしまだ出血が治まらず、このままでは再縫合手術をしなくてはなりません。現在朝日生命の保険王プラスに加入しており、女性特約も入っております。
退院後にその時の手術給付金と入院給付金は既に支給して頂きました。
もし、再縫合手術をする場合は、一度支給されていても手術給付金や入院給付金も同じく支給して頂けるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

一つの病気の、継続的治療ですから、当然、支給されるのでは?
お大事に。

Q脾臓を小さくするための自然療法ってありますか?

超音波検査をしたところ脾臓が大きいと言われました。

脾臓は病気になることがほとんどないから、気にすることはないと言われたのでその時は安心したのですが、自分なりに脾臓について色々調べてみると脾臓が原因??と思ってしまう症状が過去にあったので、自然療法で(日々の生活で気を付けて)治るものなら治したいと思っています。

何か良い方法ってありますか?

以前、虫歯の治療が原因で出血が止まらなかったことがあった(朝起きたら口から血を流していました。歯医者に行くまで4時間くらい出血が続き、歯医者に行ってもなかなか出血が治まらなかったです)のでこのような怖い思いはもうしたくないんです・・・

Aベストアンサー

自然療法ということでしたら、東洋医学にアーユルヴェーダというのがあります。
ひとそれぞれ体質が違いますが、それを脈で読みとって、自分にぴったり合った治療法を教えてくれます。病気の予防にも効果があります。脾臓を小さくするという事に関してどうかはわかりませんが、歯の出血しやすさとか、他の気になる症状など総合して診てくれますので、どの病院に行ったらいいのか分からない病気でも、大丈夫です。

専門のクリニックもあり、予約制で脈診をしてくれます。ご相談されてみるのもいいかもしれません。
茨城 http://www.group-seifu.or.jp/howarei/ayurveda/index.html
東京、栃木 http://www.hoyurishikai.com/
などなど・・

Q生命保険の給付金と健康保険からの給付金、そして医療費控除(確定申告)

昨年の秋に子供が入院しました。私(サラリーマン)の生命保険に入院給付金が付いており、子供もその6割りが出るようになっていたので、請求し、給付されました。その後、給与明細を見ると健康保険からも給付金が支給されていました。
(1) 生命保険と健康保険からの給付金を合計しますと、実際の入院費用に対し、黒字になってしまいましたが、どちらかに、いくらか返納する必要は無いのでしょうか? (まあ、生命保険は入院1日につきいくらという設定ですし、自分で任意で保険料を支払っていたわけですから、返納は不要と考えていますが)
(2) さて、医療費控除による税金の還付を受けるために、医療費の合計額を出す場合は、上述の両方の給付金は差し引くことになるのでしょうか? 生命保険の方の給付金の場合は、やはり自分で任意で保険料を支払っていたわけですし、たしか、その保険料は控除の対象にはなっていないですよね。ということは、生命保険の方の給付金の場合は引かなくても良いような気もするのですが。
以上
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)返納する必要は無いのでしょうか?
(A)返納の必要はありません。
また、収入として申告する必要もありません。(医療保険の入院給付金などは、非課税です)

(2)『さて、医療費控除による税金の還付を受けるために、医療費の合計額を出す場合は、上述の両方の給付金は差し引くことになるのでしょうか?』
(A)はい。差し引いて、10万円を超えた分について、控除を受けられます。

『……その保険料は控除の対象にはなっていないですよね』
(A)医療保険は、生命保険として年末調整、確定申告の保険料控除の対象になっています。

『生命保険の方の給付金の場合は引かなくても良いような気もするのですが』
(A)引かなければなりません。

結論
今回の入院では、黒字になっているようですから、医療費控除を受けることはできません。

ご参考になれば、幸いです。

Q脾臓の摘出

脾臓の摘出

小学生の子供が、遺伝性球状赤血球症貧血のため、医者から「時期を見て胆のうと脾臓をとりましょうか」と言われています。

貧血はそんなに低くはないのですが、ビリルビン値が4~5と高いです。

脾臓をとると、細菌感染にかかりやすいと聞きました。

(この病気でなくてもいいのですが、)脾臓を摘出した方で、その後の生活や体調などをお聞かせください。

Aベストアンサー

2年前に癌転移のため脾臓を摘出しました。

その時お世話になった外科の先生の一言
「脾臓は別に無くても大丈夫だから」。
…あっさり言われました(笑)。

今のところ、特にこれといった体の変調はないですね。
普通に過ごす事が出来ております。

私は大人なのであっさりと言われたのかもしれませんが
質問者様の場合は摘出を薦められているのがお子様ですから
果たして「無くても大丈夫」と言われるかどうか…が分からないところです。
出来れば主治医の先生に脾臓を取ったらどんなメリットデメリットがあるのかを
聞いてみた方がいいのでは、と思いますよ。

Q手術給付金を考えるときの入院給付金について

手術給付金を考えるときの入院給付金について教えて下さい。
約款では、手術給付金は入院給付日額に倍率を乗ずると書かれていました。入院給付日額は疾患由来で、2倍となるケースでした。入院給付金は倍額で給付されましが、手術給付金額は、倍額されていない入院給付金に倍率を乗じた額で給付されていました。コールセンターに問い合わせたところ、入院給付金の倍率は設定日額(倍額となる前の額?)をさすとの返答でした。 入院給付金に倍率を乗ずると書かれてあったので、増額された入院給付金に倍率を乗ずるのかと考えていたために腑に落ちないのですが、そのようなものなのでしょうか?。教えて下さい。

Aベストアンサー

例えば・・・
主契約の入院給付日額10,000円、手術給付金が20倍の20万円だと仮定し、そこに女性疾病特約入院日額10,000円で女性疾病の手術給付金なし」の契約があったとします。
その場合、所定の女性疾病で入院して手術を受ければ1日の入院日額20,000円、手術給付金20万円となります。

「入院給付金に倍率を乗ずると書かれてあった」とありますが、ここでいうところの入院給付金はあくまでも主契約に対する倍率を指すものであると考えます。
要は2倍となるケースでも手術特約はその「入院給付金の2倍になるケース」までカバーしていない契約であれば、今回の場合何ら問題はないことです。
基本的に、保険金を支払う部門が間違えることは考えにくいので、そういう契内容だということです。
保険は内容をきちんと理解しておくことが重要です。もし担当者から受けた説明で誤解しているのであれば担当者から説明を受けるべきです。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報