大学で自然災害について学んだあとの進路というのはやはり土木関連しかないんでしょうか?
浅はかかもしれませんが、災害に関して世のために何か間接的にでも貢献できる職業というのはないんでしょうか?
理系的な場所でなくても構いません
やりがいのある仕事がやりたいとかっていうのは難しいでしょうか
学科では他に資源と環境の講座があります
災害以外では資源関係かなとは思いますが・・
院も考えています

やはりこういう分野は職がないのかと不安に思って・・
地方国立です
とにかく世間知らずなので新聞を読み、高校の現代社会や中学地理からやり直したいです
今は二年ですが微分積分をやってます

乱文ですいません
なかなか気持ちが焦りまとまらなくて・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は今自然災害や防災に関連する職種ですが、損害保険会社系の仕事をしています。


日本の防災システムは、堤防や護岸整備などに代表されるインフラ的な防災システム(こちらのほうはまさに土木関連がぴったりですね)を基本としていますが、相手が自然災害のためにどのようなインフラでも100%防ぐことは出来ません。従って、一定レベル以上の災害に対しては避難を呼びかけて人を守り、被災した建物などの構造物は損害保険が経済的損失をカバーする仕組みになっています。
従って、損害保険(またはそれに付随するリスクコンサルティングサービスなど)を通じて災害に対して貢献できることもあると思います。ちなみに私自身は理工学部の出身ですが、専門は理学系です。

高校生ということであれば、あと一点。英語を勉強されておいたほうが良いですね。自然災害は世界中で起こっていますが、被害者の数では東南アジアが突出しています。上記の防災インフラが発達しておらず、自然災害に対してとても脆弱です。自然災害に国境はありません。「防災」に携わりたいと考えるのであれば、いずれ英語が必須になることでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
英語はトーイック満点ぐらいはとれるようになりたいです

お礼日時:2009/06/07 22:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリス自然災害の多い地域

来秋より1年間イギリス南部に留学する予定です。日本では大きな自然災害にも遭わず暮らして来れましたが、イギリスには自然災害が頻繁に起こる地域などあるのでしょうか?今年は台風が多いですが同じ日本でもかなりの被害を被る地域もあれば最小限で済む地域もあります。今考えているのはCanterbury or Eastbourneですが
イギリスの事情を教えて下さい。

Aベストアンサー

英国に住んでいます。
基本的に英国は穏やかな気候ですので心配無用です。
もちろん大雨で浸水というニュースが年に一回程度あります。でも、私の住んでいる都心ロンドンでも大雨の後はよくTUBEが止まります。要するに、街や公共交通機関等が大きな災害に慣れていないということです。そういった時は諦めます。それが英国暮らしです。更に、些細な雨でも雨漏りする新築フラット(=マンション)や、真冬にお湯が出なくなるボイラー、頼んでも来ないドタキャンは当たり前のプラマー(修理工)等、災害は目の前にゴロゴロ転がっています(笑)。貴方が英国留学中にきっと経験する自然災害はこちらですよ、きっと。

Q環境に対する林業の貢献について

こんにちは。みなさんは林業が環境に対してどのように貢献しているとお考えですか?
また、なにの数値を比べることで、その貢献の根拠を示すことができますか?

皆様のお力添え、お願いします。

Aベストアンサー

最初に話題になったのは.釜石漁協(でしたか)の植林でしょう。
漁業資源保護のために労働力不足の森林組合に変わって漁協が植林をし.けっ課として磯谷家を防いだ内容です。

保水力。水源地関係の森林保護で問題になります。電気事業関係でしょう。水力発電用水資源の矛ですから.天力会社の営業を見れば検討着くかと思います。

最後に観光資源。アッピ高原が有名です。観光客を誘致することで.特需を確保する方法です。

Q津波被害は自然災害か、人災か

津波被害への反応で、疑問に思ったことがあります。
石巻市で幼稚園バスが津波で流され、園児が死亡した事故。判決としては遺族側が勝訴したようですが、世間では「津波は自然災害なのに、訴えるのはおかしい。予期できるようなものではない」と幼稚園側を擁護し、むしろ遺族を金の亡者と批判する声が目立ちます。
ただ、原発事故は同じ自然災害によるものですが、擁護の声は全くないですよね?「東電社員は人殺し」という言葉まで出たほどです。社長が「この地震は想定外だった。予期できるようなものではない」と言ったら袋叩きにされると思います。

地震と津波、同じ自然災害から発生したこの事故ですが、なぜ批判の対象が異なるのでしょうか?東電は営利目的の企業だからでしょうか?市民への影響の大きさからでしょうか?
どこまでが自然災害で、どこからが人災と呼ばれるのか、その区切りを教えていただきたいです。「想定外」で許されるのはどの範囲ですか?

Aベストアンサー

原発については人災です。古文書などからも何度か大きな被害を受けていることは明白で、伊達家の記録にも津波被害はありました。にもかかわらず記録を無いとして崖を削ったことが原発被害をもたらしました。
東北地方はこれまでもチリ沖地震などでも津波被害を受けていますから、まったく想定外とか予期しえないというのは、あまりにも無知であった、そもそも記録を精査すらしていなかったとみるべきでしょうね。でもバス事故が人災かというともっと調べなきゃならないでしょう。一方でどこだかの小学校でも多くの子供たちが亡くなりました。これについては教育委員会を含めた学校の対策不足、連絡不足があると思います。連中は2年間何事もなければそれでいいとしか考えていないのです。だから山が崩れるかもしれないなどという言い訳をしているわけです。東北では地震があったら高台へ、津波テンデという事が常識になっていたはずです。学校からは山に登らずとも山を回って裏側にも行けたはずです。まともな人間がわざわざ川に向かうという行動をとりますかね。この記憶を薄れさせ対策を考えない体質がある限り、何度でも同じ被害は起きるでしょうね。

原発については人災です。古文書などからも何度か大きな被害を受けていることは明白で、伊達家の記録にも津波被害はありました。にもかかわらず記録を無いとして崖を削ったことが原発被害をもたらしました。
東北地方はこれまでもチリ沖地震などでも津波被害を受けていますから、まったく想定外とか予期しえないというのは、あまりにも無知であった、そもそも記録を精査すらしていなかったとみるべきでしょうね。でもバス事故が人災かというともっと調べなきゃならないでしょう。一方でどこだかの小学校でも多くの...続きを読む

Q資源回収

最近、ごみの回収方法が変わりました。
プラスチックは、資源ごみとして、みな一緒に回収しているのですが、プラスチックには、色々種類があります。ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリカーボネートなどたくさんあります。
一緒に回収して、どうやって資源にするのでしょうか?

Aベストアンサー

最近出来た大型焼却炉なら、熱回収や発電設備を備えていることが多いです。
プラスチックは元が石油でカロリーが高いですから、一般ごみとの混合比率を
調整して燃焼管理する為に別回収にしているんじゃないですかね。

ただ、サーマルリサイクルは『容器包装リサイクル法では』 リサイクルと
認められてなかったと思います。

Q中国のPM2.5は自然災害?

中国当局はPM2.5の問題を自然災害と位置付けているようです。

どう思いますか?

Aベストアンサー

ちょっと前までは、進出した日本企業の工場の煙突のせいと言っていましたが、今度は自然災害ですか・・・
黄砂は百歩譲って自然災害と認めてあげてもいいですが、PM2.5は明らかに人災、さらに言えば中国政府の「無策の賜物」かと思います。

Qエネルギー資源枯渇問題

エネルギー資源枯渇問題についての課題がだされたのですが、

1,具体的にはどういうことなんでしょうか?資源が底尽きることだけなのでしょうか?

2,資源枯渇問題を皆さんは解決することができると思いますか?

3,2を解決するための技術は例えば何がありますか?
 
4,また、資源枯渇問題等に関して詳しくのっているサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

現在、使用するエネルギ-の多くは化石燃料とウランが占めていますが、その埋蔵量には限界があります。ですからこの二つの原料は近い将来、掘り尽くしてしまう可能性があるのでこれが資源枯渇問題とされているのです。

 これに代わるエネルギー資源としては太陽光、風力、地熱などがありますが、これらで現在の使用エネルギーの全量を賄うことは不可能です。そこで現在研究されているのが核融合です。これは海水中に含まれている三重水素が原料になり、この技術が完成すれば原料はほぼ無限と言っていいほどなので、懸命に努力中なのです。しかし近い将来、化石燃料に匹敵するほどのコストでエネルギーを生み出す技術が完成する見込みは立っていません。

 最近日本の科学者が海水からこれに含まれるウランを効果的に取り出す技術が開発され、これが大変有望という報道がありました。もしこれが事実なら原料はほぼ無限と言っていいのでエネルギー問題は解決ということになりますが、さてどんなものでしょうか。

 サイトについては下記など、いかがでしょうか。

参考URL:http://eco.goo.ne.jp/word/energy/S00080.html

現在、使用するエネルギ-の多くは化石燃料とウランが占めていますが、その埋蔵量には限界があります。ですからこの二つの原料は近い将来、掘り尽くしてしまう可能性があるのでこれが資源枯渇問題とされているのです。

 これに代わるエネルギー資源としては太陽光、風力、地熱などがありますが、これらで現在の使用エネルギーの全量を賄うことは不可能です。そこで現在研究されているのが核融合です。これは海水中に含まれている三重水素が原料になり、この技術が完成すれば原料はほぼ無限と言っていいほどなの...続きを読む

Q自然現象もしくは自然災害 2001年 教えて!! 

2001年1月1日から2002年2月28日までに起こった 自然現象もしくは自然災害 何かあれば教えてください。
詳しくても、詳しくなくてもどちらでもいいので教えてください。
大至急知りたいです。よろしくお願いします。

自然現象or自然災害

Aベストアンサー

ロマンチックですよ。

テレビでも結構騒いでましたよ。去年の11月だったかな。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/astro/photo/astro-picture/other/2001Leo.htm

Q環境に貢献する微生物名

こんにちは。
タイトルのとおり、環境浄化、または農業やエネルギーの分野で利用されている微生物の名前(属と種)を教えていただきたいのですが、それと共にその特性や機能について記されたページがありましたら、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

 有害物質を食べる(分解する)微生物(石油、環境ホルモン、ダイオキシンなどなど)、エネルギーを生成する微生物(メタン生成菌、水素生成菌などなど)・・・。 それぞれに有用な機能を持った微生物があり、またそれぞれに多くの属や種があります。有用微生物は膨大にあり過ぎるので、少しカテゴリーをしぼって質問した方が良いでしょう。
 私が扱った有用微生物は農業関係のものです。
 アーバスキュラー菌根菌(土壌中のリンを植物に供給する→リン肥料を削減できる(かも知れない))Gigaspora sp. Glomus sp. など
 根粒菌(空中窒素を固定して植物に供給する→窒素肥料を削減できる(かも知れない)) Rhizobium sp. Bradyrhizobium sp. など

Q【北朝鮮】に 朝鮮半島壊滅くらいの 隕石落ちたら 全て 自然災害で終了しない?

【北朝鮮】に 朝鮮半島壊滅くらいの 隕石落ちたら 全て 自然災害で終了しない?

Aベストアンサー

ははは。
そりゃあ、北朝鮮は跡かたも無いでしようが、アジアの殆ど、
いや、地球の半分は消滅状態になっちやいますね。
それこそ、人類の危機、地球が再生するのに、何世紀かかることか。

Qエネルギー資源の価格の高騰について

なぜ、エネルギー資源の価格は高騰しているのですか?需要が高まっているからですか?だとしたら、なぜ?食品の価格上昇は、バイオエタノールの利用によりトウモロコシなどの穀物の価格が上昇しているからだといわれていますが、エネルギーの価格高騰とは関連しているのですか?

Aベストアンサー

私は石油とは関係のない人間ですが、石油の高騰に翻弄されている人間です。

>なぜ、エネルギー資源の価格は高騰しているのですか?

エネルギー資源、中でも石油価格高騰のメカニズムは複雑です。いろりろな複合要因が重なっていると思ってください。そして石油価格の価格は原油先物取引などの市場がで決めているいうことです。中でもニューヨークマーカンタイル取引所に上場されている、WTI価格が、世界の原油の基準値になります。
高騰の根源にあるのは、「中国を中心として世界の需要が伸びると考えられる」ということ、「生産国である中東情勢の不安」があります。但し、全体の需給バランスを考えれば、石油不足には陥っていないのです。但し、先ほど述べた全体の不安を背景に、大儲けしようとする人たちが、相場の世界でマネーゲームをやっています。ここ1、2年の価格高騰の要因としては以下のようなものがあります
・投機資金の流入
  石油メーカーの備蓄、ヘッジファンドなどの投機マネー
・戦争(イラク戦争)
・ハリケーン(カタリーナ等)

世界の石油の生産量は増えています。そして20年、30年で石油がなくなるという話はうそです。石油関係者に皆が翻弄されているのです。
以下の本に、あっさりとした、石油価格高騰の話が書かれています。実際にはもっと複雑奇怪でドロドロとしていると思いますが・・・

「知られていない 原油価格高騰の謎」 芥田 知至著 技術評論社

>食品の価格上昇は、バイオエタノールの利用によりトウモロコシなどの穀物の価格が上昇しているからだといわれていますが

穀物の値段も相場が形成します。ブッシュ大統領が農業政策で、バイオエタノールの導入を決めてから、以下の連想が働くようになりました。これがとうもろこしの価格上昇の原因です。
石油が高くなる→バイオエタノール使われる。→とうもろこしの需要が増える。→とうもろこしが高くなる。
商品の相場は石油以上に歴史がありかつ複雑そうです。この連想以外にもっと多くの要因があると思いますが、いずれにしても相場が決める世界で、今回のバイオエタノール騒動は、食品価格の相場を上げるのに格好の材料を提供したことになっているでしょう。

・・・その他
バイオエタノールで食品価格が上がるだけでなく、原油価格の高騰の原因の原因にもなっています。今年の春のWTI価格の高騰の原因は、エタノールの流通が原因だとも言われています。

私は石油とは関係のない人間ですが、石油の高騰に翻弄されている人間です。

>なぜ、エネルギー資源の価格は高騰しているのですか?

エネルギー資源、中でも石油価格高騰のメカニズムは複雑です。いろりろな複合要因が重なっていると思ってください。そして石油価格の価格は原油先物取引などの市場がで決めているいうことです。中でもニューヨークマーカンタイル取引所に上場されている、WTI価格が、世界の原油の基準値になります。
高騰の根源にあるのは、「中国を中心として世界の需要が伸びると考えられ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報