髪の毛に艶をだしたいので、透明のヘアマニキュアをやろうと思っています。
デコレというやつを通販で買うつもりです。
でもヘアマニキュアってすぐとれると思うんですけど、だいたいどれくらい艶がもちますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

取扱説明書通りにヘアマニキュアをしますと,(メーカー側の説明ですが)おおよそ3~4週間くらいは保ちます。

(まぁ,3週間前後が目安と思って良いと思いますよ)
ただし,石鹸シャンプー剤でシャンプーしている人の場合は,数日で落ちてしまうこともあります。
あと,自他でヘアマニキュアをする場合,放置している最中の保温が難しいですから,2週間くらいで落ちてしまうこともあるそうです。
それと,ヘアマニキュアをしたあと,すぐにもう一度ヘアマニキュアをしますと,6~8週間は保たせられるようになりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
思ったより持ちますね!♪

お礼日時:2009/05/25 12:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q髪についての質問します。ヘアカラーではない ヘアマニキュアをされている方々白髪染めのヘアマニキュア

髪についての質問します。ヘアカラーではない ヘアマニキュアをされている方々白髪染めのヘアマニキュアを私してるのですが、大体、どれ位空けてしますか?次のヘアマニキュアをする間隔を良ければ教えてくれる。

Aベストアンサー

コンニチハ
美容師です
染める間隔は、それぞれですが、ヘアカラーと違い
髪に負担が有りませんから
目立ってきたら染めるという感じですね

ちなみに、

ヘアカラー≠マニキュアですね

ヘアカラーは、ジアミン色素+過酸化水素

へアマニキュアは、酸性染料で染まります

染色原理が異なります

Qヘアマニキュアと書かれてあるが、髪の毛を染めてしまう商品

ここ2年(2ヶ月に1回の割合で)美容院でヘアマニキュアしています。黒髪が希望なので、マニキュアの色はお任せで選んでもらっています。(地毛は、赤みのある茶色で部分的に白髪もあります。現在ロングヘアーです。)

一度自分でヘアーアマニキュアをしてみようと思っています。しかし、「ヘアマニキュアと書かれている商品の中に,髪の毛を染めてしまう偽りものが存在しますので,ヘアマニキュアを購入するときは,気を付けて下さい。」との回答を読みまして質問です。

*ヘアーアマニキュア購入の際には、商品内容表示のどの点に着目して見極めれば良いでしょうか?

*白髪交じりで赤みのある髪を、黒髪に近づける色味は?

お手数ですが、ご回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず,「気になるのは「染毛料」っと表示されているので・・・」ですけど,ちゃんとしたヘアマニキュア(なんか,変な言い方・・・)でも,「染毛料」と書かれています。
確か,ブリーチ剤を除く,白髪,黒髪,または,両方の色を変えるものは,全部こう書かれていたと思います。
誤解を生みやすいなぁとは思うのですが,たぶん,国もメーカーも適当な言葉が見つからないのだと思います。(日本語に固執しなければ何とかなるように感じるのですが・・・)

その「トリートメント ヘアマニキュア」は,コーセーというメーカーのものでしょう?(インターネットで調べましたところ,コーセーしか出てきませんでした。参考URL)
もし,そうでしたら,「毎日のトリートメントで、髪を傷めずだんだん髪色を変えるヘアマニキュア」と書かれていますので,「何度も使用出来る」のではなく,「毎日使用しませんと,髪の毛の色が変わらない」ですよ。
だから,「使うたびに明るい髪だんだん落ち着く」のであり,「使用中止すればもとの髪色にもどる」のです。
とは言え,このあたりのことは,(返品が出来なくなってしまいますが)箱の中に入っている使用説明書を読んでください。

この「コーセー トリートメント ヘアマニキュア」という商品を使ったことがありませんので,確かなことは言えませんが,「特徴/トリートメント効果で髪を傷めず、つややかな仕上がり。毎回使うことでだんだん髪色が変わります。」と書かれているのがひっかかります。
10何年か前に,「シャンプー+白髪染め剤(または,ヘアらカー剤)」という商品(もう使えないと思いますが,当時のものが私の手元に残っています)が販売されてから,「リンス+ヘアカラー剤(白髪染め剤)」や「トリートメント+ヘアカラー剤(白髪染め剤)」というものが販売されるようになりました。
一時期は,廃れたこともあったのですが,最近,また,復活しているようです。
そこで,「特徴/トリートメント効果で髪を傷めず、つややかな仕上がり。毎回使うことでだんだん髪色が変わります。」と書かれているのがひっかかると書いたのです。
ヘアマニキュアと言うものは,髪の毛のコーティング剤です。
キューティクルの凸凹も覆ってしまいますので,つややかな感じになります。
それに,ヘアマニキュアをしてしまいますと,髪の毛はコーティングされていますので,トリートメントが髪の毛に浸透することはないのです。
と言うことは,トリートメントの効果を謳う必要がないのですが,これをわざわざ書いていると言うことは,髪の毛を傷めてしまう何かが入っている可能性があると言うことになると思うのですが・・・。
トリートメントは髪の毛を修復するもの,ヘアマニキュアは髪の毛をコーティングするもの,髪の毛を傷めてしまう成文が入っているとは思えない・・・。
となると,ヘアマニキュアではなく,髪の毛を染める成分が入っているのでは・・・?

と,穿った考え方をしてしまいますと,上のように考えられますが,まぁ,「可能性がある」程度にしか言えないと思います。
たぶん,「使用中止すればもとの髪色にもどる」と言うことを信用しますと,これはヘアマニキュアだけの特徴ですので,ヘアマニキュアの類と考えて良いと思います。(でも,「自信なし」です)

参考URL:http://www.kosecosmeport.co.jp/product/salonstyle/salonstyle_3.html

まず,「気になるのは「染毛料」っと表示されているので・・・」ですけど,ちゃんとしたヘアマニキュア(なんか,変な言い方・・・)でも,「染毛料」と書かれています。
確か,ブリーチ剤を除く,白髪,黒髪,または,両方の色を変えるものは,全部こう書かれていたと思います。
誤解を生みやすいなぁとは思うのですが,たぶん,国もメーカーも適当な言葉が見つからないのだと思います。(日本語に固執しなければ何とかなるように感じるのですが・・・)

その「トリートメント ヘアマニキュア」は,コーセ...続きを読む

Qヘアカラーとヘアダイとヘアマニキュアの違い

いまいちよく分かりませんでした。それとそれぞれの長所短所も知りたいです。一応自分で調べてみたのですが付け足し等ありましたらご教授願います。

1.ヘアダイ(酸化染毛剤/医薬部外品)
理・美容室で行われている80%以上はヘアダイです。
酸化法:脱色作用と染毛作用の二つ働きを利用して茶髪にする方法です。(第1液と第2液がセット)

2.ヘアブリーチ(脱色剤/医薬部外品)
髪の中のメラニン色素を過酸化水素で酸化分解する脱色剤でヘアダイの脱色作用と同じ原理を利用しています。(第1液と第2液がセット)

3.ヘアマニキュア(酸性染毛料/化粧品)
塗装法:同じ方法によるカラーシャンプー、カラーリンス、カラートリートメントなどの中では最も利用度が高く、また最も染着力の強い酸性染毛料です。ヘアダイよりは危険性が低いが長持ちしない。


以上を踏まえて自分の中でのイメージ↓
1.ヘアカラー(=ヘアダイ):脱色+染色同時並行
 【長所】色が抜けにくく長持ちする
 【短所】ダメージ大、発色比較的よくない
 ところでヘアダイの「ダイ」ってどういう意味なんですか?
2.ヘアブリーチ:脱色only
 【長所】
 【短所】ダメージはヘアカラーと同じ
3.ヘアマニキュア:染色only
 【長所】ダメージ少な目、色鮮やか&豊富
 【短所】すぐ落ちる

こんな感じですか?
ヘアカラーでやるほうがヘアブリーチ&ヘアマニキュアのコンボより色が落ちないんですかねー。あと、黒髪戻しってヘアマニキュアに入るのですか?
それぞれ使う際の注意点も知りたいです。いろいろ欲張ってスミマセン。

いまいちよく分かりませんでした。それとそれぞれの長所短所も知りたいです。一応自分で調べてみたのですが付け足し等ありましたらご教授願います。

1.ヘアダイ(酸化染毛剤/医薬部外品)
理・美容室で行われている80%以上はヘアダイです。
酸化法:脱色作用と染毛作用の二つ働きを利用して茶髪にする方法です。(第1液と第2液がセット)

2.ヘアブリーチ(脱色剤/医薬部外品)
髪の中のメラニン色素を過酸化水素で酸化分解する脱色剤でヘアダイの脱色作用と同じ原理を利用しています。(第1液...続きを読む

Aベストアンサー

理容師です。

「酸化法:脱色作用と染毛作用の二つ働きを利用して茶髪にする方法です」には間違いがありますね。
「茶髪にする方法」ではなく,「髪の色を変える方法」が正しいでしょう。
今は,ブラウン系の色だけでなく,レッド系,ブルー系,グリーン系,イエロー系,アッシュ系といろいろな色がありますからね。

また,「1.ヘアカラー(=ヘアダイ)」も違いますよ。
もともと,私たち理容師がヘアダイと言うっていたのは,「白髪染め」のことです。
ヘアカラーと白髪染めは違いますので,また,これにカラーリングを加える必要がありますので,「1.ヘアカラー・白髪染め・カラーリング(=ヘアダイ)」というのが正しいでしょう。

この両方を修正しませんと,「理・美容室で行われている80%以上はヘアダイです」とは言えなくなってしまいますからね。

ヘアダイの中に入れた「ヘアカラー」と「白髪染め」及び「カラーリング」ですが,実は,違いがありますので,現在では,「ヘアダイ」という言葉を使わず,ヘアカラー,白髪染め,カラーリングと分類しています。
ちなみに,簡単に説明しておきますと,白髪染めは言葉のとおり,白髪も染めますが,ヘアカラーの場合,白髪は染まりません。
また,カラーリングは,脱色作用がありませんので,ヘアブリーチと併用する必要があります。

ヘアマニキュアの色落ちは有名な話ですが,ヘアマニキュアを重ねることで,色落ちを伸ばすことは可能です。
例えば,黒髪の中に白髪があり,これを隠したい場合ですが,ブルーのヘアマニキュアを2回処理することで,黒髪の中に隠れてしまいます。
また,ヘアブリーチをしてから,オレンジのヘアマニキュアをしたあと,今度は,レッドのヘアマニキュアをしますと,少しずつ色落ちしていく過程で,レッドからオレンジへと徐々に色が移り変わっていくというように,遊ぶことも出来るようになります。

「黒髪戻し」についてですが,一番最初に発売されたものは,確かにヘアマニキュアでしたが,その後発売されたものの中には,ヘアカラー,または,白髪染めにあたるものも含まれています。

最後に,最近,ドラッグストアなどで「ヘアマニキュア」と箱に書かれて販売されているものは,ほとんど,ヘアカラー剤,または,白髪染め剤です。
単独で使用しても,黒髪の色まで変えてしまうものですから,注意してくださいね。

また,ヘアカラー及び白髪染めでのダメージについてですが,BIGMACさんが説明されたこと以外にも,最近になって,染めている最中に,髪の毛の中にあるアミノ酸までが,髪の毛の外へと排出してしまうためにダメージを受けていることがわかりました。
そのため,市販品の場合は,今年に入ってからですが,出ていってしまったアミノ酸を補給する効果を加えた,または,あとから加えるようにしたヘアカラー及び白髪染めが発売されるようになりました。
ですから,このような製品を使用することで,髪の毛のダメージをある程度抑えることが可能になっていますよ。

理容師です。

「酸化法:脱色作用と染毛作用の二つ働きを利用して茶髪にする方法です」には間違いがありますね。
「茶髪にする方法」ではなく,「髪の色を変える方法」が正しいでしょう。
今は,ブラウン系の色だけでなく,レッド系,ブルー系,グリーン系,イエロー系,アッシュ系といろいろな色がありますからね。

また,「1.ヘアカラー(=ヘアダイ)」も違いますよ。
もともと,私たち理容師がヘアダイと言うっていたのは,「白髪染め」のことです。
ヘアカラーと白髪染めは違いますので,また,...続きを読む

Q白髪染めがアレルギーで使えなくなったので美容院でヘアマニキュアを考えていますが、ヘアマニキュアは枕に

白髪染めがアレルギーで使えなくなったので美容院でヘアマニキュアを考えていますが、ヘアマニキュアは枕に色がついたり汗が茶色くなったりしませんか。ヘアカラーに比べると色落ちしやすいようですが美容院に通う頻度はどのぐらいになると思いますか。

Aベストアンサー

確かに色落ちしやすいですね。
美容院の場合は長く保っても三週間くらいかと。
そこで、ご自分でヘアマニキュアを薬屋さんで購入して、二週間ごとに染められてはいかがでしょうか?
髪の毛自体の色素を抜いて色を染めるヘアカラーと違って、ヘアマニキュアはわかりやすく言うと髪の毛の表面にペンキを塗るようなものなんで、やはり色落ちは早いです。
でも頭皮が傷んで髪が薄くなるおそれもありませんし、安心して使えますよ♪
ちなみに、汗くらいではそうそう目立つほどの色落ちはしませんのでご心配なく。

Qヘアカラーとヘアマニキュアの違いは?

ヘアカラー・ヘアマニキュア・白髪染めなど髪に色付けする種類や相違点を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も疑問に感じて以前、行きつけの美容室で聞いたことがあります。美容師さんがわかりやすく教えてくれたのは『カラーリングは髪のもとの色を脱色して染めるから明るくなるんですよ。マニキュアは脱色せずに元の色の上に染めるので、どうしても日本人は元が黒いからあまり明るくならないんです』との事でした。

Qツヤ髪になりたい!(トリートメント、透明ヘアマニキュア、グロスなど)

 髪にツヤがなくて困っています。トリートメント→透明ヘアマニキュア、グロスの順番で模索中です。
 

 1、トリートメントはドラックストアで売られているものや、美容院や化粧品店などで売られているものなど、多すぎてどれがいいのかわかりません。
 
 2、CMで「透明ヘアマニキュアの効果・・」と聞いた事がありますが、市販されている物なのか、美容院のメニューにあるものなのかわかりません。
 
 3、過去の質問を検索していた時見つけたんですが、美容院のメニューにグロスというものがあるそうなんですが、効果や料金などがわかりません。 
 
 いろいろ書き込んでしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 1、トリートメントはドラックストアで売られている
> ものや、美容院や化粧品店などで売られているものな
> ど、多すぎてどれがいいのかわかりません

髪の毛の専門家,理容師ですが,私もどれをお薦めして良いのか,わかりません。
というのは,どのトリートメントでもほぼ同じ効能だからです。(多少の違いはありますが,大筋で同じなんですよ)
ですから,kirara1975さんのお好みの「容器」やお好みの「香り」で選択しても構わないと思いますね。
それと,流すタイプと流さないタイプがありますが,髪の毛の負担を減らしたいのであれば,流すタイプがベストですが,まぁ,どちらでも構わないと思います。

問題は,「正しくトリートメントする」ということです。
正しくトリートメントしませんと,いつまで経ってもトリートメントの効果を得られないですからね。

> 2、CMで「透明ヘアマニキュアの効果・・」と聞い
> た事がありますが、市販されている物なのか、美容院
> のメニューにあるものなのかわかりません

ウン,「透明ヘアマニキュアの効果・・」というのは市販品の「ヘアカラー剤」のことですね。
ヘアマニキュアをするのでしたら,美容店や理容店でしてもらうか,または,美容店や理容店で使用しているものを購入して自分でするかのどちらかにしてくださいね。
現在,ドラッグストアで販売されているヘアマニキュアと箱書きされたものは,白髪染め剤かヘアカラー剤ですからね。

> 3、過去の質問を検索していた時見つけたんですが、
> 美容院のメニューにグロスというものがあるそうなん
> ですが、効果や料金などがわかりません

これは,その美容店に直接聞かないとわからないですね。
たぶん,たいていの場合であれば,「グロス」といえばスタイリング剤の一種と考えるべきですが・・・。
メニューにあるというと,もしかしたら,ヘアカラーの親戚かもしれないですね。

さて,たいへん申し訳ないですが,kirara1975さんが考えられた方法は,一時凌ぎの方法です。
そのため,根本的に解決しませんと,いつまでも繰り返し繰り返しやらなければならなくなってしまいます。
そこで,まぁ,根本的に解決しようとしますと,どうしても時間がかかってしまうのですが,次のことも併せて行うようにしてみてください。

まず,髪の毛に艶がなくなった原因ですが,

1.
キューティクルが開いたままになっている
2.
キューティクルの破損
3.
キューティクルが自然欠損している

といったあたりでしょう。
そう,すべて,キューティクルのトラブルです。

1の場合,トリートメントを最低2週間以上毎日継続することで,今ある髪の毛は改善されますが,また,キューティクルが開かないという保証はありません。
そこで,開きにくいキューティクルを作る必要が生まれます。
2の場合,キューティクルが破損してしまうと言うことは,たいへんなトラブルでして,一度は存してしまったキューティクルは元に戻りません。
一応,誤魔化す方法はあるのですが,それでも限度があります。
ですから,これも,破損しにくいキューティクルを作る必要があるのです。
3の場合,これは2の場合と少し違い,アゴのラインよりも長いロングヘアの人に多いです。
また,この場合,毛先に行くほど髪の毛の艶がなくなります。
そして,そうならないための予防法ですが,これは,自然欠損しにくいキューティクルを作ることも非常に大切ですが,毎日トリートメントをする必要もあります。

ということで,それぞれの状態になりにくいキューティクルを作るには,どうすればいいのかということを書いておきます。
といっても,意外と簡単なことで,毛根に髪の毛が必要とする栄養を充分供給することです。
ただ,そのための方法が難しいかもしれませんが・・・。

1.栄養バランスのとれた食事
何はなくとも,栄養バランスがとれていませんと意味がありません。
髪の毛のキューティクルを作るには,まず,コラーゲンの材料になるアミノ酸(タンパク質が分解された栄養)と,アミノ酸をコラーゲンに作り替えるために必要になる銅が不可欠ですが,しかし,これらの栄養だけを充分摂取しても,その他の,しかも,髪の毛にまったく関係がないかもしれない栄養が不足していますと,せっかく,一生懸命摂取した栄養が捨てられてしまうことがあるのです。
難しくなりますが,各栄養には「所要量(1日に摂取するべきだと定められるいる量)」があり,これを100としたとき,それぞれの栄養でその割合を出して,最低の割合と同じ割合だけ使用されて,残りは捨てられてしまうと言うことです。
要は,もし,ある栄養が所要量に対して80%しか吸収されなかった場合,他の栄養もその栄養の所要量に対して80%しか使われないというわけです。
ですから,栄養それぞれで所要量をクリアすることが望ましく,その状態を栄養バランスのとれた食事と言っていると考えてください。
とはいえ,1日で栄養バランスが完璧になる食事を毎日続けることは,栄養の専門家である栄養士でも至難の業だそうです。
そこで,その栄養士が言っていたのですが,「3日間で完璧な栄養バランスとなる食事」を心掛けるようにしてください。
また,もし,よければ,一度栄養士と相談するのも良いと思います。
その場合,各市町村の保険センターなどで定期的に行っている「無料栄養相談」(たぶん,要予約だと思います)を利用されてみてはいかがでしょう。
また,ご自分で栄養管理をされるのでしたら,

第6次改定日本人の栄養所要量について
http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9906/s0628-1_11.html

から,ご自分の「生活強度」を求め,これを元に,

文光堂(URL:http://www.bunkodo.co.jp/)
「糖尿病食事療法のための食品交換表」
定価 945円(本体900円) ISBN4-8306-1341-6
http://www.bunkodo.co.jp/books/tounyousyokuhinkoukan6.html

という書籍を利用してみてください。
エネルギー(カロリー)を元に栄養バランスのとれた食事を心掛けるには,たいへんよいバイブルとなる本だと思っています。

2.よく噛んで食べる
「子ども扱いしないで」という言葉が聞こえそうですが,実は,日本人は「咀嚼(「噛み砕く」という意味です)不足」です。
ですから,あえて取り上げているのですが,実は,噛み砕くということは,消化の第一歩なのです。
もし,あまり噛まずに食べ物を飲み込んでしまいますと,食品が充分細かくならないため,胃から先の消化がままならないのです。
また,口の中に分泌される「唾液」(消化液の一種)と食べ物が混ざらないため,口の中での消化が不足してしまいます。
ですから,より良い消化を促すために,よく噛むことが大切になるのです。
消化不良を起こしますと,栄養が体内に吸収されにくくなってしまいますからね。

3.「だけ食い」を絶対にしない
だけ食いとは,「1つの食材'だけ'を食べ続け,その食材を食べ終わらないと次の食材を食べない食べ方」のことです。
このような食べ方をしていますと,胃の中で食べたものがそうを作ってしまい,食材同士が混ざり合わなくなってしまうと考えられます。
そのため,ある栄養の吸収を助ける栄養と,それに吸収を助けられる栄養とが充分混ざり合わなくなってしまうため,栄養全体の吸収効率が低下してしまうと考えることが出来ます。
というのは,私個人の考えなのですが,事実としても,「だけ食い」をしていますと,栄養の吸収が悪くなるのだそうで,今,食育として,たいへん問題になっているのだそうです。
ですから,絶対に「だけ食い」だけはしないようにしてください。
「汁物>おかず>主食>汁物>おかず>主食>・・・(以下,繰り返し)」と言った「三角食べ」やこれを応用した食べ方をするようにしてくださいね。

4.食事開始時刻を同じにする
1日3食それぞれで食事の開始時刻を同じにする必要もあると思われます。
というのは,もし,バラバラの時刻に食事を開始していますと,胃や腸の蠕動運動が遅れてしまい,また,唾液や胃液などの消化液の分泌が少なくなってしまうのだそうです。
つまり,「体が食事の準備が出来ない状態」になってしまうのです。
これを防ぎ,充分消化出来るようにするには,1日3食それぞれで食事の開始時刻を同じにして,リズムを作ることなのだそうです。
といっても,きっかり同じ時刻にすることは無理ですから,それぞれの食事で一番多い食事開始時刻を探し,その時刻の前後30分以内に食事が開始出来るようにしてください。
例えば,夕食の場合,19時30分に食事を開始することが多い場合は,19時~20時の間に夕食を開始するようにしてくださいとということになります。
なお,食事のリズムが整いましたら,1週間に1~2回程度であれば,大きくずれた時刻に食事を開始しても構わないそうです。

5.食事前にストレス解消
ストレスを感じますと,全身の血管が収縮してしまいます。
髪の毛やその他の場所に栄養などを届け,老廃物を受け取っている「毛細血管」では,ストレスを感じたとき,その中の流れる血液がなくなってしまうこともあるのだそうです。
そうなりますと,体全体で栄養不足状態に陥り,髪の毛の場合,毛根が充分働かなくなるため,髪の毛が弱いものになってしまいます。
ストレスを感じた場合,それだけでは済まなく,小腸の周りにあるのも同じ毛細血管ですから,ここもストレスによって収縮してしまい,中を流れる血液がなくなってしまいますから,小腸が吸収した栄養を受け取る相手がいなくなってしまうことから,小腸は栄養の吸収を止めてしまいます。
このような状態が長く続きますと,栄養は体内に充分吸収されなくなってしまいますから,ストレスは解消するべきなのです。
もうちょっと,ストレスについて書き加えますと,ストレスを感じて血管が収縮しますので,血圧が急上昇してしまいます。
この状態は大変危険な状態であるため,体は血管内から水分をとりだし,ゆっくりではありますが,血圧を降下させます。
そして,血圧が降下しますと,ストレスが解消されてしまうのですが,しかし,血液中の水分量が減少したままになってしまうため,いわゆる「ドロドロ血」になりやすいのです。
栄養の吸収に関することだけでなく,血圧が急上昇してしまうことと,解消しないままにしていると血液中の水分が少なくなってしまうことも,健康上,とても歓迎出来ることではないと思います。(栄養の吸収が悪くなることが1番困りますけどね)
そこで,食事というのは,人間の本質に迫る行為ですから,一番,気分転換にはもってこいとなると考えられますので,食事を充分楽しむことをお勧めします。
特に,食事前の献立(外食の場合でも,何を食べようかと考えること)から,楽しむようにしてはいかがでしょう。
また,その他の解消方法としては,ストレスは血圧が降下することで解消出来るということから,ストレスによって収縮した血管を拡張してあげますと,血圧が降下し,ストレスが解消出来ます。
ですから,血管拡張作用がある行為をするようにしますと,ストレスは解消出来るということになります。
血管拡張作用がある行為としては,疲労を感じない程度に軽い運動が挙げられます。
例えば,公園内を散歩するなどがそうですね。
また,未成年とアルコールに弱い人には,かえってストレスになるため,お薦め出来ませんが,そうでなければ,適量までのアルコール摂取も血管拡張作用がありますから,といっても,朝や昼は無理でしょうから,晩酌などはいかがでしょう。
ちなみに,アルコールの適量は,「2500÷アルコール度数」で求めてください。

栄養について,ここまでうるさいことを書くのは,栄養は,どの場所にも均等に分配されているのではなく,栄養が使われる順位というものが存在するからです。
その順位は,脳や心臓,肝臓などのように生命維持にとって重要な場所が上位になり,髪の毛や皮膚のように普段は生命維持にとって重要でない場所が下位となっています。
そのため,上位の場所から順に栄養が分配されていき,髪の毛のように下位の場所には,その他で使われて残った「残りカス」がまわってくるようになっているのです。
ですから,少しでも栄養が不足している状態が長く続くようになりますと,髪の毛などのように下位の場所に,その影響が出やすいのです。
ですから,髪の毛にとって栄養は重要になってくるのですよ。

「髪の毛は,夜育つ」と言われています。
まぁ,正確には,「髪の毛は,寝ている最中に育つ」が正しいですけどね。
ですから,栄養の次に睡眠が大切になります。
実は,睡眠という時間は,体の修復と成長をしている時間です。
これも栄養の順位と同じで,髪の毛は下位になってしまいますから,他の場所が修復されてからと言っても良いくらいですね。
ですから,睡眠時間が充分でなければならないのです。

また,体の修復と成長を司る「成長ホルモン」の分泌量が増加するのは,起床時刻の約15時間後です。
といっても,実は,起床時刻がバラバラですと,いつ成長ホルモンの分泌量を増加して良いかわからなくなってしまうため,就寝後,あわてて成長ホルモンの分泌量を増加することになり,そして,その増加量は充分でなくなってしまうのだそうです。
逆に,休日も含めて,同じ時刻に起床していますと,睡眠のリズムが整うため,毎日同じ時刻に成長ホルモンが増加し始め,また,その量が充分になるのだそうです。
ですから,毎日,同じ時刻に起床することが大切になるのです。

起床時刻が毎日同じになりましたら,今度は,就寝時刻をほぼ同じにするようにしてください。
ベストは,起床時刻の8時間前です。
というのは,睡眠のリズムとして,ノンレム睡眠とレム睡眠の切り替え時に起床しますと,目覚めがすっきりし,ストレスを感じることなく起きることが出来るのです。
ノンレム睡眠とレム睡眠は,それぞれ90分交替で訪れますから,ノンレム睡眠×3,レム睡眠×2で起床するのが良いと考えています。

なお,この計算をしますと,7時間30分になるので8時間には30分足りません。
実は,就寝後,最初のノンレム睡眠が訪れるまでには,最低30分が必要になります。
ですから,この30分を加えて,8時間睡眠がベストとなるのです。

また,成長ホルモンの分泌量増加が始まるのが,起床時刻の15時間後,つまり,逆に考えますと,起床時刻の9時間前となることから,ノンレム睡眠×3,レム睡眠×3,+30分で9時間半前に就寝すれば良いと考えるかもしれませんが,実は,9時間半前では眠れません。
というのは,成長ホルモンの分泌量が充分増加していないからです。
では,いつ,充分な量まで増加するかとなりますと,これは,増加開始から約1時間後だそうです。
そうしますと,ちょうど8時間睡眠が合致してしまうということになりますよね?

ということで,休日も含め,同じ時刻に起床するようにし,かつ,8時間睡眠を守るようにしてみてください。
なお,起床時刻は動かせませんが,就寝については,1週間に1~2回程度であれば,夜更かししても構わないそうです。

これらの中には,すぐに出来ることと出来ないことがあると思います。
すぐに実行出来ないものを無理にはじめようとしますと,ストレスになってしまいますから,出来る範囲から始めるようにしてみてくださいね。
たぶん,約6ヶ月~1年と,時間はかかると思いますが,髪の毛(キューティクル)の状態が改善されると思いますよ。

> 1、トリートメントはドラックストアで売られている
> ものや、美容院や化粧品店などで売られているものな
> ど、多すぎてどれがいいのかわかりません

髪の毛の専門家,理容師ですが,私もどれをお薦めして良いのか,わかりません。
というのは,どのトリートメントでもほぼ同じ効能だからです。(多少の違いはありますが,大筋で同じなんですよ)
ですから,kirara1975さんのお好みの「容器」やお好みの「香り」で選択しても構わないと思いますね。
それと,流すタイプと流さないタイプがありますが,髪...続きを読む

Q美容院でのヘアカラー、ヘアマニキュア、市販の白髪染め、どれが一番痛みますか?

今月、着物を着る機会があります。
現在ロングヘアなのですが、しばらくカラーリングをしていないので、根元の約10センチだけが黒く、毛先にかけては茶色く結構色が抜けてしまっています。
2ヶ月後には縮毛矯正をする予定にしているので、全体のヘアカラーはせず、とりあえず毛先の茶色いところだけを地毛に合わせて暗くしたいと思っています。

私は髪の毛が細く傷みやすいのでなるべく傷みにくいものを選びたいのですが、市販の白髪染め、美容院のヘアカラー、ヘアマニキュアではどれが一番痛まずにできますか?
(市販のヘアカラー(おしゃれ染め)ではなく白髪染めとしたのは、単純にそちらの方が傷みにくいかな?という勝手な判断です・・・)

暗くするだけなので市販ので済ませたい気もするんですが、やはりプロにお任せした方が確実かなとも思い・・・。
あとヘアマニキュアはカラーより傷みにくいと思いますが、もちが悪いのでは?と気になっています。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヘアマニキュア<美容院でのヘアカラー<市販の白髪染め

ですが
着物を着ると言う事なんでアップにして、カラースプレーふれば良いと思いますよ

美容室でアップするなら、やってくれますよ

Qヘアマニキュア後のヘアアイロン

今までずっとヘアカラーしてきましたが、髪に悪いと思い、これからはヘアーマニキュアにすることにしました。それで、ヘアーマニキュアしたら、トリートメントはしないほうがいいと聞いたのですが、なぜですか?洗い流さないトリートメントもしないほうがいいのですか?
それとヘアアイロンを使用するので、髪の痛みを軽減するために、トリートメントなどの保護剤を使用したいのですが、それもだめなんでしょうか?

ドライヤーを使用するときにも、髪が痛まないよう、
保護剤をつけていますが、これもだめなんでしょうか?
マニキュア後のヘアケアについて教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

市販品はよくわからないのですがトーンが低いのを白髪染めって出してるんだと思います。白髪もあり根元が黒で伸びた部分が茶色になってるのですね。それでしたら1色で大丈夫かと思います。プリン状態って聞きましたので根元の黒い部分を明るくするのだと勘違いしていました。マニキュアをしても熱から守るためには保護剤は必要不可欠です。ブロー前にフォームでもグロスでもコートでも塗って保護してからドライヤーかけてください。モイスチャー(潤い)はすごく大事なんですよ。髪の毛は乾燥が苦手ですから潤いを心がけてください。

Qヘアマニキュアしてからすぐにヘアカラーするといけないでしょうか?

来週美容室でヘアカラーをする予定なのですが、
白髪が目立ってきてしまったのでやむなく
市販のヘアマニキュアをしてしまいました。
マニキュアをしたばかりでヘアカラーをすると
そまりにくいとか取れやすいとかあるのでしょうか?
説明書にマニキュアの効果は3週間程度とあったのですが、3週間待ってからのほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

マニキュアのあとカラーは染まりにくいです。
マニキュアは髪の毛の表面に膜をつくってしまいます。ヘアカラーは髪の中にはいり毛の色自体かえてしまいますので、マニキュアで膜ができてしまってますのでカラーの薬液が毛に入りにくいのでそまりにくいです。
すべての人って訳ではないかもしれませんが(実際の髪の毛もみていませんし、どの程度マニキュアで染まっているかもわかりませんので)むら染めになりやすいです。

>説明書にマニキュアの効果は3週間程度とあったのですが、3週間待ってからのほうがよいのでしょうか?

マニキュアの効果がだいたい3~4週間ですので(マニキュアはシャンプーするたびにすこしずつとれていきます)1ヶ月後くらいのほうがいいと思います。(完全に取りきれるかはわかりませんが)
1ヶ月後くらいに美容院に行かれてカラーをしょうとおもっておられるなら一言マニキュアをしたって言うことを伝えた方がいいとおもいますよ。

Qヘアマニキュアとヘアカラー

初めて質問します。
冬休みの間だけ髪を染めたいと思ってるんですけど、ここの質問を色々見ていたら
ヘアマニキュアは水に濡れただけですぐ色落ちするとか、全然色が付かないとか、初めて染めるなら結構色が着くみたいなことを読んだんですけど、実際はどうなんでしょう?
私は初めて染める人なんですけど、めちゃくちゃ色を付けたいわけではなく何となく分かるようなほんのりいろを付けたいんですけど、ヘアカラーとヘアマニキュアどちらがいいでしょう?
アドバイスよろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちわ。初めて染められるんですね。
基本的に マニキュアとヘアダイは違います。
ヘアダイは 脱色作用があり、黒い髪を明るくしたり
白髪を黒くしたりします。
マニキュアは 髪にコーティングするだけですので 黒い髪に(特にバージンヘア)は あまり発色しません。
ほんのり色をつけたいのですか?
自分で染めるんでしたら6トーンか7トーンぐらいのレベルで ブラウン系で
染められては いかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報