質問です
動滑車を使って300Nの荷物を動滑車で3m持ち上げる時の仕事量を答えなさい

という問題があったのですが

塾では「仕事=力(N)×力の方向の距離」と教えてもらい
そして動滑車はNが1/2になるとも教えてもらいました
そうするとこの答えは 300N÷2×3m=450J
という答えとなっているのですが

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/index.html
このページの「物理」>「仕事とエネルギー」>「仕事の原理(参考)」
というページでは動滑車をつかうと力は半分になるが引っぱる長さが倍になる
つまり (300N÷2)×(3m×2)=150N×6m=900J
という事になってしまいます
どっちを信じればいいのかもどっちが正しいのかも、はたまた私がちゃんと理解できていないだけなのかも解りません
どなたかご説明御願いできないでしょうか?

A 回答 (4件)

300ニュートン掛ける3メートル=900ニュートンメートル


900ジュールです
滑車を使おうがカブトムシを使おうが変わりません
    • good
    • 0

動滑車を使うと、力は1/2になりますが、Xm持ち上げるのに


2Xm紐を引っ張る必要があります。

したがって、仕事は「力が半分」と「移動量が2倍」の積
ですから、「半分」と「2倍」がキャンセルされます。
まあ、変速付きの自転車をこぐときLで坂道を登ると、
力は要らない代わりになかなか進まず、Hでは思い切り力を
こめる必要があるものの、よく進むのと同じ関係です。

このことは、「エネルギー保存の法則」といいまして物理の
基本ですのでよく理解しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これがエネルギー保存の法則なんですね!
もう一度エネルギー保存の法則を勉強してみたら解るかもしれませんね!
勉強してみます

お礼日時:2009/05/24 23:59

#1さんの回答の通りです。



>動滑車はNが1/2になるとも教えてもらいました

 それは間違いではないのですが、力が 1/2 になると同時に、引く距離が物体の持ち上がる距離の2倍になる、ということもきっと教えてもらっているのだと思いますよ。

 逆に言えば、なぜ動滑車を使うと力が 1/2 で済むのかといえば、2倍の長さで引くことになるから、ということでもあります。
 すぐに出てくると思いますが、「道具を使って仕事をするとき、仕事の総量は変わらない」という「仕事の原理」があります。滑車やてこを使うと小さな力で仕事をすることができますが、そのかわり、力を加える距離が増えている、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、塾の解答用紙がおかしいのでしょうか
それとも何か私が問題を勘違いしているのでしょうか?
でも、他の仕事を求めた答えは合っているので、問題もあってると思うのですが・・・

お礼日時:2009/05/25 00:01

こんばんは。

理系のおっさんです。

仕事 = 力 × 力を加えた距離

力 = 300N で一定
力を加えた距離 = 3m

よって、
仕事 = 300N × 3m = 900J

これだけです。

動滑車を使おうが使うまいが、300Nの重さのものを3m上げれば、
とにかく、荷物に与えた仕事は、900J なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、そう思うのですが
なぜか塾の回答用紙には450Jと書かれてあるんですよね
もしかして私の問題の読み間違いでしょうか、混乱してしまいます

お礼日時:2009/05/24 23:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qやりがいある仕事?(言葉の意味)

 「やりがいのある仕事」をする。

 世間ではよく耳にする言葉です。
 しかし?やりがいのある仕事って(言葉)の意味がわかりません。やりがいって仕事では何なのでしょうか?

 僕はまだ仕事の経験もなく、アルバイトで「お金を稼ぐ=仕事」だと認識しています。だからやりがいという言葉を耳にしてもぴーんとこないので、教えてください。
 できれば、具体的な事例もあげていただきたいです。(より深く理解をしたいので)

Aベストアンサー

あなたが仕事(アルバイトであっても同じ)をしたことによって、例えば、お客が喜んでくれたり(例えばわざわざお礼の電話をかけてきてくれたり)、雇い主が喜んでくれたり、自分の知識・経験・能力が増えたりしたとしたら、あなたもうれしくないですか? 私はうれしいです。

また、いいことばかりではなく、仕事の上での困難な状況を解決する努力をしたりすることにも、私は価値を見出します。

また、さらに言えば、自分の部下がそれらの経験をしてやりがいを感じてくれたら、それ自体、わたしはうれしいです。

働きによってお金をもらうのは当然のこととしても、人が働くのはお金のためだけではなく、そのようなやりがいの要素は非常に大きいと思います。

Qこの問題の解き方をお教えください。 %R=9.6×10/10×6×6=0.267 i=10×1000

この問題の解き方をお教えください。
%R=9.6×10/10×6×6=0.267
i=10×1000/100=100
この先わかりません。

Aベストアンサー

線路のインピーダンスを%Zwで表すと
%Zw=(10×10³/6000²)×(9.6+j3.6)×100=0.27+j0.1(%)・・・①
したがって
%抵抗:0.27(%)
%リアクタンス:0.1(%)
変圧器の%Zt=1.7+j2.5(%)・・・➁
だから合成インピーダンス%Zは
%Z=①+➁=1.97+j2.6(%)
∴❘%Z❘=3.26(%)
また、基準容量での変圧器二次側の定格電流Inは
In=10×10³/100=100(A)
したがって、低圧側の短絡電流Isは
Is=In/❘%Z❘×100=100/3.26×100=3067(A)
になります。

Q今の仕事にやりがいを感じていますか?

私は30代前半の男です。
現在、ある会社の査定員をしています。

今の会社に勤めて7年目ですが、私なりに一生懸命に仕事をし、人並みに楽しいことや辛いことを経験して来ましたが仕事にやりがいを感じません。

職場の人間関係や給料は良くも悪くもないのですが・・・、どうしてもやりがいを感じられないです。最近では、仕事がマンネリ気味になってきてモチベーションが下がってきています。

そこで皆さんに質問ですが、今の仕事にやりがいを感じていますか。また、やりがいを感じられるようにどのような努力をされているのでしょうか。

Aベストアンサー

やりがいはありますが、あり過ぎて辛い時もかなりあります。
今の仕事は、誰でもできる仕事なのかもしれませんね。やっても評価されないのでしょう。

自分が必要とされているとか、自分の仕事を評価してもらえること等が「やりがい」に繋がるのではないかと思います。
しかし、やりがいは必ず「仕事の辛さ」と引き換えなので、そのあたりの覚悟は必要だと思いますが。

Q定滑車と動滑車の問題

途中までは解き方がわかるのですが、最後の回答の出し方がわかりません。ご教示頂ければ幸いです。

[問題]
定滑車1個と動滑車1個を使って、50kgの物体を2m持ち上げたい。
1.滑車のひもを引く力は何N必要ですか?
2.どれだけの長さを引っぱればいいですか?

滑車に働くNは50*9.8=490kg
引っ張る力は上の1/2になるので245kg.
この先の解き方教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

補足に対するアドバイスです。

 ご質問のとおり、物体が最初静止していると、245Nではちょうどつりあって下にも上にも動きません。
 物体が止まった状態から釣り上げるには245Nより大きい力で引っ張る必要があります(滑車の重さや摩擦は無視した場合)。
 これは静止している物体を加速して速度を0よりも大きくする必要があるためです。ただし、一旦動き出してしまえば、245Nの力で引っ張ればその速度を維持したまま動きつづけます。
 物体を2メートル持ち上げて停止させる時は今度は減速する必要がありますから245Nよりも小さい力で引っ張り、物体の速度が0になった瞬間に245Nの力にまた戻すと物体は静止を維持します。

 この様な力学の教育問題は「加・減速させる」と明記してない限り、一定速で動かす条件で設問していると解釈した方がいいでしょう。(実際には初期状態が静止ならば加速しないと動きませんが。。。)

Q今の仕事にやりがいを感じている方

今の仕事にやりがいを感じている方に質問です。

(1)性別(よければ年齢も)
(2)仕事内容
(3)どんなところにやりがいを感じていますか?
(4)やりがいはあるが、ここはちょっといやだ、ということはありますか?
 (残業が多い、給料が安い etc)
(5)今の仕事はいくつめの仕事(会社)ですか?
 (転職経験の有無)

よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

(1) 男 32歳
(2) 社内経営コンサルティング(業界は保険会社)
(3) 常に新しいことに挑戦できること
(4) 同じ社内改革の意識をもって、腹を割って話せる仲間が少ないこと(皆無ではないです。でも少ないのです。)
(5) 2社目(前職:経営コンサルティング会社)

Q【至急】物理 ジュール熱について。この問8がわかりません。 A=0.25で答えが10×0.25×12

【至急】物理 ジュール熱について。この問8がわかりません。
A=0.25で答えが10×0.25×120=3.0×10(2乗)J
なのですが
Aの求め方がわかりません。

Aベストアンサー

①先ず、オームの法則を使って電流を求める。
V=IR(電圧=電流×抵抗)
10=40×I
∴I=0.25A(アンペア)

②電力Wを求める
電力W=電圧×電流だから 電力W=10×0.25=2.5W

③Wの定義に遡る
『1Wの電力を1秒間働かせた仕事量を1Jと定める』
これがWの定義。

2.5W=②だから
2.5Wを2分間働かせたから、定義により
2.5W×120秒=300J=3.0×10²J

2.5Wは②で10×0.25だから
一遍書くと、10×0.25×120秒=300J=3.0×10²J

Q今している仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

今皆さんがしている仕事の内容にもよると思いますが、その仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

僕は今フリーターですが、以前は正社員で働いていました。
ただ、いくら働いてもやりがいを感じることができませんでした。(事務系の仕事だったんですけれども)

Aベストアンサー

ブライダルのヘアメイクです。
モデルやタレントではなく、一般の方が対象です。結婚式で花嫁さんが誰よりも美しく輝けるように工夫&努力してます。

肌の質感が美しく仕上がった時、
その人に似合う髪形をイメージ通りに作れた時、
メイクの仕上がりを見て新郎が「きれいだよ」と言ってくれた時、
それを聞いた花嫁が「ほんと?」と言いながら照れた時、
花嫁の母が「こんなにきれいにしてくださってありがとうございます」とおっしゃる時、
友人やご親族が「とってもきれいよ」「いつもと違うね」とお嫁さんをほめる時、
式が終わり新郎新婦からお礼の言葉を頂いた時、

挙げればきりがないです。

だけど、人からお礼を言われたり誉められる以外にも、自分で自分を誉めたいとき、ないですか?
どんな仕事でも自分で自分をほめられるくらい真剣に取り組めば「やりがい」を感じられるのでは?と書きながら思いました・・・。

Q動滑車と定滑車

図を書けないので、少し伝わりにくいと思いますが、宜しくお願いします。
問題:定滑車と動滑車を組み合わせて、30kg重の物体を空中で静止させるためにAに加える力として正しいのはどれか。
答え:10kg重

図は、30kg重の荷物から定滑車と動滑車に紐が2本でていて、定滑車の方の紐の一端は、動滑車をを吊り上げています。また、動滑車のほうの紐の一端が力を加えるAになっています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ひもの重さが0ならば

一本のひもにかかる張力はどこでも同じです

したがって滑車の両端(2本のひも)にかかる張力は同じで、さらにつりあいの関係より、

滑車を支える1本のひもにかかる力はその2倍です。

         ___  10kg
 20kg--○___  10kg
  
という関係です。

これをもとに、図の中のひもにはたらく力を書いてみてください。滑車の重さが0の場合はこれで解けます。

A2さんの図を借用しますと、滑車の両側の力はそれぞれの滑車で同じ大きさということです。動滑車のひもの力をFとしたら、定滑車のひものちからは2Fです。

滑車の重さがある場合には滑車にはたらく重力の大きさに対応する矢印→も書いて 滑車やおもりについてのつりあいの式を作ればいいです。(張力も矢印で表してください)

この問題の場合はおもりのひものうち、定滑車のほうが20kg、動滑車の方が10kg、したがって引っ張る力が10kgとなるはずです。

Qやりがいのある仕事と、働きやすい会社、どっちをとるべき?

今年の3月末に退社し、今、転職活動中のもうすぐ29才の女性の者です。
今までは、自分の裁量をある程度持って、やりがいのある仕事をやってきました。
しかし、ほとんど毎日終電、時に朝帰り、そして土日の休みもままらなかった為、長く続けていくことやりがいは難しいと考え、転職に至りました。

そして今、
(1)「働きやすいけど、やりがいは多くはない。でも、長く勤めたら、いずれはある程度の裁量を任される。」
(2)「すぐにやりがいある仕事は出来るけど、残業もある程度あり、休みも少なく、大変(以前ほどではないけど)」
どちらが良いのか分からなくなってしまいました。
この転職、後悔はしたくないと考えています。
ある程度の裁量を任されて、仕事で自己実現をしたいと考えている方、アドバイスをください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕事に対して、やりがいと自己実現を優先させるのであれば
私なら間違いなく(2)です。
必ず残業が伴うとは限りませんが、仕事に妥協しない以上、
残業を辞さない姿勢は必要だと思います。
外資系企業がこのタイプのような気がします。

(1)はもう少しじっくり人生計画を立てるならよいと思います。
日本企業ならこちらでしょう。
少なくとも数年間実績を残さないと上に上がれない点は残念ですが、
その分体調の回復に努めたり、余暇を自己研鑽に当てられます。
いずれ裁量を任される時までの準備期間と捉えれば納得できます。


質問者さんが何のお仕事をしているかわかりませんので
勝手な推測で回答します。
違ったらスミマセン。

Q動滑車と定滑車を1つずつ使って自分を持ち上げる

東京書籍の新編物理IP163の3で、自分自身を持ち上げる問題がありますが、
持ち上げる力が3分の1になる理屈がわかりません。
どなたか解説していただけますか>

Aベストアンサー

問題図を付けていただけると、適切な答を得られるはずです。(百聞は一見にしかず。)
想像するに図のようになっているのでしょう。
そうすると図に示した1単位持ち上げるには、その間にある3本をそれぞれ1単位短くしないといけませんね。
つまり3単位手繰らないということです。
仕事量 = 力 x 長さ です。
長さが3倍になったということは、力は1/3になるということです。


人気Q&Aランキング