ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

学校で、タマネギの表皮細胞とヒトの口腔粘膜細胞の観察がありました。(光学顕微鏡)
染色液は酢酸カーミンで、倍率は100~400倍です。
どちらの細胞も、核ぐらいしか観察できず、レポートで観察できなかった原因を考えています。
ミトコンドリアや液胞は染色液が原因かと思っていますが、ゴルジ体、中心体、葉緑体の原因がわかりません。
わかる方がいたら、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

酵母の細胞内品質管理機構について調べているものです。



正直400倍程度だともし次に見えるとしたら液胞ぐらいで
ミトコンやゴルジなんかは、正直他の染色方法を考えないと
物理的に難しいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

他の染色方法を調べてみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/18 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメチレンブルーでの染色

口腔上皮細胞をメチレンブルー染色液(1%)で染色し、
顕微鏡で観察した場合、どの細胞小器官が染色されるのでしょうか?
核が染色されたことはハッキリとわかりましたが、
全体的に良く見えるようになりすぎて、
細胞膜も細胞質もその他の細胞小器官もすべて染色されたかのように思ったのですが・・・?

Aベストアンサー

塩基性染色液であるメチレンブルーは,カルボキシル基に対しては著しく親和性が高まり濃色に染色されます。スルフォン酸基,ニトロ基など他の酸性基とも結合します。

細胞でそれらのあるものということですから,多くのものが染色されます。核以外に,細菌・血液・神経系・繊維組織・植物細胞の液胞等の多くの染色に用います。

メチレンブルーは,酸化還元色素でもあります。酸化型が青色(メチレンブルー)・還元型が無色(ロイコメチレンブルー)で可逆的に変化します。ですから生体での還元部位の検出や脱水素酵素反応などの水素転移反応の人工的な水素受容体としても利用されます。

下記URLはその性質を利用した,酸化還元酵素の実験です。
http://www.avis.ne.jp/~yuichim/biology/sdh/sdh.htm

酸化還元は,生命活動と密接に関係しますから,酵母等の生菌と死菌を区別する際にも利用されます。生菌は,酸化還元酵素の作用で無色のロイコメチレンブルーになり染色されませんから,無染色菌を測定すれば生菌数が測定できます。

参考URLは実験用の染色液等が記載されているものです。参考になりましたなら…

参考URL:http://www.d7.dion.ne.jp/~y_takeo/jikken/ji_f.htm

塩基性染色液であるメチレンブルーは,カルボキシル基に対しては著しく親和性が高まり濃色に染色されます。スルフォン酸基,ニトロ基など他の酸性基とも結合します。

細胞でそれらのあるものということですから,多くのものが染色されます。核以外に,細菌・血液・神経系・繊維組織・植物細胞の液胞等の多くの染色に用います。

メチレンブルーは,酸化還元色素でもあります。酸化型が青色(メチレンブルー)・還元型が無色(ロイコメチレンブルー)で可逆的に変化します。ですから生体での還元部位の検出や脱...続きを読む

Q細胞内で電子顕微鏡と光学顕微鏡で見れるもの

細胞内で、電子顕微鏡でしか見ることができないものと光学顕微鏡で見れるものを教えてください。
つまり、電子顕微鏡の方が性能が高いと思いますのでその見れるものの違いを教えてください。

Aベストアンサー

一般的な細胞構造で…
光学顕微鏡で観察不可能で電子顕微鏡で観察可能な構造

小胞体
リボソーム
リソソーム

だと思います。

Q玉ねぎの細胞

玉ねぎの細胞を観察したところ、内側の鱗片葉の方が外側の鱗片葉に比べて、細胞の大きさが小さかったのですが、それはなぜなのでしょうか。

Aベストアンサー

タマネギの鱗片葉は、最初は中心にある成長点の部分で作られ、それが成長しながら外側へ広がっていくことであのような球状のタマネギが作られる。今外側にある鱗片葉も初めは中心の成長点の部分で作られたもので、恐らく1枚の鱗片葉の細胞の数は外側にある鱗片葉も内側にある鱗片葉も同じ位だと思われる。外側にある鱗片葉は内側にあるやつよりも鱗片葉そのものの大きさが大きい。これは内側の鱗片葉が外側にいくに従って1つ1つの細胞が成長して大きくなっていったためだと思われる。そのため内側の鱗片葉の細胞の方が外側のものより小さい。こういうことだと思います。

Q顕微鏡の接眼ミクロメーター1目盛の長さについて

接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できるのですが、15倍の接眼レンズで対物レンズ40倍、600倍で顕微鏡を覗いたとき、対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26になってました。
この場合の接眼ミクロメーターの1目盛り長はいくらになるのか計算方法を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、
> 対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できる

失礼ながら、ミクロメーターの原理を理解されていません。

「接眼ミクロメーター」は、等間隔にメモリが刻んであれば良いので、実際の長さとは関係ありません。
「対物ミクロメーター」は、普通、1mmを100等分した正確な目盛りで、接眼ミクロメーターを校正するときだけ使います。

> 対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26

 となっていれば、観察対象を見たとき、26目盛りが100分の7mmに相当するということです。
つまり、1目盛りが 70/26=2.692... 約2.7μm ということになります。

実際に使用するときは、接眼目盛りの数値に対応する実際の寸法を表にしておきます
この例ですと、以下のような表になります。
 1  2.7 μm
 2  5.4
 3  5.1
 :
 5  13.5
 :
10  27
 :

このような表を、対物レンズ毎に作ります。対象の長さを接眼ミクロメーターの目盛で数えて、表を読み、**μm と判断します。

接眼レンズは10倍が最も多く使われているので、顕微鏡メーカーの組み込み(指定)ミクロメーターを
使うと、対物10倍で10μm/1目盛 40倍で2.5μm/1目盛 と、キリの良い数値になります。

> 接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、
> 対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できる

失礼ながら、ミクロメーターの原理を理解されていません。

「接眼ミクロメーター」は、等間隔にメモリが刻んであれば良いので、実際の長さとは関係ありません。
「対物ミクロメーター」は、普通、1mmを100等分した正確な目盛りで、接眼ミクロメーターを校正するときだけ使います。

> 対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26

 ...続きを読む

Q光学顕微鏡と電子顕微鏡の違いについて。

学校の課題でミクロの世界のことについてレポートを書いているのですが、まずなぜ光学顕微鏡はある程度以上小さなものが見えないのかが良く分かりません(光の波長に関係があるようですが・・・)。後、電子顕微鏡はどのような仕組みで物を見ているのでしょうか。最後に、電子顕微鏡にはさまざまな種類があるようですが、どのように違うのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

 まず光は「波」だと思ってください(半分嘘ですが)。

 人間に見える光の範囲は、虹で言うところの赤から紫までの波長です。これより波長が短かったり長かったりすると、人間の「目」ではとらえる事が出来ません。
 この、赤や紫の外側の光が「赤外線」や「紫外線」です。

 さて、光学顕微鏡で実際に「もの」を見るのは何でしょうか?そう、自分の「目」です。
 ありとあらゆる色の要素を持った光が物に当たり、たとえばその物の材質が青以外の要素を吸収し、青だけをはね返した場合、私達にその物は青く見えます。光の波は光の波長より小さい物質に当たっても、はね返ってきません。そのため、光学顕微鏡では見えるものの大きさに限界があります。

 では、電子顕微鏡(透過型)はというと、やっていることは光学とたいして変わりません。ただ、より小さい波長のものを対象にぶつけ、はね返ってきた波を機械でとらえて、画面に写します。そのため、白黒で表示されてしまいます。

 ほかに走査型電子顕微鏡というのもあります。これは、波をぶつけるのではなく、表面を小さな針でなぞって(実際には触れているのではなく針と見たい物の間に電圧をかけているのですが)、そのでこぼこを画面上に映し出すものです。この場合も当然白黒です。なにしろこれにいたっては、「見る」のではなく「触って」いるのですから。

 わかりやすく書くために、少し嘘が入っていると思いますが、ご愛嬌と言う事で許して下さいね。

 では、再見!!

 まず光は「波」だと思ってください(半分嘘ですが)。

 人間に見える光の範囲は、虹で言うところの赤から紫までの波長です。これより波長が短かったり長かったりすると、人間の「目」ではとらえる事が出来ません。
 この、赤や紫の外側の光が「赤外線」や「紫外線」です。

 さて、光学顕微鏡で実際に「もの」を見るのは何でしょうか?そう、自分の「目」です。
 ありとあらゆる色の要素を持った光が物に当たり、たとえばその物の材質が青以外の要素を吸収し、青だけをはね返した場合、私達にその物...続きを読む

Q電子顕微鏡と光学顕微鏡、それぞれの長所・短所

顕微鏡には大別すると電子顕微鏡と光学顕微鏡がありますが、それぞれどのような長所・短所を持っているのですか? 倍率などでは圧倒的に電子顕微鏡のほうが優れているはずなのに、光学顕微鏡も今日まで現役を守り通しているということはなにか電子顕微鏡には無い優れた点があると思うのですが…。装置が複雑であるかそうでないかを起因とする幾つかの違いはだいたい分かるのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際に使う分野では、小さなものが見られるほどいいとは限りません。
たとえば、ガン細胞をみたい時に、ガン細胞を作っている分子や原子がみえちゃったら、その細胞全体がどういう恰好してるのか見えないですよね。

その分野によって、必要な倍率があります。
また、電子顕微鏡では色はないですね。
いまあげたガン細胞の検査なんかでは、色は重要な意味を持ちます。

ある程度低い倍率で見なければ見えないものもあるので、これから先も電子顕微鏡も光学顕微鏡も共存していくことでしょう。

鉱物学なんかでは、数十倍の顕微鏡じゃないと役に立たないなんてのもあるんですよ。

また、位相差顕微鏡、シュリーレン干渉顕微鏡、偏光顕微鏡といった、光の特性を利用した顕微鏡は電子顕微鏡では不可能です。(理論的にはできるのもありますけど)

Q皮膚と口腔粘膜の違いについて

勉強していて疑問に思ったので質問します。
皮膚は重層扁平上皮で覆われていて、口腔粘膜も重層扁平上皮で覆われています。
同じ、重層扁平上皮で覆われていますが、口の中は皮膚とは言いません。
皮膚と口腔粘膜は何が違うんですか?
皮膚に特徴的な構造を呈示しながら、教えてください。

Aベストアンサー

皮膚と内臓の粘膜の特徴的な違いは角質層があるかないか、粘液で覆われているかいないか、が分かりやすいですね。

皮膚
・重層扁平上皮
・角質層がある
・乾燥している(粘液で覆われてない)
・毛根や汗腺、脂腺があるが粘液腺や漿液腺はない
・メラニンがあり紫外線に強い(日焼けする)

内臓粘膜
・重層扁平上皮だけでなく単層円柱上皮などもある
・角質層がない
・粘液で覆われている(乾燥に極端に弱い)
・粘液腺や漿液腺はあるが毛根や汗腺や脂腺はない
・メラニンはない

一方、口腔粘膜は皮膚と内臓の粘膜の中間の構造を持っています。すなわち

口腔粘膜
・重層扁平上皮
・一部だけ角質層がある
・粘液と漿液で湿っている(明確な粘液層はなく乾燥にもある程度は耐える)
・毛根や汗腺や脂腺はないが粘液腺と漿液腺がある
・メラニンはない

といった具合です。


人気Q&Aランキング