ある工場が市の持っている空き地を工場への出入りのための道路として使っていました。
もう5年くらいたちます。
ところが工場の向かいの家の人から苦情が来たようで、市から工場に対して空き地に入れないように柵を作るということを言われました。
この空き地がつかえないと事実上工場へ入れなくなるので工場を引っ越すか閉鎖するしかない状況です。
弁護士さんの意見ですが、地役権の取得のために「継続かつ表現」が必要ということで特に道路として舗装してないと地役権の主張は難しいのではないか、と言われました。ただ和解のためにとりあえず柵を作るのを止めるために仮処分の申請は検討すべきということでした。
こういった事案に対して何か有効はアドバイスはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 まず、通行地役権の時効取得に関しては、御相談なされた弁護士さんとshoyosiさんのおっしゃる通りです。

ですから、通行地役権の時効取得は現時点では不可能です。
 そして、基本的には工場への搬入路を確保せずに市有地を勝手に使っていた工場側に責任があるのだということは、まず、ご認識下さい。

その上での今後の対処の方法ですが、
1 市側担当部門の責任者の所に赴き、付近住民と話し合って理解を求めるから、
 早急に柵を作ることは、しばらく待ってもらいたい旨交渉する。
2 付近住民への地元説明会のようなものを開き、住民の説得に務める。
3 市有地のうち、現在まで使用してきた土地部分に関し、購入または賃貸契約を
 市側と取り交わすことが出来ないか、市の管財課など市有地を管理している部門 に赴き相談する。

 基本的に市は、直接何かその土地で具体的な計画があるというような場合以外、市有地を誰がどう使っていようが付近住民に迷惑がかからない限り黙認しているケースがほとんどです。今回の場合にも、付近住民から苦情が来たために、そのまま放置しておくことが出来なくなって「柵を作る」と言い出しているだけで、付近住民が納得していさえすれば、わざわざお金をかけて柵など作りたくないのが本音です。

 ですから、まず、(1)付近住民に対して理解を求める作業をしたいので柵を作るのはしばらく待って欲しい旨と、(2)場合によっては、市有地の一部購入・賃借契約の締結をお願いしたい旨、を記載した市長宛ての請願書(嘆願書)を作成して、月曜日の朝一番に市役所の秘書課或いは市有地管理の担当課がわかればそこに行って提出して相談して下さい。

 それでもまだ市側が直ぐに柵を作るのだと強硬に主張するようであれば、弁護士さんのおっしゃる仮処分申請も、認められる可能性はそれほど高くは無いと思いますが、時間稼ぎの為にやってみる価値はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
わかりやすくとても参考になりました。

お礼日時:2001/03/10 20:53

 民法163条の規定によりますと、地役権の時効取得には、平穏、公然、善意、無過失でも10年必要です。

また、判例では、通路の開設が要役地所有者によってなされたことが要します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敷地利用権の利用権の意味とは

敷地利用権の利用権の意味が分かりません。例えば、田舎に農地を持っていた場合、他人にそれを貸す時「あなたに賃借権を与えます」といえても「利用権を与えます」とは言えないのでしょうか?利用権とは賃借権、所有権も含んだ一次元上の観念なのでしょうか?そんな具体性の無いもの存在意味があるのでしょうか?具体性のある所有権、賃借権をその都度使い分ければ良いのではないでしょうか敷地利用権の特に利用権の存在する事の利点を教えてください

Aベストアンサー

>一階は賃借権、2階は所有権という型もありえるのでしょうか?

一般的に、一棟の建物は1人の所有か又は共有持分権で所有しています。
しかし、一棟の建物を複数に区分し、その各々を独立した所有権とすることを定めた法律が区分所有法です。
だから「一階は賃借権、2階は所有権」と言うことはあり得ます。
しかし、一階の賃借権者は、一階の所有者から借りている者です。
1階と2階の所有者が違うならば、区分所有法による建物です。
今回のご質問は敷地利用権ですから、土地との関係を考えます。
上記のような建物の場合、例えば、1階の所有者がAさんとし、2階の所有者がBさんとした場合、AさんとBさんがCさん所有の土地を借りて建てた建物ならば、A・Bさんの敷地利用権は賃借権に基づくものです。
Aさん又はBさん所有の土地でも敷地利用権は賃借権に基づくものです。(自己借地と言います。)
なお、土地を借りる方法も2つあります。
賃借権と地上権ですが、前者は貸し借りを債権的に決める方法と、後者のように物権的な設定契約があります。
99%以上が前者ですが、後者もたまにあります。
このように、土地を利用できる権利は、所有権に基づくもの、賃借権に基づくもの、地上権に基づくものなどあります。
それらを包括して、土地を利用することができる権利のことを敷地利用権といいます。
(2)の考えは少々違います。
家側の権利とか土地側の権利などと言うことではないです。
建物を建てるには、自分の土地か、借りて建てる以外にないです。
「借りる」には「賃借権によるもの」と「地上権によるもの」と2つあります。
へンの例は例外ですから省きます。

>一階は賃借権、2階は所有権という型もありえるのでしょうか?

一般的に、一棟の建物は1人の所有か又は共有持分権で所有しています。
しかし、一棟の建物を複数に区分し、その各々を独立した所有権とすることを定めた法律が区分所有法です。
だから「一階は賃借権、2階は所有権」と言うことはあり得ます。
しかし、一階の賃借権者は、一階の所有者から借りている者です。
1階と2階の所有者が違うならば、区分所有法による建物です。
今回のご質問は敷地利用権ですから、土地との関係を考えます。
上記のような建...続きを読む

Q通行地役権と囲繞地通行権の違いは?

この2つの違いについて教えてください。

どちらも自分の袋地や要役地のために、他人の土地を使わせてもらうという点では同じですよね?

法律上、勝手に発生するかしないかという点と、
囲繞地通行権は原則として償金を払わねばならず、
通行地役権の方は袋地に限らず自分の土地(要役地)のために地役権を設定してもらえるという
この3点だけ抑えておけば良いんでしょうか?

そもそも地役権自体イメージが浮かばないので、
具体的に地役権を設定する場面を教えてくださるとありがたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

両者の類似点、相違点はかなりありますので、ここに書くのは大変です。

左に地役権、右に隣地通行権真ん中に線引いて両者の比較をしてください。
例えば、
地役権      通行権
原則無償     原則有償
対抗力必要    対抗力不要(賃借権のぞく)
通行は目的    隣地通行権は通行のみ
隣接の必要なし  隣接地に限る
地役権の時効取得 時効取得することはない
あり  
承役地を時効取得 隣地を時効取得されても存続
されると消滅
存続期間の定め可 存続期間無し
消滅時効にかかる 消滅時効にかからない

きりがないですが、
とりあえず、地役権の性質をまず全部ピックアップ。それに対応する隣地通行権を見てください。

地役権はある「目的」のために設定します。目的は「何でもよい」です。
例えば、水路を引く、通路をもうける、電柱を立てて電線を引く、地下にタンクを設置する、井戸を掘る、○メートル以上の建物を建てない、など。

あと、地上権、賃借権とも比較してくださいね。

Q月夜の素敵な夜景>デジカメで撮りたい

画像をごらんください。ネットで拾ってきた画像です。
月夜の風景ですが、自分の持っているデジカメでは、
このように写りません。

ネットで色々検索すると、実売価格1万円ちょっとのデジカメ
で画像のような素敵な写真がとれたと紹介しているブログ
がある一方・・・
カメラマニア?サンのサイトでは、一眼レフをバルブにして・・・
など機材だけで10万円程度かかる・・・的な紹介のしかたも
ありました・・・
--
一眼レフなどの高価なカメラではなく、コンパクトデジカメ
で撮影したいです。

自分のホームページで紹介するために、近所の月夜の写真を撮り
たいです→高精細な画像は、サーバーの転送量制限の都合で無理
です。
・・・ので、高画質は追求しません。
真っ暗になったりノイズだらけの汚い画像にさえならなければいいで
す。
--
●画像のような素敵な夜景が撮影できないコンパクトデジカメ
が3台もありますので・・・。

月夜の夜景のために”だけ”買うので、出来る限り安価で
月夜の夜景が撮れるデジカメが欲しいです。
--
私のデジカメは・・・
「8秒露光が可能」→画像のような月夜の夜景が撮れると思い
買いましたが・・・・。ハズレでした。

長時間露光にすると、都市部の夜景や公園などの・・・
暗くても、ある程度の夜間照明がある場合には美しく撮れるが・・・

月夜の海や山は、【ほぼ真っ黒に写って撮影自体が出来ない】
性能のデジカメを買わないための、

月夜の海と山の夜景が撮影できるデジカメの選び方を
教えてください。。。
--
ご回答お願いします

画像をごらんください。ネットで拾ってきた画像です。
月夜の風景ですが、自分の持っているデジカメでは、
このように写りません。

ネットで色々検索すると、実売価格1万円ちょっとのデジカメ
で画像のような素敵な写真がとれたと紹介しているブログ
がある一方・・・
カメラマニア?サンのサイトでは、一眼レフをバルブにして・・・
など機材だけで10万円程度かかる・・・的な紹介のしかたも
ありました・・・
--
一眼レフなどの高価なカメラではなく、コンパクトデジカメ
で撮影したいです。

自分のホー...続きを読む

Aベストアンサー

 一応職業写真家です。
 このような撮影の場合、色温度設定を2,800ケルビン(白熱球)に設定。感度を上げる(ISO1600程度に)ということで、月明の中でも手持ち撮影が可能になります。この場合色温度設定が大事でここがちゃんとできないとこのような青い空の色は出ません。
 この色は実際の色ではなく色温度の変化で作り出す色なのです。ここができればそれほど高価な一眼レフのデジカメでなくても撮れますよ。
 添付の画像はこのような色温度設定で撮影しています。空の青さに注目ください。ただしこの写真は三脚を利用して撮影しています。手持ち撮影では無理でしょう。(露光時間10秒ほどかけています)

Q許可なしで通行された場合の時効取得権は何年で?

下記の通りの状況で、町内会が倉庫(物置程度)を設置しました。
倉庫は河川(幅1m程度の河川)の上に設置され、倉庫に行くには当方の所有地(現状、空き地)を通るほか手がありません。
当方は町内会にこの通行を許可していません。
-----------
|倉庫|     河川
-----------
当方の所有地
-----------

この場合、町内会が設置後、何年で時効取得権を得るのでしょうか?

Aベストアンサー

河川の上に物置程度の大きさとは言え、倉庫を建てましたましたか?
こういう事例の法律相談は初めて、目にしました。

河川の上に立てた倉庫は民法第210条の「袋地」には、該当しませんので同条による通行権は考慮する必要はないと思います。

すると、取得時効が成立する可能性があるのは通行地役権ですが、「当方は町内会にこの通行を許可していません」とのことですので、通行することを拒否されているのを知っているわけで、通行地役権を時効取得するためには、民法第163条・162条により20年間異議を述べられずに通行をすることが必要になります。

承役地所有者から通行について異議を述べられずに20年間、通行者が「継続且表現」に通路を開設して通行した場合には通行地役権を時効取得すると思います。
しかし地役権についての条文を良く読むと「自己の土地の便益に供する権利」とあり、仮に河川上の空間を「土地」と解釈しても河川は公共物でしょうから「自己の」物とは言えず、通行地役権の時効取得はあり得ない事になりのではないでしょうか。

いずれにしても、「袋地」に該当しなければ土地所有者が通行に異議を述べていれば通行地役権の時効取得はありえません。


この回答は、初めて自信がない・・・

「土地」なら、回答は簡単なのだけれど、公共の河川の上に建てた倉庫?
どなたか、判例をご存知の方がいましたら教えて欲しいものです。

河川の上に物置程度の大きさとは言え、倉庫を建てましたましたか?
こういう事例の法律相談は初めて、目にしました。

河川の上に立てた倉庫は民法第210条の「袋地」には、該当しませんので同条による通行権は考慮する必要はないと思います。

すると、取得時効が成立する可能性があるのは通行地役権ですが、「当方は町内会にこの通行を許可していません」とのことですので、通行することを拒否されているのを知っているわけで、通行地役権を時効取得するためには、民法第163条・162条により20年...続きを読む

Q著作権に関して教えて下さい

よろしくお願いいたします。

ある有名なアメリカの小説を素材に英語表現の問題集(おもに単語・熟語に関するもの)を作ろうと考えています。

ネットおよびペーパー版教科書を製作しようと思うのですが、著作権はどう考えればいいですか。

作者の死後、すでに150年経過していますが・・・

どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

アメリカの著作権は死後70年なので、150年経っていれば大丈夫です

参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E3%81%AE%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%9C%9F%E9%96%93

Q共有地の所有権の時効取得について

民法の第162第2項に、『10年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。』とあります。

この『善意であり、かつ、過失がなかったときは』とは、どういうことでしょうか?どのような意味なのでしょうか?何(誰)の善意か、何(誰)の過失なのでしょうか?

これらに絡んで、今、ある共有の土地があったとします。これの上に、共有者の1人(Aとします)が家を建てることができ(Aが共有地の上に家を建てることを各共有者が認めたとしてです)、建てた時から10年間が無事に過ぎ、その間、各共有者が共有地に、自身の持分がそれぞれあることをAに通知、確認をしなかった場合、共有地はAが手続することにより、Aの所有になるという理解で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず162条2項は他人の物ではなく不動産です。
 善意とは他人の物であると知らない事(自分の物だと思う事)で悪意とは他人の物だと知っている事です。過失とは普通なら気ずくはずなのに気ずかない場合などのことです。すなわち占有者が自分の所有物であると信じ、且つ、占有者がそう信じるについて過失がないことです。    
 後段の質問ですが、まず自分の物であるとは単独所有であるかないかで善意か悪意であるか考えます。家を建てることを各共有者が認めたと記述があることから、Aは共有者が居る事を知っていた(悪意)であるから手続き(時効の援用)をしてもAの所有とはなりません。


 こういう質問をしたのは法律の勉強中なのでしょうか、それとも何か現実に問題を抱えているからでしょうか?もしそうなら、具体的に質問したほうが良いと思います。

Qこどもの書き順

夏休みになり3年生の息子の書き取りを見ていると書き順がメチャクチャなのに気づき唖然としました。字の形自体はあっておりテストは正解とはいえ、書き順が書き順なので美しさは皆無です。

ドリルには書き順が書いていますが本人はあまり重視していないようです。

・学校では書き順は重視しないのでしょうか?
・今からでも書き順の矯正をすべきでしょうか?
・本人に書き順を覚えさせる動機付けはないものでしょうか?

※基本的な字形の書き順さえマスターすればあとは応用だと思えるのですが・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小学生の低学年時代から「習字」教室に通っていたものです。
書き順は慣れも大いにあると思いますよ。
お習字は、ほぼその書き順を慣らすために通ったような物です。
お陰で、一般人ですが皆からは文字は褒められます。
後々履歴書などで大きく効力を発揮しました。

昔なら書き順のテストもあり、間違うと点が貰えないことも有りましたが現在はどうでしょうね。。。

書き順が正しければ自然と文字もつながりよく書けるので、文字が上手く書けるのですから。読めれば良いというものだけでも無いと思います。

Q所有権と地役権の時効取得について

取得時効後の第三者の関係の質問です。

<事例>
Bは甲土地を他人の土地と知りながら自己の通行のために舗装し、20年以上占有した。
その後Aが甲土地を譲り受け、登記を備えた。
AはBが占有している事実を知らなかったが容易に知ることは出来た。


定番の問題なのでBがAに所有権を対抗出来ないのは明らかですが、
なぜか地役権は登記なくして対抗できるようです。

理由は
「Aが容易にBの長年の占有を知ることが出来たにもかかわらず、Bが地役権を対抗出来ないのは妥当ではない。
通行地役権は物理的状況から何らかの利用権の存在を認識できる特殊性があるので、
(1)承益地が継続的に利用されていることが客観的に明らかであり、かつ(2)Aがその事実を知り得た場合には、登記のケンケツを主張する正当な利益がないため」

だそうです。

なぜこの理論が所有権にも当てはまらないのでしょうか。

Aベストアンサー

No.2の回答に対する補足欄にさらに回答します。

御質問の全体の雰囲気からして、現実に困った事案があるということではなく、
学習なり試験対策の関係で質問されているのだと思います。

>という感じでバランスを考えた、と理解して大丈夫ですかね?

私は新司法試験のことはわからないのですが、
旧司法試験の論文式では、論点間の整合を現場で考えさせる
モノがあり(「ひねり」などと言っておりました)、
仮に「地役権の場合と所有権の場合のそれぞれについて論ぜよ」という問題が出た場合、
淡々と判例の帰結を書くだけでは今一つで、
整合を「敢えて図る」か「敢えて図らない」か
対応する必要があり、No.2は私なりの両方の作戦の例であるとも言えます
(その説得力は保証しません)。

私の「敢えて図らない」作戦の理解としては真意が伝わっているものと
思いますが、H10年判例が地役権事例についてあの結論を立てるとき
「隣地等の通路について所有権時効が問題となる場合」とのバランスを
考えていたかどうかはわかりません。
判例はおそらく考えていないと推測しますが、仮に質問者さんがゼミの発表であるとか
卒論の課題等でこの疑問に取り組んでいるのだとしたら、
H10年判決の調査官解決を読むことは必須でしょうし、
判例評釈も読み潰していくべきかと思います。
論述式の試験対策として勉強中に浮かんだ疑問なら、
こんなことは事前に準備してもキリがないので、
現場で考えるべきことと開き直ったほうが合格に近づくと思います。

>10年(もしくは20年)占有できれば、時効取得できることは決定ですよね?

まあ、そう考えてよいと思います。
ただ、厳密なことをいうと、細かいですが、
H10年判決は「特段の事情」の留保をつけており、
若干の例示もしているところです。

参考URL:http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/js_20100319121206954989.pdf

No.2の回答に対する補足欄にさらに回答します。

御質問の全体の雰囲気からして、現実に困った事案があるということではなく、
学習なり試験対策の関係で質問されているのだと思います。

>という感じでバランスを考えた、と理解して大丈夫ですかね?

私は新司法試験のことはわからないのですが、
旧司法試験の論文式では、論点間の整合を現場で考えさせる
モノがあり(「ひねり」などと言っておりました)、
仮に「地役権の場合と所有権の場合のそれぞれについて論ぜよ」という問題が出た場合、
淡々と判例の帰...続きを読む

Q新宿に主に洋楽のコンサートを録画したものを売っているお店がありますよね。

新宿に主に洋楽のコンサートを録画したものを売っているお店がありますよね。

アーティスト本人も買っているとか。
非合法だと思うのですが、
このへん、著作権など、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

pfmさんが仰ってるように、違法でしょうね。
アーティストやレコード会社が訴えないだけかもしれません。

西新宿の方の某店ではたくさんのアーティストが来店してサインや写真を残していったりしてます。
それらの店は海外のアーティストには結構有名で、来日したら必ず寄るアーティストも少なくないとか。
その際はちゃんと金を払って購入してるようです。
その店ではアーティストと言うよりも一般のロックファンになって買ってるんだと思います。

Q抵当権設定の土地を取得時効で取得した場合、抵当債務はどうなるの?

抵当権設定の土地を取得時効で取得した場合、当該土地を分筆しなければなりませんが、その場合抵当権は、当該土地の割合により按分されるのでしょうか。それとも旧所有者がすべて負担するのでしょうか。

Aベストアンサー

>当該土地を時効取得していたが時効の援用をせず新所有者が登記をしない状態で、旧所有者と抵当権者の間で抵当権を設定した場合でも、分筆による按分はないのでしょうか

その場合は、抵当権者に対しては時効取得を対抗できない(判例、民177条)ため、抵当権が残ります。しかし、按分という表現は適切ではなく、2筆の土地による共同抵当の関係になります。

将来、分筆された一方ついてのみ抵当権の実行として競売がされたような場合は、複数の物上保証人間における求償権の問題として、担保不動産の価格の割合によってもう一方の物上保証人に求償が可能です(民501条3、4号)。もっとも、この按分比は、競売の時点の不動産の価格で決まるので、分筆のときには定まりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報