負けた戦争の軍人たちが「侵略者」・「戦犯」呼ばわりなのはいた仕方ないとして、それまでの「勝った戦争」における国民的ヒーローは、吾々はどのように扱うべきなのでしょうか。例えば、広瀬中佐・橘中佐・佐久間艇長・爆弾三勇士・乃木将軍・東郷元帥などです。昔はあんなに尊敬の対象だったのに、今では何となくモヤモヤして気持ち悪くありませんでしょうか。あるいは「当時は踊らされていたのだ、愚かな時代だった」の全否定しておけば良いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

普通の国ですと、戦争に勝ったり負けたりを繰り返していますから、例えば



「第二次大戦で叩きのめされたドイツで、フリードリヒ大王やヒンデンブルクは英雄。ナチスの蛮行と関係なかったロンメルも英雄」

「第二次大戦ではほとんどの期間をドイツに占領されていて、駆け込みで戦勝国に連なったフランスだが、ナポレオンが英雄であることは何ら変わらない」

と、「敗戦によって過去の英雄が否定される」ことは通常起こりません。

日本の場合、民族の歴史上、他民族に敗北したのが最初であり「敗戦慣れ」していなかったこと、戦後の占領軍による「去勢」があまりにもうまく行ったことにより、「大東亜戦争の敗戦により、戦前を全て否定する」ことになってしまっております。これは世界的に見るとむしろ『異常』なことです。

「戦争に一回負けたら自分を全否定してしまうってどういうこと?」
「GHQの素人が書いた英文を翻訳した日本国憲法を『不磨の大典』として崇め奉るとはどういうこと?」
と思うのですが、現在の日本の大勢はそうなっております。

「爆弾三勇士」は時代が違うので異質ですが、
「広瀬中佐・橘中佐・佐久間艇長・乃木将軍・東郷元帥」
などを否定する必要など全くありません。

乃木将軍について「乃木神社」、東郷元帥について「東郷神社」が現存するのは周知ですが、上記のうち、佐久間艇長については、戦後も顕彰がきちんとなされています。

http://www.asahi-net.or.jp/~UN3K-MN/navy-rokugo. …
「福井県三方郡三方町 三方第一小学校 佐久間勉艇長卒業百周年記念 銅像」は、明らかに戦後に建立されたものです。この銅像が、『公立小学校』に建立されたことは「佐久間艇長を顕彰する気持ちが、戦後になっても地元に根づいている」証拠となるでしょう。
(佐久間大尉は1879年生まれですので、この銅像の建立は1990年代と思われます)

http://homepage3.nifty.com/ki43/heiki7/sakuma/sa …
「佐久間記念館」について書かれていますが、規模は大きくないでしょうが、このような顕彰施設が運営されています。
このHPにあるように、
「小浜市の小浜公園に(佐久間大尉の)銅像がある。大正3年に佐久間艇長の銅像がここに建てられたが、昭和19年、時勢の要請により撤去のやむなきに至った。戦後、人間佐久間の精神を追慕する気運が高まり、昭和34年この同じ場所に再建された」
事実が存在するわけです。

また、大東亜戦争の英雄である山本五十六元帥についても、地元・長岡には記念館が存在し、長岡の人に限らず、日本人の間で「山本元帥は英雄」と普通に認識されていると思います。
これは長岡出身の人に直接聞いたのですが、「長岡の生んだ二人の偉人、河井継之助と山本元帥」だそうで、戦後の田中角栄は入っていないようです。

なお、乃木将軍を「旅順要塞攻撃で肉弾突撃で兵を無駄死にさせた」愚将扱いするのは、司馬遼太郎の歴史観が広く受け入れられていることによるものですが、No4さんのご指摘の通りこれは大きな誤解です。

ロシアが国力を注ぎ込んで建造した旅順要塞を半年の攻囲で陥落させたのは、客観的に見て「偉業」であり、乃木将軍が日露戦争の後に欧米を訪問した際は「日露戦争の名将」として歓迎を受けました。

これは、
「旅順攻防戦の真実―乃木司令部は無能ではなかった」 (PHP文庫)
別宮 暖朗 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569666051/

を読んで頂ければご理解頂けるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介の本は存じませんでしたが私も別宮先生の愛読者です、ぜひ読ませていただきます。佐久間艇長の遺書などは、軍人・戦争と関係なく、責任感の強さと部下への思いやりに感動するのにどうしてでしょう。ドイツでは負け戦でも英雄は英雄たり続けているのですね。

お礼日時:2009/05/25 21:10

評価については人それぞれですが、最初に質問者さんの言われる「侵略者」と言う点で、日清・日露戦争は異なっている面もあった筈です。


特に日露戦争ではロシア側が侵略してきたと言う受け取り方を日本国内ではしていて、国の危機を救ったと言う理由で英雄に祭り上げやすかったのでしょう。
また清国・ロシア側には首都を遠く離れた僻地での戦争と言う意識があり、それ程戦意も高く無かった事で、評価については割り引いて考える必要も在ったかもしれません。
ただ戦後朝鮮半島に独立国が出来たので、彼らから見れば双方とも「侵略者」に過ぎないと言う事から、醒めた見方をせざるを得ない面があります。
そう言った意味では、東郷元帥の勝利は評価されてしかるべきでしょうが、アレモコレモと言う再評価とは一線を画す必要がある様な気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 21:44

 まず、戦争の本質から考える必要性があります。


戦争は勝つことが優先されますが、戦争を回避する方が高い評価が行われるべきでしょう。
 つまり、戦争の英雄よりも、地味に戦争を回避してきた軍人・政治家の方が高い評価であるべき・・という評価もあります。
 
 『勝った戦争』であっても勝ち方によって評価も変わるでしょう。つまり、英雄の評価の方法論として、「勝った」という価値は大きな問題とは言えないでしょう。
 
 「当時は踊らされていたのだ、愚かな時代だった」の全否定するのは、簡単ですが、政治家・軍人として、可能な限りの努力を行ったか?という結果論ではなく、過程での評価も重要でしょう。

 極端なことを言えば、味方被害が深刻な勝利者よりも、味方被害を最小限に抑えた敗軍の将の方が高い評価でありえる・・ということです。

 そもそも、戦争の勝敗は難しい問題です。一般的に日露戦争は日本の勝利と解されますが、本当に勝利と言えるのか?と問われれば問題です。
そして、軍人ならば、戦略レベルの責任者と、戦術レベルの責任者では、話が違うのも当然です。敗戦でも、戦術レベルで奮闘した軍人の評価は別なわけですから・・・・

 勝敗ではない評価点こそ本質と・・・・極めて簡単な話でした
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ただ、戦争を回避しようとすれば暗殺される時代があったこともまた事実ではないでしょうか。

お礼日時:2009/05/26 21:56

「司馬遼太郎氏も別に乃木将軍を憎んでいたわけではなく、正確に史実に当たったら、世に祭りあげられている虚像と実像が異なりすぎ、かつそのことが日本軍隊の戦術の精神主義的傾向を押し上げてしまったことに対する批判を有するようになられただけではないせしょうか?」



司馬遼太郎は、「坂の上の雲」の日露戦争に関する部分を書く上で、
「機密日露戦史」谷寿夫/著
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/31382270
と言う本を主な情報ソースにしたようです。

「乃木将軍愚将論」は、陸軍大学校教官としてこの本を執筆した
谷寿夫(後の陸軍中将)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%AF%BF% …
の「持論」として戦前から知られていました。谷の意見は、陸軍部内では少数派であったようです。

「機密日露戦史」は戦前は陸軍将校しか読めない本でしたが、戦後の1966年に原書房から公刊されて初めて一般人が読めるようになり、「新史料」として注目されました。

この本を、司馬遼太郎が「坂の上の雲」(1968年から72年にサンケイ新聞に連載)の日露戦争についての部分を書くための主要文献としたため、
「谷寿夫の意見」≒「司馬遼太郎の意見」
となってしまって現在に至る、のが実情のようです。

「死せる谷寿夫、生ける司馬遼太郎を走らす」ってとこですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

山本五十六も、旅順攻略において事前通告にこだわった東郷提督を「いたずらに戦争を長引かせた」と批判していたことが最近わかったそうですが、乃木愚将論に谷中将の意見が背景にあったとは。

お礼日時:2009/05/25 21:41

クリント・イーストウッド&スティーブン・スピルバーグ監督の映画「父親たちの星条旗」では「戦争に勝っても英雄はいない」というのが一つのメッセージになっています。

硫黄島の英雄とされた兵士も英雄とされたことを苦しんでいます。
 死んだ兵士の多くにも多くの英雄がいました。

 もし英雄として評価しようとするなら、やはり正確に表裏を調べるべきでしょう。
 司馬遼太郎氏も別に乃木将軍を憎んでいたわけではなく、正確に史実に当たったら、世に祭りあげられている虚像と実像が異なりすぎ、かつそのことが日本軍隊の戦術の精神主義的傾向を押し上げてしまったことに対する批判を有するようになられただけではないせしょうか?
 乃木将軍も自分の虚像が実像から乖離したため、すべてを知ってかばってくれた明治天皇に殉死したのだと思います。司馬遼太郎氏が自分の実像を明らかにしてくれて、以前より私は乃木将軍が草葉の陰で肩の荷を降ろしていると考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「戦争に勝っても英雄はいない」そうでしょうね。ただ、昔の日本人は、死んだ人を英雄にしてあげたんじゃないのかなって気がしました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 21:24

あなたの例には二種類混ざってます。



広瀬中佐・橘中佐・佐久間艇長・爆弾三勇士
↑軍神です。
乃木将軍・東郷元帥
↑英雄です。

 両者の違いは、軍神は日本のマスコミが誉れ高き戦死者・殉死者を讃えたものであり、世界的にはほとんど知られていない人物です。爆弾三勇士以外は戦局に影響すら与えていません。
 後者2名は、日露戦争において大きな役割を果たした人物として日本だけでなく、世界で知られた人物です。乃木将軍はロシアが築城した旅順要塞は僅か4ヶ月で落とした英雄です。イギリスはセバストポール要塞攻略に1年半を要してますし、WW2でもドイツは11ヶ月以上要しました。要塞の攻略は1年から2年必要なのを4ヶ月で落としたというのは奇跡に近いのです。近年、司馬遼太郎を中心に乃木批判が展開され、一般市民はそれを信じ込みました。その内容たるは
・兵員損耗が多かったのは、乃木たちが無策に突撃を繰り返したため
・海軍が提唱していた二〇三高地攻撃を優先しなかった
などです。
 ですが、これらは的を射てません。日露戦争時代、日本軍の戦術に銃剣突撃という戦法がありません。これが生まれるのは明治43年以降です。二〇三高地も同様で、二〇三高地への侵入ルートが無いのにどうやって攻撃するのでしょうか?また、二〇三高地を攻略しても重砲隊を設置する場所がありません。二〇三高地方面から湾内を砲撃するには二〇三高地よりも旅順側に陣地を設営せねばなりません。無論そこは敵地です。乃木は重砲隊の設置場所を確保した上で二〇三高地を攻撃しています。8月の攻勢(一番損害を出した戦闘)で北東部にある敵重砲陣地を破壊し、重砲隊の設置場所を確保したから二〇三高地攻略が意味があります。更に二〇三高地への侵入ルートは9月中旬に確保されたのであって、それ以前には二〇三高地へ行く道がありません。
 乃木批判はこれらを無視した上で「無能!無能!」と叫ばれています。ですが、マスコミは戦前批判の好材料として乃木批判を利用しています。
 東郷に対する批判はあまりありませんが、乃木・東郷を英雄視させないというのは、日本人が世界から馬鹿にされる(外国人からすれば、ミーはヒーローノギ・ヒーロートーゴーを知っているが、日本人たるあなたは知らないのか…)だけのことです。

 東郷は世界2大海戦の一つの勝利した英雄であることは歴史が証明してますよ。恥じる必要もないし、毎年世界の軍人が記念艦・三笠に訪れるという事実は変わりません。知らない方が外国で恥をかきますよ。外国政府は乃木や東郷に英雄を讃える勲章を授けているんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えてくださってありがとうございます。回答者様の思い、伝わってまいりました。ますます勉強しとうございます。

お礼日時:2009/05/25 20:56

「昔はあんなに」言う程度は経験していないので判りませんが、後ろの2人を除けば一種の宣伝であり、戦闘中にありがちなエピーソードに過ぎないと感じる。


乃木将軍の功績は費用対効果で言えば「??」だが、東郷元帥の功績はバルチック艦隊側の内部事情はともかく、客観的には望外の勝利といえると思う。
尊敬するしないは個人の問題だが、今の気持ちと言うのが普通の状態で、偉人が沢山居てほしいという願望はともかく、「本当に凄い人間はそうは居ない」と言った処では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうかもしれませんね、ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 20:53

扱いたいように扱えばいいのではないでしょうか。



評価ってそんなもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰るとおりです、ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 20:50

>それまでの「勝った戦争」における国民的ヒーローは、吾々は


>どのように扱うべきなのでしょうか。

別に、是々非々でいいんじゃないんですか。
後世の視点で、当時の社会状況や価値観を考慮しつつ、客観的に評価すればいい。

作家の司馬遼太郎は、『殉死』という作品で、乃木将軍を痛烈に批判しています。
さらに、『坂の上の雲』では、乃木将軍の人格面では優れた評価をしながらも、軍人としての才能は劣る(特に参謀長の児玉と比較して)という書き方をしたため、戦前までの軍神から将軍としては無能まで一気に落下してしまいました。

しかし、近年では一部の軍事研究家により、乃木将軍の再評価が行われており、『坂の上の雲』で批判されるほど無能じゃなかったという見方がまた出てきています。

全否定・全肯定という二者択一の評価ではなく、同じ人間なんだから良いところも悪いところもあるという見方で、できるだけ客観的な事実に基づく再評価をしていけばよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

乃木将軍の殉死は当時も賛否両論だったそうですね。「できるだけ客観的に」仰るとおりだと思います。ただ、なんとなくタブー扱いなのが疑問なので質問させていただきました。回答ありがとうございます

お礼日時:2009/05/25 20:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下北半島、アイヌ、斗南藩

下北半島旅行中、「下北」はアイヌ語からきていると聞きました。いわゆるアイヌ人がいつ頃から住んでいて現在でもその文化や子孫が残っているのですか? 会津藩より移った「斗南藩」も日本語らしからぬ響きですがアイヌ語との関連がありますか?ご教示ください。

Aベストアンサー

北海道や北東北に住んでいた人々の子孫がアイヌ民族になったと言われています。
アイヌ文化が成立するのは中世以降です。
たしかに東北には「ぺ」「シリ」などのアイヌ語地名が残っていますが、「語感が似ている」というのはこじつけです。
その方法なら日本全国ならず世界中の地名をアイヌ語で解釈することも不可能ではありません。

おそらくは古代に北海道や北東北に住んでいた人々の言語や文化がのちのアイヌ文化につながったのでしょう。
従って「北東北にアイヌ民族が住んでいた」とまでは言えないかと思います。(少数の人々が住んでいたでしょうけれど)

Qドイツ軍人の ラインハルト・ハイドリヒ マンシュタイン元帥 ロンメル元帥 3人は思想も性格も戦術も全

ドイツ軍人の
ラインハルト・ハイドリヒ マンシュタイン元帥 ロンメル元帥

3人は思想も性格も戦術も全く異なったとは思いますが、それを踏まえて、極めて優秀であったのは誰なのでしょうか?
また、この3人の戦術や戦歴、性格などの長所短所も教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

ラインハルト・ハイドリヒは軍人と言うよりナチス高官です、高官としては優秀な人でした、ヒムラー長官に忠誠を誓うも「無能のバカ長官」と心の底では馬鹿にし、冷血でありながら飴と鞭を上手く使い分けて人を動かしたりとやり手だった様です。

マンシュタイン元帥が極めて優秀な軍人だったと思います、作戦全体を見通して勝利へと導く能力は凄いと思います、戦後軍の仕事に復帰したのが何よりの証拠でしょう。

ロンメル元帥は現場監督タイプだと思います、本人も前線で指揮するのが好きだったらしいです、彼の行く所勝利ありですが、他の部隊と比べると戦死者が多かったのが難点です。

Qアイヌ語について

アイヌ語の保存活動について腹が立ってます。アイヌ語を残すために、歌を歌う集会的なものがありますが、それじゃ歌は残っても文法、使用用法などは残らないとい思います。過去の文化としてではなく、現在進行でものを見たほうがいいと思います。つまり英語やフランス語を習うという感覚で、アイヌ語習おうという感じになるように、歌なんか歌うのやめて日常会話として使用できるようにするのがいいとおもいます。文字は暫定的にキリル文字とカタカナを兼用して、アイヌ語を1つの外国語として認識するのが得策。みなさんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

金田一京助をはじめとして、民俗学の柳田国男なども、アイヌ語から派生した日本語やその原点としてのアイヌ語研究を、明治時代から行っています。

大正時代には、すでにアイヌ民族のうちでも民族の文化が消えるのを危惧した人々は、ラテン文字などで音を書き残すことを始めています。

アイヌ語 金田一京助 柳田国男 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E8%AA%9E+%E9%87%91%E7%94%B0%E4%B8%80%E4%BA%AC%E5%8A%A9+%E6%9F%B3%E7%94%B0%E5%9B%BD%E7%94%B7

アイヌ語 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E8%AA%9E

今は、そもそも会話どころか発音すらできる人が限られ、高齢化しているのですから、早急に「音」だけでも記録に残すか、金田一先生らのように言語学としての研究に国費を投入するか、すべきなのです。

ですから、ご質問の「歌」については、「歌を習う」で終わらずに、「歌を残し」「その言語的構造を残す」ためにこそ金を使え、という金の使い道として保存会にご提案されるのがよいのでしょう。

金田一京助をはじめとして、民俗学の柳田国男なども、アイヌ語から派生した日本語やその原点としてのアイヌ語研究を、明治時代から行っています。

大正時代には、すでにアイヌ民族のうちでも民族の文化が消えるのを危惧した人々は、ラテン文字などで音を書き残すことを始めています。

アイヌ語 金田一京助 柳田国男 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E8%AA%9E+%E9%87%91%E7%94%B0%E4%B8%80%E4%BA%AC%E5%8A%A9+%E6%9F%B3%E7%94%B0%E5%9B%BD%E7%94%B7

アイヌ語 - Wik...続きを読む

Q愚かな帝国陸軍の軍人

ばか者、愚か者だと思う帝国陸軍の軍人といえば、牟田口廉也か辻政信でしょうが、他にいたら教えて下さい。
開戦時の参謀総長の杉山元もバカだと思うのですが・・・

Aベストアンサー

牟田口の上司でもあり庇護者でもあった河辺正三。
この二人はインパールのみならず、日中戦争の引き金となった盧溝橋事件の張本人らでもあった。

平和進駐予定(陸軍省方針)であった北部仏印進駐を、強引に武力進駐にした富永恭次(当時参謀本部第一部長(作戦部長)。当時少将)。太平洋戦争の引き金となる。富永の子分に佐藤賢了(当時参謀副長で大佐)。
また富永は陸軍航空特攻の生みの親。フィリピン戦線が危うくなるとスタコラサッサと台湾に敵前逃亡。積荷は酒と芸者であったとさ。

Q「アイヌ民族」は存在しないので「アイヌ差別」も存在しないのでは?

「アイヌ民族」は存在しないので「アイヌ差別」も存在しないのでは?

日本は単一民族国家です。
以前、「北海道ウタリ協会」が「北海道アイヌ協会」に改名して、
少しだけ話題になりましたが、現在日本には「アイヌ民族」なる
民族は存在していなく、この団体とはアイヌ民族の子孫の人達による
趣味のサークルの様なものらしいです。
なお、ここでは詳しく書きませんが、この団体に所属していると
生活上の色々な特典を受けられる制度もあるみたいです。

彼らは日常生活においては、日本語を話し日本食を食べて、日本の
学校を卒業した完全なる「日本人」と言えます。

ちなみに私は札幌市の者です。
この「アイヌ民族」存在に対し、道外の方々はまるで在日韓国人の
ような存在に考えているような節を感じますが、何か違うような気が
します。
アイヌは主に白老・平取・阿寒等に古くからの集落を有しておりますが、
それは大阪市における鶴橋の韓国人街のような地域とはちょっと違います。
ちなみに札幌市に「アイヌ居住区」はありません。
(聞いた事ないので多分無いでしょう)
あと、私は札幌生まれ札幌育ちですが、アイヌだと言う人を見た事が
ありません。

また、「アイヌ差別」というものも存在しません。
例えば、知り合いが「実は俺…韓国人なんだ」と言うのと
「実は俺…アイヌなんだ」と言うのでは受け止め方が全く異なります。
「韓国人」である事に対しては色々と思う事もあるかと思われますが、
アイヌにである事をカミングアウトしても特に何も無いでしょう。
アイヌは徒党を組んで悪行を働いたりはしませんし、
パチンコ屋等の一部の産業を牛耳っていたりもしません。

ですから、むやみやたらにアイヌに対して、「かわいそうな民族」として
見るべきではありません。
仮に学校や職場で「アイヌに対する差別がある」と言う人がいれば、
それはその人がアイヌである事以外の問題であると考えられるため、
それは民族問題ではなく、別次元として教育問題・労働問題として
考えるべきでしょう。

アイヌ語を日常的に流暢に話す事の出来るactive speaker は絶滅しました。
したがって、この日本には「アイヌ民族」は存在していないというのが私の
見解です。
アイヌ民族はウィルタ民族同様、既に絶滅した民族だと言えるでしょう。

「アイヌ民族」なる民族は存在しません。
ゆえに「アイヌ差別」もありません。
異論はありますか?

「アイヌ民族」は存在しないので「アイヌ差別」も存在しないのでは?

日本は単一民族国家です。
以前、「北海道ウタリ協会」が「北海道アイヌ協会」に改名して、
少しだけ話題になりましたが、現在日本には「アイヌ民族」なる
民族は存在していなく、この団体とはアイヌ民族の子孫の人達による
趣味のサークルの様なものらしいです。
なお、ここでは詳しく書きませんが、この団体に所属していると
生活上の色々な特典を受けられる制度もあるみたいです。

彼らは日常生活においては、日本語を話し日本食を食べて...続きを読む

Aベストアンサー

日本は単一民族国家です。>>>>
 日本は天皇制の国です。倭国から日本国と称するようになったころ、倭国王から天皇を称するようになったようですが、この天皇という称号は中国の皇帝と同格の称号と考えたようです。
 
 中国の皇帝は例えば高句麗王や新羅王や百済王を従えている。だから、王の上の皇帝を称するのであり、日本の天皇も異民族の熊襲や隼人(南九州)や蝦夷(東北)の国々を従えているので、皇帝と同格の天皇を称するという理屈です。
 この時代の日本は、中国や朝鮮に向かい『日本は多民族国家であることを宣言』したのです。現在は、平安期に加えて北方四島及び北海道と琉球王朝の支配していた地域まで併合していますので、更に多民族国家になっています。

 つまり、日本の天皇制の根拠は多民族を束ねたことにあるのですね。仮に日本が単一民族だとすると、日本王で良いことになります。それでは日本史が変わってしまいますね(御承知のように隣国韓国の大衆と多くのマスコミが『天皇陛下』のことを『日王』と呼んでいます。私はどちらかというと左翼ですが、日本の歴史を考える時、このような日本と現在の天皇を落としめる無礼で非礼なことは、国として絶対許すべきではなく、大変腹立たしいことだと思います)。

  
日本語を話し日本食を食べて、日本の学校を卒業した完全なる「日本人」と言えます。>>>>
 質問者の方がおっしゃっている日本語というのは「標準語」のことですね。標準語は明治時代に定められた『作られた新しい言葉』で、日本には標準語と同じ言語はありませんでした。私は沖縄返還後間もないころ沖縄旅行に行きましたが、地元の人同士の会話はまったく聞き取れませんでした。
 
 学者によると、沖縄方言は琉球語として独立させても良いそうです。実は地方にある方言というのが、「地域の共通語」であり本来の日本語なのですね。それら地方の共通語の集合体が日本語で、その日本語の祖語は縄文語とされています。
 その縄文人と北海道アイヌの遺伝子は似ているらしいから面白いのです。


 和食の【塩鮭】は周辺国に先立ち東日本の縄文人が保存食として作っていましたが、西日本の縄文人は知りませんでした。当時の朝鮮半島の人は知りませんでした。
 日本食も地域料理の集合体だったのでしょう。長屋王の木簡や延喜式等に書かれている山海の珍味は全国から集められていますね。

  まあ、完全なる「日本人」なる概念が、過去存在しないということがお分かりになったと思いますが、アイルランド系アメリカ人という言葉があるように、アイヌ系日本人という言葉があっても良いと思いますよ。アイヌ民族も大きく4つに分けることが出来るそうですが、内地の人とは違うグループであり、民俗(民族ではない)も違いますから、差別なしで、違いを認める方が良いでしょう。
 以上が私の異論です。長々ととりとめのないご返事になり申し訳ありませんでした。

++++++余談ですが・・+++++++
百済(天皇家のご先祖ですよ)>>>>>>このことですかね。・・・武寧王:没年523年・・・その子孫は約250年間以上の長きにわたり日本人として暮らし、日本人と結婚を重ねた末に、桓武天皇の生母「日本人である高野朝臣新笠」が生まれたということはありますが、百済が『天皇家』のご先祖という根拠は、マッタクないでしょう。藤原氏が天皇家のご先祖といわれると私はちょっと異和感を抱くのですが、それと同じですね。

日本は単一民族国家です。>>>>
 日本は天皇制の国です。倭国から日本国と称するようになったころ、倭国王から天皇を称するようになったようですが、この天皇という称号は中国の皇帝と同格の称号と考えたようです。
 
 中国の皇帝は例えば高句麗王や新羅王や百済王を従えている。だから、王の上の皇帝を称するのであり、日本の天皇も異民族の熊襲や隼人(南九州)や蝦夷(東北)の国々を従えているので、皇帝と同格の天皇を称するという理屈です。
 この時代の日本は、中国や朝鮮に向かい『日本は多民族国家で...続きを読む

Q東京裁判は天皇の戦争責任を回避する為にマッカーサー元帥が仕掛けたのか?

東京裁判は、国際法に一切関係なく、マッカーサー司令部の決めた条例(憲章)にもとづき、ポツダム宣言の条件を無視して行われた占領行政で有ったと指摘する知識人(渡部昇一)がいますが、それを裏付けるようにマッカーサー元帥自信がアメリカ上院の軍事外交合同委員会で「従って日本が戦争に突入した目的は主として自衛(セキュリティー)のために余儀なくされたのであった」と証言している。
そこで質問ですが、マッカーサー元帥は占領政策をスムーズに運ぶ為、天皇の存在が日本の国対護持のために必要と考え、天皇に戦争責任が及ばないように東京裁判を仕掛けたのではないか、という疑問があります。諸兄のお答えをお待ちしています。

Aベストアンサー

そもそも戦争に良い戦争も悪い戦争もありません。侵略戦争が罪になると言ふ概念も、特に欧米にはありません。侵略戦争で植民地を広げてきたのが彼等ですから。しかし戦勝国のアメリカは日本に復讐するため裁判と言ふ方法を考えだし、罪状も事後法で平和に対する罪などをもうけて裁いた戦勝国による敗戦国民へにリンチにすぎません。アメリカは戦後の日本をどのようにしようと考えていたのでしょうか、公式文書としてそのような政府方針は無かったようです。GHQのその後の方針を見てみると日本を弱体化するためにどのようにすればよいか研究しながら
推し進めてきています。天皇が日本の中心になって統治していたことは
充分理解していたので、もし天皇を裁判に掛ければ占領統治がうまくいかなくなると裁判から外したにすぎません。国体護持など外国が考える
わけがありません、むしろ日本国など消滅してしまってくれと考えていたかもしれません。
マッカーサーが日本は自衛のための戦争をしたのだと、解任されてから
証言している。これは朝鮮戦争を戦ってみて日本が何故中国で戦っていたかその理由が戦後5年経ってようやく気が付いたに過ぎません。
日本とアメリカの戦争を仕組んだのはソ連の工作員だと言われています
マッカーシー旋風が吹くまではアメリカ政府内には共産党勢力がはびこり、自由主義陣営同士で戦争させその間隙をついてコミンテルンの勢力
拡大をはかり1990年代まで旨くいっていた。最後にのこったのが中国と北朝鮮です。
さて先の大戦の勝者のオランダ、イギリス、フランス、は全ての植民地を失い貧乏国に転落してしまい。一方アメリカは世界で共産勢力と戦わ
なければならなくなり、本来なら一番味方に出来るはずの日本を叩き潰したためにアメリカ一国で世界の戦争を引き受けている状態です。日本は高みの見物を決め込むか一肌ぬいでやろうとするのか、これからの若者の決めることです、今後の世界情勢を見誤らないないようにして欲しいものです。

そもそも戦争に良い戦争も悪い戦争もありません。侵略戦争が罪になると言ふ概念も、特に欧米にはありません。侵略戦争で植民地を広げてきたのが彼等ですから。しかし戦勝国のアメリカは日本に復讐するため裁判と言ふ方法を考えだし、罪状も事後法で平和に対する罪などをもうけて裁いた戦勝国による敗戦国民へにリンチにすぎません。アメリカは戦後の日本をどのようにしようと考えていたのでしょうか、公式文書としてそのような政府方針は無かったようです。GHQのその後の方針を見てみると日本を弱体化するため...続きを読む

Qアイヌについての入門書

アイヌ民族について興味を持ったので、歴史や言葉を調べようと思っています。

アイヌやアイヌ語について、詳しく載っていて読みやすい入門書があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

いろいろありますので図書館で見て下さい。

A グループ
『アイヌ文化の基礎知識』草風館 ¥1,600
『アイヌの碑』 朝日新聞社  ¥460
『アイヌ神謡集』岩波文庫  ¥410 アイヌ語・日本語対訳

Bグループ
『先住民族アイヌの現在』朝日新聞社 ¥437
『アイヌ学の夜明け』小学館 ¥1,000
『日本のアイヌ語地名』三一書房  ¥900

Cグループ
外国人の書いたもの
『プラキストン えぞ地の旅』北海道出版企画センター ¥980
『アイヌの秋 日本の先住民族を訪ねて』未来社  ¥2,200

とりあえずアイヌに関する基礎知識を学ぶためには『アイヌ文化の基礎知識』をお薦めします。より深く学びたい人への参考書や施設の案内も載っています。

Q源平藤橘の橘

源平藤橘の橘で有名な歴史上の人物はいるのでしょうか?
源平藤が圧倒的に有名で橘は影が薄いのですが、なぜ源平藤ではなく源平藤橘とならび称されるのでしょうか? そんなにすごい勢力の家系なのですか?

Aベストアンサー

源、平は天皇家の子孫ですが、藤原、橘は豪族?の子孫で、源、平は地方に追いやられ、聖武天皇の時代は、中央で藤原、橘が権力争いをしました。
No.1のWikiにあるように、権勢を誇った藤原不比等のあと、橘諸兄が権力をにぎります。   これを追い落としたのが藤原仲麻呂です。    遷都問題で諸兄を凌ぎ、謀反を起こした橘奈良麻呂の変で諸兄は引退し、仲麻呂が権力を握りました。
聖武天皇、光明皇后の没後、庇護者をうしなった仲麻呂は、新羅討伐計画を無理に押し進め、謀反を起こし滅亡します。
藤原、橘両氏とも力を失うのですが、藤原氏は人を得て復活し、橘氏は表舞台から消えて行きました。

Qアイヌ語について

この質問を、外国語のカテゴリーに入れたら、アイヌの方は不愉快に
思われるかも知れません。ごめんなさい。私は外国語と思って
おりませんのでお許し下さい。一番、答が集まるサイトを選んだのです。
言語あるいは言語学というカテゴリーがあればよいのですが。

現在アイヌ語を話す方の人数は全国でどのくらいでしょう。統計があれば
教えて下さい。出来れば地方別など。

Aベストアンサー

Wikipedia が参照しているデータによれば、

1996年の推定では、約15,000人のアイヌの中で、アイヌ語を流暢に話せる人(Active speakers)は15人。
母語話者(Native speakers)は千島列島では既に消滅し、樺太でもおそらく消滅していて、残る北海道の話者も平均年齢が既に80を越え、数も10人以下。

アイヌ語講座も開かれているので、学習者は多いと思われますが、その数はとなるとあまり意味はないでしょう。日本人のほとんどが英語を学んでいますが、英語話者とは言えませんから。

参考URL:http://www.helsinki.fi/~tasalmin/nasia_report.html#Ainu

Q太平洋戦争が侵略(=罪悪)であると前提として

太平洋戦争が侵略(=罪悪)であると前提として
日本が負けるようにスパイ行為をした日本人は
道徳的に正しかったと言えるでしょうか?
例)
・本土空襲に際し、地上情報がアメリカ側に提供されていた形跡
・沖縄に上陸してきた米兵に一部の県民が日本兵の隠れ場所を教える

Aベストアンサー

戦争目的の善悪は関係ありません。
スパイや利敵行為は悪いことに決まっています。
なぜスパイが正しいかもしれないと思われたのでしょうか。
スパイの裏切り行為でたくさんの人が死ぬんですよ。
正しいわけないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報