10月から鉄骨造・ラーメンの住宅の構造計算を担当することになり、それまでに構造計算の実務に必要な知識を身につけなければなりません。構造計算の実務はほとんど経験したことがないので、様々なテキストを読んで勉強し、固定モーメント法やD値法、断面検定の仕方などは何とか理解できてきました。

しかし、それらの計算方法を、実際の構造計算の実務ではどのように用いたらよいのか、全体の流れがなかなか掴めません。荷重計算→仮定断面の設定→準備計算→応力計算→断面検定というところまではテキストにも書いてあるのですが、そのうち「応力計算」「断面検定」で、いったい、どの部位の、どのような計算を、どこまですればいいのかがよくわかりません。
担当する物件はルート1でよいものがほとんどです。
その範囲で結構ですので、「応力計算」「断面検定」ではいったい何をどこまで計算すればよいか、おおまかな流れを教えていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

建築学会の「鋼構造設計規準」に計算例が書いています。


お買い求めください。
主要構造材について
応力計算では、架構状況によって、「固定法」「撓み角法」「応力法」のいずれかで応力計算する事となります。
上記の計算で求めた応力に対して、使用する部材の断面の安全性を確かめるのが、断面算定となります。
小梁・間柱以下の二次部材については、両端ピン支持で応力を求めて断面算定する事となります。
また、同時に接合部の設計も行う事となります。
鋼構造の計算ルートなどは、2007建築物の構造技術規準解説書、別名構造黄色本に書いています。
構造計算は、この本に書いている流れに沿って計算する事となります。
構造計算書の内容もこの本に書いている基準に合わせなくてはなりません。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
建築学会の「~規準・解説書」のシリーズはいろいろあって、独学ではどのテキストに準拠したらよいかわかりづらかったので大変助かりました。
「鋼構造設計規準」に計算例が、「2007建築物の構造技術規準解説書」に流れが書いてあるのですね。早速購入します。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2009/05/25 13:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q構造計算書の設計計算のスキルは広く役に立ちますか?

特定派遣で未経験から構造計算書の設計計算をする仕事に決まったのですが、構造計算書の計算のスキルの需要って高いですか?他の会社の転職するとき役に立ちますか?

Aベストアンサー

建築設計のでしょうか? それを前提に

質問内容からいって業界の人ではないようなので、資格や専門学歴がないという仮定で回答します。

まず、建築設計を業として行うには建築士の資格と設計事務所登録が必要です。建築士の指導の元、作業を補助するには資格はいりません。
すなわち資格がなければ構造計算はできず、実務で行っていたとしても、それはあくまで構造計算「補助」業務の経験としか見られませんし、就職先としては建築設計事務所登録を受けた企業でなければなりません。すなわち法律により就職市場が絞られます。

また、構造設計を行うのは一部の大手設計事務所・ゼネコン以外は社員数人の零細企業が多く、その数も一般の建築設計事務所の1/10ぐらいしかありません。そんな状況ですから、転職先としての市場は小さく、単に構造計算補助のスキルだけでは難しいのではないでしょうか?

また使用するソフト(手計算で行うわけではないですよね。手計算だとそれなりの知識がないとできませんので)によって、データ作成技術が異なりますので、同じソフトを使用しているところではないと、ベースとなる構造計算の理論などを理解する必要のない補助作業者では、技術があると認められるのは難しいと思います。
すなわち経験者と見なせるのはそのソフトの利用技術であり、スキルを認めてもらうには、同じソフトを使用しているところに限定されてきてしまいます。

ところで、この業界ですが、耐震偽造の姉歯さん(1級建築士をもっていた)なんかは一人で切り盛りしてたみたいで、その上ダンピングした結果ああなったようです。
札幌の浅沼さんも2級しか持っていないのに1級でなければ設計できないものにまで手を出して、免許取り消しになっています。

資格を持っている人ですらそんな状況になっているような業界ですから、あまり期待しない方がよいのではないかと思います。

建築設計のでしょうか? それを前提に

質問内容からいって業界の人ではないようなので、資格や専門学歴がないという仮定で回答します。

まず、建築設計を業として行うには建築士の資格と設計事務所登録が必要です。建築士の指導の元、作業を補助するには資格はいりません。
すなわち資格がなければ構造計算はできず、実務で行っていたとしても、それはあくまで構造計算「補助」業務の経験としか見られませんし、就職先としては建築設計事務所登録を受けた企業でなければなりません。すなわち法律により就...続きを読む

Q貿易実務検定試験

貿易実務検定試験についてお聞きしたいのですが、日常の業務はC級程度の知識で事足りると理解しておりますが、B級またはA級レベルの知識がないと対応しきれないことはございますでしょうか? またあればそういった難易度の高い業務というのは特にどの方面で見られるのでしょうか?
現在貿易に従事されている方もしくは従事されていた方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

試験を仮の目標として勉強されるのは非常にいいことですが、実務経験無し(不十分)では、なかなか本当の実務の習熟とはなりにくいのではという独断の考えです。参考書や試験に備えての勉強と、実務経験が両立すると理想的だということです。

>L/C条件が両立した取引形態というのは初
三国間貿易というのは聞かれたことがありますよね。お金の決済は、A、B、C国ですが、船積みはCからAへ直という形態です。中間にはいるBからは仲介貿易ということになります。Bから見るとAからの入金、Cへの支払いという2種類の決済があることになります。その両方の決済がもしL/Cだだったら、あなたは処理できるでしょうかという問題です。大手(でなくても)貿易商社では日常的にやっているでしょうが、なかなか難易度は高位ですよ。

Q木造の構造計算概要書について。

構造計算概要書について教えて下さい。

構造計算概要書(木造の場合)は、どのような場合に添付しなければいけないのでしょうか?それと具体的に説明しているHPや書式などありましたら教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
>構造計算概要書(木造の場合)は、どのような場合に添付しなければいけないのでしょうか?
構造計算をおこなったものについて、建築確認申請する場合に必要な書類です。
この書類を作らないと、構造計算適合性判定が受けられません。

構造計算概要書等の各種申請書のダウンロード先
http://www.icba.or.jp/shinprodl/dl/H19ShinseiYoushiki.html
構造計算概要書(木造の場合)記載例
http://www.icba.or.jp/kaisei/doc/gaiyosho-sample-WOOD.pdf

ご参考まで

Q土木構造物の部材応力の照査項目についての質問です。

土木構造物の部材応力の照査項目についての質問です。
ボックスカルバートの設計計算をしているのですが、
今までは部材応力の照査として曲げ圧縮・引っ張り応力とせん断応力について照査していました。
道路土工カルバート工指針によると”「4-5許容応力度」以下であることを照査する”とあり「4-5」項にはコンクリートの許容付着応力度の記載があります。
付着応力の検討もしておくべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照ください。
  http://kozo.milkcafe.to/RC/kyoyou.html
  付着応力度も照査した方がよいでしょう。

では。

Qマンション構造計算書について

マンション管理組合の理事長です。
標題の件について、管理会社変更に伴い書類の整理を行っていましたが、
構造計算書が保管されていないことが判明しました。
このため、(前の)管理会社に構造計算書の所在確認を再三要請していましたが、
(前の)管理会社、事業主とも所在不明との回答でラチがあきません。

ウチのマンションはマンション管理法施行前に引き渡されているため
事業主などに法的責任の追求も難しく、対応に難儀しています。

ただ、この構造計算書がマンション管理の上でどこまで必要なのか、
いまいちはっきりせず、そろそろ任期切れ、交代の時期でもあり
もし無くても問題ないのなら、あきらめざるを得ないのかとも思っています。

同様のケースでの対応実績や、構造計算書の必要性などアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

マンション管理会社の社員です。

構造計算書ですが、これは通常の管理では全く必要のない書類です。私もこの仕事を7年やっていますが、今まで構造計算書が必要になったことは一度も有りません。
あえて言えば、建築基準法改正(確か昭和56年かな)以前の、いわゆる「旧耐震」の建物で、耐震診断や補強工事をする時に必要になるくらいでしょうか?

実際、マンション管理適正化法が施行されるまでは、管理会社、あるいは管理組合に構造計算書が引き渡されることはまれでした。管理会社が無頓着、と言うよりは、常識的に引き渡されることの無かった書類だったわけです。

ご心配なのはわかりますが、「新耐震」のマンションにお住まいであれば、無くても大丈夫だと思いますが。

Q秘書検定、マナー検定、ビジネス文書検定

似たり寄ったりな資格なのですが、秘書検定、ビジネスマナー検定とビジネス文書検定の二級を取りたいと思っているのですが(いずれは3つとも取り、準1級や1級も受けたいと思っています)
まず何から取るべきだと思いますか?
とりあえずこの秋冬に2つ受けてみようかと思っています。

Aベストアンサー

秘書検定準一級持ってます。
これは参考書を買って集中して勉強したら1ヶ月ほどで取れましたよ!

ビジネスマナー検定は秘書検定の中に含まれる要素が多いので、ビジネスマナー検定より秘書検定を先に受けた方がいいでしょう。
ただ秘書検定の2級程度だと簡単に取れてしまうので(準一級も簡単ですが)履歴書に書いてもあまり有利にはなりません。
ただマナーが一通りは出来る人なのかなとは思ってもらえるとは思います。
それとビジネス文書検定は持っていればいいとは思いますが、受けなくても最小限のビジネス文書は書けるようにしておいたほうが会社に入ってから恥をかかなくて済みますよ。

Q建築会社っていちいち建築物に対して構造計算をしてい

建築会社っていちいち建築物に対して構造計算をしているのでしょうか?

ハウスメーカーとかの家だったら1回調べてあとは同じ家を建てるので必要ないと思いますけど、建築士設計のオンリーワン設計だと毎回構造計算してる?してない?

Aベストアンサー

一般的な話をすれば、構造計算にオンリーワン設計はありえません。
まったく同じ、形、内外装、用途の建物であっても、その場所によって、風速、積雪、土質、など違う点はいろいろあります。また、まったく100%おなじ建物というのも通常ありません。

ただし、プレハブ構造で、型式認定を得ているものは、認定の条件内(ある大きさ、荷重、土質などが所定の範囲内)であれば、構造計算しなくても良いことになっています。認定の段階で、その範囲内であれば安全であることを証明しているからです。

Qアングルの許容圧縮応力度の計算

アングルの許容圧縮応力度の計算、算出方法を教えてください

Aベストアンサー

アングルとは山形鋼のことを指していると思いますが、鋼材の許容圧縮応力度は、座屈がからむので、複雑です。

建築用鋼材の場合
細長比λ、限界細長比Λ、F値をFとすると
λ≦Λのとき、許容圧縮応力度=[1-0.4×(λ/Λ)^2]×F
λ>Λのろき、許容圧縮応力度=0.277×F/(λ/Λ)^2

但し限界細長比Λ=√[π^2×E/(0.6×F)]
E:ヤング係数

細長比λ=L/i
L:材長
i:断面2次半径

参考 日本建築学会「構造用教材2」 p63

Qオススメな木造構造計算ソフトは?

オススメな木造構造計算ソフトは?

意匠設計事務所のものです。
昨今、長期優良住宅もあり、木造の構造計算が身近になっております。

作業時間等を考えれば、構造屋さんのサポートの方が
良い時も多々ありますが、

木造構造計算ソフトの導入を検討しております。

アーキトレンド
STRDESIGN
HOUSE-ST1
KIZUKURI
等が名が通っていますよね。

アーキトレンドはかなり高額で、やはり木造の計算なので調整は必要
と聞いていますので、難しいと思っておます。

現在、最有力候補は、STRDESIGNと思っています。
昨今の性能評価にの対応しているようですし。

オススメや何らかのコメントをいただければ幸いです。

Aベストアンサー

使っているというか、買っちゃったのがアーキトレンドZシリーズなんですが、確かに高い。年間サポート料もバカにならないので、コールサービス抜きで更新したりと、考えものです。ほとんどのVer.UPは無償ですけどね。長期優良住宅用にVer.UPはされています。
金物も手計算でやったものと違うんですよね。ソフトの結果では、木軸組なども、過剰かなと思う仕様の計算結果になります。

STRDESIGNは当初検討したんですが、AUTOCADだったか?の連携ができて、JWWじゃなかったので、パスしたんですが、こっちの方が安いし、構造計算だけに特化した使用なら(今、思い返せば)、こっちの方が良いとも思います。
30万円くらいでしたっけ?

Q現在担当している販社の担当者についてです。

現在担当している販社の担当者についてです。

この販社の担当者は以下のような人間です。
・「自分が法律である」と考えている。
・自分の思い通りにならないと、私の上司にも脅しを
 かけてでも、自分の主張を通させる。
 (先日も私の上司とこの担当者と言い合いになりましたが、
  私の上司の方が歩み寄る形になってしまいました。)

私はこの担当者が苦手で、話をするのもいやです。
また会社内でこの担当者を知っている人(上司、同僚)は、
「あまり好きではない」と言っています。
メーカーも「嫌い」と言っています。

こんな人間は或る意味どこにでも必ずいますが、「自分が
法律である」と考えている人間に対してどのように接する
べきなのでしょうか?

Aベストアンサー

私の意見です。
 交渉の手段として知識をひけらかした脅しをとる方はいらっしゃいますが、私はそういう方は2流の営業と思います。1流は相手の上司など選択権のあるものに値引きする気を起こさせる手段を提案できる方だと教わりました。
 ですので、知識自体は参考にしても相手を困らせる態度は見習う必要はありません。そのような方の場合、プライドが高いので、その方以上の実力者にいわれない限り頑固に貫くでしょう。ですが、すでに周りから敬遠されているのであれば、店も購入者を選択する自由はありますので離れていくでしょう。(答えはじきに出ます)
 あなたはへたにけんかはせず、無視してよい顧客を探していくのが懸命のような気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報