近所の子猫に餌付けしてる人がいるようで、繁殖しないように子猫の首をおって殺しているという書き込みを見ました。
必要があって殺しているから動物虐待には当たらないと主張しているけど、充分動物虐待に該当すると思いますがどうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あくまで事件は個別案件です。


餌付けは迷惑防止条例などの違反。
猫の殺害は動物愛護法等の違反。
お互い違反であっても、裁判の決定でもない私刑は、法治国家では認められていません。原因によっては情状酌量の材料にはなりえますが、過剰防衛ではそれもない。

この回答への補足

猫の繁殖のことはどこかに相談したら対応してくれないのでしょうか?
何十匹も殺してるってのはどうなのかと。

補足日時:2009/05/25 13:10
    • good
    • 0

 余りほめられた事ではありませんが、『近所の子猫に餌付けしてる』“自己中”人間への警告のつもりなんでしょう。

その行為で迷惑している人間もいることを言いたかったのでしょう。
 実際にやったらどうなるかは裁判所の判断でしょうね。どこかの区では餌遣り行為自体を迷惑行為として認める条例が出来ていますから、それにより迷惑を受けている人がいることも認めているわけです。行政や警察が取り締まらない(取り締まれない)迷惑行為によって迷惑を受けた人間が起こした『自力救済』をどう判断するのか、私もNo.1の方と同じく興味があります。野良猫の被害者って結構いますので、少額の罰金で済めば実際にやるって人も出てくるのでは?
    • good
    • 0

動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)の第27条にある,「愛護動物をみだりに殺し,又は傷つけた者は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」に該当すると思います。

ネコは愛護動物に含まれます。「みだりに」の解釈や適用例などについては,法律の専門家のご意見をうかがいたいところです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング