ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

今、第一生命の生命保険に加入しているのですが、ちょっと月額が高くて検討を考えています。
共済が安くてそこそこの保障がついているからどうかと言われたのですが、生命保険の営業の方からは、共済だと、もしあなたが亡くなったとき家族が生きていけないわよと言われます。ちなみに子供二人で4歳と1歳です。
経済的に余裕が無いので大きい保障は多少犠牲にしてでも月額を下げたいと思っています。保険と共済だとどちらの方が良いのかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

なんというか、まあ保険会社の思う壺ではありますわね。

といっても、保険というのはとても難しくてなかなか理解できないのですが。

生保は、いわゆる満期金のある積立型ですかね。それなら、そもそも保険料が不当に高い保険なうえ、しかも途中解約するとさらに割が悪いタチの悪い保険です。保険会社ががっぽりと中間マージンを取っていくので、つまり保険会社にとっていちばんオイシイ保険なので保険のおばちゃんはみんな必死になって売るんです。
今は保険が売れないご時勢なので、保険のおばちゃんが必死になって共済への切り替えを阻止するのもわかります。同じような人が続出するなら、その保険のおばちゃんも保険会社をリストラされてしまいます。

さて、共済ですが、確かに共済は保険料は安いです。しかし、保障は非常に薄いと思っていいです。支払いまでの時間もかかるし、手続きも色々自分でやらなきゃならなかったりします。
結局ね、共済だろうが民間保険会社だろうがかかる費用は同じようなものですから、共済はコストを削ってそのぶん保険料は安いし、民間保険会社は色々手厚いぶん保険料は高いです。

また最近外資系や通販系の保険会社が伸びています。しかしこれも要注意です。よく見ると「確かに安いけど、なんだかんだとけちつけて全然保険金が出ないようなものになってるじゃないか。これじゃ共済のほうがまし」なんてのがしばしばあります。あれは保険に関する基礎知識がある人が入るべきですね。これは自動車保険なんかでも同じ。

リスクに対する備えは人それぞれなので、一概にいえません。しかし、基本けちな私なら、生命保険は死亡保険金とがん保険程度がいいんじゃないかと思います。もちろん旦那さんの年齢とか、家のローン(家を買っていないなら将来子供が大きくなったら住居をどうするかというのも含みます)とか、旦那さんやあなたがどの程度がんリスク(家族や一族にどれだけがんになった人がいるか)があるかによります。
そして浮いた費用は貯金にまわします。肝心なのはここで、あくまでこの考え方は「貯金前提」です。死んじゃったり、がんになった場合には貯金では追いつかないので保険に入る。それ以外のリスクは貯金によって備えるという考え方です。
なぜ貯金にまわすかというと、貯金ならいざというときにいつでも何にでも使えるという柔軟性が高いことからです。

なにより一番のおすすめは将来の設計を自らすることですね。FP3級なら、ちゃんと参考書を使って勉強すればまあ誰でも取れます。お金に関することは基本誰も信じないほうがいいですよ。特に「お金に汗を流して働いてもらいましょう」なんていうFPが一番危険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろご親切にありがとうございます。
保険って本当にわかりにくくて、わかったつもりでもしばらくたつとよくわかってないことに気づきます。
リスクに対する備えは人それぞれ、本当におっしゃるとおりですよね。
誰かに頼るのではなく、自分の頭でしっかり考えて、最前の保障を選ぶべきで、この質問自体がそういう意味では愚問でした。
早々にこの質問も締め切ることにします。
でも丁寧に色々とご説明下さりありがとうございます。

お礼日時:2009/05/26 15:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング