ビデオのBGMとして普通のCDをパソコンに取り込みたくて調べておりましたら
サウンドレコーダーを使っての方法を発見しました、しかしやり方がよくわかりません、音楽CDを「WAVE」形式にしてファイルにしたいのですが。
パソコンは、「VAIO・PCV-R53」です、「アドビ・プレミア5.1LE」で
利用したいのですが初心者向けに教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

音楽CDは普通のファイルとして認識してくれないので、サウンドレコーダーを使用しての形式の変換はできません。


ですので、下記のURLの中からフリーソフトをダウンロードしてそのソフトで
WAVEファイルに変換してください。

参考URL:http://channel.goo.ne.jp/download/search/vector/ …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWAVEファイルをCD-Rに焼きたい

今、CDに入れて一般のCDプレイヤーで聞けるようにしたいMIDIファイルがあります。でも、いろいろ調べていくうちに、MIDIは楽譜のようなもので、音のファイルではないということを知りました。
で、WAVEやMP3にすれば焼けるということだったので、またいろいろ調べて、なんとかMIDIをWAVEに変換することができました。

最初、メディアプレイヤーを使ってCD-RWに焼いたのですが、CDプレイヤーで聞くことができませんでした。
(僕のプレイヤーはCDを入れると最初にそのCDのトラック数が表示されます。CDが入っていないときはdiskと出ます。今回はCD-RWを入れているはずなのにdiskと出ました。)

RWに対応しているプレイヤーは少ないということが判明したので、CD-Rに焼いたのですが、こんどはちゃんと「1」と表示されたので、再生してみました。でも、パソコンでなら普通に聞けるのに、CDプレイヤーで聞こうとすると、再生はされるけど、まったく音が流れません。

えぇと、症状(?)を並べさせていただきましたが、こういう知識が乏しいので、はっきりいって、ちんぷんかんぷんなことを書いているかもしれません。なので、とにかく何がしたいかというと、今パソコンにあるMIDI(WAVE)ファイルをCDプレイヤーで聞けるようにしたい、ということです。

長くなってすみません。回答よろしくお願いします。

今、CDに入れて一般のCDプレイヤーで聞けるようにしたいMIDIファイルがあります。でも、いろいろ調べていくうちに、MIDIは楽譜のようなもので、音のファイルではないということを知りました。
で、WAVEやMP3にすれば焼けるということだったので、またいろいろ調べて、なんとかMIDIをWAVEに変換することができました。

最初、メディアプレイヤーを使ってCD-RWに焼いたのですが、CDプレイヤーで聞くことができませんでした。
(僕のプレイヤーはCDを入れると最初にそのCDのトラック数が表示され...続きを読む

Aベストアンサー

>「1」と表示されたということは、おそらく正しく
これは「CD」という規格上、PCデータであっても再生機によってはひとつの「トラック」として認識するために再生できないが「1曲(トラック)」と表示する事がある。
もし本当にオーディオCDとして焼いているのなら次の事を確認してみた方が良い

・wavは44kHz16bitステレオになっているか
 なってないならサウンドレコーダで開いて名前を付けて保存でその設定にできたと思う。
・セッションクローズか
 ファイナライズとも呼ばれる。
 追記可能で記録するとクローズしてない事が多い
・ディスクアットワンスか
 ディスク書きとも呼ばれるが、通常の焼きは「トラックアットワンス」になっている事が多い


>焼く正しい方法
どのような方法(具体的にソフト)で焼いているのか判らないのでどうにもならない。

QAdaptec Easy CD Creator 4でCDでCDに書き込みするときのフォーマットは??

Adaptec Easy CD Creator 4でかきこみするときも、
Adaptec DirectCDのフォーマットでいいのでしょうか?

「ディスクの作成」を押すと「Adaptec DirectCDによってつかわれています。」とでてできません。

もしかしたらずっと前にちょっと使ったCD-Rなのでつくり方が変だったのかもしれません。

おしえてください。

Aベストアンサー

今晩は!!CD-Rの場合は、フォーマットしないですよ。CD-RWを、使用する時には、フォーマットを、 DirectCDから、しなくてはいけません。
もし、CDを、全部コピーしてパソコンの中に入れない状態にする時には、Easy CD Creator 4で、CD Copierを選んだらCD丸ごとコピーできるし、またパソコンの中から、音楽データとか、普通のデータを、コピーする時には、データまたは、音楽で、コピーできます。
従って、CD-Rは、フォーマットしなくていいです。
フォーマットするCDは、CD-RWです。

Q東芝RD-XS53でなぜかR2(月マーク)で音声が出ません。

東芝RD-XS53でW録のR2(月マーク)に切り替えると音声が出ません。もちろん録画しても無音。R1(☆マーク)ではなんの問題もないのですが、何かの設定がおかしいのでしょうか?それとも故障でしょうか?何かご存知の方ご指導下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

某掲示板で確認済みの不具合ですね。
電源コンセント抜く→しばらく放置→コンセント差す

東芝が何の対策もしていない現時点では、これしか方法はないようです。

Q5.1対応って?

DVDプレーヤーを購入しようと思っているんですけど
よく表示されてる5.1対応っていうのはどういうことなんでしょうか?
5.1対応とそうでないのとでは何が違うのでしょうか?
機械に全く無知なもんでくだらない質問だと思いますがお願いします・・・。
因みに購入しようと思ってるのは↓なんですけど、これは対応しているのでしょうか?
http://store.yahoo.co.jp/joshin/4518510130569-2-283.html

Aベストアンサー

5.1chとは音声の出力システムの構成の一つで、もともと映画館で臨場感のある音響効果を再現するために開発されたものでDVD-Videoやデジタル放送などに応用されているものです。

「モノラル」は1つのスピーカーで、「ステレオ」は2つのスピーカーで音声を再生しますが、5.1chサラウンドでは6つのスピーカーが使われます。聴取者の正面、右前方、左前方、右後方、左後方、低音出力用サブウーファースピーカー(通常は正面に配置)の6つです。サブウーファースピーカーは出力できる音域が限られているため、0.1chとカウントされます。ステレオ出力よりもはるかに立体的で臨場感のある音響環境が実現できます。

それらで有名なのが、5.1chドルビーサラウンドです。これを再現するためには、対応したAVアンプと上記の数のスピーカーが必要です。いわゆる「ホームシアター」セットがないと再現できませんと言うことです。

購入予定のものは、「ドルビーデジタル対応デジタル音声出力」を持っていますので対応していると思います。
ですから、後々「デジタル音声入力」を持っているホームシアターセットを購入すれば、5.1chドルビーサラウンドを体感できます。

参考URL:http://arena.nikkeibp.co.jp/qa/parts/20040921/109527/

5.1chとは音声の出力システムの構成の一つで、もともと映画館で臨場感のある音響効果を再現するために開発されたものでDVD-Videoやデジタル放送などに応用されているものです。

「モノラル」は1つのスピーカーで、「ステレオ」は2つのスピーカーで音声を再生しますが、5.1chサラウンドでは6つのスピーカーが使われます。聴取者の正面、右前方、左前方、右後方、左後方、低音出力用サブウーファースピーカー(通常は正面に配置)の6つです。サブウーファースピーカーは出力できる音域が限られているため、0.1chと...続きを読む

Q5.1chスピーカに

こんばんは初めて質問させていただきます。
最近、音楽CDを聴くためにベアーマックスのHTR-601GというDVDミニコンポを購入したのですが付属のスピーカの音がすごく悪いです。(重みがないというかカサカサした感じです)
それでHTR-601Gが5.1chスピーカー対応してるとのことでEVERGREENのEG-SD5.1HT1000を購入検討中ですが5.1chスピーカーにすると音は良くなるのでしょうか?
変てこな質問内容ですみません>< ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。スピーカーも大事ですが、やはり本体の性能、そしてスピーカーコードを換えるだけでもかなり違います。
 ご質問の5.1CHのスピーカーは、臨場感が出るという意味ではいいのですが(特にDVDを鑑賞する時)、音楽を聴くときは、特に意味はないような気もします。
 かさかさした感じということなので、高音域が出すぎていると思いますので、高音域(もしかすると英単語でTREBLEと書いてるかもしれません。)を少し下げて、低音域(英単語でBASSです。)を少し上げてみてください。これだけでも変わると思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報