youtubeでアップロードするデメリットは、評価されてしまうことだったり著作権の問題だったりしますが、メリットは何でしょうか。内容によりますが、個人・企業がプロモートできたりしますがそのほかにありますか?

特に個人がアップロードするメリットってただ単に世界の人に見せたいだけでしょうか。直接、収入源となりえることってありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はアメリカの大学に勤めていますが、私の大学ではYOUTUBEを使った動画のcompetitionが行われています。

これは、Student Activities Office(まぁ、自治会みたいなもの)が主催しているのですが、年に2回、テーマを決めて学生から動画を募集します。

で、応募する動画は主催者に送るのではなく、YOUTUBEにアップロードし、そのURLを連絡するのです。一般の学生は、YOUTUBEにアップロードされた動画を見て投票をします。この方が、より多くの学生から投票をしてもらうことが出来ますよね。キャンパスが複数に分かれていて学生の数が多いですから、サーバの負荷を減らすという意味合いもあるのでしょう。

これはなかなか賢い使い方だなぁ、と感心しています。話を聞いてみると、結構多くの大学でYOUTUBEを使ったコンペをやっているとのことです。

この場合、一般の人(業界の人)も見ることが出来ますから、その中で話題になったり人気が出た動画を作った学生は、それなりにメリットがあるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

個人の場合は収入よりも自己満足だと思います。


動画を作成する技術の誇示、他人から評価を得ることによる満足、あるいは誰かが観てくれているという満足、などですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報