発音記号をしっかりとマスターしたらリスニングができる(英語耳という書籍より)
というのが信じられないのですが、実際どうなんでしょうか?

単語帳などで単語の発音もわかるので、リスニングをしてて特に困ることはありません。
ただ、ネイティブ並のきちんとした発音を学んだら、リスニングも、もっと上達できるのですか?

大学受験をまずは目標としてるので、そこの範囲内なら知ってる単語とかの方が多いので特に英語耳などはやらなくていいのでしょうか?

ただ、リスニングは苦手です。センター試験レベルなら解けるのですが
文が長く、スピードの速い2次試験とかになると厳しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.4です。


ごめんなさい、書き間違いを訂正します。

>「英語耳」レベルのことが必要な人は、
あとは色々な英語をたくさん聴くとか語彙や表現を増やすとかいうことが必要です。

「英語耳」レベルのことが必要で無い人は、

です。失礼しました。
    • good
    • 0

No.2です。



No.3のお礼欄の

>社会人なら自分以上のリスニング力もあるだろうし、

いえいえ、そんなことないですよ(笑)

社会人にも、英語が全然駄目な人と、ちょっと出来る人と、良く出来る人と、ものすごく出来る人がいます。
色々なレベルの人がいるのは、学生と同じです。

「英語耳」はどちらかといえば初心者向けです。
リスニングが既にある程度できる人だったら、発音の見直し目的での購入はあるかもしれませんが、「リスニング力向上のために」買う人はあんまりいないと思いますよ。
既に「英語耳」レベルのことは必要ないので。

「英語耳」レベルのことが必要な人は、
あとは色々な英語をたくさん聴くとか語彙や表現を増やすとかいうことが必要です。

ディクテーションは確かにね・・・最近やらされましたが、確かに練習になりますね。
自分がいかに聞けてないかも分かりますし。

参考URL:http://www.hbs.ne.jp/home/saso/toeic%20cover2.htm
    • good
    • 0

受験で役立てるためのリスニングとなるのであれば、ディクテイションをするのが良いと思います。


ただ単に、リスニングで質問の答えを探すのではなく、聞いた英文を書く作業をします。
受験英語のリスニングは文法に沿った英文が使われますから、聞き落とした単語でも、全体の意味から予想することも可能になるくらい力が付きます。

リスニングは発音記号を覚えただけで出来るものではありません。
聞く力は、聞くことによってしか伸ばすことはできません。

この回答への補足

みなさんありがとうございます。

batとbutが聞き分けることができるとかのレベルなら、あまり今の時期にやる必要がなさそうなのですが、それ以上の何かすごい効果でもあるのでしょうか?

社会人が買ってるような本なので、余計気になります。
社会人なら自分以上のリスニング力もあるだろうし、その人らが買ってしかも評判がいい本なので・・・

補足日時:2009/05/25 17:20
    • good
    • 0

似た話題があるから約立つかも? と思って降り返ってみたら、


同じ質問者さんだったのですね。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4987212.html

発音記号だけで何でも聞けるようにはなりませんよ。
知らない単語を聞けるわけないでしょう。
音としては聞き取れたとしても、意味が分からければ何を言っているか理解できないし。
(そういう意味では、getやoutやoverのような超簡単な語を組み合わせた表現なんかもそうです。聴けるが分からん)

で、前のご質問についたアドバイスはどうだったんでしょう。
役立たなかったのでしょうか?
不明点があるなら補足してくださると有難いのですが。
そしたら他の人からも、違った角度から解説したコメントが来るかもしれませんし。

しかし、「単語帳などで単語の発音もわかるので、リスニングをしてて特に困ることはありません。」なら別に要らないんじゃないですか。

経験上は、ネイティブ並みの発音から程遠くてもリスニング出来る人たちも多数いますので、「発音が綺麗であること」と「リスニング力があること」はイコールだとは思いません。

センター試験レベルを知らないので適切なアドバイスが出来ないのですが、TOEICみたいなのだときついということなんでしょうか。
ある程度聴ける人なら、あとは発音記号云々より英語に耳を慣らすことかと思いますが。

発音記号でもフォニックスでもいいですが、やりたいならやってみればいいでしょう。
要らないと感じるならやらなくてもいいと思います。
必要だと感じたときにやらないと、「ほんとかな」とか「こんなもの」と疑いながらやっていても効果が上がらないでしょうからね。
    • good
    • 0

Phonetic list で google したのですが、アルファベットのつづりが発音と対応しています。

英語USではまず、これを覚えますので、単語を聞けば書けるし、書ければ発音できるのが、小学校3年くらいと聞きました。
我々は、慣れである程度書けますが、l か、llかなど、Phoneticのルールを知らないばかりに、どちらにすべきか迷ったり、解らなかったりします。
書店で探しても非常に珍しいのですが、一応数冊あります。ものすごく退屈ですが、覚えておけば、大変便利だと思います。

リスニングは、お勧めは、DVDの映画がいいです。レベルがありますので、聞いてわかるものと、ぜんぜん解らないもの、中間に分けて、手元において、字幕なしで理解するようにすると、耳が良くなります。
なお、映画より、テレビドラマのほうが同じ登場人物が長く発音してくれますので、耳が慣れると最初から字幕なしでも聞き分けられるようにもなります。キーファーサザーランドなんか、24に出てて、とってもUSな発音だと思います。解りやすいのでお勧めです。

参考URL:http://www.unc.edu/~jlsmith/pht-url.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング