ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

専門家の皆様、学生の質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

(1)ポリオとかは、(一応)終生免疫ということで、ワクチン投与は1回ですよね。日本脳炎や黄熱病は10年おき推奨でしたっけ?これらは、ワクチンによって発生させられる抗体の持続期間が、疾病によって異なることを意味しますよね。なんで、日本脳炎の抗体は(もちろん個人差はあるでしょうが)ポリオの抗体のように長続きしないのでしょうか?

(2)インフルエンザとかだと抗原性が変わるからということで、その年に流行する抗原性を予測して、毎年打つワクチンを変えますよね。例えば今年はZZZ、来年はXXX、再来年はVVVというインフルエンザワクチンを打ったとして、ZZZ、XXX、VVVによって惹起された各抗体は、それぞれ40年、50年という期間、(次回の同一抗原侵入に対して有効なレベルで)持続すのでしょうか?メキシコ風邪に老年世代がかからないのは、数十年前の過去の感染時の免疫が残っているからだという意見が、最近一部から上がっていると思いますが、抗体と言うのはそんなに長く持続するものなのでしょうか(個人差はあると思いますが)?

(3)もし、ZZZ、XXX、VVVそれぞれによって発生させられる抗体がそれぞれ、40,50年持続するのなら、何故、ZZZ、XXX、VVVを同一のワクチンに混ぜ、同時接種できないのでしょうか。1回打てば、約150種(程度でしたっけ!?)の全てのH型N型に対応できるワクチンは何故無理なのでしょうか?僕は、毎年インフルエンザのワクチンを打たなければいけないのは、それらによって発生する抗体の寿命が、1年くらいからだと思っていました。したがって、今回の、「老年世代はメキシコ風邪に対して数十年前の古い免疫を持っているから、、、」という報道には???となりました。

(4)もう一点、前からよくわからなかった事をどさくさにまぎれて、聞いておきたいのですが、よろしいでしょうか?

【2005年現在、サルモネラ属は生物学的性状からS.entericaと S.bongoriの2菌種に分類され、さらにS.entericaは6亜種に分類される。また、血清学的には、細胞壁リポ多糖体であるO抗原と鞭毛タンパク質であるH抗原の組み合わせで2500種類以上に分類される】

例えば、この文章中にある【血清学的には、、、2500種類以上に分類される】という表現は、【抗サルモネラ抗体は、2500種類以上ある】という事と同義なのでしょうか。血清分類というのは、抗体により分類するということでしょうか?
もしサルモネラに有効なワクチンを作ろうと思ったら、2500種の抗体を誘発しうる2500種の抗原タイプを含んだワクチンを作らないといけないということでしょうか。(もっとも2500種の抗原のうち人体に有毒なものは一部でしょうけども)
ちなみに、DPTワクチンは、ジフテリア、百日咳、破傷風というバクテリアの病気に対するものだと思いますが、これらのワクチンには、それぞれ1種の抗原しか含まれていないのでしょうか。(ジフテリアに対して1種の抗原、百日咳に対して1種の抗原、破傷風に対して1種の抗原)

もしそうであるなら、サルモネラ菌との2500倍の違いと言うのは何に由来するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 獣医師でウイルスに専門知識を有します。



 まず(1)ですが、ワクチンと感染防御の関係はとても複雑です。

 まず最初に、「そのワクチンが高い抗体価を誘導できるワクチンか」という問題があります。一般的に生ワクチンは弱毒化した"生きている病原体"を接種するため、体内で増殖することによって高い抗体誘導能を示します。不活化ワクチンは体内では増殖しないため、「接種する抗原量」を増やさなければならないのですが、それでも十分な抗体誘導能が得られず、2回接種しなければならないものが多いです。

 ですが、一般論として「生ワクチンは体内で増殖するので免疫誘導能が高い」と言いますが、"体内で良く増殖する(=免疫誘導能が高い)"ことと"病原性が弱い(あるいは無い)"ことは、ある意味相反する条件です。
 体内で良く増えて抗体誘導能は高いけれど病原性はなく、ワクチンによって発症する可能性は低い、という「良いワクチン」を開発することは容易ではありません。
 ヒトではさすがにありませんが、動物用だと"けっこうな確率で発症してしまう"ワクチンも存在します。しかも水平感染までしたりするワクチンもあったりします。こうなると「ワクチン」というより"弱毒株を蔓延させて野外の強毒株を抑える"というような「毒をもって毒を制す」みたいなワクチンですよね。

 "弱毒化"は、これをすれば確実、というような技術はなく、異種細胞で培養し、ひたすら継代するというのが一般的です。例えばヒトのウイルスのワクチンを開発する際に犬の細胞でひたすら継代する、とかです。なぜ異種細胞で培養すると弱毒化するのかはよく判らないのですが(よく判らないけどこうすればこうなるんだ、みたいな話はけっこうたくさんあります)、まあ馴れたヒトの細胞より異種細胞で培養した方がウイルスが変異しやすい、というのがあるのでしょう。まったく変異しなければ異種細胞ではうまく増殖できませんから。
 で、変異が頻繁に起きればそのうち弱毒化するクローンも出現するだろう、という感じですね。

 でもその結果、異種細胞の方にワクチンウイルスは馴染んでますから、ヒトに接種した時にうまく増殖できなかったりします。そういうワクチンは「もひとつ抗体価が上がらない」ワクチンになったりします。

 もうひとつは、「感染防御にどのくらいの抗体価が必要か」と言う問題があります。これもウイルスによってかなり異なります。
 中和抗体価で言うと、1倍前後というほとんど検出限界付近の抗体価でもちゃんと感染防御できるウイルスもあれば、16-32倍では確実に感染防御できるとは限らないものもあり、極端なのになると1024倍あっても症状は軽くなるけど感染防御はほぼ無理、というものすらあります。
 これはワクチンを接種して誘導される血中抗体価と、実際に感染防御のために必要な抗体のクラスが違ったり(例えばインフルエンザワクチンによって血中IgGをどれだけ誘導しても、感染防御に必要なIgAはたいして誘導されない etc..)、自然状態で感染する時の"ウイルスの暴露量"と抗体価との関係だったり、要因はそれこそウイルス種の数ほどあります。

 私は獣医なのでヒトのワクチンについてはインフルエンザなど一部のものしか知りませんし興味もないので、ポリオや日本脳炎といった個別の理由はよく判りません。
 ご存じの方がおられればフォローして頂ければ幸いです。

 (2)です。
 病原体によっては免疫誘導能が低く、感染しても有効な抗体がテイクしなかったり時間の経過と共に消失してしまうものもあるのですが、インフルエンザに関しては基本的に「生涯免疫」のようです。
 ただインフルエンザはウイルスの方が変異するため、せっかく保持している抗体も滅多に役に立つことがないわけですが。
 まあよく考えると、インフルエンザウイルスが絶えず抗原変異を続けているということこそが、「インフルエンザの感染抗体は生涯持続する」ことを証明しているのかもしれませんね。免疫が長続きしないのなら、ウイルスの方はこれだけ激しく絶えず変異し続ける理由はないのですから。

 このスペイン風邪に対する抗体が新型に有効かも、という話はソ連型が登場した時にも同様の現象が起きています。
 アジア風邪が登場してスペイン風邪が消失したのが1957年なのですが、その後香港風邪登場時にそのアジア風邪も消え、それから1977年にH1N1が再登場しました。それが現在のソ連型です。
 この時もアジア風邪以前のインフルエンザ流行(すなわちスペイン風邪)を経験した年齢層がソ連型の感染率が低い、という現象が見られ、スペイン風邪の抗体が効いていることが確認されています。

 なので今回の話は「またか」と思ったのですが、私にはちょっと疑問が。
 ・スペイン風邪とソ連型は抗原的によく似ている
 ・スペイン風邪と今回の新型は抗原的によく似ている(という説)
 ・でも、ソ連型と今回の新型はまるきり違う(だから"新型"と認定された)
 という、ちょっとおかしな話になっているんですよね。謎ですね。
 まあ考えられるのは、ソ連型は1977年の登場以来、もう30年間流行を続けています。なので変異により、オリジナルのソ連型とはもう"まるで違うモノ"になってしまっていて、その「現ソ連型」と「新型」は抗原的にまったく違う、という話なのかなと。
 もっと詳しい話か論文を読まない限りなんとも言えませんけどね。

 ただ、ワクチンについてはそこまでの持続性はないかと思います。
 感染であれば、粘膜抗体の主役となるIgAや細胞性免疫も誘導され、免疫記憶として残るのですが、ワクチンは不活化ですから基本的に血中IgAしか誘導できません。それもそれほど高いレベルではありませんし。
    • good
    • 0

 息切れしたので改めて続きを。



 (3)ですが、例えばインフルエンザウイルスの亜型は144種(HAが16×NAが9)あるのですが、ヒトには縁のない亜型がほとんどなので、例えば現行のソ連型(H1N1)と香港型(H3N2)とB型の3種に加えて今回の新型(H1N1)と東南アジアで新型への変異が懸念されているH5N1、もうひとつ適当にH9N2の3つを加え、6種混合ワクチンを作ろう、という話に仮定してみます。

 すると、「1人分1種あたりの抗原量」を変えないとすると、ワクチン製造に係る資材(この場合は発育鶏卵)が2倍必要になります。つまり値段も2倍になる、ということです。

 それに加え、3種混合が6種と倍になり、「それぞれの抗原量」は変えないとすると、「接種する抗原の総量」も倍になります。となると、当然副反応が出る確率も増え、その症状も重くなることが懸念されます。

 それを嫌って「それぞれの抗原量」を半分にしたとします。すると接種する抗原の総量は変わらないので、副反応の確率や症状は現行と同じであることが期待できます(期待通りに運ぶ保証もないけど)。
 でも、それぞれの抗原量は半分になるわけですから、それだけ「効かない」ワクチンになるでしょう。

 というわけで、多価ワクチンを作るのは意外に難しいです。
 ヒト用だと5種くらいまであるんでしたっけ?よく知らずに書いてるのでご存じの方は訂正して頂ければ嬉しいです。
 動物用だと6種くらいまででしょうか。7種、あったかな・・?

 (4)です。

>血清分類というのは、抗体により分類するということでしょうか?

 そのとおりです。ですが、

>もしサルモネラに有効なワクチンを作ろうと思ったら、2500種の抗体を誘発しうる2500種の抗原タイプを含んだワクチンを作らないといけないということでしょうか。

 とはなりません。
 何故かというと、そのO抗原とH抗原は、感染防御に重要な抗原というわけではないからです。もちろんサルモネラ属の細菌はみんな持っている「共通抗原」というのもありますし、分類のために注目している抗原と感染防御に重要な抗原は異なることも多いです。

 インフルエンザは、HA抗原がそのまま「感染防御に重要な抗原」になるので、このHA抗原を用いてワクチンを作ります。ちなみにこのHAやNA亜型というのも「血清型」です。
 サルモネラ属のO抗原やH抗原は病原性にも関与する抗原なので、これらの抗原のワクチンが有用である可能性もあるのですが、一般論としては「血清型」は分類のために注目されている抗原であることも多々あるので、血清型が数多くあるウイルスであっても、ワクチンは共通抗原のものただ1種、ということも普通にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Jagar39さんから回答を頂戴するのは2度目です。
凄い回答をどうもありがとうございました。
自分の中であやふやであったところが、よく理解できました。
Jagar39さんの書かれた他の質問への回答記録と併せて、プリントアウトしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q微熱と咳と膠原病・・・ 抗核抗体160

膠原病でしょうか・・・
一ヶ月以上まえから咳がとまらず微熱が続いてました。
いまは微熱はほとんどないのえすが、先月検査をしました。
結核・癌・甲状腺の異常はなかったのですが・・・
膠原病の抗核抗体の数値は160でした。
40未満がふつうのようですが、、160は少し高いそうです。
膠原病となると千単位になるようですので、まだ分からないといわれましたが、、これってどう受け止めたらいいのでしょうか、
何かする必要はありますか・・・

Aベストアンサー

抗核抗体は正常の方でも全体の10%くらいの方は持っているそうです。
かくいう私も抗核抗体があります。
私の場合、医療系の学校に通っていて自分の血液を自分で検査していて見つけました。
その後バセドウ病という病気に罹り、初診の際にドクターに
「抗核抗体を持っている」と伝えたところ、血液検査前に「あ、じゃあほぼバセドウで決定だね」と言われました。
抗核抗体を始めから持っていると、確かに陰性の方よりも膠原病やアレルギー疾患などに
かかりやすい傾向にあると聞きましたが、あくまでもその傾向にある・・程度だと思います。
必ずかかるわけではありません。
質問者様はまだ最終的な結果が出たようではなさそうですが、
何事もないことをお祈りしています。

Q新型インフルエンザのワクチンの輸入について

もしかしたら、既に出ている質問かも知れませんが、検索でヒットしなかったので教えていただけませんでしょうか?

2-3ヶ月に1度は海外に行かなければならないものですが、
全世界的に新型インフルエンザが猛威を振るっています。
外出から戻ればアルコール消毒や飛行機の中でのマスク、どうしてもやばそうなところでの実費処方の予防タミフル等やっていますが、ワクチンが待ち遠しいです。
そこで教えてください。

ワクチンの数が不足し、輸入の問題が話をにぎわしていますが、
世界的な猛威を振るっているのに、何故、日本では不足し、
海外では日本に売るほどあるのでしょうか?またそれをビジネスに出来るのでしょうか?
有精卵から作る話は耳にしましたが大変手間がかかるようですが、
海外では何故、民間の企業?がビジネスに出来るほどなのでしょうか?
それとも作り方や素材が違うのですか?

Aベストアンサー

日本のワクチン製造は優生卵を使用した方法です
海外では
特殊なタンクを使用して培養液を入れ大量生産する方法を使っています
日本ではこの方法はまだ認可されていません只今認可申請中で
近大の施設がこの方式で新工場を作るようですが
今期のシーズンには間に合いません

Q研究者という「職業」

私は機械工学関係の研究者に興味があります。ですが研究者っていうのは将来くっていける「職業」なのでしょうか?私のイメージでは大学院などで研究などに専念している人なのですが、いつまでも院にいるわけではないですし、かといって研究者がみんな大学の教授になるわけでもありませんよね?機械工学に限りませんが研究者っていうのはどこかの会社に勤めるのですか?研究者について漠然としたイメージしかないので、研究者という像について教えてください!

Aベストアンサー

はい。研究者です。

仕事は恐ろしく忙しいですよ。ただ時間は自由ですから自分のペースで進めていく様にしています。根を詰めると体が持ちませんし好きでないと続かないかも・・・。

公的な研究機関(最近は独立行政法人などに移行しつつあります)の他に民間のシンクタンクもありますし、私の様な企業内の研究所勤めのものなど色々あると思います。ただ、開発や設計など製品の物作りとは少し仕事内容が異なりますね。よく混同されます。

食いっぱぐれは逆に非常に少ないのではないでしょうか?
特殊技能の持ち主ばかりですから万一の時なども移籍には不自由しないと思いますよ。

Q2009年の季節性インフルエンザワクチンについて。

今、新型インフルエンザ(H1N1)が流行しています。

例年、季節性(普通)インフルエンザワクチンを接種してるのですが、今年2009年は、新型インフルエンザワクチンの製造の為、どうなるのでしょうか?

また、新型インフルエンザワクチンの接種開始時期が、前回厚生省から発表された大流行時より、かなり遅いのも気になります。

新型インフルエンザ(H1N1)を、発生が危惧される鳥インフルエンザ(H5N1)と紛らわしいので、呼称は付けないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

季節性インフルエンザワクチンの生産は20~30%減少します。
接種希望であれば早めに予約しておく方が良いでしょう。
有る医療機関では、療養病棟入院のお年寄りと、職員を優先すると言うことで、一般人はその残りとなりますので、要注意です。
また、新型インフルエンザワクチンの接種の優先順位が決まりました。
医療従事者ー 妊娠中の女性ーじん臓・心臓・呼吸器に病気・障害のある方、免疫機能不全の人ー5歳以下の乳幼児(この辺で国内産の1,700~1,800万本が終わり)
ついで、小中学生ー高校生ー65才以上のお年寄り(ここで輸入予定の4,000ー5,000万本が終了)
18才~64才までは割り当てが無くなる予定です。
この年齢の方は、掛かったら自分で治すか、タミフルに頼るか・・。
日本では新型インフルエンザと呼んでいますが、英語圏ではブタインフルです。鳥インフルは鳥インフルです。
この新型インフルエンザも数年すれば、季節性(普通)インフルエンザの1亜型と成ります。
この新型インフルエンザによる死者は全世界で200万人と推定されています。(1919年のアジア風邪並)
もっともタバコによる死者は600万人だそうです。

季節性インフルエンザワクチンの生産は20~30%減少します。
接種希望であれば早めに予約しておく方が良いでしょう。
有る医療機関では、療養病棟入院のお年寄りと、職員を優先すると言うことで、一般人はその残りとなりますので、要注意です。
また、新型インフルエンザワクチンの接種の優先順位が決まりました。
医療従事者ー 妊娠中の女性ーじん臓・心臓・呼吸器に病気・障害のある方、免疫機能不全の人ー5歳以下の乳幼児(この辺で国内産の1,700~1,800万本が終わり)
ついで、小中学生ー高校生ー6...続きを読む

Q肝炎の抗体の数値について

 私の肝炎検査の数値について教えてください。

 HBs抗体が陽性に対し、
 HBc抗体が陰性です。ワクチン投与はありません。

 過去に感染したと説明を受けたのですが、HBc抗体が陰性という結果はあるのでしょうか?
 過去に感染したら HBc抗体も数値で表されるのではないのですか?

Aベストアンサー

潜在性B型肝炎で調べるとウイルスがいるのに、HBs抗体もHBc抗体も陰性の人がいます。

http://www.tokumen.co.jp/column/kanzo2/05.html

抗体反応というのは、いろんな条件で強くなったりもしますし、弱くなったりもします。
教科書通りだと、本当に楽なのですが、そうはいかないのが、抗体相手の診断です。

Qモノクローナル抗体と、ポリクローナル抗体

両者の抗体価や使用目的の違いはどんなでしょうか?大学で学ばれた方、是非お願いします。できれば製造法の違いも教えてください。

Aベストアンサー

何度かこのような質問で過去に回答させて頂きました。
説明はそこに書かれていますので、一度ご覧ください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=156226

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=179178

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=156226

Q蛇口のパイプ結合部から水漏れ

蛇口のパイプ結合部から水漏れしているのでパッキンを交換したいと思うのですが,パイプがフクロナットで結合ではなくプラスチックみたいなので結合されています。
これの外し方が分からないのでパッキンの交換ができないのですが,どなたか取り外し方法を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

TOTOのワンタッチスパウトなら、プラスチックのツバを押しながらスパウトを引っ張ると外れるはずです。
本体側にパッキンが有ります。それも忘れずに取替えないと漏れは直らない気がします。
その部分は分解したこと無いので、詳細はわかりません。ごめんなさい。

http://buhin.toto.co.jp/buhin_search.asp
で検索すれば分解図面が出てきます。

Q新型インフルエンザワクチンてホントに大丈夫なんでしょうか?開発されたば

新型インフルエンザワクチンてホントに大丈夫なんでしょうか?開発されたばかりの薬品て何となく怖い気がするのです…。昨年同様海外からの輸入されたものだと特に気になります。今年から地元のほとんどの病院では季節新型混合ワクチンになったようでどうしようか迷っています。

Aベストアンサー

確かに、外国製のワクチンの中に、新しいアジュバントを使ったためか、副作用の出現率が高くて問題になったのがありました(外国製は全部悪いということではありません)。一般的にアジュバントがあるとワクチン自体の効果は上がるんですが、このように、副作用も多くなってしまうことがあります。
でも、従来通りの製造方法で作られたものならアジュバントは入っていませんし、新型ウイルス自体の毒性は、散々騒がれた割には、今までのインフルエンザウイルスと変わらなかったようですので、安全性も危険性も今までのインフルエンザワクチンと大差はないと考えてよいと思います。
接種を受ける前に、アジュバントが入っているかどうか訊いてみてはいかがでしょうか。

Q免疫染色について(抗体)

免疫染色に用いる抗体において同じ物質に用いるものでも、エピトープがC末端のものとN末端のものがありますが、どのように使い分ければいいのでしょうか?ペプチドの合成系を見たいのであればC末端のものを使用すればいいのでしょうか?抗体作成をしたりするラボではないため、そもそもポリクロでこのような違いがあることが充分に理解できておりません。初歩的なことかもしれませんがどなたか教えてください。

Aベストアンサー

例えば、タンパク質の一部を削った変異体を使った実験をして、
それを検出したいというときに、N末端を削った変異体を用いているのにN末端をエピトープとして作った抗体を使うのはまずいですよね。

そんなときは、C末端をエピトープとした抗体を使います。

後、自分がある細胞に導入した一種類のcDNAから、思ったよりも小さな分子量のタンパク質ができているとN末端を認識する抗体で確認されたとします。
その時に、C末端を認識する抗体を用いて確認しても同じ分子量で確認されるのであれば、完璧に証明してわけではないですが、
「分解されて分子量が小さくなっているわけではない」と予想することはありました。

それ以外では、特に使い分けをすることはないと思います。
少なくとも私はしたことがありません。
検出できる抗体を探していて、たまたまC末端を認識する抗体ではダメで、N末端のほうは使えたということはあります、その逆もあります。
結局、使えることが重要ですので。

>ペプチドの合成系を見たいのであればC末端のものを使用すればいいのでしょうか?

経験上、作りかけのタンパク質が検出されることはないと思います。
例えば、100アミノ酸残基のタンパク質の作製途中の50残基のタンパク質や20残基のタンパク質を検出することはほとんどないです。

例えば、タンパク質の一部を削った変異体を使った実験をして、
それを検出したいというときに、N末端を削った変異体を用いているのにN末端をエピトープとして作った抗体を使うのはまずいですよね。

そんなときは、C末端をエピトープとした抗体を使います。

後、自分がある細胞に導入した一種類のcDNAから、思ったよりも小さな分子量のタンパク質ができているとN末端を認識する抗体で確認されたとします。
その時に、C末端を認識する抗体を用いて確認しても同じ分子量で確認されるのであれば、完璧に証明し...続きを読む

Q専門卒看護師です。専門看護師を目指しています

こんにちは。
看護専門学校を卒業し
今年で6年目になります。

資金が貯まったので
幼い頃からの夢だった専門看護師になりたいと考えています。そのためには大学院への進学が必須条件です。しかし、私は学士を持っていません。

そこで質問なのですが、

1.認定看護師の資格を取り院試へ臨む
2.大学へ3年次編入→学士取得の後、職場復帰をして大学院の学費を貯めながら院試へ臨む

資金的には両方同じくらい。

どちらがより現実的だと思われますか?

ちなみに、学びたいのは小児看護領域です。

ご指南お願い致します。

Aベストアンサー

あと、編入は国公立を中心に廃止の大学が増えていること、
(どちらかと言うと他学部卒を対象にした2年次編入の方が存続)
大学によっては編入は短大卒はOK、専門は不可の暗黙のルールがある所も。

まずは認定看護師を目指す方が良いのでは?


人気Q&Aランキング