専門家の皆様、学生の質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

(1)ポリオとかは、(一応)終生免疫ということで、ワクチン投与は1回ですよね。日本脳炎や黄熱病は10年おき推奨でしたっけ?これらは、ワクチンによって発生させられる抗体の持続期間が、疾病によって異なることを意味しますよね。なんで、日本脳炎の抗体は(もちろん個人差はあるでしょうが)ポリオの抗体のように長続きしないのでしょうか?

(2)インフルエンザとかだと抗原性が変わるからということで、その年に流行する抗原性を予測して、毎年打つワクチンを変えますよね。例えば今年はZZZ、来年はXXX、再来年はVVVというインフルエンザワクチンを打ったとして、ZZZ、XXX、VVVによって惹起された各抗体は、それぞれ40年、50年という期間、(次回の同一抗原侵入に対して有効なレベルで)持続すのでしょうか?メキシコ風邪に老年世代がかからないのは、数十年前の過去の感染時の免疫が残っているからだという意見が、最近一部から上がっていると思いますが、抗体と言うのはそんなに長く持続するものなのでしょうか(個人差はあると思いますが)?

(3)もし、ZZZ、XXX、VVVそれぞれによって発生させられる抗体がそれぞれ、40,50年持続するのなら、何故、ZZZ、XXX、VVVを同一のワクチンに混ぜ、同時接種できないのでしょうか。1回打てば、約150種(程度でしたっけ!?)の全てのH型N型に対応できるワクチンは何故無理なのでしょうか?僕は、毎年インフルエンザのワクチンを打たなければいけないのは、それらによって発生する抗体の寿命が、1年くらいからだと思っていました。したがって、今回の、「老年世代はメキシコ風邪に対して数十年前の古い免疫を持っているから、、、」という報道には???となりました。

(4)もう一点、前からよくわからなかった事をどさくさにまぎれて、聞いておきたいのですが、よろしいでしょうか?

【2005年現在、サルモネラ属は生物学的性状からS.entericaと S.bongoriの2菌種に分類され、さらにS.entericaは6亜種に分類される。また、血清学的には、細胞壁リポ多糖体であるO抗原と鞭毛タンパク質であるH抗原の組み合わせで2500種類以上に分類される】

例えば、この文章中にある【血清学的には、、、2500種類以上に分類される】という表現は、【抗サルモネラ抗体は、2500種類以上ある】という事と同義なのでしょうか。血清分類というのは、抗体により分類するということでしょうか?
もしサルモネラに有効なワクチンを作ろうと思ったら、2500種の抗体を誘発しうる2500種の抗原タイプを含んだワクチンを作らないといけないということでしょうか。(もっとも2500種の抗原のうち人体に有毒なものは一部でしょうけども)
ちなみに、DPTワクチンは、ジフテリア、百日咳、破傷風というバクテリアの病気に対するものだと思いますが、これらのワクチンには、それぞれ1種の抗原しか含まれていないのでしょうか。(ジフテリアに対して1種の抗原、百日咳に対して1種の抗原、破傷風に対して1種の抗原)

もしそうであるなら、サルモネラ菌との2500倍の違いと言うのは何に由来するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 獣医師でウイルスに専門知識を有します。



 まず(1)ですが、ワクチンと感染防御の関係はとても複雑です。

 まず最初に、「そのワクチンが高い抗体価を誘導できるワクチンか」という問題があります。一般的に生ワクチンは弱毒化した"生きている病原体"を接種するため、体内で増殖することによって高い抗体誘導能を示します。不活化ワクチンは体内では増殖しないため、「接種する抗原量」を増やさなければならないのですが、それでも十分な抗体誘導能が得られず、2回接種しなければならないものが多いです。

 ですが、一般論として「生ワクチンは体内で増殖するので免疫誘導能が高い」と言いますが、"体内で良く増殖する(=免疫誘導能が高い)"ことと"病原性が弱い(あるいは無い)"ことは、ある意味相反する条件です。
 体内で良く増えて抗体誘導能は高いけれど病原性はなく、ワクチンによって発症する可能性は低い、という「良いワクチン」を開発することは容易ではありません。
 ヒトではさすがにありませんが、動物用だと"けっこうな確率で発症してしまう"ワクチンも存在します。しかも水平感染までしたりするワクチンもあったりします。こうなると「ワクチン」というより"弱毒株を蔓延させて野外の強毒株を抑える"というような「毒をもって毒を制す」みたいなワクチンですよね。

 "弱毒化"は、これをすれば確実、というような技術はなく、異種細胞で培養し、ひたすら継代するというのが一般的です。例えばヒトのウイルスのワクチンを開発する際に犬の細胞でひたすら継代する、とかです。なぜ異種細胞で培養すると弱毒化するのかはよく判らないのですが(よく判らないけどこうすればこうなるんだ、みたいな話はけっこうたくさんあります)、まあ馴れたヒトの細胞より異種細胞で培養した方がウイルスが変異しやすい、というのがあるのでしょう。まったく変異しなければ異種細胞ではうまく増殖できませんから。
 で、変異が頻繁に起きればそのうち弱毒化するクローンも出現するだろう、という感じですね。

 でもその結果、異種細胞の方にワクチンウイルスは馴染んでますから、ヒトに接種した時にうまく増殖できなかったりします。そういうワクチンは「もひとつ抗体価が上がらない」ワクチンになったりします。

 もうひとつは、「感染防御にどのくらいの抗体価が必要か」と言う問題があります。これもウイルスによってかなり異なります。
 中和抗体価で言うと、1倍前後というほとんど検出限界付近の抗体価でもちゃんと感染防御できるウイルスもあれば、16-32倍では確実に感染防御できるとは限らないものもあり、極端なのになると1024倍あっても症状は軽くなるけど感染防御はほぼ無理、というものすらあります。
 これはワクチンを接種して誘導される血中抗体価と、実際に感染防御のために必要な抗体のクラスが違ったり(例えばインフルエンザワクチンによって血中IgGをどれだけ誘導しても、感染防御に必要なIgAはたいして誘導されない etc..)、自然状態で感染する時の"ウイルスの暴露量"と抗体価との関係だったり、要因はそれこそウイルス種の数ほどあります。

 私は獣医なのでヒトのワクチンについてはインフルエンザなど一部のものしか知りませんし興味もないので、ポリオや日本脳炎といった個別の理由はよく判りません。
 ご存じの方がおられればフォローして頂ければ幸いです。

 (2)です。
 病原体によっては免疫誘導能が低く、感染しても有効な抗体がテイクしなかったり時間の経過と共に消失してしまうものもあるのですが、インフルエンザに関しては基本的に「生涯免疫」のようです。
 ただインフルエンザはウイルスの方が変異するため、せっかく保持している抗体も滅多に役に立つことがないわけですが。
 まあよく考えると、インフルエンザウイルスが絶えず抗原変異を続けているということこそが、「インフルエンザの感染抗体は生涯持続する」ことを証明しているのかもしれませんね。免疫が長続きしないのなら、ウイルスの方はこれだけ激しく絶えず変異し続ける理由はないのですから。

 このスペイン風邪に対する抗体が新型に有効かも、という話はソ連型が登場した時にも同様の現象が起きています。
 アジア風邪が登場してスペイン風邪が消失したのが1957年なのですが、その後香港風邪登場時にそのアジア風邪も消え、それから1977年にH1N1が再登場しました。それが現在のソ連型です。
 この時もアジア風邪以前のインフルエンザ流行(すなわちスペイン風邪)を経験した年齢層がソ連型の感染率が低い、という現象が見られ、スペイン風邪の抗体が効いていることが確認されています。

 なので今回の話は「またか」と思ったのですが、私にはちょっと疑問が。
 ・スペイン風邪とソ連型は抗原的によく似ている
 ・スペイン風邪と今回の新型は抗原的によく似ている(という説)
 ・でも、ソ連型と今回の新型はまるきり違う(だから"新型"と認定された)
 という、ちょっとおかしな話になっているんですよね。謎ですね。
 まあ考えられるのは、ソ連型は1977年の登場以来、もう30年間流行を続けています。なので変異により、オリジナルのソ連型とはもう"まるで違うモノ"になってしまっていて、その「現ソ連型」と「新型」は抗原的にまったく違う、という話なのかなと。
 もっと詳しい話か論文を読まない限りなんとも言えませんけどね。

 ただ、ワクチンについてはそこまでの持続性はないかと思います。
 感染であれば、粘膜抗体の主役となるIgAや細胞性免疫も誘導され、免疫記憶として残るのですが、ワクチンは不活化ですから基本的に血中IgAしか誘導できません。それもそれほど高いレベルではありませんし。
    • good
    • 0

 息切れしたので改めて続きを。



 (3)ですが、例えばインフルエンザウイルスの亜型は144種(HAが16×NAが9)あるのですが、ヒトには縁のない亜型がほとんどなので、例えば現行のソ連型(H1N1)と香港型(H3N2)とB型の3種に加えて今回の新型(H1N1)と東南アジアで新型への変異が懸念されているH5N1、もうひとつ適当にH9N2の3つを加え、6種混合ワクチンを作ろう、という話に仮定してみます。

 すると、「1人分1種あたりの抗原量」を変えないとすると、ワクチン製造に係る資材(この場合は発育鶏卵)が2倍必要になります。つまり値段も2倍になる、ということです。

 それに加え、3種混合が6種と倍になり、「それぞれの抗原量」は変えないとすると、「接種する抗原の総量」も倍になります。となると、当然副反応が出る確率も増え、その症状も重くなることが懸念されます。

 それを嫌って「それぞれの抗原量」を半分にしたとします。すると接種する抗原の総量は変わらないので、副反応の確率や症状は現行と同じであることが期待できます(期待通りに運ぶ保証もないけど)。
 でも、それぞれの抗原量は半分になるわけですから、それだけ「効かない」ワクチンになるでしょう。

 というわけで、多価ワクチンを作るのは意外に難しいです。
 ヒト用だと5種くらいまであるんでしたっけ?よく知らずに書いてるのでご存じの方は訂正して頂ければ嬉しいです。
 動物用だと6種くらいまででしょうか。7種、あったかな・・?

 (4)です。

>血清分類というのは、抗体により分類するということでしょうか?

 そのとおりです。ですが、

>もしサルモネラに有効なワクチンを作ろうと思ったら、2500種の抗体を誘発しうる2500種の抗原タイプを含んだワクチンを作らないといけないということでしょうか。

 とはなりません。
 何故かというと、そのO抗原とH抗原は、感染防御に重要な抗原というわけではないからです。もちろんサルモネラ属の細菌はみんな持っている「共通抗原」というのもありますし、分類のために注目している抗原と感染防御に重要な抗原は異なることも多いです。

 インフルエンザは、HA抗原がそのまま「感染防御に重要な抗原」になるので、このHA抗原を用いてワクチンを作ります。ちなみにこのHAやNA亜型というのも「血清型」です。
 サルモネラ属のO抗原やH抗原は病原性にも関与する抗原なので、これらの抗原のワクチンが有用である可能性もあるのですが、一般論としては「血清型」は分類のために注目されている抗原であることも多々あるので、血清型が数多くあるウイルスであっても、ワクチンは共通抗原のものただ1種、ということも普通にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Jagar39さんから回答を頂戴するのは2度目です。
凄い回答をどうもありがとうございました。
自分の中であやふやであったところが、よく理解できました。
Jagar39さんの書かれた他の質問への回答記録と併せて、プリントアウトしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 百日咳のまとめページ

    百日咳とはどんな病気か  間隔の短い咳(せき)が連続して起こり、その咳が文字どおり長い期間続く病気です。 原因は何か  百日咳菌という細菌の感染によります。咳は、菌がつくる毒素によるものです。 症状の現れ方  潜伏期間は約1週間で、感染者の痰やつばから感染します。まず、普通のかぜ症状が1〜2週間続きます(カタル期)。その後、次第に間隔が短く連続して起こり、息を吸う時にヒューという音が出る特有の咳が認められるようになります(痙咳期(けいがいき))。ただし、3カ月未満の乳児では特有の咳が認められず、単に息を止めたり(無呼吸発作)、皮膚の色が悪くなったりするだけのこともあります。次第に咳が減り(回復期)、...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膠原病の疑い(抗核抗体640倍について)

20代後半女性です。
私と似通った検査結果の方で、正確な診断を受けた病院は
初めから膠原病内科であったか或いは内科であったか、
教えてください。
4月4日に、普通と違う寒気を覚え(陽気がいいのに寒気を感じる)
近くの個人病院(婦人科)に行き、血液検査をしたところ、
昨日、抗核抗体が640倍、膠原病の疑いにひっかかり、
1番近い大学病院へ紹介状を書いていただきました。
その際、先生が「(その病院の)当たりが悪かったら言って下さい。紹介状書きますので。」
と言いました。それから、本当は膠原病内科がいい、ともおっしゃっていました。
先生は近くの3つの大学病院を候補に挙げていました。個人病院の内科ではなく。
紹介状は紹介先大学病院名が書かれてあり、一般内科です。
婦人科での膠原病に関する血液検査は抗核抗体(HOMOGENEOUS)、
抗DNA抗体/RIAが2以下(基準値6.0以下)この2つのみです。
他の詳細な血液検査はこれからです。
本来なら、膠原病内科に行った方がいいのでしょうが、
折角紹介状も書いていただいたので(ネットで調べた所、リウマチ認定医がいない大学病院の内科)
そのまま膠原病かどうかの血液検査を診てもらおうと思うのですが、
膠原病疑いを指摘されたことのある皆さまは、初めから専門にいかれましたか?
一般内科に行かれましたか?
また、一般内科でもある程度の膠原病の種類は特定できるものですか?
紹介先の先生が検査結果等からして手に負えなかったら、紹介してくれそうな気がするのですが?
長文お読み頂きありがとうございます。何かアドバイスいただければと思います。
よろしくお願いします。

20代後半女性です。
私と似通った検査結果の方で、正確な診断を受けた病院は
初めから膠原病内科であったか或いは内科であったか、
教えてください。
4月4日に、普通と違う寒気を覚え(陽気がいいのに寒気を感じる)
近くの個人病院(婦人科)に行き、血液検査をしたところ、
昨日、抗核抗体が640倍、膠原病の疑いにひっかかり、
1番近い大学病院へ紹介状を書いていただきました。
その際、先生が「(その病院の)当たりが悪かったら言って下さい。紹介状書きますので。」
と言いました。それから、本当は膠原...続きを読む

Aベストアンサー

「要らん心配&カキコしている暇が有るなら その時間で病院(時間が取れるなら専門)行け」
と 言わせて貰います。 まだ体が動いて居られるから 悠長な事をしていられますが交通事故など=生きるか死ぬか= 取り敢えず輸血だけでもしなければ、病院へ着く前に死ぬ=等と言う場面でしたら どうか?

私は 間質性肺炎の疑いアリ/この地域では 瀬戸市の陶生病院が詳しいから検査して貰え』と言われたので 工場(一応 一部上場)へ伝えた所「休まれては困る=長期休転工事の時までタノマァ」とズルズル。
 結局14ヶ月・一年以上ホッタラカシでした。
幸い、軽症軽度Sー1 で”特に悪さは無し”でしたが 他の呼吸器・酸素を外せない入院患者さん達を見ていると、”もしs-4とか進行してたら?”
イザって時、どう対応するんだ? 酸素ボンベ抱えたまま抛り出されるか?  と思うと『この工場、長くは居れんなあ』 と考えるこの頃。

後の方の質問に答えますと 最近の血液検査は300項目程もDETAが取れるそうで
(普通、そこまで遣るのは手間と金が掛かるのでしない=医者からの”ココの所重点的に”の指示で 遣るようですが)
血液だけで 相当な事が判る様です。 その”DETAを読む”能力/経験を積まねば為らぬので 専門分野がどんどん分れて行くようですが
私は ”陶生で納得出来たか?”と聞かれれば 納得出来た! と、答えます。

「要らん心配&カキコしている暇が有るなら その時間で病院(時間が取れるなら専門)行け」
と 言わせて貰います。 まだ体が動いて居られるから 悠長な事をしていられますが交通事故など=生きるか死ぬか= 取り敢えず輸血だけでもしなければ、病院へ着く前に死ぬ=等と言う場面でしたら どうか?

私は 間質性肺炎の疑いアリ/この地域では 瀬戸市の陶生病院が詳しいから検査して貰え』と言われたので 工場(一応 一部上場)へ伝えた所「休まれては困る=長期休転工事の時までタノマァ」とズルズル...続きを読む

Q睡眠薬は第1種鎮痛補助薬に分類される?それとも第2種??

疼痛治療分野のお話です。

オピオイドなどと併用される睡眠薬は、第1種鎮痛補助薬に分類されるのでしょうか?
それとも、第1種or第2種には分類されないのでしょうか?

掲載されている本などがあれば、それも同時に教えてほしいです。

Aベストアンサー

うーーん、眠れない方に結果的に、オピオイドと睡眠薬(睡眠導入剤)を併用する事はあると思います。
しかしながら、鎮痛補助薬の定義(下記参照)を考えると
http://www3.coara.or.jp/~fpckanwa/study/09-shimizu.html
第1種にも第2種にも分類されないように思います。
睡眠導入剤自体が鎮痛補助の目的に使用されるのではありませんので。
第1種鎮痛補助薬には下記の物があります。
http://www3.coara.or.jp/~fpckanwa/study/09-shimizu-h2.html

第2種鎮痛補助薬に分類される薬は緩下薬や制吐薬が有り、これらはオピオイドの副作用を軽減する事で、結果的にオピオイドの使用が継続でき、鎮痛効果を得られる薬です。

逆に、オピオイドの副作用として眠気があり、睡眠導入剤は鎮痛補助薬の定義から外れるように思います。

なお、頻度は少ないのですが、オピオイドには幻覚や錯乱の副作用もありますが、睡眠導入剤では対策にはならないと思います。

Q微熱と咳と膠原病・・・ 抗核抗体160

膠原病でしょうか・・・
一ヶ月以上まえから咳がとまらず微熱が続いてました。
いまは微熱はほとんどないのえすが、先月検査をしました。
結核・癌・甲状腺の異常はなかったのですが・・・
膠原病の抗核抗体の数値は160でした。
40未満がふつうのようですが、、160は少し高いそうです。
膠原病となると千単位になるようですので、まだ分からないといわれましたが、、これってどう受け止めたらいいのでしょうか、
何かする必要はありますか・・・

Aベストアンサー

抗核抗体は正常の方でも全体の10%くらいの方は持っているそうです。
かくいう私も抗核抗体があります。
私の場合、医療系の学校に通っていて自分の血液を自分で検査していて見つけました。
その後バセドウ病という病気に罹り、初診の際にドクターに
「抗核抗体を持っている」と伝えたところ、血液検査前に「あ、じゃあほぼバセドウで決定だね」と言われました。
抗核抗体を始めから持っていると、確かに陰性の方よりも膠原病やアレルギー疾患などに
かかりやすい傾向にあると聞きましたが、あくまでもその傾向にある・・程度だと思います。
必ずかかるわけではありません。
質問者様はまだ最終的な結果が出たようではなさそうですが、
何事もないことをお祈りしています。

Qモノクローナル抗体と、ポリクローナル抗体

両者の抗体価や使用目的の違いはどんなでしょうか?大学で学ばれた方、是非お願いします。できれば製造法の違いも教えてください。

Aベストアンサー

何度かこのような質問で過去に回答させて頂きました。
説明はそこに書かれていますので、一度ご覧ください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=156226

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=179178

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=156226

Q膠原病 抗核抗体数値160

妻のことですが、先日、皮膚科にて蕁麻疹のlgE検査のついでに抗核抗体の検査をしたところIgEが510・抗核抗体の数値が40倍とでました。そこで先生の診断でIgEが高いのでジルテック錠とアンテベート軟膏・パスタロンソフトを処方されました。抗核抗体数値は女性で40は良くあるので気にしなくて良いとの事でした。しかし、膠原病のことを調べると関節がいたくなるとか、蕁麻疹がでるような症状があるとわかり、最近足の指n関節が痛いこともあり翌日整形外科に相談したところリュウマチと抗核抗体の血液検査を行いました。結果リウマチに関する白血球も正常値、CRPは0.11・RFは0 抗CCP抗体1.6 MMP-316.4(L)とでて特にリウマチの症状はないと言われました。
しかし抗核抗体のなかのHOMOGENEO160倍(基準値0~79)SPECKLED160倍 残りの6項目は問題ないと出ました。そこで相談ですこの抗核抗体の160はどうとらえたらいいのでしょうか?特に妻の症状で気になるところもありません。肝臓の数値その他一般の血液検査項目も以上値は見当たりません。しいて言えば血圧が90/60の低血圧ぐらいです。2日続けて検査した結果でかた方で40でもうかた方が160の数値の変化が良くわかりません。検査方法がちがっているのか?もしかしたら前日より飲みだした蕁麻疹のくすりが翌日の抗核抗体の数値を高くしてしまったのか?もしお分かりの方、先生や薬剤師のかたがいらっしゃればご回答下さい。膠原病が心配です。アドバイスをお願いします。(最初の皮膚科の抗核抗体の検査結果の紙には40としか書かれていなく翌日の別な病院の検査結果の紙は8項目ぐらいの抗核抗体の結果がでていました)病院と血液検査機関はまったく別です。 以上です

妻のことですが、先日、皮膚科にて蕁麻疹のlgE検査のついでに抗核抗体の検査をしたところIgEが510・抗核抗体の数値が40倍とでました。そこで先生の診断でIgEが高いのでジルテック錠とアンテベート軟膏・パスタロンソフトを処方されました。抗核抗体数値は女性で40は良くあるので気にしなくて良いとの事でした。しかし、膠原病のことを調べると関節がいたくなるとか、蕁麻疹がでるような症状があるとわかり、最近足の指n関節が痛いこともあり翌日整形外科に相談したところリュウマチと抗核抗体の血液検...続きを読む

Aベストアンサー

以前、回答した時の図をみていただければわかるかと思いますが、抗核抗体が陽性だからといってそれだけで膠原病という訳ではありません。

血を流して倒れている人がいて、そのそばに血がついているナイフと服に血がついている人が立っていたらその人を殺人者と思いますが、倒れている人もおらずナイフをもたず、ただ服に赤い血のようなものがついているだけで殺人者と思う事はないかと思います。

しかし、抗核抗体が陽性というだけで膠原病を疑うのは、服に赤い血のようなものがついているだけでその人が殺人者と思うようなものです。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4984306.html

Q▲うつ病とアルツハイマーと老年性うつ病▼

上の三つの病気の違いについて教えてください。
79歳の一人暮らしの伯母が先月アルツハイマーと診断されました。
諸般の事情で、最初に病名がついた病院から別の病院へ移ったのですが、二度目の病院ではアルツハイマー+老人性うつ病という診断でした。
現在、抗ウツ剤とアリセプトを服用しています。私自身はうつ病を何度か患っているので、その症状は身をもって知っているつもりですが、老年性うつ病は、若い人のうつ病とどこか違うのでしょうか。アルツハイマーと老年性うつ病との関係も教えてください。

Aベストアンサー

 アルツハイマー病は、進行性に脳細胞が死滅していく病気です。初期には自覚(病識)がありますが、進行すると自覚がなくなります。
 うつ病では、病識があります(&進行性疾患ではありません)。従って、うつ病の方は、自分の物忘れをとても気にされていますが、アルツハイマー病の患者さんは、物忘れをあまり気にせず、従って周囲の人達が困ることになります。
 若い方のうつ病では、仕事などのストレスが一番の誘因ではないかと思いますが、老年期のうつ病では、年をとって体が思うように動かなくなり、病気への不安・寂しさなどが大きな誘因となっているようです。
 アルツハイマー病とうつ状態が合併することも多く、アルツハイマー病が主体なのか、うつ病が主体なのか判断に迷うケースは多々あります。痴呆症の薬(=アリセプト)に反応するのか、抗うつ薬に反応するのか、進行性の有無はどうなのか・・といったことでどちらの病気なのかを判断することになります。

Q抗核抗体80倍で膠原病以外に考えられる病気

2か月程前から、体のだるさ、微熱が続いており、最近では微熱は変わらず続いていますが、体のだるさから関節痛や腰痛、首痛に変わってきました。
そこで、膠原病の疑いもあるとのことで、血液検査をしましたが、抗sm抗体(陰性)、抗DNA抗体(2.5以下)、抗核抗体(陽性で80倍)との結果がでました。
40倍未満が正常のようですが、80倍は高値ではないので、膠原病の可能性はほぼ無いと考えて良いとのことだったのですが、もしかしたら他の病気が隠れている可能性もあるとのことで、大学病院への紹介状をいただき、検査に行くことになりました(予約がとれず2週間後ですが・・・)
体調は相変わらずですが、何か他の異常があるとしたら、どんな病気の可能性があるのでしょうか?
ちなみに、その他には現在、フェリチンと血清鉄が低めです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

問診、視診、触診等の診察やその他の検査所見がなく、病気を推定する
のは困難ですが仮に年齢が中年以上なら、また、症状が朝起床時に強く、
午後になると軽くなるなどがあれば、限られた情報からの推定にすぎ
ませんので気にされては困りますが、あえてどんな疾患かというならば、
まずは一般的に考えるとリウマチ性多発筋痛症が頭に浮かびますが診察の上、
必要と思われる検査をしながら徐々に診断を絞っていく、ということに
なるのではないかと思われます。
 症状、体温、脈拍、血圧などを週に2~3回程度でも、記帳されたら診察の
参考になるかと思います。お大事にされてください。

QB型肝炎のe抗原マイナスなら感染力無し?

数年ぶりで献血したらB型e抗原+でした。半年後に再検査したらe抗原マイナスでした。この間肝炎を起こした様子は無し、「あの検査はほんとだったのかな?」と言う感じです。
家族との接触について、他人への感染の危険は無くなったのでしょうか。
血液中に居ないけど肝細胞や核の中にはまだウイルスが残ってる可能性があるのでしょうか。これはただの興味。
過去の質問や医療ページを見たのですがはっきるわからなくてアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

HBe抗原(+)は、ウイルス量が多く、感染力が強いだろう
事を意味し、HBe抗原(-)となっても、ウイルスが消えた
という証明にはなりません。

家族や他人への感染性を問題にするのであれば、HBs抗体
(抗原ではありませんので、お間違いなく)を調べる必要が
あります。

HBs抗体(+)であれば、それは感染の終結=治癒を意味します。

Q膠原病の自己抗体 SS-A抗体について

こんばんわ。
健康診断にて白血球減少症で引っかかり、今年1月から大学病院に掛かることになったのですが、
先週に膠原病の疑いから「シェーグレン症候群」でしょうとのことでした、
SLEも疑いがあるがSSの方が強いとのことでした。
口が渇いたりなど当てはまるものがあり少し落ち込んだんですが、
この際だから徹底的に調べよう!っと思うようになっています。

湿疹と甲状腺の腫れもあり、今週から皮膚科に甲状腺のエコーと内分泌糖尿内科にと検査と診察ばかりですが頑張りたいと思います。
それで血液検査の内容で疑問があるんですが、
先週の診察でシェーグレンだろうっと言われた理由が
自己抗体の抗SS-A抗体EIAの値だったんですが、私の場合は1300でした。
先生は多いとのお話でしたが、皆さんはどれぐらいなんでしょうか?
まだシェーグレン症候群に対しての詳しい検査(唾液線、ガム、涙腺検査)はまだしていません。
SS-B抗体は今週に結果が出ると思うんですが。。
人によって当然違う値ですが、ちょっと気になっています。
もしよければお返事頂けると幸いです。

こんばんわ。
健康診断にて白血球減少症で引っかかり、今年1月から大学病院に掛かることになったのですが、
先週に膠原病の疑いから「シェーグレン症候群」でしょうとのことでした、
SLEも疑いがあるがSSの方が強いとのことでした。
口が渇いたりなど当てはまるものがあり少し落ち込んだんですが、
この際だから徹底的に調べよう!っと思うようになっています。

湿疹と甲状腺の腫れもあり、今週から皮膚科に甲状腺のエコーと内分泌糖尿内科にと検査と診察ばかりですが頑張りたいと思います。
それで血液...続きを読む

Aベストアンサー

臨床検査法提要(第32版)によると

MBL社製の検査キットを使っているなら

抗Ro/SSA抗体
陰性<10、陽性>=30、(MBL社製)参考基準範囲

となっているので、ふつうのひとは10未満だと思いますが、
 検査で使用するキットメーカーによって参考基準範囲が桁違いに違う場合もあるので、担当されてる先生から参考基準範囲をお聞きになるのが、間違いないと思います

Qジスロマックはなぜ1日1錠3日間服用するだけで1週間効果が持続するのか?

初質問です。失礼がありましたら申し訳ございません。

今、大学のレポートを作成しているのですが、タイトルのことが大変気になったのでテーマを「経口抗生物質製剤ジスロマック」で作成しています。

インターネットを活用してなぜタイトルのようになるのか自分なりに調べてみたのですが、「血液中での半減期が同類種の薬に比べて長い」ということしかわかりませんでした。

もう少し詳しくなぜそうなるのかお知りの方いらっしゃいましたら是非回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

感染病巣へ集中的に移行し長時間持続するため、3日間の服薬で約7日間に渡って作用が持続します。
  http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2000/2000_06_07.html
生体内の特定の場所に薬を分布させるための仕組みをドラックデリバリーシステム(Drug Delivery System;DDS)と呼んでますが、ジスロマックの場合には、生体内の白血球を用いたDDSを利用しているというわけです。
  http://3.csx.jp/kenta_k/drugs2/123ZITHROMAC.html

 メーカーに問い合わせると良いですね.
         ファイザー株式会社お客様相談室
              フリーダイヤル : 0120-664-467
               FAX : 03-3379-3053


人気Q&Aランキング

おすすめ情報