民主党は、選挙で自公に勝ったこともなければ、結束したこともなかった。常にバラバラで、与党を批判するとブーメランのごとく自分にも返ってきて代表が次々に責任を取って辞任していたが、それが剛腕・小沢一郎が代表になってからは一部に不満の声もありながらも、参議院選挙で歴史的圧勝を遂げ、自民との大連立構想のときも分裂せずに結束できた。小沢は元自民党幹事長という経歴も活かして、かつての自民党の支持団体を吸収し、強力となっていった。

こんなに実績のある小沢一郎を鳩山代表が無視できるわけがないし、第一鳩山代表は小沢の下で働いていたわけで、それが突然代表になったからといって小沢に命令したりと、思うがままに動かせるとは到底思えません。
今回の民主党代表選も小沢一郎の強い意向で、党員・サポーターの投票は行わず、短期間で行わせて鳩山由紀夫を代表にするための「出来レース」を行った。これに反対したミスター年金こと長妻昭議員らを呼び出して叱りつけることまでした。

自らを代表にしてくださった小沢一郎に、鳩山由紀夫代表は、傀儡となって従う他ないのではないでしょうか?
皆さんはどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

御意に御座います


というよりも
最初から見え見えです
西松問題が起きたときに誰一人として小沢降ろしを公言できなかったのは民主党自体が小沢の私物を証明しています
    • good
    • 0

本質問に先行して、他社類似サイトに本質問と一字一句違わぬ質問が出ていました。

その回答は当然のことながら本質問の参考になるものと思料致しますので、参考URLを下に貼っておきます。
現在のところ回答は4件出ています。
どうぞご利用下さい(^o^)。

ヤフー知恵袋[鳩山由紀夫・民主党代表は、小沢一郎の傀儡では?]
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0

小沢前党首が西松建設献金疑惑で失態を犯さなければ彼で衆議院選挙を戦っていたわけですし、政策面で一致する部分が多ければ鳩山党首が歩む路線は変わらないでしょうが、これを以ってメディアが傀儡と表現するのは違和感がありますね。

民主党をここまで強い組織にしたのは小沢前党首の功績が大きいというのは否定できない事実でありますし、彼が党首を降りたからといって影響力まで放棄すると考える方が不自然だと思いますが、世論で民主党党首を辞めるべきという意見が多数になり、その結果衆議院選挙への影響を懸念して辞職したならば、鳩山新党首を差し置いてまで露骨な事は出来ないし、反小沢の若手議員からの反発が一層大きくなってしまうのではないかと思います。衆議院選挙までは党内のゴタゴタを表に晒す要因になる事はしないでしょう。

ともかくこの姿勢で行くのは民主党の選んだ道なので、あとは衆議院選挙で国民の審判が下るだけです。もし民主党が政権を獲った場合に首相になるであろう鳩山党首に影響力を行使した時に、初めて傀儡という言葉を使うべきだと思いますね。
    • good
    • 0

 傀儡の意味する部分が難しいですが、歴史的な意味では、


鳩山一郎(鳩山由紀夫氏の祖父)と鈴木善三郎の関係に似ているかもしれません。
 鳩山一郎氏といえば、日本を傾けた政治屋で、戦前の二大政党制を破壊し、翼賛会体制を誘導した政治犯罪者です。
 その孫が政治の表舞台に出てきていることを心配する歴史家も多いようです。

 ところで、民主党体制とは、それほど代表の権力が強いのでしょうか?根本的に、バラバラである民主党は小沢代表でも誰でも秩序維持ができない政党であって、特段、政党として注視する価値はないと思いますが・・・・

 そもそも、政党で政治を俯瞰するセンスからして、すでに国際的には過去の遺物であって、時代錯誤の政治・政局の話ばかりで見ていてくだらないとしか思えません。
 それとも、日本の有権者は議員個人ではなく、所属政党で投票するのでしょうか?
 議員個人の公約も精査せず、政党公約だけで投票するなら比例代表でいいでしょうが、政党が比例代表選出議員を管理できない状況は日本だけの話だと聞きます。
 そもそも、政党助成法・政治資金規正法から日本の政党政治は補助・助成されながらも一向に成熟しません。そこから問題意識を持つべきだと思うのですが、日本は三流政治だから仕方ないでしょう。
    • good
    • 0

 今回の民主の人事は単なる席替えです。


おろかな国民を騙すための席替えで、中身には違いはありません
「鳩山由紀夫・民主党代表は、小沢一郎の傀儡」の回答画像2
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング