たとえば、新型インフルエンザに感染したが、発症しなかった、
もしくはごく軽い症状(少しだるいな、喉が痛いな)ぐらいで
済んだ場合、これはいいこと?なのでしょうか。
知らない間に免疫がついた、ウィルスは体内で死滅なのでしょうか。
それとも体内のどこかに残っていて、体が弱った時などに発症する
のでしょうか。
ご存知の方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 今回の新型インフルエンザは、「症状が非常に軽微」というわけではありませんよ。

これまでに発症した人は高熱も出ていますし、発見から治療までが早いので今のところ重症化例はありませんが、発見のタイミングが遅れると重症化率が高くなる可能性はありますよ。
 ロンドン大学が行った「致死率0.4%」という推測はまだ修正はされていません。この致死率がもし正しければ、季節性インフルエンザの20倍ほどの致死率になります。

 今はまだ国内発生初期で疑わしい症例の検査→確定までが早いのでタミフルの投与なども適切に行うことができていますが、蔓延期に入ると医療機関にかかる時期が遅れる人や診断時期のズレなどによって「タミフルの有効期間(発症から48時間以内と言われています)」を逃してしまう症例が頻発する可能性があります。その時に、今回の新型の"正味の病原性"が判ってくるだろうと。

>済んだ場合、これはいいこと?なのでしょうか。

 良いことでしょう。発症するよりしない方が、本人にとっては良いに決まってます。ま、ただ、知らない間に「他人に感染させていた」人数は発症した時と比較してどうしても多くなるでしょうから、周囲の人にとってはある意味迷惑かもしれませんが・・・

>知らない間に免疫がついた、ウィルスは体内で死滅なのでしょうか

 そのとおりです。

>それとも体内のどこかに残っていて、体が弱った時などに発症する

 インフルエンザはそのようなことはありません。
 発症しようがしまいが、感染すれば抗体が産生され、ウイルスは体内から排除されます。

 体内のどこかに残っていて、身体が弱った時などのある条件下で発症したりする病原体はいくつもありますが、そのためには特別な"システム"が病原体側に必要です。
 例えば三叉神経節等の"免疫系の攻撃が届きにくい部位"に潜むウイルス(ヘルペスウイルス)、感染した細胞の遺伝子に自らの遺伝子を組み込んでしまうウイルス(HIV等のレトロウイルス)、胎児期の特定の時期に母体を通して感染したためにウイルスを"非自己"と認識できなくなる事による持続感染、免疫系に攻撃されてマクロファージ等の食細胞に食われてしまうがその中で生きている細菌(サルモネラ等)、etc..

 インフルエンザウイルスはそのような器用なマネはできませんので、素直に感染→免疫系の攻撃→排除、という感染環を持ちます。

 まあ、「知らないうちに免疫が付いた」のは確かですが、新型の方が変異すれば、また感染するかもしれませんけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく書いていただき、よく分かりました。
新型インフルエンザにかかっても、変異した新型インフルエンザ
にはまたかかる可能性があるのですね。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 12:51

今回の新型インフルエンザは症状が非常に軽微です。


それに加えて「体力はあるがウィルス免疫が低い若者」への感染が多いため、症状軽く、発症期間が短いものと考えられます。

>済んだ場合、これはいいこと?なのでしょうか。
>知らない間に免疫がついた、ウィルスは体内で死滅なのでしょうか。
これは一人ひとり違う結果が出るでしょうし、何をもって「良いこと」と定義するかによりますよね。
ウィルスは、潜伏~発症までは「弱ったとき(免疫が下がったとき)」などの限定的にはできません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

今回質問して、すっきりよく分かりました。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 12:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検査せずインフルエンザと診断ってあり??

息子(兄)が高熱で検査したところ、インフルエンザにかかっていました。
翌日には娘(妹)が高熱出しました。
座薬したところ、平熱に下がったのですが、念のため、娘も検査してもらおうと病院に行くと、医師がこんなことを言っていました。
「昨日兄がインフルエンザにかかっているので、妹にもインフルエンザに掛かっている可能性あります。」
インフルエンザかどうか検査せず、インフルエンザと診断し、薬を出されました。
ちゃんと検査お願いしますと言ったにも関わらず、
「兄がインフルエンザだから妹もそうに決まってる。」
いい加減な診断だと思うのは私だけですか?
もしインフルエンザじゃなかったら渡された薬を飲むのはあまりにきけんじゃありませんか??

Aベストアンサー

病歴を聞き、家族の感染状況を聴取し、診断する。普通は無駄な検査もせず診断できれば名医といわれるんですが、いい加減な診断といわれるんですね。難しい時代です。
さて、厚生労働省は新型インフルエンザの診療において、電話での診察で薬を処方して良いことを医療機関に通達しています。つまり、検査などしなくても、症状や病歴がそれらしければインフルエンザと診断してよいということです。病院で感染を広げることを予防しようという意図だと思いますが、質問者さんが受けた診療と大して変わりありません。
決していい加減な診断ではないと思いますよ。薬をきちんと飲ませてあげて下さい。

Q溶連菌はいつ死滅しますか?

溶連菌感染症にかかってしまいました。 抗生剤を内服しだしてどのくらいの日数で菌が死滅するのか,ご存知の方教えてください。 医師からは7日分の処方がありました

Aベストアンサー

常在菌なので死滅はしません。

7日間飲むことで合併症のリスクが下がります。

Qインフルエンザの検査って?

1月29日の夕方から熱がでて、娘がその前の日に熱をだしていたので「うつったんだな」と思っていました。
娘も私も38度ぐらいだったのですが、
日曜日も熱がでたので月曜日にインフルエンザの
検査をしておこうと思い、病院で調べました。
検査は長い綿棒のようなもので、鼻の中をこちょこちょとやる検査です。
結果は私がインフルエンザBで娘は違いました。てっきり娘からうつったものだと思っていたので「えっ?」てかんじでした。そしてやっと私の症状がよくなってきたなと思ったら、昨晩主人が熱を出し、今日検査をしたら
インフルエンザではないという事でした。
でも、鼻からの検査ではインフルエンザがでないことも
あるのでと言ってインフルエンザの薬もだしてくれたそうです。
主人の行った病院は私と娘が行った病院と、
違う病院です。
長くなりましたが、鼻の検査ではインフルエンザがでない
場合もあるのですか?
もし、そうだとすると娘もインフルエンザだったかも
しれないってことでしょうか?

Aベストアンサー

インフルエンザの検査は現在は大部簡便になっています。 しかし、患者さんからの検査材料の採取の仕方で結果に大差が生じます。
インフルエンザの検査で一番陽性に出やすい時期は
発熱二日目です。家族の一人が陽性で他の家族も似たような症状で「陰性」の場合は技術が一番関係するものと思われます。また鼻腔が狭い患者の場合 綿棒を奥まで入れないため陰性になる可能性もあります。

Qインフルエンザはどのように体内から消滅する?

病院でインフルエンザと診断していただき、タミフルカプセル75を頂きました
投薬&安静3日目なのですが、熱が安定しないので質問させて下さい

タミフルはウィルスの働きを抑えるまでも死滅させないと聞いたのですが、
ではインフルエンザはどのように体内から消滅するのですか?

尿や汗などから出る?
完治のための補助になるような食事(栄養素)はある?

Aベストアンサー

 獣医師でウイルスに専門知識を有する者です。

 「タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬剤で、死滅させるわけではない」というのは、それはそのとおりなのですが、そもそもウイルスは"増殖以外の生命活動をしない"微生物ですから、増殖しないウイルスを「死滅していない」と言えるのかは疑問です。死滅させるのと本質的に同じ効果を持つと考えても良いような気はします。

 で、最終的なウイルスの末路ですが、正確にはタミフルは細胞内で増殖したウイルスが(インフルエンザに限らず全てのウイルスは細胞内でのみ増殖可能です)、細胞の外に出ることを阻害する薬剤です。
 つまりタミフルがうまく効いた状態では、ウイルスは細胞内に極めて多数存在しているわけですが(細胞内での増殖は続いている)、細胞から外に出ることができないため、次の細胞に感染することが不可能な状態なわけです。閉じこめられているわけですね。

 そういう状態でしたら、マクロファージなどの食細胞がやってきて、そのウイルスが閉じこめられた細胞ごと食ってしまって終わり、です。

 あとは栄養をつけてゆっくり寝ていれば治癒も早くなるでしょう。

 そもそもウイルスに対して「殺す」という言葉自体があまり意味があるとも思えません。
 細菌でしたら増殖を抑えても代謝活動はしているわけですし、毒素だって出すかもしれませんが、ウイルスは増殖以外の生命活動をしませんから、増殖をしないウイルスはもはや「生命」とは呼べない状態です。
 それって「殺した」と言っても良いような気がするんですけどね。

 ちなみに体外では消毒薬で「ウイルスを殺す」という言い方をしますが、これは正確には「感染能を失わせる」ことを指しています。細胞に感染できなくなったウイルスは増殖することができませんから、ここでは「殺した」と表現していたりするわけです。その感染能を失わせるということは、極めて単純にウイルスの構造蛋白を物理的に壊しているだけの話です。ウイルスが細胞に侵入するには、細胞の「鍵穴」に対する「鍵」が必要ですから、物理的にその「鍵」を壊してやれば、ウイルスは感染能を失うわけです。

 体内でそんな薬剤を使えば、「鍵」と同時に「鍵穴」まで壊れてしまいます。つまり細胞が壊れてしまうので、ウイルスと共に身体にも多大なダメージを与えてしまいます。まあ消毒薬を体内に注入すれば、その人は悪くすると死んでしまいます。
 なので「抗ウイルス薬」というのは、
1.ウイルスが細胞に侵入する
2.細胞内でウイルスが自己複製をする
 a.ウイルス遺伝子の複写
 b.ウイルス遺伝子の転写によるウイルス粒子の複製
3.増殖したウイルスが細胞から出て次の細胞に感染する
 この行程のどこかを阻害してやるわけです。
 それらはたいてい、ウイルス独自の酵素を阻害するような薬剤になりますから、抗生物質のような広い範囲の細菌に効くようなものではなく、ウイルスと薬剤は1対1の関係になることが多いです。
 タミフルは3の行程に関与するノイラミニダーゼというインフルエンザウイルスが持つ酵素を阻害する薬剤です。この酵素を持つのはインフルエンザウイルスAとBだけですので、これ以外のウイルスには効かない、というわけです。

 ま、繰り返しになりますが、ウイルスはこの1-3の行程を完遂できて初めて「生命」と呼べるので(それ以外の"生命"としての活動をしていない)、これを阻害するタミフルが「インフルエンザウイルスを殺すわけではない」と言われているのは、少し違和感があります。
 「インフルエンザウイルスは低温・乾燥の状態で活発化する」などという「科学的に非常に不正確な」記述は気にしないのに(保健所などの公的機関のサイトでもよく見かける)、こんなところだけやけに正確になるのはどうしてなんでしょうかね?
 (厳密に言えば細胞内でウイルスは増殖しているので、「殺しはしない」は間違っちゃいないが・・・)

 獣医師でウイルスに専門知識を有する者です。

 「タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬剤で、死滅させるわけではない」というのは、それはそのとおりなのですが、そもそもウイルスは"増殖以外の生命活動をしない"微生物ですから、増殖しないウイルスを「死滅していない」と言えるのかは疑問です。死滅させるのと本質的に同じ効果を持つと考えても良いような気はします。

 で、最終的なウイルスの末路ですが、正確にはタミフルは細胞内で増殖したウイルスが(インフルエンザに限らず全てのウ...続きを読む

Qインフルエンザと血液検査

よろしくお願いします。中学生の息子が発熱し,昨日インフルエンザ検査を受けましたが陰性でした。まだ早かったかもしれません。それから熱が上がり症状が辛そうになってきたので、今日も検査をしたらまた陰性でした。そこで血液検査をしたら炎症反応が高いのに、白血球の数値は正常なので、二度陰性だったけれどインフルエンザだろうとの事でリレンザを処方されました。
先生が仰るには、新型インフルエンザの検査(キット)は陽性と出ない事がよくある、陰性だからインフルエンザではないと言い切れない、だから血液検査で判断します。との事。どこもそうなんでしょうか?同じように陰性→血液検査→インフルエンザ判定された方がいたらお話聞かせて下さい。あまり関係ないかと思いますが、息子はアレルギー(喘息と鼻炎)体質です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インフルエンザの初期なら、白血球がもう少し低くなってもいいような気がしますが、こんなもんかもしれませんね。

白血球が正常なのにCRPが高くなる病気というと、ウィルス感染が一番考えられますが、ほかにもいくつかそういう病気があります。
それは、血液検査の結果だけではなくて、病歴や症状などをもとに、医者が診察して初めて判断できるものです。

ですから、この血液検査の結果だけでは、はっきりとしたことを言うことはできません。
ウィルス感染を疑うことはできますが、それがただの風邪なのかインフルエンザなのか、それはこれだけでは分かりませんね。
まあ2日続けてインフルエンザが陰性だということは、通常は風邪だと判断しそうなものですが、直接診察した医者の言うことを信じるのが一番なんじゃないでしょうか。

Q日本国内でのインフルエンザ発症の季節はいつですか?

こんにちは。
先日、短期留学する後輩に「インフルエンザとか体に気を付けて」と言ったところ、「インフルエンザならもう2週間ぐらい前に罹ったので大丈夫です」と返事されました。本人の言葉をそのまま受け止めれば11月初頭にはインフルエンザにかかった、ということになります。罹っていたとして、その間、後輩は休まず通勤していました。
これまで、インフルエンザウイルスは、年末年始ぐらいに原発地(?)に里帰りをした人々を介して大陸から渡って来るものだと思い込んでいたものだから、11月という早期の発症に驚きました。また、休まなかったことにも驚きました。
そこで、質問です。
1)現在(21世紀型?)のインフルエンザウイルス流行時期はいつ頃ですか?
2)出勤先の人々は予防接種していないのですが、インフルエンザにかかっていて休まず出勤していても、あるいは遅刻、早退という形でも出ても大丈夫なのでしょうか?

いつの間にかインフルエンザに対する認識が時代遅れになっていたのかも、と思い質問してみました。

Aベストアンサー

1)流行時期はこれからですね。年明けがピークでたいていが例年は年度末に終息します。今年のワクチンはHAですね。受けておいた方が良いと思います。

2)インフルエンザはただのカゼだと思っている人も多いのですが、感染力が非常に強く『学校届出伝染病2種』に指定されています。解熱後2日は登校させられない…
それから考えるとインフルエンザで頑張るというのは…有給取れないとか色々あるでしょうが本当はダメですよ。

Q病院でインフルエンザの検査をしたら陰性でした。 次の日も病院で検査をしましたが、また陰性でしたので血

病院でインフルエンザの検査をしたら陰性でした。
次の日も病院で検査をしましたが、また陰性でしたので血液検査をしたら血液反応がインフルエンザの症状だと言われてタミフルを処方されました。でもインフルエンザ確定ではないみたいです。
こんな事ってあるんですか?

Aベストアンサー

あると思いますよ!
タミフルは、予防的に症状が出る前にも飲む薬なので!
インフルエンザの検査は発症してからでないと反応しないので充分にありえます!

Q菌は体内でも死なないの?

TV放送で聞き流していましたので何の番組か判らないのですがインフルエンザか風邪の菌は低温、乾燥が好きで湿度50%以上で死滅すると言っていました。では何故人の体内に入っても菌は死滅しないのですか?今、風邪の菌と戦っていたらこの疑問が浮かんできました。

Aベストアンサー

風邪のウイルスは、低温と乾燥の場所が好きというのではなく。
その条件下でしばらく生きていくことが可能であると言ったほうが
適切じゃないでしょうか。
じゃぁ好きな場所といえばやはり、人や動物の体内だと思います。

つまりウイルスは低温と乾燥では、栄養とかも得られないので
短期間生きてるだけが精一杯で、活動したり仲間を増やすことが
できないのです。
そういう意味では、ある程度の高い温度と湿度もウイルスは
好きなのでしょうね(^^

<結論>
ウイルスはなるべく空気中には居たくないと思いますよ。
早く人の体内に入り込んで、おいしそうな細胞を見つけては
活動したいのだと思います。

kikitarouさんも風邪ですか?・・おだいじにぃ(^0^)/
 ・・・って、わたしも風邪~(>。<)))

Q新型インフルエンザの検査

月曜の夕方から37.8度の熱が出ました。
火曜に病院にいって薬を処方してもらいましたが、夜に38.8度になりもう一度病院にいきインフルエンザ検査と点滴をしました。
そして水曜は熱は下がりましたが喉の痛みと咳が出ます。

AとBのインフルエンザ検査はしました(結果は陰性)が、
新型の検査はしてません。
これは新型インフルエンザの可能性はあるのでしょうか?
今は比較的楽で、家で洗濯や食器洗いが出来ます。
念のために今日も会社を休もうと思っています。
新型インフルエンザの検査を受けたほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

インフルエンザの簡易検査は完ぺきではありません。
(鼻粘膜からの採取の仕方や時期によって変わります)
従って陰性であったからインフルエンザではないという事ではありません。

新型も季節性も検査は同じです。
ですから、新型インフルの検査を再度受けられる必要はありません。

風邪にしろインフルエンザにしろ、発熱や倦怠感があれば仕事はお休みされる方が、御自身のためにも周囲への感染拡大防止の為にも必要です。
どうぞお大事になさって下さい。

Qインフルエンザ 発症していない人から感染しますか?

様々なサイトに「インフルエンザウィルスに感染しても、免疫があったり体力があれば発症しないこともある」と書かれています。
例えば、感染はしているものの、その本人に免疫や抵抗力がある為に発症していない場合、その人から他の人へウィルスが感染することはあるのでしょうか?発症していなくてもウィルスが体内にあるわけですから、咳払いや埃によるクシャミなどで飛沫感染の可能性はあるように思えるのですが…。
このような場合、本人には自覚症状がないので、普通に外出し他の人にうつす可能性もあれば、ひょっとしたら性交渉等でパートナーへうつしてしまう可能性もあるということなのでしょうか?

Aベストアンサー

インフルエンザはじめ風邪類は性交渉自体では感染しません
飛沫感染と言って痰や咳などでウイルスが飛ばなければ感染しないですただ性交中に咳などで感染することは有りますので注意してください
質問の発症していない人から感染するかとの質問ですがあり得ます
特に治る途中の人からは一番感染しやすいので注意が必要です
感染していても発症していない人の事を、保菌者と言いますが、症状が出ていないからと安心していると移されるので注意してください
ちょっとでも可能性が有ったら、病院で検査してくするを貰う事です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報