不動産屋の友達AにBが一億円を借用書なしに貸しました。(銀行振込)

友達Aは土地を買って一億円以上で売れていたのに返しませんでした。
その間Bは返済に対してあまり言わずほぼほったらかしの状態でした。

さらに一億円以上で土地を売った後、商売がうまくいかないので、もう少し土地を買うために金を貸して欲しいと言って金を借りに来ました。(これは明らかにお金を引っ張るだけの嘘なのです。後で貸した金で
 土地は買っていません。)

2年経って、Bはお金の返済に対して友達Aに聞くと、土地は売れて金はもう無いと言われました。(ここで初めて騙されたと分かりました)
無いと言われても1億以上の金をAに何に使ったんだと聞くとAは無いの一点張りで使い道を言いません。

Aの通帳を見ると100万の現金引き下しが145回ありました。
Bは借用書も取らず返済に対してもあまり管理していませんでした。
(友達と言うことで信じていました)

Bの落ち度もかなりあると思いますが、これは詐欺として立証できるのでしょうか?
Aが返す意思はあると言ったら詐欺にはならないのでしょうか?

ご教授ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

詐欺の故意、つまり相手を騙して金品を交付させよう、という意思は被害者や捜査機関でもなかなか立証の難しいものなのです。



例えばBが金を受け取る前後に周囲に「Aを騙して金を出させる」とか、「この金は最初から返すつもりもない」とでも話していれば、詐欺の故意の立証になる可能性はあります。

被害届を警察に出すことが先決です。また期限を定めていない金銭消費貸借契約の場合では、AはBに対して1週間程度の猶予期間をおけばいつでも返還請求が出来ます(民法591条)。

つまり「今この場で耳を揃えて払え」ではダメですが、「一週間後の金曜日に弁済しろ」と請求が出来ます。それで弁済が実行されなければ、Bに対して貸し金の返還請求訴訟(当然、民事事件です)を起こすことですね。Bは「いや、あれは金の貸し借りではなく、自分への贈与だった」なんて言い出すかもしれませんが、その場合は贈与であるとの証明はBがしなければなりません。ま、他人に1億円もの贈与をするとは裁判官も認めないでしょうけど。

早めに弁護士に相談をなさって下さい。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

弁護士には刑事訴訟で行こうと思っています。
友達として、してあげた行為に対してこのようにされ二ヵ月間、色々な返済方法を提示しましたが、金は無いの一点張りで全く返す気が無いので、悔しいですが金は諦めて、徹底的に刑事罰で償ってもらおうと決心しました。

億の金なので刑事告訴をすればこのような場合でも刑事は動いてくれるのでしょうか?

補足日時:2009/05/25 19:52
    • good
    • 0

>Aが返す意思はあると言ったら詐欺にはならないのでしょうか?


 
概ねそのとおりです。

払う、払う、といっている間は民事ですから警察もなかなか付き合って
はくれません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
説明不足でもうしわけありませんが刑事訴訟で意向と思っています。

友達としてしてあげた行為に対してこのようにされ二ヵ月色々な返済方法を提示しましたが全く返す気が無いのでもう金は諦めて、徹底的に刑事罰で償ってもらおうと決心しました。

補足日時:2009/05/25 19:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q詐欺について

詐欺の種類、詐欺について知っていること、実際に詐欺の被害にあった体験など全て教えてください。

Aベストアンサー

詐欺師には、人を騙して金銭を巻き上げる白鷺、異性を餌とし、心と体を弄ぶ赤鷺、人を喰わずシロサギ、アカサギのみを喰らう黒鷺がいる。

あまりにも有名なスピリッツ連載中の「クロサギ」の台詞ですが実際に見ることができるのは白鷺と赤鷺でしょう。

寸借詐欺、結婚詐欺、内職詐欺、美術品詐欺、投資詐欺、マルチ詐欺、宗教詐欺、不動産詐欺、教育詐欺、オレオレ詐欺、還付金詐欺・・・。

おおよそビジネスと名のつくもの全てに詐欺があります。

詐欺の被害・・・友人が誰かさんに御輿にされて社長という名の詐欺師になっていた時、本人は私を騙す結果になる事も分かってないだろうなと思いながら30万ほど渡したのが被害と言えば被害かな。(笑)
数ヵ月後に案の定、友人は新聞に載って裏にいたはずの誰かさんはいなくなってしまってましたが。。。
ちなみにこの友人とは出所後も仲良くしてます。
友人からの「楽して儲かる話」「必ず返すという借金」はお金渡す時点で「騙されてるな」と自覚しますので私にとっては詐欺ではありません。

個人的には高齢者を狙った詐欺には憤りを感じます。
どうせやるなら誰に対しても最初から斜めに見る私のような猜疑心を持ったひねくれ者を騙されたと気づかないくらいに騙してみろって言いたくなります。

と言いつつ子どもを使った募金詐欺になら結構やられてるカモ。(笑)

詐欺師には、人を騙して金銭を巻き上げる白鷺、異性を餌とし、心と体を弄ぶ赤鷺、人を喰わずシロサギ、アカサギのみを喰らう黒鷺がいる。

あまりにも有名なスピリッツ連載中の「クロサギ」の台詞ですが実際に見ることができるのは白鷺と赤鷺でしょう。

寸借詐欺、結婚詐欺、内職詐欺、美術品詐欺、投資詐欺、マルチ詐欺、宗教詐欺、不動産詐欺、教育詐欺、オレオレ詐欺、還付金詐欺・・・。

おおよそビジネスと名のつくもの全てに詐欺があります。

詐欺の被害・・・友人が誰かさんに御輿にされて社長...続きを読む

Q貸した金銭が返済されません、借用書もあります。どうすれば?

友人に250万円の金銭を平成20年3月24日に貸付けました。

当然、専門家に「金銭貸借の契約書を作製し、あります」

契約書には民事訴訟を起こす場合、東京簡易裁判所になっています。

訴訟を考えていますが、
債務者は、無職、一切の財産、差押える品などありません、無一文です。

この場合、訴訟を起こした場合、当然、裁判では勝訴するとおもいますが、
肝心の差押えする物がありません、
この場合、お金のない人からは返済は無理ですので
いくら、裁判所で支払い判決が下された場合でも
何も返済されず、泣き寝入りになってしまうのでしょうか?

(1)判決で支払い判決が確定しても、取立てる、財産、品物、給料は一切ないので泣寝入りでしょうか?

(2)民事ですから刑事事件と違い、泣寝入りでしょうか?

(3)強制執行とは、「差押え」の一部なのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

東京地方裁判所に提訴する場合、訴状を作らないといけません。相談者様が作れれば問題ありません。しかし司法書士のアドバイスを受ければ10万円程度はかかります。訴状に貼る印紙代(2万円程度)や切手代金(1万円弱)も裁判所に最初に納めます。

そして仮に勝訴して強制執行。強制執行するにもお金がかかります。具体的に財産が無ければ空振りです。

結局のところ、【お金の無い人間】と【支払う気の無い人間】からお金を回収するのは不可能ということです。

Qなぜ詐欺が増えていますか?

一昔前なら結婚詐欺
最近は振り込め詐欺や還付金詐欺、警察を名乗り大金を
だまし取るなどあらゆる手口の詐欺が横行していますが
そんなに頭が働くなら別の方面で生かせばいいのにと
思いませんか?


何故に日本は色々な種類の詐欺が横行していますか?
わかる方がいれば、お願いします。

Aベストアンサー

いろんな観点からの意見が出てくると思いますので・・・
逆に
>あらゆる手口の詐欺が横行
何故、成立するのか? これだけ世間でヤカマシク・・・!
銀行窓口のギリギリまで、呼びかけているのに・・・何故?

この辺も、高齢被害者(増加)の風化した律儀とか世間体を
気にする潜在的な思考の供給パイが増えているからな
のでしょうね。
実際に有った笑い話(笑ってはいけない)ですが、非常時に
「救急車!救急車!119って何番に掛ければいいの?!」って
息子が相談を受けた。 とか、今回と余り関係ありませんが
小学生でも目の前に溺れている友達を尻目に自宅へ帰って
119通報した!とか、、、
全てが行政や教育現場の行事ごとで済ませ、実践的な
シュミレーションを行っていないのが原因だと思います。

こんな対象者がいる限り、「やってみようか?」と旗を振る
ヤカラは後を絶たないと思います。

QA(私)の土地にA1/2とB1/2(義姉)の家がある。築30年以上経っ

A(私)の土地にA1/2とB1/2(義姉)の家がある。築30年以上経っている。今、空き家だが、Aの駐車場にしたい。家の固定資産評価額は250万なので、1/2位の150万円で名義を変えたいと思っている。だが、どうも不服のようだ。家を建てる時に、Bは600万円を支払ったので、それを欲しいと言っている。Aは減価償却があるので、そんな無茶なことを言っても世の中は通らないよと話してあるのだが。いくらが相場か。また、Bがゆずらない場合は、借地料が取れるのか。その他、良い解決策は無いであろうか。

Aベストアンサー

補足をいただきましたので。
昨年の母親の相続では公正証書遺言で、母の持分すべて質問者の名義にしてしまったことに不満を持っていると言う事が想像できます。

・相続部分の話では、亡兄は親より先に死亡しているので、兄の子たちに相続権、遺留分があったのでしょう。
不動産の価値がいくらかわかりませんけど、相続登記の内容にはその子たちも合意したということですね。
そのときにいくらかの金銭で清算しているのなら話は別ですが、このような話になるからにはそこは解決できずに登記をしたと言う事かと思われます。
公正証書遺言を作成したと言うところに、すでに出て行った義理姉側には遺産の分け目は渡したくないという意思が働いています。

前の回答では家を取り壊して賃貸用の駐車場にするような感じで書きましたが、個人用の使用になるのなら土地からの果実は無いわけです。
なにより義理姉とはいえ複雑な名義から解放されたいと考えるのが普通です。
その理由としての駐車場にするために建物取り壊しというのもありかなと考えます。

・持分部分だけの話をすれば、築35年にもなれば木造住宅なら耐用年数は超えていますので、取り壊し費用と相殺すると価値はありません。
ところが固定資産税台帳では0にはなりません。
今それなりの価格で買い取るとしても、そこには将来の取り壊し費用の半分も考慮に入れた金額になることは主張してよいでしょう。

補足をいただきましたので。
昨年の母親の相続では公正証書遺言で、母の持分すべて質問者の名義にしてしまったことに不満を持っていると言う事が想像できます。

・相続部分の話では、亡兄は親より先に死亡しているので、兄の子たちに相続権、遺留分があったのでしょう。
不動産の価値がいくらかわかりませんけど、相続登記の内容にはその子たちも合意したということですね。
そのときにいくらかの金銭で清算しているのなら話は別ですが、このような話になるからにはそこは解決できずに登記をしたと言う事か...続きを読む

Q海外投資でもし詐欺に合ってしまった場合、どこに相談すればよいですか?

海外投資でもし詐欺に合ってしまった場合、どこに相談すればよいですか?

まだ『詐欺』と決まったわけではありませんが、もしそうだった場合のことを考えています。
投資の種類は私募ファンドで、オフショアバンクで資金を動かしています。
費用はなるべく掛けたくありませんが、それよりも解決することを重視しています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>私募ファンドで、オフショアバンクで資金を動かしています。
これだけで、怪しさ最高ですね。

ファンド契約時に代理店(仲介業者)を通しましたか?(日本、海外問わず)
この代理店とは、現在も連絡取れていますか?
取れていなければ、もう詐欺確定でいいと思います。

一応、警察に被害届出すべきかとは思いますが、民事不介入で届出すら受け取ってくれないかも知れません。

確定申告時に契約時の資料、ステートメントを税務署に出せば、損金で控除できるかもしれません。
ただし、税務署自体が海外投資&オフショアファンドとは犬猿の仲なので、認めてくれないかもしれません。
投資した資産はあきらめることで、解決すべきです。そうすれば費用も発生しません。

Q土地を貸すか土地に建物を建てて貸すか

よろしくお願いします。
不動産活用のことでお聞きします。
土地を他人に貸して相手がその建物に建物を建てるか、土地に自分で建物を建てそれを貸すという2ケースで双方のメリット、デメリットをお教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おもなメリット、デメリットは以下のようなものだと思います。

●土地を貸した場合:
・いったん貸すと、売却が難しくなる。
・他人所有の建物がたったら、それを自分で買い取らない限り、再び自由に利用できないと考えるべき。
・借地権が発生するので資産価値が下がる(その分、現金が手元に入る。)

メリット
・資産価値が下がるので相続税が軽減される。(ただし土地を貸した時点で権利金を受け取ると、そこで課税されてしまう。現金より不動産で相続させたほうが税金は安い)


●自分で建物をたてた場合:
デメリット
・建物にテナントが入らない場合など、投資資金が回収できるとは限らない。
・建物の地震による倒壊、火災、老朽化などのリスクを背負い込む。
・メンテナンスやテナント募集などが大変。管理会社に任せると、自分の取り分は減る。
・例えば60年償却の建物でも、60年もつわけではないので、実際よりも償却が遅くなってしまう。

メリット
・自由に売却できる。(テナントが入居したままでも可。)
・発展している土地なら、土地だけ貸すよりも投資利回りが高い。

借地権には、地上権と賃貸借によるものとがあります。地上権は登記でき、所有権に準ずる強力な権利です。
しかし、賃貸借契約による借地権も、これはこれで虚力な権利です。底地権者と借地権者の、相続税課税評価上の持ち分(更地の価値に対して)は、市街地では2:8ぐらい、純農地では5:5もありますが、借地権者のほうが強いと思っておくべきです。
仮に2:8の地域なら、furui-shiroさんの資産の8割を借地人に渡すのと同じことになりますね。
ですから、土地を売るのと同じようなもの、と考えておく必要があります。

借地人は、借地権の代金としてまとまった金額を支払いますが、××年後に無償で借地権を返還するといった契約を結ぶこともあります。
また借地権料を払わず、毎年の地代を高額にして、埋め合わせるやり方もあります。
定期借地は、例えば50年後に更地にして返すという契約です。
この場合は底地権者の権利がはっきりしているので、定借契約を結んだあとも、底地を売却しやすいと思います。

その場合、借地人がfurui-shiroさんの底地に保証金の担保を設定することになると思いますが、furui-shiroさんも借地人所有の建物に地代の担保を根抵当で設定しておくといいと思います。(この点は話し合いですが。)
アパートのテナントと違って、土地の賃貸借は簡単には解除できないので、契約書の文言には十分に注意してください。
また、支払いが滞った場合のことを考え、公正証書にしておかれると安心です。

将来のインフレを考えるなら、例えば地代は固定資産税の××%と決めておき、「将来の税制改正によって、土地の時価に対する固定資産税の実効税率が変わった場合には……の方法で調整する」といった条項を入れておくといいでしょう。
固定資産税はちかぢか引き下げられる可能性が高いからです。
何年おきに契約更改、といったやり方だと、そのたびに交渉で大変です。借り主が法人だと手ごわいし。


どちらの選択肢を選ぶにせよ、土地柄や人口増加率、需給動向、その土地のある路線の借地権割合など、さまざまな観点から慎重に検討なさることをお勧めします。

おもなメリット、デメリットは以下のようなものだと思います。

●土地を貸した場合:
・いったん貸すと、売却が難しくなる。
・他人所有の建物がたったら、それを自分で買い取らない限り、再び自由に利用できないと考えるべき。
・借地権が発生するので資産価値が下がる(その分、現金が手元に入る。)

メリット
・資産価値が下がるので相続税が軽減される。(ただし土地を貸した時点で権利金を受け取ると、そこで課税されてしまう。現金より不動産で相続させたほうが税金は安い)


●自分で建物をた...続きを読む

Q電話勧誘の種類

家にときどき電話で営業がかかってきます。
はっきり言って迷惑ですが、この電話の勧誘はどのくらいの割合で詐欺があるのですか?
またどのような割合で悪質な種類の電話勧誘があるのでしょうか?
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

電話で勧誘してくるのはほぼ悪質業者です。
ちなみに、以前資料請求したとか、通販等で買ったことがあるなどの場合は
電話で勧誘等がありますが、これは大丈夫です。

聞いたことないような会社から突然電話(向こうがこちらの氏名を知ってる)がある場合は
ほぼ、名簿業者等からリストを入手して、手当たりしだいにかけてくる業者です。

最近多いのは不動産投資(投資用マンション)ですね。
年金対策とか税金対策とか適当なことを言って不安をあおり買わせようとします。
完全な詐欺とはいいませんが、売れない物件を高値が交わされたり、
価値のない物件だったりなどのトラブルが絶えないので相手にしないのがよいです。

Q業務上横領で得た金で返済を受けた場合、被害を受けた会社に、返済金を返さなくてはいけないのか?

6年前に、会社の金を横領して懲戒解雇した元社員から、被害金額の分割返済を受けていました。昨年6月に残債の一括返済(約4千万円)を受け、この件は当社としては終了したものとなっておりました。
ところが、最近、解雇した元社員が再就職した会社で、またもや横領をしていた事実が判明しました。
当社への一括返済をした金も、この横領した金額の一部と思われます。
もとより、昨年、一括返済を受けた時点では、この事は知りませんでした。
このような場合、被害を受けた再就職先の会社から当社へ、一括返済金の返却を求められるような事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

原則として、債務者がどのような方法で返済金を工面したかには関与しません
いわゆる善意の第三者です
(債務者に不法行為を行っても弁済するように強要したりした場合を除きます)

ただ、横領された会社から弁済を請求される可能性は 0ではありません

弁護士に相談されておかれる方がよろしいでしょう

Q民法上の詐欺と刑法上の詐欺について

民法上の詐欺と刑法上の詐欺に違いはありますか?

刑法の詐欺とは
欺罔行為⇒錯誤⇒交付 + 因果関係
で既遂に達すると思います。

民法上の詐欺にも「詐欺の故意」は必要ですよね?
単に間違いを言ってしまった場合、それを相手方が信じて交付してしまったときは詐欺になるんでしょうか?

民法上の詐欺と刑法上の詐欺の違いがあれば教えて頂きたいです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

少しこちら側の説明のし方が悪かったかもしれませんね。

正確には,
刑法は,財産上の利益の「移転」を問題とし,それについて違法の評価をしますが,
民法は,詐欺に基づいてなされた「意思表示」を問題とし,それについての取消しの可否を問題とします,
ということです。

例えば,AがBを騙して甲を譲渡させたとき,刑法が問題としているのは「甲がAからBへ渡されたこと」ですが,民法が問題としているのは「Bの『Aに甲をあげよう』という意思表示」です。

ですから,
>財物等の交付がなくとも成立します
というのは,「実際に交付行為がなくても民法上詐欺が成立する」というよりは,「法律要件として,財物の交付の主張立証を要しない」ということです。

「民法上の詐欺は財物等の交付がなくとも成立する」ということの意味は以上説明したところなのですが,
このように理解すると,反対に,
「刑法上の詐欺は意思表示がなくとも成立する」ということも言えます(交付意思は必要ですが)。

要するに法の着眼点の問題であり,より具体的には構成要件・法律要件の問題なのであって,場面が全然異なるという意味ではありません。
実際,2項詐欺罪が存在する以上,民法上の詐欺が存在する場合には,(大抵)刑法上の詐欺も成立します(民法上の詐欺は,相手を騙して何か利益を得ることを目的としているので)。
もっとも,刑法上の詐欺が存在する場合でも民法上の詐欺は成立しないというという場面は,結構あるかもしれません。

まァでも,刑法各論上の理解にもよりますが,「実際に交付行為がなくても民法上詐欺が成立する」という場面も,ないではないです。
例えば,CがDを騙して乙の売買契約を締結した(Cが買主,Dが売主)が,未だ乙は引き渡されていないという時,刑法上,これを2項詐欺とはせず,1項詐欺の未遂とするのが有力説です。そうすると,この場合にはまだ乙についての交付行為はありません(だからこそ未遂です)。
しかし,この場合でも民法上はDの意思表示について詐欺に基づく取消しが可能です。
このような場合には,「実際に交付行為がなくても民法上詐欺が成立する」という場面であると見ることができるかもしれません。

少しこちら側の説明のし方が悪かったかもしれませんね。

正確には,
刑法は,財産上の利益の「移転」を問題とし,それについて違法の評価をしますが,
民法は,詐欺に基づいてなされた「意思表示」を問題とし,それについての取消しの可否を問題とします,
ということです。

例えば,AがBを騙して甲を譲渡させたとき,刑法が問題としているのは「甲がAからBへ渡されたこと」ですが,民法が問題としているのは「Bの『Aに甲をあげよう』という意思表示」です。

ですから,
>財物等の交付がなくとも成立します
と...続きを読む

Q 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)につ

 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)について、仮にAが死亡した場合、そのまま放っておくことは問題ないでしょうか(つまり、Bのみが権利者となります。)。または、何か届出を行ったり、税金の問題が発生するのでしょうか。
 また、A(Bの親、Aの配偶者はすでに死亡)死亡後、Cを土地Xの共同権利者として追加することについて、「相続」に関する問題は発生するのでしょうか。
 ちなみに、Bには妹(配偶者及び子2人がいる)が1人います。
 現在、関係書籍を読んでいるところで、平行して質問させていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人が同様に相続していきます。

CはAを相続することはできません。Aが遺言で持分をCに遺贈すると書いていた場合のみCへの登記が可能です。
Bの持分をCに贈与することは相続とは無関係に可能です。

税金については、
・相続税についてはXを含むの遺産全部の評価額がわからないとわからない
相続税は、Xを登記するかしないかや、Xを誰が相続するかには影響されない。
・Xについての登記関係の税金については、登記時点で登記免許税等が発生する。
 不動産取得税は相続人(B,妹)にはかからないが、Cが受贈した場合にはかかる場合と
 かからない場合がある。
です。


 

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報