新型インフルエンザ対策に殺菌剤が使われています。
ウィルスは生物でなくタンパク質と認識しておりました。
殺菌剤がウィルスに有効なメカニズムを教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。



 「殺菌剤」というのはあまり使わない言葉なのですが、消毒薬のことを指していると受け取ってよろしいのでしょうか。
 狭義の抗生物質である「抗菌剤」と紛らわしい言葉ですし、消毒薬は"菌"だけでなく広範囲な病原微生物に有効なので、「殺菌剤」という言い方は通常しません。("菌"である真菌にはたいてい効かないし)

 ま、消毒薬のことであるとの前提で回答します。

 消毒薬は他の方の回答でも出ていますが、酸やアルカリによって物理的にウイルスや細菌の構造蛋白を壊すことで殺菌または殺ウイルス効果を示します。
 これも他の回答にありますが、エンベロープを持つウイルスは、脂質膜であるエンベロープを壊せば感染性を失うので、エタノールでも容易に死滅します。エンベロープというのは、ウイルスが感染した細胞内で増殖し、細胞の外に出る時に細胞膜の一部を奪って行くものだと理解して頂ければ良いでしょう。

 エンベロープを持たないウイルスは、ウイルスのカプシド蛋白そのものを壊さなければ失活できないのですが、その蛋白質の構造によって消毒薬や熱に強いモノと比較的弱いモノがあります。
(エンベロープの有無はウイルス種毎に決まっていて、細胞内で増殖したウイルスが"どのように"細胞外に出て行くのか、という方法と密接な関係があります)

 一般的には、エンベロープを持つウイルスはエタノールで容易に失活し、消毒薬や熱にも弱く、エンベロープを持たないウイルスはエタノールでは失活できず、消毒薬や熱にも比較的強い傾向があります。
 最強の部類に入るのはノロウイルスやロタウイルスでしょう。消毒薬は塩素系しか効きませんし(逆性石鹸などはほぼ無効果)、熱にも非常に強いです。
 インフルエンザウイルスは、どちらかというと弱い方から数えた方が速いウイルスです。

 「殺菌剤」が抗菌剤の意味でしたら、インフルエンザだけでなくウイルスには効きませんので使用されていません。(二次感染防止などの副次的な使用はある)
 抗菌剤は細菌に特異的な代謝系を阻害することによって殺菌あるいは静菌作用を示すモノです。ウイルスは「代謝」をしませんので(増殖に伴う構造or非構造蛋白の合成や遺伝子の複写は"代謝"ですが、その代謝はウイルスではなく感染した宿主細胞が行っている)、ウイルスに効く抗菌剤は存在しないわけです。

 抗ウイルス薬というのもあります。インフルエンザに対するタミフルやリレンザが有名ですね。
 これはウイルスに特異的な増殖に必要な酵素(タミフルやリレンザの場合はノイラミニダーゼ)を阻害することによってウイルスの増殖を抑える薬剤です。なので、抗菌剤がある程度広範囲な細菌に効果があるのに対し、抗ウイルス薬は"そのウイルスにしか効かない"ことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「殺菌剤」とわかりにくい表現を使ってしまい、すみませんでした。
エタノールを意味しておりました。
それにも関わらず、親切にご説明いただき、有難うございました。
エタノールの有効性は、構造蛋白の破壊だと理解できました。
わかりやすいご回答、有難うございます。

お礼日時:2009/05/28 16:06

>インフルエンザウイルスは、エンベロープを持つウイルスであり、石けんや消毒用アルコールなどで、容易にエンベロープが破壊されて失活する。



>ウイルス感染は、空気中のエアロゾルだけでなく手や衣類についた飛沫からも起きることがあるため、手洗いが感染予防に有効である。特に石けんや消毒剤を用いると効果が大きい。

>熱に対する抵抗性も病原体としては比較的低く、煮沸処理(100℃)や一般的な消毒の加熱条件(60℃30分処理など)、一般的な食品の加熱調理の条件(75℃)などで失活させることが可能である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3% …

インフルエンザウイルスのエンベロープは、ウイルスが放出されるときに宿主となる細胞の細胞膜を獲得したもので、そういう意味で生物の膜を外側に使っている、内部の遺伝子は、生物の細胞内で合成させたものですから、組成が生物と大きく変わらないのです。

ということで、細胞膜はリン脂質などが中心ですので、アルコールでも破壊できるし、ある程度、石鹸の成分でも破壊でき、感染力を喪失できるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生物でないウィルスに対するアルコールの有効性は、細胞膜の破壊だという事が理解できました。
わかりやすいご回答、有難うございます。

お礼日時:2009/05/28 15:58

ウイルスは専門ではないので参考程度で。


酸やアルカリ、アルコール類の殺菌剤ならばタンパク質の変性作用があるのでOKでしょう。
またインフルエンザウイルスなどのように、エンベロープという、主にホスト由来の脂質二重膜を持つものも多いので、膜にきくタイプでもいいんじゃないでしょうか。細かい作用は解りませんが。
    • good
    • 0

ウイルスは専門ではないので参考程度で。


酸やアルカリ、アルコール類の殺菌剤ならばタンパク質の変性作用があるのでOKでしょう。
またインフルエンザウイルスなどのように、エンベロープという、主にホスト由来の脂質二重膜を持つものも多いので、膜にきくタイプでもいいんじゃないでしょうか。細かい作用は解りませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生物でないウィルスに対するアルコールの有効性は、タンパク質の変性作用にあるとわかりました。
わかりやすいご回答、有難うございます。

お礼日時:2009/05/28 16:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無添加石鹸の作り方

無添加石鹸、又は普通の石鹸でもいいので作り方教えて下さい!

Aベストアンサー

以下のページとうですか?

http://www.bc.wakwak.com/~tulip/private/soap/soaplink/handmaid.html
http://www.geocities.com/supertao/info.html
http://www.juneberries.com/junko/soapmaking_j/cpsoap_j.html
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/3723/almnk/alsoap.htm

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Q石鹸の作り方、手順

石鹸の作り方に大きく分けて二通りあると聞きました。自然に発生する熱を利用した「コールドプロセス」と呼ばれる作り方、油脂と苛性ソーダを混ぜた石鹸生地を日に直接かけて作る「ホットプロセス」方法があるようです。
この二通りの作り方で【ホットプロセス】の方法をご存知の方、作り方手順を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.fitz-e.com/users/sozai/hp1.html
ご参考に。
また、「ホットプロセス」で検索するといくつかヒットしますよ。

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。

Q石鹸の作り方

化学の実験で石鹸を作ったのですが見事(?)失敗してしまいました。もう一回チャレンジしたいのですが、家でも出来る石鹸の作り方ってありませんか?

Aベストアンサー

失敗がありません。実用です。

苛性ソーダ   500グラム
米のとぎ汁   940cc(濃いもの)
廃油       3.3リットル
酢        0.18リットル

オイル缶    1個(18リットル用)
安全カバー  1枚(透明ビニールシートでオイル缶にふたのようにかぶるように作り、真ん中に棒をつっこむ穴をあけたもの。)
撹拌棒     1本(1m位のもの)
ゴム手袋
眼鏡
マスク
軍手
固める容器  アイスクリーム プリン 小型の豆腐 などの容器20個位。
玉じゃくし
古新聞
    
作り方
 1.缶の中に苛性ソーダを入れる。
  *目に入らないよう粉末を浴びないよう、長袖、長ズボン、眼鏡、マスク、ゴム手袋着用。
 2.米のとぎ汁を静かに注ぎ、棒でかきまぜる。
  *安全カバーの穴にじょうごを挿しこみ注ぐとよい。発熱(800度)しガスが発生するので換気に注意。
 3.苛性ソーダが溶けたら、廃油を静かに入れる。棒でかき混ぜているうちにキャラメル色になりとろりとしてくる。
 4.約15分かき混ぜてから、中和と臭い消しのために酢を入れ、さらに5分かきまぜる。
 5.型にながし入れ、表面を平らにする。容器を持ち上げては軽く落とすなどして空気を抜き、型に落ち着かせる。
  *まだ熱いので軍手着用。液のとびはね予防に必ず眼鏡着用。作りたてはアルカリがきついので、肌につかないよう気をつける。万一付いた場合は流水で洗う。
 6.(箱や板に)新聞紙を敷き、石鹸を入れた容器をならべて2~3日乾かし、型からはずしてさらに乾かす。白く固くなれば完成。1ヶ月以上ねかせると良質の石鹸になる。

※分離して固まらない場合、翌日またかきまぜてください。だめなら更にもう一日・・失敗ということはありません。
食用油は使い古したものの方ができがよいようです。私は新しい油も加えるせいか固まりにくいです。天気などで乾燥日数は違います。苛性ソーダは印鑑を持って薬屋さんで買ってください。
※ぜひ作ってください。廃油利用になりますし、なによりも手が荒れないし良く落ちるし、洗剤なんて買う気がしなくなります。水に溶かして市販のシャンプーや台所洗剤の容器に入れて使うのも便利です。お風呂・炊事・洗面・洗濯・掃除すべてこの手製の石鹸で快適です。

失敗がありません。実用です。

苛性ソーダ   500グラム
米のとぎ汁   940cc(濃いもの)
廃油       3.3リットル
酢        0.18リットル

オイル缶    1個(18リットル用)
安全カバー  1枚(透明ビニールシートでオイル缶にふたのようにかぶるように作り、真ん中に棒をつっこむ穴をあけたもの。)
撹拌棒     1本(1m位のもの)
ゴム手袋
眼鏡
マスク
軍手
固める容器  アイスクリーム プリン 小型の豆腐 などの容器20個位。
玉じゃくし
古新聞
...続きを読む

Q遺伝子側とタンパク質側、双方からのタンパク質の構造決定について、抗原抗体反応を利用した分析方法について

テストで次の内容が出たのですが、答えられませんでした。気になって夜も眠れません。回答お願いします。

問)現在では、誰でもWeb上から各種データベースにアクセスしてタンパク質をコードする遺伝子の塩基配列を基にしたタンパク質の一次構造を比較的容易に推定できる。しかしながら、タンパク質そのものを生体から単離して構造決定することは非常に重要である。なぜ、遺伝子側だけでなく、タンパク質側からも構造決定する必要があるのか?理由を述べなさい。

問)抗原抗体反応を利用した様々な分析は、生命科学研究で欠くことができないほど重要である。抗体を利用した分析方法を挙げ、原理を簡単に説明しなさい。

Aベストアンサー

問1についてだけ(問2はNo.2の回答でOKです)。

1) 塩基配列情報では、ゲノムDNAならゲノムにそのような配列があること、あるいはcDNAならそういうRNAが細胞内にあることはわかりますが、それがほんとにタンパクに翻訳されているかどうかは実は不明です。配列の都合で偽遺伝子化している場合もありますし、mRNAは多くの細胞で発現しているが、それがペプチドにまで翻訳されるのは特定の細胞だけ、などという例もあります。塩基配列情報はあくまでも予測にすぎません。

2) ペプチドが翻訳されていたとしても、それがそのまま細胞内で機能しているとは限りません。いわゆるタンパクの翻訳後修飾を受けている可能性があります。たとえば、mRNAからペプチドがつくられた状態ではそれは前駆体ペプチドであり、その一部がちょん切れてはじめて生理的な活性のあるペプチドになる例、糖やそのほかの物質が結合してはじめて活性が出る場合もあります。こういった翻訳後の変化も塩基配列からある程度までは予測できますが、実際に調べないとはっきりしたことはいえません。No.1の回答のグレリン(ghrelin)の苦労話もこの典型的な例です。

問1についてだけ(問2はNo.2の回答でOKです)。

1) 塩基配列情報では、ゲノムDNAならゲノムにそのような配列があること、あるいはcDNAならそういうRNAが細胞内にあることはわかりますが、それがほんとにタンパクに翻訳されているかどうかは実は不明です。配列の都合で偽遺伝子化している場合もありますし、mRNAは多くの細胞で発現しているが、それがペプチドにまで翻訳されるのは特定の細胞だけ、などという例もあります。塩基配列情報はあくまでも予測にすぎません。

2) ペプチドが翻訳されていたとしても...続きを読む

Q石鹸の作り方が載ってるサイト

マカデミアナッツオイルを使って石鹸を作りたいのですが、作り方が載っているサイトを上手く探せません。どなたか良いサイトを知りませんか?(もしくは、作り方を知っていたら教えてください!)

Aベストアンサー

もうひとつどうぞ!

参考URL:http://kabukun.chat-jp.com/kabu_hp/soap8.htm

Q大学 生物 タンパク質

次の配列はどちらも7個のアミノ酸からなる。どのような二次構造になるか予想しなさい。

1)-Ile-Phe-Tyr-Trp-Thr-Leu-Val-

2)-M-A-E-D-H-S-R-

わかるかた回答お願いします。

Aベストアンサー

予測をするには短すぎますねえ。元はもう少し長くはなかったですか?例えば20残基くらいあって、書かれている部分の二次構造を予測せよというような感じになっていませんか?
予測方法がいくつかあって、方法を指定しないと答えはひとつにはならないです。方法がいくつか有るということは、方法によって結果が異なることが多いのです。まあ一致することもありますが。

コンピュータソフトを使わずに手で計算できるとなると、Chou-Fasman法かなあ。この方法だとなんとか電卓か表計算ソフトでできます。
あとは、ぴったしの配列がPDB登録されていてそれを探せということかなと思ってみてみましたが、ぴったしはなく近いものはありましたが、短い配列ではちょっと無理が有るなあという感じです。

Q手作り石鹸 パーム油を使わない作り方

手作り石鹸を作りたいのですが、パーム油を使わない作り方を教えていただけないでしょうか?
ココナッツオイルは使用したいんです。

どのサイトの作り方も、ココナッツオイルとパームオイルはセットになっているんです。

おわかりになる方教えてください。

Aベストアンサー

http://umu.hustle.ne.jp/soap/

↑レシピ集に色々載っていますよ。

Q生物のタンパク質

"細胞ごとにまったく別のタンパク質がつくられ、同じ種類のタンパク質はつくられない。"のどの部分が間違ってるか教えてください!

Aベストアンサー

残念ながらどの部分か示せない程度に間違っています。

個体内の全ての細胞で共通して発現するタンパク質は当然存在します。
アクチンなんかをつくれる細胞が一つしかなければ生きていられません。
特定の種類の細胞でしか発現しないものも当然あります。

抗体はニュアンスが近いと思います。1個のB細胞は1種類の抗体しか作りません。


人気Q&Aランキング