現在大学院入試の問題を解いています。
私はとても物理が苦手で、入試問題に掲載されていた化学平衡の問題が理解できなくて、解けずに困っています。
どなたか、わかる方がいましたら。解説をお願いしたいのです。

化学平衡 H2O+D2O⇔2HDO についての平衡定数Kを求めよ。ただし
H2O、D2OおよびHDOは化学的性質に差がないものとする。

(系に含まれるHとDの原子数をXおよびYとすると、Oの原子数は(X+Y)/2となる1個の酸素原子Oが2個のHまたはDを選ぶ確率を考え、これら各々の化学種の分子数(Oの原子数×確率)を見積もる。全体の体積をVとし、各化学種の濃度を求め、これらをKとする。)

よろしくお願いします

A 回答 (3件)

No2です。

No2の中で
「直感的に
K=2^2/x-1x1=4」
と書きましたが書き違いで
K=2^2/1x1=4
でした。お詫びして訂正します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ、ご訂正コメントを
ご丁寧にありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 10:43

>H2O、D2OおよびHDOは化学的性質に差がないものとする。



ならば10円玉二つ投げて表表、裏裏、表裏、裏表の出る比になるでしょうから面倒なこと考えずともH2O:HDO:D2Oは1:2:1となり平衡定数は直感的に
K=2^2/x-1x1=4
となりそうですね。即ちHとDの比率が変わったところでもNo1さんの回答のとおりで4になりますね。
面倒だからH:D=1:1の条件で、とり得る場合の数のカウントで考えます。初めはH2OがN/2個(HはN個)とD2OがN/2個(DはN個)がそれぞれの区画に分かれて入っていたとします。水分子が左右の箱に置いてあったというImageです。これを自由にしてそれぞれN個あるHとDが移動してばら撒かれたとします。合計は2N個のサイトありますのでHの入るところの選択の仕方は
(2N)!/(N!)^2
となります。初めは唯一通りだったのがこれだけ選択の仕方が増えたのですから、
ΔS=kln[(2N)!/(N!)^2]...(1)
といえるでしょう。ところでN!=(N/e)^Nと近似できるので
(2N)!/(N!)^2≒{(2N/e)^2N}/[{(N/e)^N}^2]
={(2N/e)^2N}/{(N/e)^2N}=2^2N=4^N...(2)
となります。これを(1)に代入すると
ΔS=kln4^N=kNln4
NがAvogadro数ならkN=Rです。よってこの場合
ΔS=Rln4...(3)
となります。H2O、HDO、D2Oの化学的性質の差異を一切無視ならばΔH無視で
ΔG=ΔH-TΔS=-TΔS
といえます。即ち
TΔS=-ΔG=RTlnK(Kは平衡定数)...(4)
です。(4)に(3)を代入すれば
TRln4=RTlnK
よってこれより
K=4
です。ΔGの減少、即ち反応のDriving ForceはEntropy増加ということでよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
解放をよく読んで頑張りたいと思います。

文中のK=2^2/x-1x1=4などに書かれている ^ ”の記号なのですが
なにを示されているのでしょうか?

PC記号に疎いものですみません。

でも
丁寧な誤解でとってもたすかりました。

お礼日時:2009/05/28 10:41

中学校の「二項展開」を思い出して下さい。


(X+Y)^2=X^2 + 2XY +Y^2
これがH2O:HDO:D2Oの比率です。ですから、
H2O+D2O⇔2HDO
の平衡式は、
K=(2*XY)^2/(X^2*Y^2)になります。
私の考えではVは必要ないと思います。
なぜならH2O:HDO:D2O=(X^2 /V):(2XY/V) :(Y^2/V)
になるため、平衡定数の式から消えるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい解法をありがとうございます。

こんなにも違う切り口があるなんて考えもしませんでした。
本当に早いご回答いただけてとても助かりました。
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/28 10:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QbaffaloのメモリD2/N533-G1GとD2/N533-1GX2の違いについて。

PCは東芝のF20/573LSを使っています。メモリの増設を考えています。今は512MBなので最大の2Gにしようと考えています。そこで、baffaloのホームページで対応を調べたところD2/N533-G1Gは対応していると出るのですがD2/N533-1GX2は出ません。せっかくなのでデュアルチャネルにしたいのですが、D2/N533-G1Gを2個買ってもデュアルチャネルになるのでしょうか?D2/N533-1GX2の方はデュアルチャネル対応と書いているのですが、D2/N533-G1Gは書いていません。D2/N533-G1Gを2つ付けてデュアルチャネルになるのならそれでいいのですが、無理ならD2/N533-1GX2を買おうかと思っています。D2/N533-G1GとD2/N533-1GX2は全くちがう製品なのでしょうか?かなり分かりにくい質問になったかと思いますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1本入りか、2本入りかの違いです。
D2/N533-1GX2 は2本入りって意味。ただそれだけ。

Q高校の原子分野についての質問です。 原子核反応において、原子核同士を衝突させたときと原子核に中性子等

高校の原子分野についての質問です。

原子核反応において、原子核同士を衝突させたときと原子核に中性子等の粒子をぶつけたときの反応は違うものなのでしょうか??

教えてください

Aベストアンサー

No.4です。ちょっと用語の使い方が適切ではなかったかもしれません。
鉄より軽い元素が「核融合」で作られると書きましたが、鉄より重い元素も「核融合」で作られます。
その意味で「鉄より軽い元素は、発熱反応の核融合」で作られ、「鉄より重い元素は、吸熱反応の核融合」で作られる、と書くべきなのでしょう。

学問的に正確に書くとどうなるのか、ちょっと自信がありません。とりあえずイメージ的な話として書きました。
「正確」に知りたければ、その筋の「書籍」なりを読んでください。

QD200とD2XとD2Xsの高感度ノイズについて

D200とD2XとD2Xsの高感度ノイズについて
こんばんは。
デジタル一眼が欲しくなり、金額面から中古機を探しています。
そこで候補にしたのが上記3機種なのですが、
・D200
・D2X(ファームウェアver.2.00)
・D2Xs
でもっとも高感度ノイズの少ない機種と言ったらどれになるでしょうか。
作品が作りたいという思いはなく、あくまで記録することを目的にしています。
D2Xsがもっとも新しいので、機械的な面で安心できるとは思うのですが、
中古価格も比較的高いですので、意見を聞きたいと思いました。
D200でも、縦位置グリップは付けて使うことを前提としています。

Aベストアンサー

3台とも持っています。もう使ってはいませんが(汗)。

ISO1600での高感度ノイズはどれも同じくらいです。
どのレベルで「同じか」といえば「あまり使えない」というレベルでです。
言ってしまえば「比べても意味がない」かな(笑)。

その当時はそれでも「こんなもんか」と思いながら使いましたが
最近のカメラと比較してしまうと、もう高感度を使う気にはなりません。
少々無理をしてでも、最近のカメラをお選びになるほうがいいかと思います。

もしそれでもその3台の中から選びたいというのでしたら
新品でならD2XかD2Xsを、中古でならD200がいいかと思います。
事実上は3台ともすでに新品は買えませんから中古で、となるとD200かな。

D2シリーズはプロ用途のメインカメラですから中古では当たり外れがあります。
その点D200はプロ用途ではサブカメラ位置ですからあまり使い込まれていないものがあります。

掲示板の風評だけでD200を失敗作だという人もいるようですが
アラを探せばどんなカメラにだって不備はあります。そんなものは気にしなくてもいいでしょう。
ミラーが落ちたりはしませんから(笑)。

とは言っても、どんな使い方をされたのか分からないのが中古品ですから
よほどの事情がないかぎりは現行品のほうがいいと思います。
高感度特性についてだけ言えばD90でもその3機種よりずっとマシです(これも使っています)。
ただ、所有感を満足させるようなものではないですけど。

それと、ノイズについてはRAW撮影がメインなら現像ソフトである程度まで消せます。

3台とも持っています。もう使ってはいませんが(汗)。

ISO1600での高感度ノイズはどれも同じくらいです。
どのレベルで「同じか」といえば「あまり使えない」というレベルでです。
言ってしまえば「比べても意味がない」かな(笑)。

その当時はそれでも「こんなもんか」と思いながら使いましたが
最近のカメラと比較してしまうと、もう高感度を使う気にはなりません。
少々無理をしてでも、最近のカメラをお選びになるほうがいいかと思います。

もしそれでもその3台の中から選びたいというのでしたら
新品で...続きを読む

Q水素原子核の潮汐による平衡海面を求める式について

こんにちは、
下記の式ηは、地球と月の重力による球形の海面からずれる高さを
求める式です。

η=3/2*M/E*(e/R)^3*e*(cos^2λ-1/3)

E:地球の質量
M:月の質量
e:地球の半径
R:地球ー月の距離
λ:地球の中心から月と地球表面のある点―高さηを求める点―を見る角度
を示しております。


では、下図のように、水素原子核の廻りを、回転している1個の電子の
潮汐力により発生する原子核の表面からずれる高さの計算式はどのように
なるのでしょうか?
(量子力学により、潮汐力は発生しない。かもしれませんし、
電子と原子核の距離が離れているため、ほとんどずれないとは思いますが
とにかく計算したいのです。よろしくお願い致します。)



     。→
 。      。
↑。   ○    。↓
  。      。
    ← 。

水素原子核の廻りを回転している電子(1個)の図

Aベストアンサー

さしあたって、
電子は原子核の周りを回ってはいませんので潮汐力はありません。
また、水は重力によって抵抗無く形を変えますが、原子核の表面がそのように形を変えられるとは思えません。

が、それらを無視するとするならば、つまり原子核の表面は流体でできていて、原子核の周りに電子が本当に回っていると考えるのならば、
式は全く同じでしょう。

Q4万円台のD2端子付きの28インチフラットワイドテレビはありますか?

D1端子付きっているのはいっぱいあるけれど、D2で28インチワイドっていうのは見ないのは、28インチの大きさではあまりD1、D2の違いって分からないからでしょうか?D1、D2にこだわる必要はないのでしょうか?DVD観賞用のテレビを探しています

Aベストアンサー

28インチでD3端子付きの物を購入すればいいです。
D2端子付きのTVはあまりありません。

液晶でなければそんなに高くないです。

参考URL:http://kakaku.com/prdsearch/tv.asp

Q常温の1リットルの純水の中で、H+ + OH- → H2O という反応は1秒に何回起こっていますか?

常温の水において、おおむね
[H+][OH-] = 10^(-14) (mol/L)^2
http://www.geocities.jp/amy_chemistry/chemistry28.html
という関係が成立することは、高校の化学で習いますが、

常温の1リットルの純水の中で、
H+ + OH- → H2O
という反応の頻度

(= H2O → H+ + OH- という反応の頻度)

は1秒に何回ですか?



(化学カテで質問したのですが、回答が得られないため、物理カテで再度投稿させていただきました)

Aベストアンサー

ついでに、こっちのURLも参考にして下さい。

参考URL:http://www.chem.arizona.edu/~salzmanr/480a/480ants/relaxati/relaxati.html

QスターウォーズのR2-D2とC-3POだったら

R2-D2とC-3PO・・・いいコンビですよね。

R2-D2とC-3PO、皆さんだったらどっちが好きですか?

Aベストアンサー

お早う御座います。

「C-3PO」って、結構「人間臭い」面が有りますよね?。
(形も人間型だけど・・・)

「R2-D2」の方が断然好きです。
新作「スターウォーズ」では、その出番の多さで人気の差が「ハッキリ」出たのでは?。
(笑)

Q化学ポテンシャルと粒子数─μが上がると占有数が増える!?

化学ポテンシャルについて、一応(かなり)、判ったような気になっておった
のですが、最近、フェルミ分布とボース分布の場合の式を見ていたら、
ふと、混乱し始めてしまいました。

化学ポテンシャル=逃散能とも言われ、高いほど、粒子が逃げていく
のだ、と理解していたのですが、たとえばフェルミ分布では、
よく知られているように、エネルギーε準位の平均占有数n(ε)は、
n(ε)=1/[exp(-(ε-μ)/kT)+1]
となり(フェルミ分布)、この式ではμが大きいほど、n(ε)が大きくなっ
てしまいます。

もちろん、私の、この言い方は間違いで、
「N=∫n(ε)D(ε)dε が全粒子数の平均値になるようにμを決める」
というのが教科書に書いてあるきまり文句です。教科書では、
μの温度変化の近似計算に忙殺され、それ以上書いてあるもの
はあまり見かけません。

「μはポテンシャル高いほど粒子が居なくなる」というイメージと
どうしても合わず、悩んでおります。
うーん、情けない。どこで考え違いをしているのでしょうか。

Aベストアンサー

siegmund です.

お礼,拝見しました.
正しい理解をされているように思われます.

> たとえば、孤立ドットのμをゲート電極か何かで上げることは
> 出来ないのでしょうか

電位が変わるとエネルギーが変わりますから,
いわばエネルギーの底上げ(or 底下げ)によってμも変わります.
本当に孤立していれば何も起こりませんが,
他のドットとの間にホッピングなどあればμの違いの効果が出ます.

大気圧の例はどうでしょう.
上空に行くと(温度変化は無視)重力ポテンシャルが変化する分,
μが変化します.
では,流れが起こらないのはなぜか.
それは,下の方が空気の濃度が濃いためにそれから来るμの違いがあります.
重力ポテンシャル分と濃度分の違いがちょうどキャンセルするように
濃度が変化する(つまり気圧が変化)するのです.
あるいは,濃度一定のまま無理に重力ポテンシャルの違いを導入したら
流れが生じ,その流れはμが一定になるまで続く,と言ってもよいでしょう.

QテレビでD2(525p)かD1入力付きかで迷ってます

D2(525p)出力付きのDVDプレイヤーを持っていて、28インチのフラットワイドテレビを購入予定ですがD1とD2では画像は全然違いますか?DVD鑑賞用で使います

Aベストアンサー

今TVが写っているのでしたらD4端子が価格がなれてからの方がいいと思いますが。ハイビジョン、地上波デジタルがそのままのスペックで見れます。とりあえず地上波アナログ終了の2011年まで待てませんか。私はD1の液晶TVで我慢しています。チューナーだけはCATVのデジタルですが。やっぱりアナログとは画質が違いますね。

Q平衡の条件と化学ポテンシャル

 よく、系が平衡状態にあるとき、化学ポテンシャルが一様になっているということを示す場合に、教科書では「ギブスの自由エネルギー」から説明しているのをみかけます。
 でも実際には「ヘルムホルツの自由エネルギー」や「エントロピー」、「内部エネルギー」からも化学ポテンシャル自体は定義できて、これらの量と平衡状態の条件をから、化学ポテンシャルは一様になるということが示せると思います。

■質問(1)種々の熱力学関数は、教科書で、なんとなく理解できるのですが、どういった状況(例えば熱平衡状態における結晶中の電子密度)でどれを採用すべきなのでしょうか?自分的には熱力学の第一法則、第二法則から「エントロピー」という量を用いて、平衡状態をすべて記述できると考えているのですが・・・

■質問(2)例えば2つの孤立系を1つにしたとき(系間でエネルギーも粒子も交換可能)2つの孤立系での「化学ポテンシャルの差」が粒子の移動を発生させるというところまでは理解できますが、この「化学ポテンシャルの差」は物理的にどのような意味を持っているのでしょうか?(化学ポテンシャルは多粒子系を統計的に扱うときに初めて出てくる量なのでイメージがつかめません。)

 よく、系が平衡状態にあるとき、化学ポテンシャルが一様になっているということを示す場合に、教科書では「ギブスの自由エネルギー」から説明しているのをみかけます。
 でも実際には「ヘルムホルツの自由エネルギー」や「エントロピー」、「内部エネルギー」からも化学ポテンシャル自体は定義できて、これらの量と平衡状態の条件をから、化学ポテンシャルは一様になるということが示せると思います。

■質問(1)種々の熱力学関数は、教科書で、なんとなく理解できるのですが、どういった状況(例えば熱平衡状...続きを読む

Aベストアンサー

μ=(∂F/∂N)_(T,V)
μ=(∂G/∂N)_(p,T)
μ=-T(∂S/∂N)_(U,V)
ですね。( )内を一定の変数とするとき、Nで偏微分すればいいんですね。あきらかに、取り扱う系によってどれを使うかきまりますね (ケミカルポテンシャルはカッコ内一定のもとでのNの変化による示強変数です。)

>当たり前ですが、何らかの刺激(励起)を与えない限り、熱平衡状態では、ある空間領域での電子密度が、たの領域より高く(低く)なることはありませんよね~

はい、ないと思います。たとえば、半導体を二つに分けて、半分を熱し、半分を冷やし、それぞれ一定温度に保ったとします(ほとんど熱伝伝導、熱膨張を無視します)。そのとき、粒子移動を許せば、平衡状態で電子密度が空間分布するってことになると思いますよ。しかし、このときでも、もしケミカルポテンシャルに分布があると、粒子のさらに流れなければならないから、やっぱりケミカルポテンシャルは一定だと思います。変分原理みたいに二つの領域で μ1δNーμ2δN=0 なんてできませんかね?

>理想気フのようにフェルミオンという指定が無い場合、ケミカルポテンシャルはどう理解すればいいでしょうか・・・

フェルミオンかどうかということになれば、熱力学ではなく統計力学的なものがいりますね。理想気体は気体分子相互作用してないのだから、分配関数をもとめて、ただ単にそのN乗が分配関数になりますね。フリーエネルギーは 分配関数の対数にkTを掛けたものですから、Nかける、一分子の分配関数の対数ですよね。だったら、Nで変微分をしたものは、一分子の分配関数にkTをかけたものになります。まあ解釈としては、ただ単に1個同じ分子を足しただけですね。

>そもそも粒子があることによる内部エネルギーの増加ってなんなのでしょうか?微視的描像理解しようとするからいけないのでしょうか?

それは、内部エネルギーが 示量性のものだっていうことですね。たとえば気体にしても電子にしても1つの粒子は内部エネルギーを持ってるわけだし、(F(N+ΔN)-F(N))/ΔN ってことで、新たに付け加えるとしたらその粒子がどれだけのエネルギーを持ってくるかってことでしょうね。

μ=(∂F/∂N)_(T,V)
μ=(∂G/∂N)_(p,T)
μ=-T(∂S/∂N)_(U,V)
ですね。( )内を一定の変数とするとき、Nで偏微分すればいいんですね。あきらかに、取り扱う系によってどれを使うかきまりますね (ケミカルポテンシャルはカッコ内一定のもとでのNの変化による示強変数です。)

>当たり前ですが、何らかの刺激(励起)を与えない限り、熱平衡状態では、ある空間領域での電子密度が、たの領域より高く(低く)なることはありませんよね~

はい、ないと思います。たとえば、半導体を二つに分けて、半分を熱し、半分...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報