教えてください。
この4・5・6月支給の給与が前年に比べ支給金額ベースで標準報酬月額が3等級ほど下がってしまいそうです。
内訳としては、基本給増2万 残業代減▲9万といった内訳です。

先日年金定期便が送られてきて、過去の標準報酬月額の改訂月を見てみると、基本的には10月の定時改訂なのですが、2等級以上差があって、上がった場合は7月給与から、下がった場合は10月給与からという改訂内容でした。

色々と調べてみたのですが、私のように基本給がアップしたが、残業代他が減ったといった場合の標準報酬月額の計算は年金定期便に記載されていたタイミングの改定で正しいのでしょうか?
また、今年の改定は3等級下がっても10月の定時改定からの適用となるのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

随時改定が必要となるときとは、


報酬月額が大幅に変動して
次の1~3のすべての条件に該当した場合です。

このとき、随時改定の手続き(月額変更届)が必要となり、
変動した月から4か月目の保険料から、標準報酬月額が改定されます。

1.
 固定的賃金が変動したか、又は、給与体系の変更があった

固定的賃金の変動とは?(例)

・継続支給される一定額の賃金や手当に、昇給、又は降給があった
・固定的手当の支給額変更があった
・日給や時給の基礎単価や、請負給・歩合給等の単価・歩合率の変更等

給与体系の変更とは?(例)

・日給制から月給制になった
・月給制から歩合制になった
・家族手当等が新たに支給されるようになった

固定的賃金の例(支給額や支給率が決まっているもの)

・月給、日給、週給
・役付手当、家族手当、住宅手当、通勤手当
・基礎単価、歩合率等

非固定的賃金の例
(稼動、能率の実績によって、増減して支給されるもの)

・残業手当、能率手当、宿日直手当、精皆勤手当等

2.
 変動月以後、引き続く3か月間の各月の支払基礎日数が17日以上

昇給又は降給等によって、支給の変動があった月(実際の支払月)を
「変動月」と言います。
この変動月以後、引き続く3か月間に、
月給者の場合はいずれの月も暦日数で17日以上、
日給・時給者等は実際に働いた日数で17日以上の、
支払基礎日数があることが要件になります。
(支払基礎日数‥‥賃金計算上の基礎としてカウントしている日数)

3.
 固定的賃金変動月から継続した3か月間の実際の報酬額の平均に、
 現在の標準報酬月額に比べて、2等級以上の差が生じている

3には、例外があります。
固定的賃金が増額されたが非固定的賃金が減額された場合、又は、
逆に、固定的賃金が減額されたが非固定的賃金が増額された場合で、
その結果として3か月の平均が下がったり上がったりして
2等級以上の差が生じていても、随時改定の必要はありません。
つまり、固定的賃金・非固定的賃金・3か月の平均の増減の方向が、
すべて同じ方向でないときには、随時改定の必要はありません。
(要注意:例外の取り扱いを誤っている事業所が多々あります。)

健康保険・厚生年金保険ともに、標準報酬等級の差が1等級の場合は、
原則として、随時改定とはなりません。
但し、標準報酬月額の上限又は下限にいる人の場合、
例外として、1等級の差であっても、
実質的に2等級以上の変動が生じた場合には、随時改定を行ないます。

随時改定に該当しないときは、
年1回の定時決定によって、1年間の標準報酬月額が決定されます。
平成17年度までと平成18年度以降では、以下のように異なります。

平成17年度まで(8月1日現在の在職被保険者が対象)
 ・5月、6月、7月の3か月に実際に支払われた報酬額の平均を取る
 ・支払基礎日数20日以上の月をピックアップする
 ・8月に算定基礎届を提出
 ・10月分保険料から反映
 (実際の反映は11月支払給与での天引きから開始)

平成18年度以降(7月1日現在の在職被保険者が対象)
 ・4月、5月、6月の3か月に実際に支払われた報酬額の平均を取る
 ・支払基礎日数17日以上の月をピックアップする
 ・7月に算定基礎届を提出
 ・9月分保険料から反映
 (実際の反映は10月支払給与での天引きから開始)

ご質問の趣旨は、
下記のねんきん定期便の年金加入履歴に関することだと思いますが、
定時決定の月は決まっていますから、
それ以外の月に保険料の変動があったとすれば、それは随時改定です。

このとき、その随時改定が妥当なものであったか否かを判断するには、
上述した1~3をごらんいただき、
特に、3の例外の件に注意しながら、チェックをしてみて下さい。

ねんきん定期便の年金加入履歴(社会保険庁)
http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/teikibin …

50歳未満の方用
 http://www.sia.go.jp/topics/2008/pdf/n1029_01.pdf
50歳以上の方用
 http://www.sia.go.jp/topics/2008/pdf/n1029_02.pdf
年金受給者かつ現役被保険者の方用
 http://www.sia.go.jp/topics/2008/pdf/n1029_03.pdf
年金加入記録回答票(58歳の方用)
 http://www.sia.go.jp/topics/2008/pdf/n1029_04.pdf
年金加入記録回答票(58歳以外の方用)
 http://www.sia.go.jp/topics/2008/pdf/n1029_05.pdf
ねんきん定期便のイメージ
 http://www.sia.go.jp/topics/2008/pdf/n1029_06.pdf
 
    • good
    • 0

随時改定(月変)は単純に2等級以上の変動によって行われるものではありません。



今回の件は、固定的賃金の変動[増加]と等級の変動[減少]の方向が一緒では無いので、定時決定となります。

> 標準報酬月額の計算は年金定期便に記載されていたタイミングの
> 改定で正しいのでしょうか?
意味が判りません。
年金定期便はまだ受け取っておりませので、見本を検索しましたが、どの記載事項を指してのご質問ですか?
http://nenkin-teikibin.net/kiso10.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臨床工学技士(ME)のペースメーカー業務について

MEです。

来月からペースメーカー業務(ペースメーカー植え込みの設定、モード変更、点検etc・・・)に携わる予定です。

これまでペースメーカー業務の経験は全くないのですが、予習としてまず何から勉強するべきでしょうか??

ペースメーカー業務の経験のある方や詳しい方、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どのような内容を期待されているのかにもよりますが

単に点検としてプログラマーなどで情報を引き出し、自動モードで確認するだけならあまり判断内容はあまりありません。
それでも体外心電図の導出が不十分な場合などでは間違った解釈をする可能性がありますので、P波などの認識ができているかしっかりと確認することです。

得られたデーターから実際に患者さんの体内で起こっている状態の理解をし、最適な条件を考えるとなるとその基本として心電図の解読がしっかりとできて間違わないようにしなければなりません。

心電図の解読は生理検査の臨床検査技師の方が経験がありますから、当面の目標はそれらの方と同等のレベルに達することでしょう

わからないことをわからないままにしないこと。
わからないことは正直に質問すること。

参考URL:http://www.cardiac.jp/view.php?target=conduction_system.xml

Q標準報酬月額についての質問 アルバイトの時給制・シフト制の場合、社会保険の一番最初の標準報酬月額っ

標準報酬月額についての質問

アルバイトの時給制・シフト制の場合、社会保険の一番最初の標準報酬月額って、どのように決まるのですか?
僕の最初の月収は交通費込みで約13万だったのですが、標準報酬月額は14万2000円となっており、一つ高めの等級になっていたので気になりました。
また、これからシフトを増やして、月収が15、16万になっても、一年間は社会保険料は変わらないのでしょうか?

Aベストアンサー

> アルバイトの時給制・シフト制の場合、社会保険の一番最初の
> 標準報酬月額って、どのように決まるのですか?
一応、資格取得時の決定方法についてはルールがございます。
 『b.日給・時間給・出来高給・請負給などの報酬については、その事業所で前月に同じような業務に従事し、同じような報酬を受けた人の報酬の平均額 』
 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3165/1963-232
 http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20120330.html

このルールに従って算出されたのか?それとも会社独自のルールで決めたのかは、第三者である私たちには判りません。


> また、これからシフトを増やして、月収が15、16万になっても、
> 一年間は社会保険料は変わらないのでしょうか?
標準報酬月額の見直しは主に次の2つ。
 ・定時決定[算定]
  毎年、4月・5月・6月に支給した賃金の総額から導いた「報酬月額」を用いて、当年9月分からの保険料に適用する『標準報酬月額』を決定。
 ・随時改定[月変]
  固定的賃金[契約単価(時給)]に増減[毎月のアルバイト代(手取り)ではありません]が生じた場合、増減の生じた月から3か月間(例えば6月支給から変更であれば、6月~8月)の賃金から導いた『標準報酬月額』が、現在の『標準報酬月額』と比べて2等級以上の差が生じている時は、増減の生じた月の3か月後(例えば6月支給に増加が有るのであれば、9月支給分から)から変更後を適用。
  *計算対象となる3か月間の各月における出勤日数[賃金計算対象となる日数]が全て一定日数以上でなければ計算しない。
  *時給の増減方向と、標準報酬月額の増減方向が一致していなければ、変更とはならない。つまり、時給はアップ(↑)したが、シフトの関係でアルバイト代は減り、標準報酬が3等級以上下がった(↓)場合には対象とならない。

> アルバイトの時給制・シフト制の場合、社会保険の一番最初の
> 標準報酬月額って、どのように決まるのですか?
一応、資格取得時の決定方法についてはルールがございます。
 『b.日給・時間給・出来高給・請負給などの報酬については、その事業所で前月に同じような業務に従事し、同じような報酬を受けた人の報酬の平均額 』
 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3165/1963-232
 http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20120330.html

このルールに従って算出され...続きを読む

Qペースメーカーの購入

ペースメーカーの購入

フィリピン人の友人から相談があり、父親が病気になり、心臓のペースメーカーを装着する必要があるが、日本でペースメーカーを購入することができるかという問い合わせがありました。
日本でペースメーカーを購入して、フィリピンで装着手術をするというようなことはできるのでしょうか?そのような支援をしているNPOなどがあるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どういう意味で日本でペースメーカーを購入したいのですか?
日本のメーカーはペースメーカーを作っていないので、全部、輸入となり、代理店を通すのでとんでもない高額になります。代理店を儲けさせてあがる以外にメリットはないのですが、どういう意味かちゃんと話を聞かれたほうがいいかと思います。

Q4/1の入社日が産休中の場合の標準報酬月額の取り扱いはどうなりますか? 前年の前会社での標準報酬月額

4/1の入社日が産休中の場合の標準報酬月額の取り扱いはどうなりますか?
前年の前会社での標準報酬月額がそのまま適応されますか?
ちなみに限度額認定証でどの区分になるか不安で質問させてもらっています。

H27年4/1→前会社入社日
H28年3/31→前会社退職日(3/9〜産休)
H28年4/1→現会社入社日(現在育休中)

前会社は親会社
現会社は子会社になります。

Aベストアンサー

前職と現職が別法人なら、標準報酬月額は引き継ぐことはできません。

ただ、4/1入社時に見込みで標準報酬月額を届出ている(正確には見込みで給与額を届出ている)はずです。
それを前職と同じにしているなら、その金額となっているでしょう。
確認はしていないのですか?

4~6月給与の支給がないなら9月分からの標準報酬月額は保険者算定で従前の月額がそのままスライドするかと思います。

Qマラソンのペースメーカーはそれ専門?

昨日友人と福岡国際マラソンの放送を聞きながら話したのですが、マラソンのペースメーカーって、ペースメーカー専門なんでしょうか?自分自身が選手としてマラソンに出たり、他の種目に出たりもするのでしょうか?

また、マラソンのペースメーカーをするだけで生計が立つものでしょうか?

ご存じの方、どうかお教えください。

Aベストアンサー

専門というのは、まずありえないと思います。いくら30kmくらいまでしか走らないといっても、世界のトップランナーのペースを作るのなら相当の速さですし、ペースを確実に作るためには、ぎりぎりで走れればいいというわけではなく多少の余裕を持っていなくてはなりません。

つまりは、調子を整えて大会出場すれば、上位に食い込めるレベルの選手でなければ、ペースメーカーはできないのです。それだけのランナーになるには、才能も長年の努力も必要です。いったんなればOKというわけではなく、そのレベルを維持するためのトレーニングもけっこう大変です。ペースメーカーになるために、そんな努力を続ける選手がいるとは思えません。

また、海外には賞金がつくレースがけっこう多く、オリンピックや世界陸上でメダルをねらうことをあきらめた選手でも、そういう賞金レースにでれば、けっこうな稼ぎになるようです。国際大会でペースメーカーをつとめられるようなレベルの選手なら、国によっては有名選手でスポンサーもつくことも多いでしょうし、ペースメーカーだけで稼ぐ必要もないのではないでしょうか。

Q標準報酬月額改定不該当について

検索しましたが、分かりませんでしたので、
初歩的な質問ですみませんが、お願いします。

社会保険事務所より、標準報酬月額改定不該当
通知書が届いたのですが、
この不該当になった人の標準報酬月額は結局ど
うなるのでしょうか?

算定基礎届で該当したので月変届を出したのです
が、算定基礎届通りでいいのか、それとも算定し
直した方(月変届)でいいのか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1で回答した者です。
補足を拝見したので、再回答いたします。
#2&3の方が書き込まれているように、

◎月額変更届の変更後月額がいくらであっても、それは「不該当」になったので関係なく、算定基礎届で届け出た月額が有効

ということになります。

ご参考になれば幸いです。

Qペースメーカーの植え込みの判断

去年身内でペースメーカーを入れた者がいるのですが、ほんの数日の診断で即入院を促されペースメーカーの植え込み手術をしました。病院に行った経緯は、ふらふらと立ちくらみがしたためだそうです。
その後、病院で診断を心拍数を計測する機械を携帯し、心拍数のデータを取りました。データの結果、入れる判断に至ったようです。
疑問に思ったことがあるのですが、たった数日の判断で通常ペースメーカーを入れるのでしょうか?自分が調べた限りでは、倒れて病院に搬送された場合には即入れると理解しています。入れるにしても様子を見ながら、入れるか入れないかの判断の猶予を患者に与えると聞きます。また初めに薬物療法から改善を図っていく方法もあるようですが、それさえもせずにペースメーカーを入れるのでしょうか。ペースメーカーは一度入れてしまうと摘出ができないそうですが、本当ですか。

あるブログを発見し、ペースメーカーを入れる判断は正しかったのか今でも疑問に思っています。
アメリカでは、不必要な人にまでペースメーカーの手術をしているようです。
http://amefuji.blog22.fc2.com/blog-entry-4675.html
日本でも金儲けのために、不必要な人へペースメーカーを入れたりしているケースはあるのですか?

医療関係に詳しい方、どうかご回答お願いします。

去年身内でペースメーカーを入れた者がいるのですが、ほんの数日の診断で即入院を促されペースメーカーの植え込み手術をしました。病院に行った経緯は、ふらふらと立ちくらみがしたためだそうです。
その後、病院で診断を心拍数を計測する機械を携帯し、心拍数のデータを取りました。データの結果、入れる判断に至ったようです。
疑問に思ったことがあるのですが、たった数日の判断で通常ペースメーカーを入れるのでしょうか?自分が調べた限りでは、倒れて病院に搬送された場合には即入れると理解しています。入...続きを読む

Aベストアンサー

心電図を見れば心臓の電気信号が正しく伝わっていないのがすぐに判りますし
場合によっては緊急性のある場合も…
その場合は一時ペーシング(体外式ペースメーカー)を行います。

>倒れて病院に搬送された場合
もちろん心電図をみて必要だと判断されれば入れます。
でもいつでも入れられるように在庫があるわけではないので(物凄く高価なので)
体外式で持たせて後日埋め込むと思います。

薬でどうにかなる状況であればとりあえずは様子見でしょう。
完全房室ブロックという、心房から心室への電気信号の伝達が
完全に途絶えてしまっている場合は埋め込みとなるでしょう。

摘出は出来ますよ。
電池の寿命がありますからね。本体は交換です。
電極リードは癒着してしまい抜けないことが多いです。
(電極がダメになったら追加で入れなおします)


日本ではペースメーカーを埋め込むと障害者扱い(現在は1級!でも改正される方向ですが。)です。
病院の利益のためによりも患者が1級をもらいたいがために入れたがるほうがありそうですがね。
悪質なものは無いと思いますが、
例えば高齢で電池交換(通常5年程度で本体の電池寿命となり、本体を交換します)することは無いだろうな、って患者さんにも適応してしまうこともあり
本当に必要なのかな?と思うときはあります。

ただ、埋め込むのと埋め込まないのでは予後がちがいますから、何処で線引きをするかが問題でしょうね。

心電図を見れば心臓の電気信号が正しく伝わっていないのがすぐに判りますし
場合によっては緊急性のある場合も…
その場合は一時ペーシング(体外式ペースメーカー)を行います。

>倒れて病院に搬送された場合
もちろん心電図をみて必要だと判断されれば入れます。
でもいつでも入れられるように在庫があるわけではないので(物凄く高価なので)
体外式で持たせて後日埋め込むと思います。

薬でどうにかなる状況であればとりあえずは様子見でしょう。
完全房室ブロックという、心房から心室への電気信号の伝達が...続きを読む

Q標準報酬月額の随時改定について(長文です)

社会保険料の随時改定の条件について教えてください。

私の会社では、4月と10月に通勤手当がそれぞれ半年分支給されます。
しかし、1月に引越しをするということで、10月に既存区間の3か月分と
1月に新区間の3か月分の通勤手当を支給してもらいました。

10月の通勤手当が6→3ヶ月になったことで月あたりの通勤手当が上がり、
健康保険の随時改定が行われました。
タイミング悪くその時期に仕事が忙しく、時間外手当も多く支給されたために
標準報酬月額の等級が3つ上がり、合わせて保険料も上がりました。
(1月より新等級が適用、2月給与より保険料が上がりました)

1月に新区間の通勤手当(これまでより上がりました)が支給されたことで、
1~3月でさらに随時改定が行われると思ったのですが、
「固定賃金が上がったが、時間外手当が下がったから随時改定は行われない。
固定/変動の両賃金がどちらも増額/減額しないと随時改定はない」と言われました。

社会保険庁のサイト(http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo09.htm)を見ても
固定賃金と変動賃金については何も書かれていませんが、本当なのでしょうか?

社会保険料の随時改定の条件について教えてください。

私の会社では、4月と10月に通勤手当がそれぞれ半年分支給されます。
しかし、1月に引越しをするということで、10月に既存区間の3か月分と
1月に新区間の3か月分の通勤手当を支給してもらいました。

10月の通勤手当が6→3ヶ月になったことで月あたりの通勤手当が上がり、
健康保険の随時改定が行われました。
タイミング悪くその時期に仕事が忙しく、時間外手当も多く支給されたために
標準報酬月額の等級が3つ上がり、合わせて保険料も上がりました...続きを読む

Aベストアンサー

随時改訂を行うときに変動賃金を考える必要はありません。
あくまでも固定的賃金が変わった結果、報酬月額に2等級以上の差が出たときに随時改定を行うのです。
ただ、時間外手当は報酬に大きく影響しますので、その増減により、
固定的賃金が上がったのにもかかわらず、報酬は下がったとか、
固定的賃金が下がったのに報酬が上がったというようなときは随時改定には該当しません。

>「固定賃金が上がったが、時間外手当が下がったから随時改定は行われない。

「時間外手当が下がったから」と言うよりも報酬月額が2等級以上上がらなかったので、
随時改定は行われないという意味ではないでしょうか?

>10月の通勤手当が6→3ヶ月になったことで月あたりの通勤手当が上がり、
健康保険の随時改定が行われました。

この文面を見てちょっと心配になりましたが、通勤手当は数ヶ月分まとめて支給されても、計算は月額に直してします。
だいじょうぶですよね?

Qマラソンのペースメーカーについて

 今テレビでマラソン中継をしています。ペースメーカーについて過去ログも見て、少しは分かったんですが、根本的な疑問があります。彼らが先頭集団を引っ張られるというのは、実は、ペースメーカーが一番速いということなんじゃないんでしょうか?
 
 どうしてペースメーカーの人は大会にでて優勝しようとしないんですか?

Aベストアンサー

 今日の別大マラソンのタイス選手は別格です。
一般的に、かなりの走力を備えたランナーであることは確かですが、彼らは30kまでの契約で走るわけです。フルマラソンは、実は35k過ぎから急激に消耗が襲ってきます。ペースメーカーは、30kがゴールの長距離を走るペース配分でかまわないわけです。
 42.195kを走る選手達は、それなりのペース配分を考えながら、30kまでは余計な駆け引きに神経を使うことなくペースメーカーの後について走れるというメリットがあるのです。
 どこかの大会でペースメーカーが優勝した例もあるようですが。

Q傷病手当に関して、標準報酬月額、随時改定、など調べてもわからない部分があり不安です。

健康上(精神科に通い、鬱と診断されています)の理由で、5/15に会社を退職する事になりました。
会社からの申し出になるので、おそらく会社都合での退社になると思います(実際の退社方法はまだ聞いていません)。
1年以上雇用保険に加入していますので、この場合は退職後、
失業保険がおおよそ10日ほどでおりるとこになると思います。

この事をかかりつけのお医者さんに話したところ、
その場合、傷病手当を貰えるようにしたほうがゆっくり休養がとれると勧められました。

自分なりに、傷病手当に関して調べてみたのですが
はっきりとは理解できない部分があり、
こちらでの相談に至りました。


●5/12~5/14の3日間を傷病手当の待機期間に充てて、
5/15から傷病手当を受け取る事はできるのでしょうか?
待機期間に有給休暇を使っても良いのでしょうか?
現在、派遣組合の保険に1年以上加入しています。

●傷病手当の申請はまだしておりません。
5/7に会社に相談しようと思っています。
申請からしばらくまたないと傷病手当は受けれないものでしょうか?
それともすぐに受けられるのでしょうか?

●5/15に退職となった場合、
その後も傷病手当を受け取る事は可能でしょうか?

●傷病手当は、標準報酬日額の3/2となるようですが、
昨年の4.5.6月の給料は16万円ほどで、
11月頃から現在までは大幅に増えて33万円ほどになっています(出向手当や残業代により増えたのですが、
自分の調べたところではこの間ずっと2等級以上の差がでるようでした)。
標準報酬の随時改定をするしないにより傷病手当の金額が大きく変わります。
昨年の4.5.6月の給料で傷病手当を受けた場合、
一日3000円ちょっととなるので、正直生活が出来ないです。
いまから随時改定を申請した場合、
傷病手当の金額は随時改定後(33万円)の標準報酬によって計算されますでしょうか?(5/15から適応されるのか、
それともいつ頃からから適応されるのか、それとも適応されないのか)


急で、いりまじった内容ですが、
ご回答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

健康上(精神科に通い、鬱と診断されています)の理由で、5/15に会社を退職する事になりました。
会社からの申し出になるので、おそらく会社都合での退社になると思います(実際の退社方法はまだ聞いていません)。
1年以上雇用保険に加入していますので、この場合は退職後、
失業保険がおおよそ10日ほどでおりるとこになると思います。

この事をかかりつけのお医者さんに話したところ、
その場合、傷病手当を貰えるようにしたほうがゆっくり休養がとれると勧められました。

自分なりに、傷病手当に関し...続きを読む

Aベストアンサー

> ●5/12~5/14の3日間を傷病手当の待機期間に充てて、
> 5/15から傷病手当を受け取る事はできるのでしょうか?


できます。



> 待機期間に有給休暇を使っても良いのでしょうか?

構いません。
但し、給与の総支給額が傷病手当金を上回るような場合、
傷病手当金が支給されない場合があります。



> 申請からしばらくまたないと傷病手当は受けれないものでしょうか?

傷病手当金は、事後請求となります。
つまり、5月分の請求は6月に行い、
給付はさらに後、ということになります。
つまり、休みに入ってから早くても2ヵ月後、
遅くても3ヶ月くらいで支給されます。



> 5/15に退職となった場合、
> その後も傷病手当を受け取る事は可能でしょうか?

被保険者であった期間が1年以上ありますので、
退職後の継続受給の要件を満たしています。

引き続き就労不能である場合に傷病手当金を、
引き続き最長1年6ヶ月の間、受給することができます。



> 傷病手当の金額は随時改定後(33万円)の標準報酬によって計算されますでしょうか?


その通りです。
傷病手当金を請求したときの標準報酬月額をもとに、
傷病手当金の金額を決定します。

但し、退職後に健康保険の任意継続を行った場合に、
標準報酬月額に上限がある場合、上限に固定されてしまう場合があります。
国民健康保険に加入すれば、そのようなことが無いようですけどね。

> ●5/12~5/14の3日間を傷病手当の待機期間に充てて、
> 5/15から傷病手当を受け取る事はできるのでしょうか?


できます。



> 待機期間に有給休暇を使っても良いのでしょうか?

構いません。
但し、給与の総支給額が傷病手当金を上回るような場合、
傷病手当金が支給されない場合があります。



> 申請からしばらくまたないと傷病手当は受けれないものでしょうか?

傷病手当金は、事後請求となります。
つまり、5月分の請求は6月に行い、
給付はさらに後、ということになります。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報