厚生労働省が認可している食品添加物は、アメリカの倍以上、欧州先進国の数倍もあるということですが、なぜそんなに許可しているのでしょうか?

サプリメントなどは、アメリカ以上に厳しいのに、なぜ添加物に限り、他国で禁止しているようなものまで許可するほどに、寛大なのでしょうか?

厚生労働省が添加物に限り他国以上に寛大なのは、何か知らされていない背景などがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 補足ありがとうございました。

追加ですみません。
>コンビニ弁当を続けていたら、しまいには、どれも味が同じ感じがしてきて、とても気持ち悪くなったのを覚えています(サンドイッチだろうが幕の内だろうが、どれも同じ味がしたあの感覚は、とても気持ち悪いものでした)。
 
 同感です!ただ基本的に食品添加物は無味無臭(あたりまえ)ですし、コンビニ弁当は比較的食品添加物の使用が少ないもののひとつですので、これは添加物うんぬんより調味料による味の画一化の問題ですね。確かにいわゆる「化学調味料(造語)」をつかいすぎると皆同じ味になりますが、コンビニ弁当が毎回味が違うのではそれはそれで苦情の嵐になりそうで怖い。したがって、失礼ながらコンビニ弁当ばかり食べる食生活自体に問題がありそうです。ちなみにいわゆる「化学調味料」の危険性はすでに科学的に否定されていますので、体への影響は心配しなくていいと思います。

>ファーストフードはもう論外ですね。
 う~ん・・・。いちいち難癖をつけて申し訳ないですが、外食産業でつかうメインの食材は冷凍が中心となっています。冷凍は食品添加物を使わないための方法のひとつでもあるんですよ。こっちも添加物は意外にすくないんじゃないかな。

この回答への補足

再びご回答恐縮です

ファーストフードについてですが、アメリカにいったとき、腰周りが2倍も3倍もある人が大勢いるのを見て、びっくりしたことがあります。ちょっと初めは目を疑いました

「低所得者はファーストフードや冷凍食品ばかり食べているので、ああいう体型になる。お金持ちは日本人のようにスマートな体が多い」

との事で、その後色々な人とあって、妙に納得した覚えがあります

あのとんでもない体型を見て以来、ファーストフードや冷凍食品やレトルトや外食に、ちょっと怖いものを感じています。

腰が2倍も3倍にもなるなんて、普通の太り方じゃあないですよね・・・

というわけでアメリカは論外と書きましたが、日本で1人暮らしをしていると、ほんとうに毎日外食か中食(できた惣菜を買って家で食べる)ですよね。

http://www8.cao.go.jp/kisei/giji/02/009/2-1-6j.pdf
>総じてEUのほうがあまい。
資料拝見しましたが、これを見る限り、EUのほうが甘いという根拠にはならないようです。EU側の資料を見ない限り。

日本は世界一外食と中食の発展した国なので、添加物などの合成物の種類の数の問題だけではなく、そういうものを毎日とり続けて歳をとっていくことが怖いような

アメリカの肥満現状を見ると、添加物などの合成物に発がん性があるとかいうより、肥満とか糖尿病とかほかの病気の原因に、毎日の添加物摂取には大きな役割することのほうが、怖いなあと。

つまり、添加物は摂取しても(死なない)という安全性がラット試験で保証されていても、毎日摂取して歳をとった場合は、やっぱり健康上にかなり問題があるのでは。

なーんて、以前、毎日ランチはコンビニ弁当夜は外食で、気持ち悪くなった体験と、アメリカの猛烈な肥満体型を見たショックから思いました

世界一の外食・中食産業のおかげで、おいしく種類のある食事を、毎日安く堪能できるけど、その反面、厚生省が定める倍以上の添加物を毎日体に入れて歳をとっていく生活・・・

補足日時:2009/05/26 16:35
    • good
    • 2

>ただ実感として、日本は添加物がヨーロッパ先進国などより多いというのはよく聞きます。


根拠はなに?
http://www8.cao.go.jp/kisei/giji/02/009/2-1-6j.pdf
総じてEUのほうがあまい。
    • good
    • 1

 たとえばアメリカの食品添加物は2500~3000と言われますが、日本は約800。

数だけ見れば日本が特に多いどころか、少ないです。じゃあ日本は少ないから安全かというとそういうことではありませんし、その逆でもありません。食品添加物というのは、よくも悪くもその国の風土や生産事情、歴史などに左右されています。当然考え方や区分も違いますので、国によって管理している範囲が異なります。こんな状態で一概に数だけを比較する意味はありません。
 他国で禁止しているものまで許可しているというのは、別に日本に限ったことではありません。どちらかといえば日本は無意味に厳しいので、EUなんかはしょっちゅう「日本は基準が厳しすぎる、我々の添加物を認めろ」なんて言ってきていますね。

 いわゆる化学的に合成された食品添加物の安全性は、現代ではほぼ問題がないとされるレベルにまで確認されてきました(もちろんそうでないものもある)。それでは困る一部の健康食品や自然派の食品業者の方々が、いろんな難癖をつけて自らの商品を売ろうとしています。基準が異なるモノを無理に比較して不安をあおるご質問の内容は、そうしたやつらの常套句としてよくつかわれるものです。

この回答への補足

そうなんですか・・・

ただ実感として、日本は添加物がヨーロッパ先進国などより多いというのはよく聞きます。アメリカはともかくとして・・

ヨーロッパ人が日本へ来て長期滞在すると、外食はどれも似た味がしてくるといいます。

わたし自身も、コンビニ弁当を続けていたら、しまいには、どれも味が同じ感じがしてきて、とても気持ち悪くなったのを覚えています(サンドイッチだろうが幕の内だろうが、どれも同じ味がしたあの感覚は、とても気持ち悪いものでした)。ファーストフードはもう論外ですね。

日本では外食産業が盛んなせいか、実体験として、とても添加物が体内に入っていくことが多いように思います

補足日時:2009/05/25 19:59
    • good
    • 2

厚生労働省が認可している食品添加物が多いというのは、厚生労働省が使用を規制している食品添加物が多いという意味です。

食品添加物として規制対処にならない物は、いくら添加していても問われないと言うことで、問題が多く発生します。個人的には、まだ規制添加物が足りないと実感しています。

良く、食品添加物が無添加であるといって売っている商品が有りますが、腐敗や変質に関して、全て消費者の責任であると言う言う意味です。本来、豆腐もこんにゃくも砂糖も乳児用粉ミルクも食品添加物が無いと作れません。

無添加食品が無添加でない食品よりも健康にいいという科学的証拠は全くゼロであり、無添加などの日用品におけるゼロリスク商法は、消費者に誤解と不安を広げるだけで、加工食品等に対する信頼の構築には結びつかないという意見もあります。
    • good
    • 4

一つは法制度の違い。


食品添加物の定義が、「収穫後から食するまでの期間に使われる食品以外のもの」の旨で定義されています。したがって、米国の「農薬」と定義されているものでも、日本では食品添加物になります。
一例としては、
バナナの箱の下にすいてある紙。ここに農薬を染み込ませて腐りを防止しています。これが食品添加物になります。
日本では、検疫として、くんえん処理をしています。このくんえん剤が食品添加物にあたります、燻煙剤(くんえんざい)。

次に、カットの関税以外の障壁、非関税障壁の低減ということで、海外で見とめられている農薬の使用を食品添加物として認めました。
日本へ食品を輸出している国々は数多くあり、その国で見とめている農薬を全部みとめると、やたらおおくなるのです。

始末に困るのは、米国です。国内向けでは使用を禁止している農薬を貿易相手国が見とめるのであれば使用しているのです。1国を見とめると最恵国待遇で他国も見とめざるをえません。そのけっか、やたらめったら新種の農薬が使われているのです。

このあたりが、多い理由です。

ただし、私の知識は、20年ほど前のないようなので、間違っている場合があります。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近のコンビニ弁当の添加物の味について。

最近のコンビニ弁当の添加物の味について。

昔は違和感なくコンビニ弁当を食べることができましたが、ここ数年コンビニ弁当を食べると添加物?の味がして食べ切れず残してしまうことがよくあります。
なんだか舌の奥で苦味に似た味を感じるのです。サンドイッチやパンからは感じないのですが弁当からは必ず苦味系を感じます。
例えば、コンビニ弁当の幕の内系のサバの塩焼きみたいなやつはどのコンビニも味がおかしいです。幕の内のオカズではサバ以外は割と完食できるので腹だけ満たす必要に迫られたときにたまにチャレンジしますが例外なくサバからは不自然な苦味を感じます。アジの焼きほぐし身丼も例外なく異常な味がします。
あとジャ○コの惣菜コーナーのオリジナル弁当ではなく、他業者から仕入れてきたラッピングされた弁当の幕の内に入ってる焼サバもコンビニ弁当のサバと同じ味がします。
サバは必ずですが、このように不自然な苦味を感じる物は他にも沢山あります。
おにぎりからもまた味覚の種類は違いますが不自然な味を感じます。
同じ物を何度かチャレンジしたべってみても同じです。

家庭のおにぎりvsコンビニおにぎりのブラインドテストで正解できない人はいないと思いますが、これより露骨なのはサバです。

これは家庭の台所では絶対に出せない味です。
昔からコンビニ弁当の味に満足したことはありませんが、昔はここまで不快な味は感じませんでした。

自分の舌が敏感になったのか、それとも添加物が変わったのか、調味料が変わったのか、素材が劣悪なのか。

みなさん感じたことはありませんか?

最近のコンビニ弁当の添加物の味について。

昔は違和感なくコンビニ弁当を食べることができましたが、ここ数年コンビニ弁当を食べると添加物?の味がして食べ切れず残してしまうことがよくあります。
なんだか舌の奥で苦味に似た味を感じるのです。サンドイッチやパンからは感じないのですが弁当からは必ず苦味系を感じます。
例えば、コンビニ弁当の幕の内系のサバの塩焼きみたいなやつはどのコンビニも味がおかしいです。幕の内のオカズではサバ以外は割と完食できるので腹だけ満たす必要に迫られたときにたま...続きを読む

Aベストアンサー

食品業界にいます。
 基本的に調味料以外の添加物は無味無臭ですよ。そもそもコンビニ弁当はその日のうちに処分しちゃう食品なので、保存料等が不要な分、添加物は少ない部類の食品にはいります。そのなかでもサバの塩焼きなんて、仮に使うとしたらうまみ調味料くらいで、他には一体どういう用途の添加物を使うんだろうって悩むくらいの単純なメニューです。添加物もただじゃないですしね。無駄には使いません。

 調味料関係で近年変化があるとすれば、いわゆる化学調味料(アミノ酸等)からたんぱく加水分解物への切り替えはわりと進みましたね。アミノ酸等は添加物ですが、たんぱく加水分解物は原料扱いになりますので、化学調味料無添加!って銘打つことができます(中身は同じようなものですが)し。
 違いがあるとすれば、そのあたりかと。

 ただし、その違いを舌で確実に判断できる方がいろとしたら、うちの会社で雇います。

Q食品添加物の添加法

しょうゆとか清涼飲料水に保存料って入ってますよね。その保存料は、どうやってしょうゆや清涼飲料水に加えているのでしょうか?また、そのときの保存料のpHはどうなっているのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>そのときの保存料のpHはどうなっているのでしょうか?

こちらをご覧下さい。
http://www1.odn.ne.jp/~cak40870/m-ST3.html

http://plaza.rakuten.co.jp/jade1rose/7000

Qコンビニのおにぎりや弁当に含まれる添加物について

 コンビニで売られているおにぎりや弁当には「保存料・合成着色料なし」というシールが張られているものがあって体に害はなさそうなイメージを持ちますが、原材料名の表示を見てみると「酸味料、pH調整剤、グリシン、酸化防止剤(V.E)、ピロリン酸Na、膨張剤、甘味料(ステビア)、カロチノイド色素、カラメル色素」など自分にはわからない単語がいっぱい書いてあります。これらはどういった添加物なんでしょうか?またこれらの添加物は体に悪影響はないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

添加物はいろいろとあります。
「保存料・合成着色料なし」といっても合成添加物が使われているのは知られている通りです。
もともとは生ものである食物の味付けだったり、長時間持つようにするための保存料であったり、見栄えをよくするためのもの、加工の際のコストを下げるために使われているものだったりします。
「悪影響がない」と言っている人もいますが、ものにもより、とくに合成物の場合は「ない」とはいいきれません。

1つ1つを説明することはここでは不可能ですので、書かれた本をご一読することをお薦めします。

「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」 安部 司 (著)

食品添加物商社の元セールスマンが食品添加物について、初心者にも分かりやすく教えてくれています。専門的な知識もいりません。

こういうことに関心を持つのは大切な事です。
奥が深いので、勉強してみることをお薦めします。

Q食品添加物無添加?

今、保存料について調べているのですが、最近「合成保存料を使用していません」という食べ物を多く見かけます。そしてそのように書いてなくても、原材料のところには「保存料」の文字は見当たらないものが多いです。本当に無添加なのでしょうか?

Aベストアンサー

食品添加物の原材料表示を決めているのは食品衛生法です。
この法律では、その食品の製造業者が添加したのではなく、使用した原料に保存料が含まれていたもので、最終製品に保存料としての効果が及ばない場合(製品の保存性を高めるには量が足りない場合など)は、キャリーオーバーとして、表示義務を免れます。
ですから、原材料表示に無いからといってその食品に保存料が含まれていない、という事にはなりません。

しかしながら、キャリーオーバーで保存料が含まれているにもかかわらず、「合成保存料を使用していません」と表示した場合、これは「不当景品類及び不当表示防止法」に抵触する可能性があります。
実施には保存料が使用されているわけですから、それは不当表示です。
食衛法はキャリーオーバーは原材料に表示しなくても良い、といってるだけで、景表法とは別の話です。
「合成保存料を使用していません」と書いてあるのならば、これはキャリーオーバーも含めて起源原料に遡って全工程で保存料が使用されていないと解釈されます。

Qコンビニの添加物

肌にできた、ニキビが治らないのをきっかけに、食生活を見直し、ご飯とパンを玄米のものに見直したり、トマトなど緑黄色野菜をとったり、バランスに気を付けてますが、ニキビが治りません。

今日、お昼にとコンビニの野菜、トルティーアを買ってしまい、食べて肌に影響しないか心配になってきてしまいました…
まだ外食した方がましですよね…

1日一食はコンビニ弁当になっても、あとの、二食で補えば問題ないでしょうか。

Aベストアンサー

夢見る黒猫さん初めまして。

コンビニ食品の添加物を心配しているようですが、私はそれよりも便秘を疑いますが、便秘気味ではありませんか?
思春期だとニキビが出やすかったりしますが、思春期でなくても便秘気味の人はわりとニキビが出ますよ。
便秘とニキビの関係が下に説明されていますので参照してください。

http://www.skincare-univ.com/article/002101/

もし便秘気味なら食物繊維を十分に摂りましょう。
野菜、豆類、芋類、ドライフルーツ、卯の花、ふすま(ブラン)のシリアル、パンはライ麦パンとか全粒粉パンなど
他に水分も不足なくです。

野菜不足を心配してコンビニのサラダを食べる人が多いですが、レタス中心のサラダには食物繊維が余り含まれません。
コンビニサラダより納豆1パック(50g)を食べた方が食物繊維はたっぷりとれますし安いです。更に骨を強くする
ビタミンK、カルシウム、タンパク質も含まれます(ビタミンCは含まれませんので、他の何かで補給してください)。
納豆の栄養はこんな感じです。

http://calorie.slism.jp/104046/

もちろん100%野菜ジュース(200mlパック)でも良いでしょう。お好みでどうぞ。

>1日一食はコンビニ弁当になっても、あとの、二食で補えば問題ないでしょうか。

お昼はそれで全然問題ありません。あとの2食で調整できれば良いのです。

よっぽど特殊な体質でもない限り、普通の食品に含まれる添加物で体調を損ねることはありません。
体調を損ねるような添加物は許可されませんので安心してください。

夢見る黒猫さん初めまして。

コンビニ食品の添加物を心配しているようですが、私はそれよりも便秘を疑いますが、便秘気味ではありませんか?
思春期だとニキビが出やすかったりしますが、思春期でなくても便秘気味の人はわりとニキビが出ますよ。
便秘とニキビの関係が下に説明されていますので参照してください。

http://www.skincare-univ.com/article/002101/

もし便秘気味なら食物繊維を十分に摂りましょう。
野菜、豆類、芋類、ドライフルーツ、卯の花、ふすま(ブラン)のシリアル、パンはライ麦パンと...続きを読む

Q寿司に添加物?

今日スーパーでパック入りの寿司を買ってきたのですが、ラベルのところに添加物がいっぱい書いてあってびっくりしました。
しかも貝類一種類だけのものなのに・・・。
お寿司って酢飯に切ったネタを乗せるだけだと思っていたのですが、
調味料(アミノ酸)、青色1号、黄色4号、甘味料(ステビア、ソルビット)、保存料(ソルビン酸K)、酸味料、Ph調整剤、v、c
などいっぱい添加されていて・・・。どんな形で添加されているのか気になってしまいました。ネタにつけるんでしょうか?それともシャリにいれるのでしょうか?
知っている方教えてください。
ちなみに回転寿司の寿司も同じように添加物が含まれているのですか?

Aベストアンサー

すしの合わせ酢は、米酢+砂糖+食塩+昆布だしが基本です。
安価な市販のすし酢は、安価なものは異性化液糖(加糖ぶどう糖液糖など)や昆布だしの代わりに調味料(アミノ酸等)を多用しています。
出来合いのすしの酢飯には酸味料、pH調整剤、V.Cなども使われているものが多いと思います。
ちなみに、わが家で愛用している市販のすし酢は、純米酢+砂糖+食塩+昆布だしです。
http://www.uchibori.com/blog/2007/04/post_3.html

青色1号、黄色4号は、添付の練りワサビに使われているのではないでしょうか。市販の練りワサビには、保存料(ソルビン酸K)、酸味料、pH調整剤、V.Cなども使われている場合があります。

そのほかに、添付のすし醤油も、アミノ酸調味料や甘味料などの添加物が添加されています。まともな醤油にアミノ酸調味料を加える必要はないのですが、近頃は純粋な醤油より添加物たっぷりのすし醤油を好む人が増えているようです(納豆のたれなども同様です)。

Qセブンイレブンが食品添加物0

セブンイレブンが食品添加物
 0 を目指してますが、
本当に添加物を使ってないのでしょうか。
セブン以外のコンビニでも添加物を
無くそうという動きはありませんか?
教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

添加物「0」ということですが、まったくなくなるということはないはずです。
食品の原料として使用されているものを敢えて「添加物」として使用する場合はOKですし、そのあたりはセブンイレブン側で基準を作成してそれに則っているのだと思います。
「保存料」や「pH調整剤」といった添加物の表示が必要な原料がなくなるのだと思った方が良いですね。

ちなみに、添加物をなくす運動はセブンイレブンが初めてではなく、そもそも「am pm」が始めたものです。

Qインスタント食品の添加物

こんばんは。
一人暮らしを始めたために、自炊をすることになりました。
味噌汁(生味噌タイプ)やレトルトご飯(レンジで温めるだけ)や冷凍食品を愛用しています。
最近、健康面での心配をしております。野菜などは取るようにしていますが、例えば、添加物等の心配が気になっています。ご存知の方がいらしゃいましたら、アドバイスをお願いします。
(ちゃんと料理すればよいのですが、できれば短時間に料理を済ませたいと思っていますので、インスタントはありがたいです。よろしくお願いします。)

Aベストアンサー

食品中に含まれる添加物で健康被害になる程の量を取る事はまずありません。
単一の商品を多量に継続して食べつづけれれば、何らかの影響が出る可能性はあります。
しかし、この場合、(添加物が原因の可能性もありますが、)偏った食習慣に問題があります。

まずは食事のバランスを考える事ですね。

以下全て厚生労働省のページからです。
http://www3.gov-online.go.jp/gov/tsushin_flash/200509/f_food_guide_s.swf
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/pdf/eiyou-syokuji8.pdf
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou-syokuji.html
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/pamph.html
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/qa/index.html

食に関わる多様な問題がある事も確かですが、その中で一点だけを気にして心配するよりは、食べたい時に食事ができる事に感謝して、美味しい、美味しくない程度の悩みの方が健全ですよ。
それでも、健康と食生活を結びつけたいなら、バランスから入る事だと思っています。

食品中に含まれる添加物で健康被害になる程の量を取る事はまずありません。
単一の商品を多量に継続して食べつづけれれば、何らかの影響が出る可能性はあります。
しかし、この場合、(添加物が原因の可能性もありますが、)偏った食習慣に問題があります。

まずは食事のバランスを考える事ですね。

以下全て厚生労働省のページからです。
http://www3.gov-online.go.jp/gov/tsushin_flash/200509/f_food_guide_s.swf
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/pdf/eiyou-syokuji8.pdf
http://www.mhlw.go.j...続きを読む

Q弁当の添加物

よくコンビニの弁当には、添加物が含まれているから悪いと言いますが、
弁当屋さんの弁当なら添加物は含まれていないのでしょうか?
また、スーパーのパックに入ったおかずは添加物は含まれているのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すべて含まれていると思います。
家庭でだしから取って調理したものは、時間がたつと味が変わりやすく、腐りやすいです。
変な話ですが・・・現代人は、添加物が防腐剤の役目をして、死体が腐敗し難くなっていると聞きました。(~_~;)
私の場合、家庭で直ぐ食べるものは出来るだけ自然に近いものを利用し、お弁当などは外で買うか冷凍食品を少し混ぜて作ります。

Q★☆食品添加物☆★

こんにちは!!
今、食品添加物について調べてるんですけど・・・
なにか、教えてくれませんか?!
結論的には、食品添加物の怖さっていうか、そういう風につなげたいんですけど・・・
なんでもいいので、いいアドバイスお願いします!!

Aベストアンサー

食品添加物に関しては、食品衛生学・食品衛生法などの範疇です。これらをキーワードに調べると詳しくわかると思います。#1さんが紹介してるサイトも詳しいです。

「食品添加物」とは、字義的には、食品に何らかの目的をもって添加されるものです。豆腐を作るのに必要な「にがり」、お茶などの酸化防止のためのビタミンC、栄養強化のためのビタミンAなどもそうなので、必ずしも悪者ではありません。

保存料、着色料、香料、発色剤、、、名前を聞いただけでも体に悪そうなものは、その「食品添加物」の一部です。これらの基準値も、それなりの試験を経て決められています。(試験内容は調べてみてくださいね)

「体に悪そうな食品添加物を、極力口に入れないようにする」ということは、私の場合この試験方法を知ってからやめてしまいました。

でも、できるだけ普段から自然の食品・調理方法を選んで、口に入らないに越したことはないと思います。(一切口に入れないことは無理としても)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング