スケールモデルを作っている会社を教えてください。
できれば大阪にあればなおよいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

田宮模型で働いていたこともありませんし、もちろん人事担当をしたこともないのであくまでも想像になります、まずご了承ください。


現在田宮で求めている人材は企画設計担当とイラストレーターになります。
企画設計担当は即戦力として製品の設計ができること(CAD経験があれば歓迎となっていますが、もちろんそれ以外の製品を作っていく工程について理解し実践できること)を求めています。またイラストレーターについては水彩での精密イラスト(CG、油彩は不可)が描けることが前提で、実際には作品を見た上で採用/不採用を決定すると思われます。
また双方ともに製品の対象となる車、飛行機などに対する造詣が深い方を求めています。

つまり田宮模型としては新卒の未経験者を教育していくのではなく、既に求めるスキルを有している方を選考対象としていると思います。なので単純に普通の大学で学べる知識というのは既にあるものとして、その先の知識/スキルを有した方を欲しているということになりそうです。
なので就職を希望するのであれば、大学での勉強とは別に独学で絵の勉強なり製品の設計に必要なスキル(具体的にどのようなスキルが不可欠かは私もわかりかねますが)を学ぶ必要があると思います。
また製品の対象となる車やバイク、飛行機などの知識についてはオタクになれとは言いませんが、常に興味を持ち、人一倍良く知っていることが重要です。

最後に模型店を開業することについてですが、現状世間一般の模型離れが著しく、何か特色を持つか、他に収入源があり道楽としてやるのでない限り難しいと思います。特に都市部ですと量販店で安くプラモデルが買えるのが当たり前となっているので個人経営店は非常に経営が苦しくなってきています。
「特色」については、例えば以前私がバイトしていた模型店の場合、普通のプラモデル、エアソフトガン、鉄道模型を扱っていて、鉄道模型については関東最強クラスの品揃え(HOゲージでパンタグラフや連結器等のパーツ売りなどもやっていました)という特色があったので、こちらでなんとか成り立っているという状態でした。
なので、今からメインの職業として模型店の開業というのは成り立たないんじゃないかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。これから、いろいろとやってみます。
プラモデルは大好きなので、プラモに携る仕事につきたいです。
作品を作って田宮などのイベントなどに参加してみます。
開業は夢なので、退職してからでもいいかな(笑)
詳しく教えていただいて、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 18:40

ご質問者様の年代やスキル等わからないのでなんとも言えませんが、とりあえず田宮模型については、リクルート情報を見る限り経験者の募集のみ(ボックスアート担当、企画設計担当)となっているので、今現在同社製品のパッケージアートとして問題のないイラストが描けるか、3DCADが使いこなせるなどのスキルがないと就職は難しいかもしれません。


また他メーカーでスキルを得てから転職…というルートも、今の業界的にも厳しい時代ではどこも即戦力を欲しているので難しいかもしれません。

参考までに、いわゆるスケールモデル関係ではありませんが、大阪近辺の広義的な模型メーカーは建設模型メーカー、鉄道模型メーカー、そして海洋堂あたりがありますが、これらの企業に就職できたとしても、得ることのできるスキルは田宮模型で求めているスキルとは異なる可能性が高いと思います。

参考URL:http://www.tamiya.com/japan/recruit/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。田宮に就職するには、大学で何を学べばいいのでしょうか。どうしたら、入れると思いますか?
本当に何度も質問しすいません。
詳しそうだったので、甘えて聞いてみました。
よかったら、意見を聞かせてください。
関係ないですが、プラモデル店を開くってどう思いますか。
教えてください。

お礼日時:2009/05/28 00:47

スケールモデルといってもかなりジャンルが広いですが…


また、ご質問者様がお知りになりたいのは模型のメーカーでしょうか?それとも製作代行会社やオーダーメイドでの模型製作会社でしょうか?

模型メーカーですと、国内の大手メーカーは軒並み静岡県に集中しているので、大阪近辺にはなかったように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当は田宮に就職したいのですが、スケールモデル募集の広告を見て、他のところで技術を学んで、応募したいと思ったのですが、いいところはありませんか。

お礼日時:2009/05/27 01:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメにおける「製作」と「制作」の違い

エンドロールを見ていると「製作」と「制作」が出てきます。

詳しい違い、というか、関わり方の違いを分かりやすく教えていただけたら幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アニメの場合ですよね。私は出版の人間なので、ちょっと理解にずればあるかもしれません。
他の回答の方の内容と混ぜて理解すると分からなくなると思いますので、ご注意ください。

アニメを作る実作業を制作といいます。コンテンツ自身を作る作業です。絵コンテを作ったり、色を塗ったり、コマを撮影したりの作業です。この作業で出来あがったバラバラのものを繋ぐ作業を編集といいます。これら作業を管理・調整する作業を進行といいます。
カンタンに考えると、進行の人が管理するすべての業務を「制作」といってもいいかもしれません。
作業も制作といいますが、そういう役割も制作といいます。その場合は、具体的な作業をする人自身よりも、その作業をする指示をさす人を制作と呼びます。もちろん兼ねるケースもあります。
「現場」と言ってもいいかもしれません。

アニメを作ることを製作といいます。制作の人、作業も含みますが、それよりも広い部分を指します。実作業を行うためには、お金を集めたり、人を集めたり、広告をしたり、そのためのスポンサーを集めたりします。そういう実作業以外の作業も含めて製作とんでいるようです。製作という仕事は、全体を管理する役割を指すようです。ここが出版と違っています。
アニメで言う製作委員会は、この意味となります。
アニメを作る、そこから利益を得るためには、制作費の管理、著作権の管理など、お金の管理、権利の管理をする必要があります。アニメは制作だけでなく、公開する部分まで分業作業ですから、どこかの会社がその役割をするわけにはいきません。
そのため、そのアニメの「製作」に関わる人を集めて、権限や権利関係の代表をさせる必要があります。その仕組みを製作委員会とよんでいます。ここを、広告主やテレビ局がコントロールすることになります。広告主やテレビ局は、ここにお金を振り込むわけですね。

そして、狭い意味の製作もあります。具体的なコンテンツを、皆に配るために「形」にすることも製作といいます。アニメがもしいまのフィルムだとすると、原板のフィルムを作る部分と、その原板をもとにフィルムを増やす部分です。映像データをそのまま映す映画館が増えているので、そういう場合の製作がどういう作業なのかは想像できません。


新聞や本を作る方が理解はしやすいかも。
新聞を作ること自体を製作といいます。製作部門というと、編集部を含めた新聞をつくることに直接関わる部署を指します。営業、人事、総務、経理部門は含みません。
新聞を作るには、企画や企画会議が方針を決め、記者が記事を集め、書き、デスクがその記事を紙面のどの位置にどういう順にどういう意図で並べるかを決め、場合によっては、記事の差し戻しをし、出来上がった新聞原稿を「製作」が紙に印刷・梱包して、全国に配送します。ここで、「製作」と書いた以外の仕事が、工程としての「制作」ですが、狭義では、「制作」を最終的に管理・指示だししている「デスク」を役割としての制作と呼ぶこともあります。

アニメの場合ですよね。私は出版の人間なので、ちょっと理解にずればあるかもしれません。
他の回答の方の内容と混ぜて理解すると分からなくなると思いますので、ご注意ください。

アニメを作る実作業を制作といいます。コンテンツ自身を作る作業です。絵コンテを作ったり、色を塗ったり、コマを撮影したりの作業です。この作業で出来あがったバラバラのものを繋ぐ作業を編集といいます。これら作業を管理・調整する作業を進行といいます。
カンタンに考えると、進行の人が管理するすべての業務を「制作」といっ...続きを読む

Qタミヤ模型F1スケールモデル

タミヤ模型の絶版になっている12/1のF1のスケールモデルでプレミアがついてるモデルがあれば教えてください。

Aベストアンサー

「FULL VIEW McLAREN MP4/6HONDA Limited Collection」はセナのフィギュアが付いていることもあって一時10万円を超えるプレミアでした。
その後、「McLAREN MP4/6(ノーマルバージョン)」が再販になり若干落ち着きましたが、「Limited Collection(セナのフィギュア付き」が再販されることは考え難いのでまだまだ相当のプレミアだと思います。

それから「TEXACO Marlboro M23」はタバコデカールの関係で再販されませんので、かなり高値です。
その他のモデルは定期的に再販されていますのでたいしたプレミアは期待できません。
「FERRARI 641/2」もタバコデカール仕様は今後再販はないでしょうから、プレミアの可能性はあります。

Qアニメーションの“制作”と“製作”の違いは?

テレビアニメのオープニングやエンディングのテロップに
「制作」と「製作」のふたつが書かれていることがありますが、
この2つの意味の違いは何なのでしょうか?

どっちも単に“アニメを作る”ということではないのでしょうか?

この2つの意味の違いを教えてください!

Aベストアンサー

こんな記事がありました

「ゲド戦記」制作日誌 - 制作と製作はどう違う? スタジオジブリ
http://www.ghibli.jp/ged_01/10log/000213.html

アニメ映画などは”製作委員会”と付くことがありますが、”制作委員会”は見たことがありません。

こういうことだったんですね。

Q思い出のプラモデル(スケールモデル限定)

アンケートみたいで申し訳ないです。
15年ほど前までモデラーでした。

お気に入りについてお聞きしたいです。
ジェット機はヴィゲン・ドラケン・サンダーチーフ・ファントム
自動車はトヨタ2000GT・フェアレディ240Z・コスモスポーツ
船は大和・ビスマルク・カティサーク
などを好んで作っていました。一度完成しても、また同じキットを買って、バージョン違いや作り方を変えて楽しんでいました。

意味もなくお気に入りで、メーカーを問わず何度も買ってしまうキットはありますか。

また、発売予告されて発売をとても楽しみにしていて、期待通り(それ以上)で満足したキットはありますか。
私は25年前に発売した東京マルイのフェラーリ512BB・ランボルギーニカウンタックLP500・ランボルギーニイオタ・1/24がとても期待通りで満足でした。

すいません。ガンダム系統のキャラクターモノではなくて、実物が存在するスケールモデルで教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

思い出のプラモデルですか! 私の記憶に残っているキットは「P-40」(形式及びメーカー、スケール共に不明)です。多分、E型で、マルサンか三共の1/72だと思います。

模型店に悪ガキ連中で行った時に、箱絵(シャークマウス)のカッコ良さに一目で気に入り、100円で買いました。箱絵どおりに完成するはずもなく、憧れの状態で終わってしまいましたが、今でもその記憶は鮮明に覚えています。今から40年以上も前の記憶です。これが私をプラモ好きにした最初だと思います。

次に覚えているのは、タミヤ1/35SU-100ジューコフのリモコンタイプ(これも箱絵に魅了されました。高荷氏のイラストだと分かったのは、つい最近)です。小学校の校門の直ぐそばにあった文房具屋の陳列ケースに並んでいるのを見て、どうしても欲しいと思いました。当時1,000円(かなり高価)でしたが、小学生の私には勿論お金がある筈もなく(今もありませんが…)指をくわえて見ているだけでした。

ある日、学校から帰ると、箪笥のガラス戸の所に1,000円札があるのを見つけ、後先考えずキットを買いにまっしぐら! 念願のキットを入手した喜びに、その後どうなるかなんて全く考えてもいませんでした。(まだ純心だったんですね?)

その夜のことです。仕事から帰宅した母がその1,000円がないのに気付き、私がねこばばしたのを突き止めました。勿論、父にもその事は直ぐにバレてしまい、こっぴどく怒られたました。実はその1,000円は家計の足しにするために、取って置いたお金だったのです。両親は多分困っただろうと思いますね。その時怒られた事は今でも忘れられません。多分、私の50年の人生の中で一番こっぴどく怒られた出来事でしょう。

で、キットはどうなったかですが…。一応完成はしましたが、動きませんでした。

小学高学年になる頃からはサンダーバードにはまりましたが、これはキャラクターキットですし、質問の意図と離れてしまいますので、省略します。

中学に入ると、プラモ好き(3人)が近所にもいる事が分かり、その友達の家で飛行機キットを作るようになりました。その教材(?)がレベル1/72ファイターシリーズ(1個100円)でした。どこでも簡単に入手出来たし、100円と言う買いやすさもあり、殆ど買っては作り、作っては壊していました。その当時の完成機は1機も残っていませんが、あとで作った物でMe109Eだけは完成して、今でも残っています。(未組み立てのキットも多数あり)

この3人の内、一人はAFV指向となり、タミヤのMMシリーズを買いあさってはジオラマ製作をするようになりました。(タミヤのパチッにも投稿し、佳作を頂いた事もあります。)また、3人で同じキットを作ろうと言う事になり、そのターゲットとなったのはレベル1/32Me109Fでした。ちょうどその頃になると、モデルアートと言うスケールモデル専門誌が創刊され、それを教科書代わりに製作に励みました。ただ、まだエアブラシなんて代物はありませんし、塗料もマルサンカラーしか入手出来ない時代でしたので、全て筆塗り、塗料も全て混合して作りました。(RLMグレーなんて言われてもどんな色かも分かりませんでした。)インクスポットはスポンジを小さく切った物で塗装したりもしました。パテもない時代ですので、パテ代わりにローソクを溶かして穴埋めなどを行なった事もあります。(Me109Fは完成したものの、現存しません。)

あと中学時代の思い出として、行きつけの模型店の主人から陳列用にニチモ1/300(だったと思います。1/200ではなかったはず)大和を3人で作ってくれと言われ、3人の共同制作で完成させたこともありました。(暫く陳列ケースに飾られていましたが、店の移転に伴い、どっかへ消えてしまいました。)これが今まで作ったキットの中では最大のキットだと思います。

高校に入る頃になると、クラブなどで忙しく殆ど模型を作る時間がなくなり、暫く遠ざかります(チョコチョコ、キットは買っていました)が、モデルアートだけは欠かさず買っていました。社会人になってからは、専ら飛行機キットを作るようになり、旧ドイツ機(WW1、WW2)ばかりを作っていました(私のHNもその旧ドイツの航空機メーカーから拝借しました。「アラ?どう・・・」ではありません…w)が、日本人たる者、日本機も作らなくてはと思い、最近では日本機も作るようになりました。(今、ハセガワ1/48疾風を製作中です。もう直ぐ完成しそうです。)一方、中学時代にAFVキットにも手を出していたので、その影響か、AFVキットも好きで、飛行機キットを作ったあと、息抜きでAFVキットも良く作ります。(こちらは国籍は気にしません。)それ以外に、昔は車なども作りましたが、最近はまったく除外しています。

と言う事で、思い出のキットは上に書いたようなキットたちです。今でも入手可能なキットもありますが、当時の値段の10倍以上するのもあります。これ以外に、思い出のキットとして、マッチボックス1/72Fw190A-3を挙げさせて頂きます。これは、航空ファンと言う雑誌に完成写真送ったところ、グラビアに掲載されたキットです。評価はいまいちでしたが、当時の私の傑作として送りました。今でもそのキットは残っています。今見るとアラだらけですが…。

もう一つの思い出のキットは、ハセガワ1/48F4U-4コルセアです。ハセガワが1/48キットの発売を始めた頃の初期のキットですが、製作途中に仕事の関係で、埼玉に転勤になり、再び地元に戻るまでは完成出来ないと考えていましたが、お盆や正月に帰省した時に少しずつ作り、4年間かかって完成させたキットです。完成機は今も残っています。

>発売予告されて発売をとても楽しみにしていて、期待通り(それ以上)で満足したキットはありますか。⇒ハセガワ1/48P-400エアラコブラです。ドイツ機ファンって上に書いてあるのに・・・なんて思わない下さい。これはやはり昔、シャークマウスに憧れを持っていたのと同じで、どうもシャークマウスに魅かれてしまうのです。モノグラムからも昔発売されていましたが、こちらでは入手不可能状態だったし、エデュアルドのキットもありますが、買いそびれてしまっていた時に、ハセガワがエアラコブラを開発しているとのニュースを聞き、「ハセガワさん、有難う」と心の中で叫びました。(おっと!今、落雷で停電しました。)キットは既に購入済ですが、製作はもう暫く先になりそうです。

>意味もなくお気に入りで、メーカーを問わず何度も買ってしまうキットはありますか。⇒やはりMe109、Fw190、Me262あたりはメーカー、スケール問わず新製品が出ると買ってしまいますね。同じメーカーの同じキットを何度も買うと言うのはさすがに最近ではありません。

私の場合、有名機よりもどちらからと言うと、非有名機の方が好きで、特に旧ドイツの大戦末期の混乱時に登場した機体や計画だけで終わってしまったような物(いわゆるゲテモノ)の方が好きです。(おっと!これも実体がないので、質問内容に反しますね!)こう言うキットはガレージキットとして発売される事が多いですが、入手のし難さがネックですね。

今後、発売して欲しいのは、B-29(日本のメーカーでは無理かもしれないですね。モノグラム1/48、アカデミー1/72は入手しています。エアフィックスの物は売却しましました。)日本機では富嶽なんてどうですかね?

以上、超長文になってしまいましたが、プラモ好きには嬉しい質問でしたので、つい長くなってしまいました。(まだ書き足りないくらいです。)

最後に、もっと子供が気軽に買えるキットを発売して、物作りの楽しさを理解出来るようになって欲しいと思います。プラモは大人だけの趣味ではありません。(停電も復帰しました。雷はまだ鳴っていますが…。)

思い出のプラモデルですか! 私の記憶に残っているキットは「P-40」(形式及びメーカー、スケール共に不明)です。多分、E型で、マルサンか三共の1/72だと思います。

模型店に悪ガキ連中で行った時に、箱絵(シャークマウス)のカッコ良さに一目で気に入り、100円で買いました。箱絵どおりに完成するはずもなく、憧れの状態で終わってしまいましたが、今でもその記憶は鮮明に覚えています。今から40年以上も前の記憶です。これが私をプラモ好きにした最初だと思います。

次に覚えているのは、タミヤ1/35SU...続きを読む

Q製作と制作の違い

映画が好きで、最近よく鑑賞します。

よく〇〇(映画のタイトル)製作委員会と表記されていますが、どうも腑に落ちず違和感があります。

【製作】
道具や機械を使い物品を作ること。

【制作】
絵画や彫刻など芸術作品を作ること。

映画やテレビ番組は【制作】の方だと思うのですが、【製作】の方が最近特に用いられることが多いように感じます。

何故なんでしょうか?
私の認識が間違っているのでしょうか?

さほど普段から、正しい日本語を使っている自信がありませんので気になりまして・・・。

お分かりの方ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

質問者様はおそらく、辞書で「製作」を引くと「制作」の意味も載っていることはご存知なのだろうと思います。

「制作」は「プロデュース」の意味で用いられますが、「プロデュース」に元来「作る」という意味はあるものの、何か形のあるものを作るというよりは、作ることを指揮したりアイディアを提供したりするというニュアンスの方が強いと思います。

秋元康はAKB48を「プロデュース」はしていますが、彼女等を「製作」しているわけではありません。
映画にしても、指揮したり全体のコンセプトを立案したり考えたりするだけのことは「製作する」というニュアンスからは離れていると思います。

映画やテレビ番組は、目に見えるものですので、形あるものと解釈することはできます。
その映像を実際に作った実働部隊あるいはその長を明確に表す言葉として「制作」よりは「製作」のほうがふさわしい、という判断なのだと思います。

Qスケールモデルにオリジナルカラーは邪道?

僕は最近スケールモデルにのめり込んできた
スケールモデル初心者なのですが、
ガンプラは10年ほど作っていました。

その時の名残か、エアレースのコルセアなどが
かっこいいと思い、零戦などを一回自分の
オリジナルカラーで塗ってみたいなと思っています。
もちろん一人で勝手にやっていればいいのですが、
いろんなサイトを見て回っていると
スケールモデルをオリジナルカラーで
塗っている人を見たことがありません。
皆さんやはり実機にどれだけ近づけられるかを目指していますよね?

そこで質問なんですが、
実際スケールモデル好きな人はオリジナルカラーで
塗りたいとは思わないんでしょうか?
また、オリジナルカラーは邪道だと思いますか?
あとオリジナルカラーの作品があるサイトがあれば教えて欲しいです。

質問責めになってしまい申し訳ないですが、
どれか一つでも答えて貰えると嬉しいです。

Aベストアンサー

>邪道だと思いますか?
全く思いません。

色もリアリティー追求の対象ですが、ほとんどの場合自分で好きな色、本物に近い色だと思っている色を塗っているだけのことです。
「本物の色と寸分違わない色を塗っても本物らしくみえない」から、みなさんいろいろな塗料、塗装方法を工夫してるんです。
ソリッドモデルなら色を塗らないことだってしばしば見られるんです。それでもスケールものには違いないです。

>オリジナルカラーの作品があるサイト
どこと示せないのです。ごめんなさい。
でも、ウェブ上のコンペでオリジナルカラーのAFVや、フェイク塗装の飛行機も見られるはずです。
オリジナルカラーって特別なことじゃありませんから。

私の知っている人たちはスケールものもガンプラも区別なく作ります。
もちろん得手不絵手はありますが、色については自分のイメージを大切にしてます。
自分の好きに作る、それで十分じゃないでしょうか?

Q制作、製作の違いは?

オリジナルの「セイサク品」を集めたインディーズアーティストのフリーマーケットを開こうと、友人と考えています。でもその場合の「セイサク品」って、どっちのセイサク?

Aベストアンサー

「製作」はお金や人材を集め、予算や納期を決めて作品をつくるにあたっての管理をすることです。
「制作」はそれに対して、現場の実作業、作品を作ることそのものを指します。
具体的には製作はプロデューサーの、制作はディレクターの管掌する職分ですね。
インディーズかメジャーレーベルか、という区分けで考えると、「お金を出す」部分の仕組みの違い、ということになりますから、この場合は「製作」が適切でしょう。

Q1/8スケールモデル35GT-R

購入されている方、回答願います。

各パーツの品質について不具合等ないでしょうか?
塗装不良、キズ、ブツ、バリ、精度、エッジ部分のつぶれ、などなど気になる不具合はないでしょうか?

何度か買い直ししてもどれも不具合品ばかりです。
私は定期購読を申し込んだのですが、総額18万以上もする代物です。
とても魅力的なのですが、これではスケールモデルとして成り立たないと思います。

不良品について返品交換可能なのですが毎回の労力を考えると嫌気がしてきます。
中国製なので、おもちゃとして諦めるしかないでしょうか、クレーム入れるべきでしょうか?

http://www.gtr-collection.jp/

Aベストアンサー

総額18万はモデル本体の金額じゃ無いですよ。
本の価格を忘れてます。

だけど高額とは言え所詮ミニカーでしょ。神経質過ぎです。
大型モデルだから余計粗が目立つんだと思います。
ましてや量産品でしょ。フランスやイタリアのハンドメイドモデルや量産でもキョウショウの拘り品質モデルとは違います。
むしろ自分で半田の盛り削りやパテ、再塗装等の修正を楽しむ位のほうが良いんじゃない?
GT-Rが戦艦大和を作るのように元のメーカーがある物か、C62を作るのようにオリジナル企画品なのかは知りませんが、
類似の連載組立雑誌のユーザーブログを読んでみて下さい。
戦艦大和を作るでもC62を作るでも大抵皆さんストレート組せず拘りの修正していますよ。

Q映画を「制作」するのに、「製作」委員会?

映画の製作委員会ですが、なぜ「制作」する委員会なのに「制作委員会」と書いてはいけないのでしょうか?

辞書も見ましたが、製作と制作の正確な違いが、良く分かりません。

Aベストアンサー

「【製作】(2)映画・演劇・放送番組を企画立案し、作品を作ること。プロデュース。[注]放送・出版関係では「制作」を用いることが多い。」(「同音同訓異字辞典」柏書房)

自分のたずさわっている映画が創造的で芸術性を帯びたものであるとの認識にある立場からは、「映像作品の制作」と呼びたいでしょうし、総合的な娯楽興行ビジネスの立場に立てば「映画物品の製作」となるでしょう。

Q子供向けのスケールモデルは無いの?

本日、模型店に出かけました。小学2年生の子供が作る模型を吟味していましたが、驚いたことにガンダムばっかりです。

店の主人も、漫画みたいなガンダムを選び、「子供にはこのくらいが丁度いいのでは、」と進めてくれましたが、当の本人は、まったく興味を示しません。第1作目が飛行艇でしたので、スケール作品が目的でした。

「自動車」「飛行機」「船」「バイク」といったジャンルで1000円程度のものがいいな、と思っていましたが、なかなか簡単な商品がありません。また、これなら、と思うと、2000円程度と値段が高いのです。

ガンダムでは300円から商品があるのに、なぜ「模型」はその位安価な子供用商品がないのでしょうか。
そんなに精密でなくとも、雰囲気が伝わる程度の模型で十分なのですが。

そのような商品はどこか特別の専門店で入手できるものなのでしょうか。
模型ファンの子供全部がガンダムが好きとは限らないので、もっと選択肢が増えて欲しいのです。

良い情報、アドバイスありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

uojun様(直接、HNをコピペしました失礼をお許し下さい。)
今回は一プラモファンとして書かせて頂きます。

確かに仰るように、今一番売れているのはいわゆる「ガンプラ」と呼ばれるキット群で、純粋なスケールモデル(実機が存在し、それをプラモ化したキット)は一部のマニアの物に成り下がってしまっているのが現状です。プラモデルは大人のホビーと化してしまっている感がします。

プラモの開発費(金型代)は莫大な費用がかかります。従って、日本のメーカーでは、ある程度売れると予想される商品しか開発しません。金型代の原価償却出来るものしか作らないのです。

「売れないから(利益が上がらないから)値上げする→益々購入者が減少する」と言う悪循環に陥っています。このままでは国内のプラモメーカーの将来も危ぶまれる状態で、この先どうなるか分かりません。

私はガンプラは純粋なスケールモデルではないと思っています。ガンプラ専門の雑誌等で作り方を紹介していますが、まるで、それがマニュアルのような感じで誰もが同じ作り方をしているようにしか見えません。(個性がないと言うか…。下手でもいいんですよ。そのキットに対しての思い入れのようなものが感じられれば! ただ、物を作り上げると言う点に関してはどのキットでも同じです。)

私が子供の頃はレベルの1/72キットを良く買いました。1個100円の時代でした。それが今では1,000円以上します。こうなった背景には勿論時代の変化もあるでしょうが、マニアがキット(メーカー)に多くの課題を求めすぎたと言う問題もありように思います。つまり、繊細かつ精密なデテールやモールドをメーカーに求めたのです。それが、今の状況を作り出したようにさえ思えます。

さて、小さなお子さんでもスケールモデルに興味を持たれると言うのは、個人的には非常に嬉しく思います。ただ、如何せん、中々子供のお小遣い程度で買えるスケールモデルが殆ど存在しないと言うユユシキ時代でもあります。

確か、以前、ファインモールドのサボイアをお作りになられたと思いますが、同社のカーチスは既に購入されているのでしょうか? 紅の豚に登場した機体です。(実機は存在しませんが…。)

飛行機で宜しければ、タミヤのウォーバードシリーズ(1/72です)なんかも比較的安価ですし、数も結構出ています。以前は提携先のイタレリのキットが多かったですが、最近では自社開発キットも発売されています。(↓にURL貼っておきます。)
ハセガワからも1/72で飛行機キットが数多く発売されていますので、HP等でご覧下さい。中々模型店では見かけないかもしれませんが、模型店に注文したり、メーカー通販を利用したりも出来ますので、お子さんと一緒にHPで探してみて下さい。

最近の子供は出来合いの物しか興味を示しません。自分で組立てて、完成させると言う喜び(物を作り上げると言う感動)を是非、お子様に教えて頂きたいと思います。

長々と書いてしまいましたが、私も模型業界の将来に不安を抱いている一模型ファンとして書かせて頂きました。

参考URL:http://www.tamiya.com/japan/j-home.htm

uojun様(直接、HNをコピペしました失礼をお許し下さい。)
今回は一プラモファンとして書かせて頂きます。

確かに仰るように、今一番売れているのはいわゆる「ガンプラ」と呼ばれるキット群で、純粋なスケールモデル(実機が存在し、それをプラモ化したキット)は一部のマニアの物に成り下がってしまっているのが現状です。プラモデルは大人のホビーと化してしまっている感がします。

プラモの開発費(金型代)は莫大な費用がかかります。従って、日本のメーカーでは、ある程度売れると予想される商品しか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報