初歩的な質問で申し訳ありません。
マニュアル車において
ダイヤフラム式クラッチで クラッチが 繋がっていない状態では
フライホイールと一緒に回転しているのは どれとどれなのでしょうか?
 プレッシャープレート
 クラッチレリーズベアリング
 ダイヤフラムスプリング
 クラッチカバー

学校の試験の問題みたいな感じで申し訳ありませんが、よろしくご教授下さい。
 
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



え~と、本当に学校の試験問題みたいですね~・・・(苦笑)

クラッチレリーズベアリングについては、解釈が難しいですが・・・(汗)

クラッチを切っている(繋がっていない)状態では、クラッチレリーズベアリング以外は、すべてフライホイールと共に回転しています。

と言うか、クラッチが繋がっていようがいまいが、これらの部品は全てフライホイールと共に回転しています。

なぜなら、プレッシャープレート&ダイヤフラムスプリングはクラッチカバーに組み込まれており(非分解)、なおかつクラッチカバーはフライホイールにボルト止めされているからです。

レリーズベアリングに関しては、ベアリングとして作動はしています。

レリーズベアリングを取り付けているスリーブ自体は絶対回転しませんので、スリーブに圧入されているレリーズベアリング自体も、どのような状態でも回転しません。

ただ、クラッチペダルを踏むと(クラッチを切ると)、レリーズベアリングの接触部がダイヤフラムスプリングのリップに接触しますので、接触部はダイヤフラムと共に回転しますから、そう言う意味ではベアリングはフライホイールと共に回転していると言えないことはありません。

ただ・・・

ベアリングの本来の働きから考えると、作動していると言う方が正しいと思いますけど・・・

では!
    • good
    • 0

>走行中にクラッチを切る状態だと


プレッシャープレートとクラッチディスクは接触しているが、
それぞれ違う回転数で回っていると考えてよいのでしょうか?
そういう考えで良いと思います。
クラッチディスクはミッションのメインシャフトと直結されていますので、クラッチを切った状態ではエンジンの回転とは切り離されて、ミッション側から回されている状態になりエンジンとは回転数は違うものになります。
その回転数をアクセル操作で合わせてクラッチをつなぐ様にすれば変速ショックの少ないスムーズな運転ができます。
    • good
    • 0

 プレッシャープレート


 ダイヤフラムスプリング
 クラッチカバー
これらは一体となってフライホイールに取り付けされているので常に回転しています。
 クラッチレリーズベアリングもクラッチを切っているときはダイヤフラムスプリングに押し付けられて一緒に回っています。

この回答への補足

ありがとうございます。走行中にクラッチを切る状態だと
プレッシャープレートとクラッチディスクは接触しているが、
それぞれ違う回転数で回っていると考えてよいのでしょうか?

補足日時:2009/05/25 18:46
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラッチが切れない

本日1時間ほど車を運転後、車庫に入れようとしたら突然ペダルを奥まで踏んでもクラッチが切れなくなりエンストしました。

クラッチオイルが漏れたのかと思いましたが、特に減っていませんでした。

他にどのような原因が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

クラッチ板の異常か、クラッチオイルのチューブの中にエアーが入ってしまったためではないでしょうか?以前私の時にはエアー抜きをして一時的には直りましたが、すぐまた切れなくなりました。根本から直すには4万円位と言われました。

Qクラッチの交換時期

マニュアル車のクラッチの交換時期についてお伺いします。

「マニュアル車のクラッチは、どんなに上手に繋いでも6~7万キロもすれば滑り始める。その結果、交換することになる」という話を聞いたことがあります。

しかしその一方、「10万キロくらいは平気で使えるよ」という話も聞いたことがあります。車の使用状況や運転者の技能にも大きく左右されると思うのですが、どちらの説が正しいのでしょうか?また、滑り始めの兆候や、滑っている・滑っていないのチェック方法をお教えいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

No.6の者です。
半クラを使わないと言っても全く使わないわけではありません。
しかし、シフトアップ時なんかは、
タコメーターを見て回転を合わすようにしてポンと繋いでいました。

それから、サイドブレーキを引いてのチェックは
もちろんテストの時だけです。
日常的にするのなら、寿命も縮むでしょうが数回位では全く影響ないです。

実際、テストした私が16万キロ走行後も全く滑らなかったわけですから・・・
乗り換えた理由は他のクルマに乗りたかっただけで
クルマ自体は絶好調でした。

ちなみに、クルマはホンダのスポーツ系でした。(高級車ではありません。)

Qクラッチ交換の際のセンターロックナットのはずし方

いつもお世話になっております。
STEED 400 VSEを所有している者です。
クランクケースをはずし、クラッチ板等の交換をしたいのですが、写真にある、センターロックナットがものすごく固くて緩みません。
もちろん、緩ませる際、動かないように固定しております。
はずし方があるのでしょうか?
27のソケットをつけてやっております。
それ用の工具があるのでしょうか?

また、左側にナットにカシメ部があるのですが、これを起こす必要があるのでしょうか?
こちらも凄く固いため、起こすことが出来ません・・・

どうか教示くださいますようお願いいたします。

Aベストアンサー

プロの方はそのまま力技で回してしまうのかもしれませんが、普通はカシメを起こして緩めます。カシメは大き目の貫通ドライバーのマイナスをハンマーで叩いて起こします。あとはきっちりと回り止めをして、サイズのあったソケットを使い、パイプなどで柄を延長して緩めます。ここは10キロとか13キロとか大きいトルクで締まってるはず(この部分に限りませんが、メーカー出荷状態だとそれ以上じゃないのかと思うこともかなりあります)なので、緩めるときもそれなりに力が必要です。くれぐれもネジを痛めないようにご注意を。

Qスズキ 油冷エンジンに最適なオイル教えてください

90年GSX-1100F(GV72A)に入れるオイルで迷っています。(できればバイク用品店で手軽に手に入るブランド、型番を希望)夏場の熱ダレ、冬場の始動性含め、できれば通年使用できれば幸いです。またミッションタッチや、劣化スピードなども参考にさせて頂けますとありがたいです。(4.5l入れるのでl1500~2000円くらいで)
指定はSAE10Wー40API SEorSF になっています。10Wー50、15Wー50等、いかがでしょうか。
油冷ユーザー、経験者様よろしくお願いいたします。

(ついでにガソリンはハイオク、レギュラーどちらがよいでしょうか)

Aベストアンサー

ガソリンは、レギュラーで充分です。
自己満足したければ、ハイオクを入れたらいいでしょう。

オイルも、別に10W-40であれば、特にトラブルが出たことはないです。
オイルの劣化は、油温の積算になります。
安いオイルを頻繁に変えればエンジン寿命長持ち!ってのは、現在の進化したオイルの品質や、エコの観点から乖離しているようです。
(ちなみに、自動車&バイク業界でオイル交換は定期的な消耗品としてリターンで利益が見込めるので、そのように流布されているんですけれど…)
私も油冷エンジンですから、オイルについてはいろいろと情報を収集し続けています。
巷説が正しい!とかネットの情報は正しい!とか…何を信じるのも自由ですが、最終的には自分の信念で良いと思います。

私はINAZUMA1200なので、オイルクーラーがGSX-RやGSX-Fなどよりもかなり小さくなっています。
結果、油温は150度を超えたりします。
そうなると、さすがにギアが入りにくくなったりはしますけれど…GSX-R(-F)なのであれば、充分な冷却容量があるようです。
(私は、先日ネットでR1100用の平型をやっとゲットしました。GSFなどのメンテナンスでは、-R1100平型で充分だそうです)

現在、5W-50の部分合成油、20Lで8000円を使い続けていますが、とくにフィーリングが悪くなったりはしていません。
劣化は、目で見たり触ったりして判るものではないそうです。顕微鏡だの分析器などで調べないとならないようです。

高いオイルといえば、ケンドルGT-1を入れたことがあります。
薀蓄ほどではなかったです。コストコで買えるChevronシュープリームス10W-40よりはシフトフィールの良い状態が少し長かったんですけれど、シェブロンは1Lで300円位ですから…。

どうしても、信用&実績というのであれば、スズキの純正指定のエクスターが予算無いですから、一番いいでしょう。

ちなみに、毎日通勤に往復12キロで2年間車用4L1000円って言うのを使ったことがありますが、それでもトラブルらしいトラブルは発生しませんでした。
あの油冷エンジンは、本当に「頑丈で丈夫なエンジン」みたいです。

ガソリンは、レギュラーで充分です。
自己満足したければ、ハイオクを入れたらいいでしょう。

オイルも、別に10W-40であれば、特にトラブルが出たことはないです。
オイルの劣化は、油温の積算になります。
安いオイルを頻繁に変えればエンジン寿命長持ち!ってのは、現在の進化したオイルの品質や、エコの観点から乖離しているようです。
(ちなみに、自動車&バイク業界でオイル交換は定期的な消耗品としてリターンで利益が見込めるので、そのように流布されているんですけれど…)
私も油冷エンジンです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報